老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1970&sty=2&num=t1


[総合掲示板に戻る]


【27568】憲法の「自由委任」は基本的... ミネ 2015-2-12 15:26:44
 【27576】沈黙の朱夏さんーーー新規ス... ミネ 2015-2-14 22:42:15
 【27578】Re: 新規スレでーす しんわん 2015-2-15 20:01:03
 【27577】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-2-15 12:46:13
 【27583】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-2-16 18:25:42
 【27592】沈黙の朱夏さん ミネ 2015-2-18 17:33:39
 【27594】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-2-19 0:39:19
 【27688】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-1 16:37:55
 【27690】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-1 17:02:15
 【27695】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-3-2 13:47:16
 【27720】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-6 16:26:24
 【27730】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-3-7 10:58:15
 【27754】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-9 18:31:18
 【27790】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-14 15:42:14
 【27885】時代に添う政治制度とは ミネ 2015-3-29 11:48:46
 【27942】議員のみが政治を引っ張るの... ミネ 2015-4-5 15:39:38
 【27943】Re: 議員のみが政治を引っ張... Gokai 2015-4-5 17:48:57
 【27945】金利は、好不況に直接左右さ... Gokai 2015-4-5 18:52:44
 【27947】Re: 金利は、好不況に直接左... 通りもん(@kenjika... 2015-4-5 21:52:31
 【27953】Re: 金利は、好不況に直接左... Gokai 2015-4-6 16:56:37
 【27693】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-3-2 12:29:25
 【27721】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-6 17:15:23
 【27724】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-3-6 20:42:39
 【27763】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-3-10 18:16:16
 【27774】Re: 憲法の「自由委任」は基... 沈黙の朱夏 2015-3-12 10:26:43
 【28041】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-4-15 12:06:41
 【28042】Re: 憲法の「自由委任」は基... 柳沢のたんたん 2015-4-15 13:40:59
 【28044】Re: 憲法の「自由委任」は基... ミネ 2015-4-15 14:53:20
 【28140】スイスならドローン犯人は罪... ミネ 2015-4-25 17:57:41
 【28207】12年前の議論 ミネ 2015-5-3 11:47:09
 【28280】「重要テーマは住民投票」と... ミネ 2015-5-11 12:24:05
 【28314】民意の関与しないところで安... ミネ 2015-5-17 12:24:17
 【28330】都構想選挙を終えての感想 ミネ 2015-5-18 16:16:41
 【28331】Re: 都構想選挙を終えての感... Gokai 2015-5-18 16:44:41
 【28382】Re: 都構想選挙を終えての感... ミネ 2015-6-3 17:43:30
 【28383】Re: 都構想選挙を終えての感... 沈黙の朱夏 2015-6-3 18:51:38
 【28434】Re: 都構想選挙を終えての感... ミネ 2015-6-23 17:40:12
 【28541】安保関連強行採決 ミネ 2015-7-16 16:33:55
 【28544】Re: 安保関連強行採決 ボケ老人 2015-7-17 14:04:59
 【28646】議員は国民や国より 自分自... ミネ 2015-8-2 12:05:30
 【28677】NHKが3400億円の箱モノ ミネ 2015-8-8 11:46:49
 【28679】NHKは自民党の広報部 イワオ 2015-8-9 22:09:14
 【28709】議員は役所に「良く思われた... ミネ 2015-8-17 17:00:52
 【28824】「盛り売り」は不親切 ミネ 2015-9-8 15:59:28
 【28976】政治が偏り 二層化した証拠... ミネ 2015-9-29 18:06:15
