老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=12&sty=2&num=t9


[お知らせ掲示板に戻る]


 【420】Re: 老人党メルマガ(拾い読み... 北極星 2007-12-30 8:40:18
 【421】Re: 老人党メルマガ(拾い読み... 北極星 2007-12-30 8:42:05

9 【420】Re: 老人党メルマガ(拾い読み編:199-1)
北極星   運営スタッフ 2007-12-30 8:40:18  [返信]

    roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(拾い読み編:199) ::: 2007/12/30
     ★老人党掲示板 http://www.6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【389】ローマ教皇ベネディクト16世、核兵器廃絶への協調を呼びかけ こみち
    【392】Re: 核兵器廃絶への協調を呼びかけ/空しい呼びかけ e-seigi
    【395】Re: 空しい呼びかけ〜とは私は思いません。 こみち
    【412】Re: 暮れなので           k.satou
    【413】Re: これでは中国も戦争はし難くなってなってきたのでは  昭和 人
    【408】「特攻の母 鳥浜トメ」 太田博
    【404】教科書問題‐沖縄集団自決について もぐら
    【405】Re: 教科書問題‐沖縄集団自決について 珠
    【407】老後・介護を考える          珠
    【386】Re: 暮れなので           k.satou
    【406】Re: 官民の賃金格差について     peace
    【396】Re: イベントも本もテレビも映画も メルメル
    =========================================================================
    【389】ローマ教皇ベネディクト16世、核兵器廃絶への協調を呼びかけ
    こみち 2007-12-25 0:10

    ローマ教皇ベネディクト16世は、今年の12月8日、2008年1月1日「世界平
    和の日」に向けてのメッセージを発表しました。

    *世界平和の日とは↓
    http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/kiganbi/peace.htm

    そのなかでベネディクト16世は、「大きな家族としての人類」「その家とし
    ての地球」を大切にし、環境を保護し、さまざまな浪費を避け、資源の賢明な
    使用、登美の平等な分配を保障する努力をしなければならないと説くとともに、
    紛争停止と軍縮を強く訴え、以下のように呼びかけています。

     「このような困難な時代にあって真に必要なのは、すべての善意の人が、
      とくに核兵器の分野で、『実効的な武力放棄』に向けた具体的な合意を
      見いだすことです。核不拡散の進展が停止している状態にあって、わた
      しは政治指導者たちに勧告しなければならないと感じます。強い決意を
      もって『現有核兵器の段階的・協調的廃絶』に向けた交渉を再開してく
      ださい。わたしはこの呼びかけを、人類の未来に関心をもつすべての人
      の願いと声を合わせて行います」

    私はキリスト教徒ではありませんし、その他の特定の信仰も持ちませんが、世
    界中にカトリックらに大きな影響力を持つ現ローマ教皇がこのような呼びかけ
    を唱えたことに対して、強い敬意と共感を覚えます。

    人類は、もう戦争をしてはいけない。とくに、核兵器の実効的な廃絶の道をな
    んとか見出していかなければならない。そうしなければ、人類共通の「家」で
    ある地球環境そのものを保つことさえ危うくなってしまう。私たちはすでに、
    そのような時代に入っているのだろうと、あらためて思いを致しました。

    *なお、2008年「世界平和の日」メッセージの全文は、以下で読むことがで
    きます。
    http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/peace/08peace.htm
    ------------------------------------
    【392】Re: 核兵器廃絶への協調を呼びかけ/空しい呼びかけ e-seigi 2007-12-25 10:16

    キリスト教だけでも幾つもの宗派に別れ、その他の宗教も入れると、まさに様々な考えなのが人間という愚かな生き物である。単独で誰かに問えば核兵器はやめよう止めるべきだという。何故戦争は止めようとか、全ての兵器は止めようといわないのか。

    それは核兵器は自分達も死ぬからである。自分たちが生き残って、他の考えの人だけが死ぬのなら、平然と兵器を使うのが人間である。核兵器を使わなくても、クラスター爆弾とか広大な面積を一瞬で焼却する爆弾とかも新兵器はいろいろ出来ている。