 【28978】Re: 政治が偏り 二層化した... 柳沢のたんたん 2015-9-30 8:55:54
 【29021】官民の較差の証明 ミネ 2015-10-13 12:34:14
 【29025】Re: 官民の較差の証明 柳沢のたんたん 2015-10-14 13:27:25
 【29026】Re: 官民の較差の証明 つくつく法師 2015-10-14 14:22:57
 【29027】Re: 官民の較差の証明 ミネ 2015-10-15 17:27:24
 【29127】Re: 官民の較差の証明 ミネ 2015-11-11 10:27:43
 【29129】Re: 官民の較差の証明 柳沢のたんたん 2015-11-11 14:05:13
 【29133】Re: 官民の較差の証明 柳沢のたんたん 2015-11-12 16:53:20
 【29151】Re: 官民の較差の証明 ミネ 2015-11-14 16:09:02
 【29208】1票の較差、不平等感を薄め... ミネ 2015-11-24 12:21:31
 【29267】大統領制の危うさ ミネ 2015-12-9 14:51:34
 【29311】代議制民主主義は議員と役人... ミネ 2015-12-19 15:17:14
 【29312】Re: 代議制民主主義は議員と... 柳沢のたんたん 2015-12-19 17:06:38
 【29335】Re: 代議制民主主義は議員と... ミネ 2015-12-24 15:03:41
 【29763】コンピューターの参加する政... ミネ 2016-3-20 17:44:58
 【29764】Re: コンピューターの参加す... Gokai 2016-3-20 21:36:04
 【29767】Re: コンピューターの参加す... 柳沢のたんたん 2016-3-21 15:19:15
 【29769】Re: コンピューターの参加す... ミネ 2016-3-21 18:04:22
 【30056】政治家は頼りになるかーーー ミネ 2016-4-15 15:51:30
 【30061】Re: 政治家は頼りになるかー... Gokai 2016-4-16 7:52:02
 【30073】Re: 政治家は頼りになるかー... ミネ 2016-4-16 16:43:02
 【30075】Re: 政治家は頼りになるかー... Gokai 2016-4-16 22:28:31
 【30086】Re: 政治家は頼りになるかー... ミネ 2016-4-17 15:54:58
 【30088】Re: 政治家は頼りになるかー... Gokai 2016-4-17 20:27:45
 【30104】Re: コンピューターの参加す... ミネ 2016-4-18 15:55:43
 【30249】Re: コンピューターの参加す... ミネ 2016-5-3 11:39:27
 【30392】頭がいいだけで選ぶと・・ ミネ 2016-5-16 15:25:09
 【30502】正解などない ミネ 2016-5-24 17:48:27
 【30605】素晴らしいスイスの政治シス... ミネ 2016-6-7 15:55:35
 【30656】大統領選挙では白票が話題に ミネ 2016-6-12 12:05:09
 【30711】不用意な発言 ミネ 2016-6-18 11:15:21
 【30837】僅差の決定は危険 ミネ 2016-6-28 17:56:13
 【30840】Re: 僅差の決定は危険 usagi75 2016-6-28 22:02:37
 【31219】Re: 僅差の決定は危険 ミネ 2016-7-24 15:03:36
 【31231】リーダーや議員が役所と企業... ミネ 2016-7-26 17:23:37
 【31375】Re: リーダーや議員が役所と... ミネ 2016-8-14 17:06:54
 【31928】国費を無駄にする政治学者 ミネ 2016-9-18 11:09:36
 【32074】国費を無駄にするシステム ミネ 2016-9-25 14:03:52
 【32452】下条村は職員を半減、なんと... ミネ 2016-10-16 17:32:18
 【32570】大統領選挙   愚行 ミネ 2016-10-25 17:13:06
 【32705】一人に全権をーーの代表民主... ミネ 2016-11-15 14:56:47
 【33006】富裕な人々による政治 ミネ 2016-12-17 12:08:15
 【33007】Re: 富裕な人々による政治 かっくるなかしま 2016-12-17 12:57:35
 【33099】信頼のできない行政情報が立... ミネ 2016-12-27 15:03:12
 【33100】Re: 信頼のできない行政情報... イワオ 2016-12-28 0:37:11
 【33165】国立マンション訴訟、司法の... イワオ 2017-1-15 1:28:32
 【33171】首相が代われば官僚も変わる... ミネ 2017-1-16 15:19:29
 【33172】Re: 首相が代われば官僚も変... イワオ 2017-1-16 23:46:25
 【33204】議員は役人に対抗できないの... ミネ 2017-1-25 16:16:48
 【33237】トランプ流の民主主義 ミネ 2017-1-29 18:09:54
 【33294】唯我独尊  トランプ氏の価値... ミネ 2017-2-7 11:08:51
 【33523】個人の体験で形成された価値... ミネ 2017-3-10 15:18:54
 【33754】別テーマ    金王朝 ミネ 2017-4-7 11:25:39
 【33783】Re: 別テーマ    金王朝... ミネ 2017-4-10 16:30:22
 【33789】Re: 別テーマ    金王朝... ミネ 2017-4-12 2:47:19