    これらを無くすためには、核兵器だけを特別視するお目出度い考えでは無理なのである。
    でも人間は元々お目出度く勝手なので、空しい願いであり呼びかけなのである。
    ------------------------------------
    【395】Re: 核兵器廃絶への協調を呼びかけ/空しい呼びかけ〜とは私は思いません。
    こみち 2007-12-25 18:41
    ▼e-seigi さん、レスありがとうございます。


    まず第一に、バチカンの、いわばカトリックの総本山からのメッセージですか
    ら、たしかにその呼びかけに各国政府がすぐに応じるというほど楽観的には私
    も見ていませんが、国際政治上でも、文化的な見地からも、少々長い目で見た
    ときに、ローマ教皇が明確に核廃絶への取り組みを呼びかけたことの意味は、
    小さなものではないだろうと思っています。

    それから、だからといって私はなにも、虎の威を借りるというか、ローマ教皇
    がこういったからどうこうと権威主義的に言い立てたいわけでもなく、その内
    容にじっくり耳を傾ける値打ちがあると思ったから、キリスト教徒でもないの
    に紹介したのです。

    人類を大きな家族と考え、地球をその住み家として大切にすることを説いてい
    ます。そのベースにはキリスト教的「愛」の思想があるのでしょうけれど、そ
    れだけではなく、個々人や特定の集団、国、民族、等々の利害を超えて、地球
    的な規模で諸問題を見通していかなければ、もはや人類と地球の未来は展望で
    きないというのは、すでに世界中で多くの人々が、さまざまに感じていること
    なんじゃないでしょうか。

    たとえば地球環境、温暖化とかのことだってそうですし、人口問題や食糧問題、
    エネルギーのことだってそうです。そして、そういった流れのなかで、核兵器
    廃絶というテーマについて、ぜひとも具体的な取り組みをもう一度真剣に進め
    なければならないと、呼びかけているんです。

    そんな今回のローマ教皇「世界平和の日」メッセージが、「空しい呼びかけ」
    だとは、私はまったく思いません。ベネディクト16世の言葉を、どうか一度
    ゆっくりお読みになってみてください。
    http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/doc/peace/08peace.htm

    後の話は(もしあるとすれば)、まあそれからにいたしましょう。
    ------------------------------------
    【412】Re: 暮れなので    k.satou 2007-12-29 7:29:12

    たまには こんなのはどうかね? http://lib21.blog96.fc2.com/
    中国とロシアの妖怪が さまよいだし、その断末魔をみせるのかね?妖怪は古来退治されなきゃいけない。

    2008年は希望に胸ときめかす 年でありたいものですね。
    皆さんのご多幸を祈念しております、では また来年。
    ------------------------------------
    【413】Re: これでは中国も戦争はし難くなってなってきたのでは  昭和 人 2007-12-29 9:13:06
     ▼Ksatouさん: お久しぶりです。情報をありがとう。

    これを見て感じた。
    投資先との安全や、経済的な損得などから、中国は戦争し難くなってきたのではないか? と。

    経済交流は、戦争の元にもなるが、戦争し難くもなる。
    私は 中国が世界の平和を守り、戦争し難くなる方を期待する。
    ------------------------------------
    【408】オフライン支部便り:太田博 さま(12月7日)   笹井明子 2007-12-28 10:33:09
     「特攻の母 鳥浜トメ」

    表記、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ご存知ない方もいらっしゃると思いますので、紹介させていただきます。

    昭和二十年三月、硫黄島を占領した米軍はいよいよその矛先を沖縄に向けてきました。この戦いに負けたら日本の敗北は決定的になるため、沖縄を絶対に死守する作戦が敢行されました。沖縄特攻作戦です。片道の燃料だけ積んで爆弾を搭載した機体もろとも敵艦に体当たりする肉弾攻撃です。