1 【27568】憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 その(2)
ミネ    2015-2-12 15:26:44  [返信]

    沈黙の朱夏 さん

    >現行の間接民主制に丸投げせず、その抱える問題を改良する、或いは直接民主制の手法
    >で補完する、そうした認識において共通する部分があると、感じておりますので。
    >差異があるとすると、私は、直接民主制への移行志向より、間接民主制の補完・改良志
    >向にあるというところ。

    はじめまして、「日本を元気にする会」のいきかたは素晴らしいと思います、これと同じ趣旨で8年ばか
    り前に茅ヶ崎市に吉川議員がおられました。元民主党議員のツルネン・マルティ氏は参政員制度と似た
    リンカーンクラブの副代表でした。(この方は誘うべきかも知れませんね)
    ハンガリーにも テーマ毎に支持者の賛否を集計して、多い意思を議員は議会でアクションしたり比率
    を議員に割り振る まさにプープル型の政党があり松田公太さんのサイトにリンクされておられますね。

    私は「全面的な直接民主制」は体制を一変するという懸念から反対論も多く、また危険性もあるという
    事、さらに110を超す議案に 多忙な国民が関わる事には無理がある、「議員に任せておきたい」と考える
    人々も半数近いなど スイスのような併存が現実的でないかと考え参政員制度(旧称直接間接併存政治」)
    を提唱しています

    >目下の関心は手順として《インターネット投票》にあります。参政員制度前のインフラ
    >相当箇所です。

    政治テーマを十分に議論したものを見聞きして、自分の判断をインターネットで投票するーーこれでなけれ
    ば若者の意思を政治参加させることは困難です。ただ10年以上前の議論では 投票のセキュリティーと、「
    意思の品質」を議論したと記憶します。そこで投票に それなりのテストも入れておいてテーマに一定レベ
    ルの理解がなされていたのかを問い レベル以下の意思は棄却。さらには一番はじめに「インターネット投
    票資格テスト」をすべきかという議論もありました。議員は能力を問われない以上 それはないだろう との
    考え方が強かったと記憶します、

    >政治的立ち位置ぱど真ん中で中道、無個性。ということで、是々非々でやりやすいし、そうしているつもり(^^ゞ
    > 旧みんなの江田氏(維新)や松田氏(元気)辺りに政策的意見が近いつもり。

    素晴らしいですね。こまかい議論はここではなく メーリングリストが向いているのかもしれませんね

    >http://sp.mainichi.jp/select/news/20150206k0000m010072000c.html
    (毎日、元気にする会:法案採決にスマホアプリで党員投票、2015/02/06)
    > 新党「日本を元気にする会」アプリを作り、党員の「スマホ投票」結果をもとに重要法案の対応を
    >決める方針を示した。 所属議員は法案採決時に、投票結果での賛否と同じ割合で賛成・反対に回
    >る。松田氏は党員の声を直接反映させる理由について「国民のための第三極として生まれた」と強調した。
    > 安全保障法制など国論を二分するような重要法案で党員投票を受け付ける。それ以外の場合は党議拘
    >束を外し、各議員の法案対応と理由を党ホームページで明らかにする。3日成立した2014年度補正
    >予算でも同党の議員5人のうち4人が賛成、1人が反対した。 なかなかいい感じでしょう(^-^)/