    世界の戦争史上類を見ないこの凄まじい攻撃を遂行したのは、私より二、三年先輩の若者たちでした。この攻撃のため、最前線基地となったのは、太刀洗陸軍飛行学校分教所のあった鹿児島県の知覧でした。ここには特攻隊の隊員から「お母さん」と慕われた鳥浜トメさんがいました。トメさんと飛行兵との交流が始まったのは、トメさんの「冨屋食堂」が昭和十七年軍の指定食堂になってからでした。

    しかしその交流も沖縄特攻作戦が始まると、別離の悲しい体験に変わっていきました。全国から集まってくる若者達はわずか四、五日の滞在で二度と帰らない攻撃に出て行くからです。「特攻の方々が行かれる時には、にっこり笑っていやとも言わず、涙ひとつも落とされませんでした。さぞ肉親の方々にも会いたかっただろうに、日本を勝たせるために、早く行かねばとただそればかり言っていました。」

    純真で「幼児のように優しかった」特攻隊員をトメさんは親身になって世話しました。彼らが注文した食事が終わるとお茶やぼた餅、寿司や夜食、焼酎やつまみを出してあげました。農家から取り寄せた新鮮な野菜や卵を食べさせたり、もの不足で手に入らない石鹸や薪を買ってきて入浴させたり、託された遺書の送付や遺族に手紙を書いて知らせるなど尽しました。それでも「明日には命をささげていく方からお金は頂けない」という気持からトメさんはほとんどお金を取ることはありませんでした。そのため自分の持っていた着物や飾り棚、衝立などの調度品、家財道具まで売ってお世話をしました。

    特攻による決死の戦いも功を奏せず、日本は敗戦を迎えました。それと共に特攻隊に対する世間の目は冷たくなって行きました。しかしトメさんの隊員達への追慕は少しも変わりませんでした。「国のため死んで行ったあの若者たちを忘れさせてはならない」と一人で飛行場の片隅に小さな棒切れを立て、墓参りを続けました。

    やがて遺族や関係者を動かし、昭和三十年九月には「特攻平和観音像」を建立、毎日花と線香を持ち、慰霊と清掃に通う日々が続きました。平成七年には観音堂の横に『知覧特攻平和会館』が建設されました。ここには特攻隊員の遺書や遺品が数多く陳列されています。現在では全国から大勢の人が訪れて特攻隊員の姿に目頭を熱くします。これも戦後トメさんが特攻の人々の慰霊に身を掲げてきた献身的努力の賜物です。

    トメさんは平成四年八十九歳で亡くなりました。この偉大な生涯に心からご冥福をお祈りいたします。

閲覧 8733
10 【421】Re: 老人党メルマガ(拾い読み編:199-2)
北極星   運営スタッフ 2007-12-30 8:42:05  [返信] [編集]

    ------------------------------------
    【404】教科書問題‐沖縄集団自決について もぐら 2007-12-27 22:59:39

    文部科学省からケチがついて、軍の関与は認めるが、軍の強制という表現はするな、という方向性が強まりました。
    軍の関与と言ったら、当時の状況を考えれば実質的には軍の強制を意味することになりますけどねえ。

    一歩前進と捉える向きもあれば、不十分とする向きもあります。私もいまいち釈然としません。
    手榴弾を兵隊から渡されたら それは強制ということになります。手榴弾は渡すけど、自殺する・しないは任意で良いなんて言ったわけじゃなかろうし。たとえ末端の兵隊の判断であったとしても軍の強制に他ならない。したがって間違いなく軍の強制です。

    問題は軍のどのあたりから命令が出されていたかということでしょう。集団自決で集められた住民に対し村長が命令を出す直前、兵士が村長に『命令が出た』と耳打ちしたのを聞いたという証言もあるようだし。少なくとも沖縄の軍隊のそこそこ上部から出されていた可能性は高そう。

    これをどこまで事実と受け止めるか。事実として証明されないからもみ消すんではなく、あったものとして考えるのが普通でしょう。手榴弾を渡された住民の気持ちにもなって。そういう風に考えを改められない文科省は大改革が必要です。薬害の厚労省と同じです。