    いい感じです。殆ど同じと言ってもいいでしょう。上の「それ以外・・」ですが、選別については「参政員制度」Q&Aで
    質問3.質問15.あたりに書いています
    http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/Q&A!.html

    >松田氏は、選挙における活動費が、政治の世界への参入障壁となっているという考え方にあり、イン
    >ターネット選挙の解禁に注力していました。また、供託金についても問題視しています。

    まさに供託金、ポスター貼り、事務所運営費ほか多額の費用が出ていきます。
    議員や官僚は「ネゴしにくい勢力」が政界に参加し難いように知恵を絞ったのでしょうね。
    規制緩和の第一は 国民が政治に参入しやすいように せめて数のある「ポスター貼り」だけでも官がすべきですね
    我々は諸外国の直接民主勢力の行き方を勉強しなければなりませんね

閲覧 31805
2 【27576】沈黙の朱夏さんーーー新規スレでーす
ミネ    2015-2-14 22:42:15  [返信]

    先のスレの「テーマ」をコピーしてNO--2とすれば見つけて頂き易かったのですがーーーーー。

    さて、沈黙の朱夏さん
    ややこしいですが、政党「支持政党なし」をご存知でしようか。。
    無党派の方が投票所で、白紙投票をするのと「支持政党なし」党と書くこととはまるっきり違うこととなります。

    ここも参政員制度と似ているのです

閲覧 31239
3 【27577】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害
沈黙の朱夏    2015-2-15 12:46:13  [返信]

    ▼ミネさん:

    こんにちは。

    返信が遅くなり、失礼いたしました。

    また、スレッドのその(1)が満杯になりましたこと、とても喜ばしく思います。
    ー   スレッドを立てて放りっぱなしというのが大半なので。

    >>現行の間接民主制に丸投げせず、その抱える問題を改良する、或いは直接民主制の手法で補完する、そうした認識において共通する部分があると、感じておりますので。
    >>差異があるとすると、私は、直接民主制への移行志向より、間接民主制の補完・改良志 向にあるというところ。

    >はじめまして、「日本を元気にする会」のいきかたは素晴らしいと思います、これと同じ趣旨で8年ばかり前に茅ヶ崎市に吉川議員がおられました。元民主党議員のツルネン・マルティ氏は参政員制度と似たリンカーンクラブの副代表でした。(この方は誘うべきかも知れませんね)
    >ハンガリーにも テーマ毎に支持者の賛否を集計して、多い意思を議員は議会でアクションしたり比率を議員に割り振るまさにプープル型の政党があり松田公太さんのサイトにリンクされておられますね。

    >私は「全面的な直接民主制」は体制を一変するという懸念から反対論も多く、また危険性もあるという事、さらに110を超す議案に多忙な国民が関わる事には無理がある、「議員に任せておきたい」と考える人々も半数近いなど スイスのような併存が現実的でないかと考え参政員制度(旧称直接間接併存政治」)を提唱しています。

    ご趣旨には基本的に《賛同》いたします。
    ー    考え方に部分で差異があったとしても、貴殿のご意見(参政員制度)に反対するためのものではございませんので、悪しからず宜しくお願いいたします。
    ー    私の考え方では、体制は一変させてもよいのですが、その場合は、有権者/国民が結果について後悔することになっては惜しまれるので、一変させるにせよ、一定期間の《熟慮》を要するところなのであろうと。

    >>目下の関心は手順として《インターネット投票》にあります。参政員制度前のインフラ相当箇所です。
    >政治テーマを十分に議論したものを見聞きして、自分の判断をインターネットで投票するーーこれでなければ若者の意思を政治参加させることは困難です。ただ10年以上前の議論では 投票のセキュリティーと、「意思の品質」を議論したと記憶します。そこで投票にそれなりのテストも入れておいてテーマに一定レベルの理解がなされていたのかを問いレベル以下の意思は棄却。さらには一番はじめに「インターネット投票資格テスト」をすべきかという議論もありました。議員は能力を問われない以上、それはないだろうとの考え方が強かったと記憶します。

    なるほど。

    電子投票と参政員制度という観点では、意思決定の質が問われるところなのでしょうが、

    通常の選挙での投票ということであれば、若い世代の投票参加は彼らが後悔しないためにということなので、セキュリティに尽きるとなろうかと思います。

    10年前では、セキュリティに難があったと記憶しますが、以前に電子認証の大手企業に取材をかけて調査を行ったところでは、技術的な問題は克服されていて、《政治的決断》にかかるというところでした。
    ー     利便性ということでは、スマホ等のワイヤレス端末での投票がベストですが、ワイヤレスでのセキュリティ上の穴は電子認証より暗号方式にありそうなので調べ中。

    >>政治的立ち位置はど真ん中で中道、無個性。ということで、是々非々でやりやすいし、そうしているつもり(^^ゞ
    >> 旧みんなの江田氏(維新)や松田氏(元気)辺りに政策的意見が近いつもり。

    >素晴らしいですね。こまかい議論はここではなく メーリングリストが向いているのかもしれませんね。

    >>http://sp.mainichi.jp/select/news/20150206k0000m010072000c.html
    >>(毎日、元気にする会:法案採決にスマホアプリで党員投票、2015/02/06)
    >> 新党「日本を元気にする会」アプリを作り、党員の「スマホ投票」結果をもとに重要法案の対応を決める方針を示した。 所属議員は法案採決時に、投票結果での賛否と同じ割合で賛成・反対に回る。松田氏は党員の声を直接反映させる理由について「国民のための第三極として生まれた」と強調した。
    >> 安全保障法制など国論を二分するような重要法案で党員投票を受け付ける。それ以外の場合は党議拘束を外し、各議員の法案対応と理由を党ホームページで明らかにする。3日成立した2014年度補正予算でも同党の議員5人のうち4人が賛成、1人が反対した。なかなかいい感じでしょう(^-^)/

    >いい感じです。殆ど同じと言ってもいいでしょう。上の「それ以外・・」ですが、選別については「参政員制度」Q&Aで
    >質問3.質問15.あたりに書いています
    >ttp://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/Q&A!.html

    ありがとうございます。

    じっくり拝読させて頂きます。

    >>松田氏は、選挙における活動費が、政治の世界への参入障壁となっているという考え方にあり、インターネット選挙の解禁に注力していました。また、供託金についても問題視しています。

    >まさに供託金、ポスター貼り、事務所運営費ほか多額の費用が出ていきます。
    >議員や官僚は「ネゴしにくい勢力」が政界に参加し難いように知恵を絞ったのでしょうね。
    >規制緩和の第一は国民が政治に参入しやすいようにせめて数のある「ポスター貼り」だけでも官がすべきですね。
    >我々は諸外国の直接民主勢力の行き方を勉強しなければなりませんね。

    《公職選挙法》に問題がなおも山積していると思います。
    ー   お茶がよくて珈琲は駄目とか、くだらない規制が多過ぎる。

    ttp://yukan-news.ameba.jp/20141127-9/
    (週プレニュース、こんな政治なら自分が立候補? 選挙に出るのにマジでお金はいくらかかるのか、2014/11/27)
    ー   若者向けだから、こういう記事が載る(笑