    この際、民主党は「軍の強制はあった法」という議員立法を参議院に出してみたら? これは別にふざけているわけではなく、今回のC型肝炎問題で議員立法だと何でもできそうな感じがするから。
    ------------------------------------
    【405】Re: 教科書問題‐沖縄集団自決について 珠 2007-12-27 23:49:09
    ▼もぐらさん:
    >文部科学省からケチがついて、軍の関与は認めるが、軍の強制という表現はするな、という方向性が強まりました。
    >手榴弾を兵隊から渡されたら それは強制ということになります。手榴弾は渡すけど、自殺する・しないは任意で良いなんて言ったわけじゃなかろうし。たとえ末端の兵隊の判断であったとしても軍の強制に他ならない。したがって間違いなく軍の強制です。

    私の手元に『「集団自決」を心に刻んで』という本があります。著者の金城重明さんにもお会いしました。小柄な優しいおじいさんでした。

    陣中日記によれば日本軍は「自決を勧告す」とあり、まるで住民自ら死を選んだかのように書かれているそうですが、実態は軍事目的のためには住民の安全は守られず、米軍の前に放り出されたも同様の事態で「生きて虜囚の辱めを受けず」といった軍人向けの戦陣訓が民間人にも強いられた状況だったと書いておられます。

    軍の上部から命令はあったのかなかったのか、何か資料でも出てこない限りは分かりません。また私は沖縄にいた日本軍が鬼のような人だったとも思いません。けれども、住民が集団自決に追い込まれたこと、そして「住民の側から言えば軍の強制であった」であろうことは、紛れもないことだろうと思います。そしてこのことは戦争という殺すか殺されるかの異常な事態で起こりうることなのだと思います。

    それを「軍の強制ではなかった」と言いたい人たちは、何を守りたいのでしょうか。「軍の強制ではない」と言う方々は、ほとんどの場合、「従軍慰安婦はいなかった」という方とも一致しているようです。そしてともに「軍の強制」を認めることは、過去の日本軍を傷つけ、それは日本人の「誇り」をも傷つけることになると考えているようです。

    でも「軍の強制」は、この時代の日本軍が持っていた強大な役割を考えれば、免れることは出来ないように思います。また「日本人の誇り」は、過去の過ちを認めて責任をとる態度こそ、日本人として誇れるものであり、足を踏みつけた側が、踏まれた人々に対して、踏んだことを知らなかったと、なかったことにしてしまおうという無責任な態度に「誇り」が生まれるとは思えないのです。

    昼寝もぐらさんがおっしゃるように「手榴弾を渡された住民の気持ちにもなって」考えることこそ必要だと思います。
    ------------------------------------
    【407】老後・介護を考える   珠 2007-12-28 0:22:23

    私は今、遠距離介護をしています。月の3分の1くらいは、実家の80代の両親の元に帰ります。
    母は両足が悪く杖と車椅子。父は腎臓の悪化で腹膜透析をしています。

    私が帰る日が近づくと、母は「もうすぐ帰るのね」「帰ったらと思うとね…」という言葉が増えます。2人だけでは無理なので、昼間は手伝ってくれる人を頼んでいるのですが、朝の戸を開け、朝食の用意をするだけでもやっとの状態です。

    私も夫がいるし、仕事も少しはしているし、ボランティアであっても責任ある立場にもいるし、全てをなげうって田舎に帰るわけにもいきません。でも今後どこまで親2人でできるでしょうか…。

    介護保険の導入も考えていますが、他人の世話になるのはいやと泣いて嫌がる母親をどう説得するかも難しいところです。
    また私自身の老後も考えねばなりません。
    体調が万全ではない子どももいて、経済的にやっていけるかどうか、それも考えなくてはなりません。

    年上の知人は、スウェーデン人と結婚していましたが、夫を亡くして帰国を考え、日本の福祉、介護、施設の状況などを調べた結果、懐かしい日本への帰国を諦めました。

    日本は先進国のなかでは、国家予算に占める福祉関係予算が少ないのです。
    税金をどう使うか、次回の国家予算と福祉関係予算を注目したいと思っています。
    (URLは個人のHPですが、分かりやすいのでご覧いただければと思い、紹介しておきます)
    http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-80.html

    このスレッドでは、老後のこと、介護のことなど、なんでも語り合いたいと思います。
    ------------------------------------
    【386】Re: 暮れなので k.satou 2007-12-24 19:35

    いままでうやむやにしてきたが事件や事故により明るみに出、なぜもっと早くなんとかしなかったのか?と悔やんだり誰かを責めたりする。これとおなじことをなんどとなく繰り返してきた。
    関西電力美浜原発三号機事故。配管は極端に薄く多くの関係者は熟知していた。

    自分の在職中ぐらいはなんとかもつだろう。とか見て見ぬふりでいこう。
    日本のアウンの呼吸とはたまたまそれが自分のときだったら 運が悪かったと諦めてしまえ!といういわば時限爆弾の手渡しルールともいえる。

    問題の先送りはそのうちなんとかなるだろう。という根拠のない無責任な楽観的な思い込みにすぎない。
    特に集団的になるとこの傾向は強く一種の美徳とさえなっている。
    反対にいつまでも過去にこだわる人はヤボ・前向きじゃないと非難される。

    靖国問題・慰安婦問題・南京事件らのことがらが みてみぬふりされてきたのは特殊な事柄ではなくごく当たり前な日本人特有の自然ななりゆきともいえる。ところが 日本国内じゃそれですむかもしれないが 
    国際社会じゃそうはいかなかった。
    まだいいか!まだもつだろう!という見通しははずれ 美浜原発同様中国・韓国らではもう許せない。
    と言い出し60年経ってもまだ反省すらしないのか!と時間の経過そのものが怒りをたきつけてさえいる。

    なんども訪中し日本の戦争責任を謝罪している野中広務を自虐的だと揶揄する論調は不快だし私たちは自己の体験にもとずきそれを信念の核にすえ発言・行動する人こそ尊重され受け入れてきたんじゃないのかね。
    私は ヤボで結構!後ろ向きの奴で結構!
    ------------------------------------
    【406】Re: 官民の賃金格差について peace 2007-12-28 0:09:06
    ▼沈黙の初夏さん:

    >こんばんは
    >http://www.rainbow.gr.jp/data/tanakayu.htm
    >
    >タイトルは陳腐で私の好みではない。
    >それに2,3疑問が残るが、何故こうなってゆくのか、よく説明できていると思う。

    上記URL興味深く拝見しました。
    私は個人的に、このへんのことを「不幸の輸出」と呼んでいます。

    今日本で、食糧自給率が大変低いのですが、
    http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
    によると世界でもっとも残飯を残しているのは日本で11兆1000億円になるそうです、一方世界の92%の人々はまともに毎日飯を食えずにいるようです。

    なぜでしょう、この辺に答えがあるような気もします。
    http://www.nanzan-u.ac.jp/~mseigel/yushi.htm

    また、Gokaiさんの紹介していただいた、この辺にもあるような気がします。
    http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771&hl=en
    (このムービーの抵当権を行使され住宅を差し押さえられる画像は明らかにサブプライムローン問題をターゲットにしていると思われちょっと本題とははずれているとおもわれますが。)

    今一つの考えがまとまりつつあるのですが言葉にしようとするのですが。なかなか出来ません。
    考えを言葉にするのは難しいですね、この辺の事は追々お話しさせていただきます。

    とりあえず、今回はこの辺で。
    ------------------------------------
    【396】Re: イベントも本もテレビも映画も メルメル 2007-12-25 21:40:35
    テレビを見ていて・・・

    今年の腹が立つ番組でのこと、テレ朝のテレタックル、お馴染みの、ハマコー、三宅と多士済済だが、なかでもヘッポコ議員達より評論家達より、我々の目線で討論していた、大竹まこと氏に、敢闘殊勲賞を上げたい。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在1054通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
     行区切り等を整理することがあります。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp へ。
    ★アドレス変更・配信などについてのご連絡は、「メルマガ登録」からお願いします。
    http://6410.saloon.jp/modules/formmail/index.php?id_form=2

閲覧 8804

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.