    供託金に加え、選挙運動に掛かる費用の高さが明らかに参入障壁になっていて、その参入障壁を現行の公職選挙法が(意図してか意図せずしてか)守るという構造が見られる。
    ー   インターネット選挙にせよ、部分の解禁にとどまっており、また、現実に発生するリアルな選挙運動費用を鑑みれば、《インターネット献金》の啓蒙・普及を更に進めていく必要があると観ます。

    時系列で追うと進捗していますが(↓)、道半ばです。
    ttp://www.asahi.com/senkyo2009/news/TKY200908190224.html
    (朝日、ネットで政治献金広がる? 新設サイト、有権者鈍い反応、2009/08/19)

    ttp://moneyzine.jp/article/detail/205312
    (マネージン、ネット選挙解禁で若者の政治参加が積極的に。楽天やヤフーが行うネット献金は定着するか、2012/09/22) 

    ではまた。

    -------------------

    補足の追記です。

    幾度か断片的には申し上げてきたのですが、関連してくる私の考え方のアウトラインを3つお示ししておくと、

    1) 地方分権。
    ー     家産官僚制からの脱却。平時の地方分権、有事の中央集権。
    ー     地域の決め事には、納税や予算執行に対して自ずと住民の興味と監視とが行き届くはずなので。スウェーデン方式。
    ー     イメージとして、参政員制度は《州議会》に先ずは親和性があろうと思います。住民投票の考え方を、議会での重要意思決定に、その都度必要な手続きを経るではなく、随時、自動的に反映させるというやり方。(私見)

    2) 参院改革。
    ー     単なる衆院補完(数合わせ)に堕している。
    ー     議員には見識や専門性が問われるべきなので、県単位での地域から選出させる必要はなく、広域選挙ブロックからの選出でよい。衆院より優先的に票格差是正を図るべきなのが参院。
    ー     また、衆院のようなリーダーシップを要求する小選挙区比例代表並立制は、参院には不向き。また、投票では、単記投票方式ではなく、候補者に順番をつける《順位評点方式》が向いている。

    3) 電子投票。
    ー     若い世代の投票率を上げる。ずっと後から投票しておけばよかったと気づいても手遅れで気の毒だから。
    ー     選挙制度の改革/改善を行う上での《共通基盤》であるから。
    ー     例えば、衆参両院選挙での比例投票に、順位評点方式を導入する上では必須。政党での代表選での決戦投票、法案への賛否での即時的な党員/支持者の意思の反映なども然り。参政員制度においても。
    ー     《単記投票》は馴染んでいるから、それは当たり前に見えるけれども、全く完成形ではない。《順位評点方式》で1人10点持っていて、例えば、5点自民党、5点共産党でもよい。金融緩和に賛成で原発反対ならそうすればよい。

    -------------------

閲覧 31205
4 【27578】Re: 新規スレでーす
しんわん   システムスタッフ 2015-2-15 20:01:03  [返信] [編集]

    しんわんです。
    ご無沙汰しております。

    みなさまのご協力のおかげで
    スパム投稿がかなり減らせました。
    まだまだ油断はできませんが、
    ご不便おかけしてすいませんでした。

    さて
    うろ覚えなんですが、たしか題名に名前いれちゃいけなかったような気が。
    入れられたほうもびっくりしますもんね。
    まあみなさん常連さんなので、
    いまさらびっくりもなにもないかと思いますが、
    一応そういうことになってますので、
    ご配慮のほど。

    ではでは。

閲覧 31149
5 【27583】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害
ミネ    2015-2-16 18:25:42  [返信]

    沈黙の朱夏さん

    申し訳けありません  レスをしたいのですが今日のところは用意してきた文章のみをアップさせて頂きます
    ーーーーーーー
    「日本を元気にする会」所属議員は松田公太・山田太郎・井上義行・山口和之・アントニオ猪木・田中茂・行田邦子各氏で計七名ですね。いい政党なのに気がつきませんでした

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    参政員制度   参政員登録された方  参政議案に「支持政党を」 10万票になれば議員の一票同等に

    元気にする会  アプリダウンロードされた方  党に重要法案の賛否   結果を元に賛否を議員に割振る


    参政員制度は「直接政治」の趣があり、元気にする会は一旦党で集計するので多少の懸念が考えられますが いずれも「役所や企業に遠慮しなくてもいい意思が議案の票決に参加できる」ということで「お任せ政治」や「代議政治」とは全く異なります。ハンガリーでは既に先発している趣旨の同会の発展は非常に楽しみです

    同党が大きくなれば 「一般国民ならではという議案」がこのシステムで議論され、法案化できるかも知れません、政治のハンドルは「議員や役所から国民に移る」可能性が出てきたのではないでしょうか・・・・

閲覧 31096
6 【27592】沈黙の朱夏さん
ミネ    2015-2-18 17:33:39  [返信]

    沈黙の朱夏 さん  遅くなりました

    >私の考え方では、体制は一変させてもよいのですが、その場合は、有権者/国民が結果につい
    >て後悔することになっては惜しまれるので、一定期間の《熟慮》を要するところなのであろう

    参加政治の第一歩は「供託金」を先進国並みとする事ですが、それすら議会で問題にされていません
    殆どの議員の価値観が「お任せ政治」と「恩典の体制」は安泰と信じ、「体制一変」は夢想もしてい
    ないのではないでしょうか。「議員意思に国民意思の参加」か「体制一変」かという我々のこうした
    議論は彼らにはきっと「チャンチャラおかしい」ことなのでしょうね
    「明るくする会」のいっそうの活躍を期待しています


    >>「インターネット投票資格テスト」をすべきかという議論もありました。

    >目下の関心は《インターネット投票》にあります。参政員制度前のインフラ相当箇所です。

    二重投票対策や、ネットのされない高齢者、「政治は苦手、政治家に任せる」と考える多数の人々は
    どうするのでしょうか、政党代表選出方法も参考になりそうですが


    >電子投票と参政員制度という観点では、意思決定の質が問われるところなのでしょうが、
    >若い世代の投票参加は・・・セキュリティに尽きるとなろうか

    二重投票や代理投票対策、電子的投票が不得手の高齢者などのためには郵送も考えています
         質について  http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/s08.htm
         参加方法 http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/s55.htm


    >政治的立ち位置はど真ん中で中道、無個性。ということで、

    それは大事なことですね。首相や橋下氏はいい事も言いますが やや個性を出しすぎかと・・・・
    党首松田氏は「党議拘束」をされないようで安心していますが・・・国民が参加するテーマの
    絞り込みについてはどうお考えなのでしょう


    >松田氏は、選挙における活動費が、政治の世界への参入障壁となっているという考え方
    >お茶がよくて珈琲は駄目とか、くだらない規制が多過ぎる。
    >現実に発生するリアルな選挙運動費用を鑑みれば、《インターネット献金》の啓蒙・普及を

    政治活動も同じですね。宣伝や懇親に金を使うよりも金の掛からないフェイスブックなどで政
    治テーマ各論についての議論をすべきですね。今の議員報酬は少ないとお思いでしょうか


    >地域の決め事には、納税や予算執行に対して自ずと住民の興味と監視とが行き届くはずなので
    >。スウェーデン方式。イメージとして、参政員制度は《州議会》に先ずは親和性があろうと思
    >います。
    >住民投票の考え方を、議会での重要意思決定に、その都度必要な手続きを経るではなく、随時
    >、自動的に反映させるというやり方。(私見)

    住民意思は多くの場合「諮問的意思」「参考意思」と低く評価されます。そして議員・議会の
    価値観で一旦咀嚼され決められます。これでは「自由委任」と同じです。自動的でないと変化は
    起きません。


    議員には見識や専門性が問われるべきなので、県単位での地域から選出させる必要はなく、広域
    選挙ブロックからの選出でよい。衆院より優先的に票格差是正を図るべきなのが参院。
    また、衆院のようなリーダーシップを要求する小選挙区比例代表並立制は、参院には不向き。ま
    た、投票では、単記投票方式ではなく、候補者に順番をつける《順位評点方式》が向いている。

    同意です

    >若い世代の投票率を上げる。ずっと後から投票しておけばよかったと気づいても手遅れで気の
    >毒だから。

    日本の構成員として政治に参加する・・・一定の資格試験を通れば17-18歳でも参加できるのは
    当然かと思います。高齢者の意思の資質も検討されるのがいいかと思いますが、全体からみれば
    大勢に影響を与えないレベルかも知れませんね
         
    >《順位評点方式》で1人10点持っていて、例えば、5点自民党、5点共産党でもよい。金融緩和
    >に賛成で原発反対ならそうすればよい。

    ここはもう少しご説明頂ければと思います

閲覧 31028
7 【27594】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害
沈黙の朱夏    2015-2-19 0:39:19  [返信]

    ▼ミネさん:

    こんばんは。

    >>私の考え方では、体制は一変させてもよいのですが、その場合は、有権者/国民が結果について後悔することになっては惜しまれるので、一定期間の《熟慮》を要するところなのであろうと。

    > 参加政治の第一歩は「供託金」を先進国並みとする事ですが、それすら議会で問題にされていません。

    ご指摘のように必要な第一歩であると思います。

    > 殆どの議員の価値観が「お任せ政治」と「恩典の体制」は安泰と信じ、「体制一変」は夢想もしていないのではないでしょうか。「議員意思に国民意思の参加」か「体制一変」かという我々のこうした議論は彼らにはきっと「チャンチャラおかしい」ことなのでしょうね。

    各党の政策以前に、政治という業界において、現行の制度が既得権を守るように
    なっていて、その点では既存の組織政党の間に暗黙の了解が出来ているように思われます。

    >「明るくする会」のいっそうの活躍を期待しています。
    ttp://lite.blogos.com/article/103909/
    (BLOGOS、おときた、「日本を元気にする会」なのに、元気じゃない人がいるとプチ炎上、2015/01/21)
    ー   東京の若手の都議会議員のブログです。選挙でいくらかかるとか、ぶっちゃけて語るので以前からチェックしています。

    >>>「インターネット投票資格テスト」をすべきかという議論もありました。
    >>目下の関心は《インターネット投票》にあります。参政員制度前のインフラ相当箇所です。

    >二重投票対策や、ネットのされない高齢者、「政治は苦手、政治家に任せる」と考える多数の人々はどうするのでしょうか、政党代表選出方法も参考になりそうですが。

    頭の中では、直接民主制の手法の導入と、間接民主制の手法の改善の《並行》になっています。

    後者の間接民主制では、投票率と死票に問題あり、と観ています。

    電子投票という場合、1) 期日前投票での先行導入、2)リアルな投票所での投票は選挙当日、3) 二重投票の排除は、リアルな投票所での投票自体が電子化されないと無理、(電子化してしまえば導入可能)、4)リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す、(但し電子化してペーパーレスを目指す)など。

    参政員制度での参政員による電子投票は、技術的には3)、4)と並行するかその延長線上にあると捉えています。
    ー     私の認識に誤りがありますれば、ご指摘、宜しくお願いいたしますm(__)m
    ー     いずれにせよ、電子投票は、間接民主制の手法の改善と直接民主制の手法の導入の《共通インフラ》という捉え方です。


    ・・・


    >>電子投票と参政員制度という観点では、意思決定の質が問われるところなのでしょうが、 若い世代の投票参加は・・・セキュリティに尽きるとなろうかと。

    >二重投票や代理投票対策、電子的投票が不得手の高齢者などのためには郵送も考えています。

    なるほど。

    直接民主制の先行導入を進める中で、手段としては必ずしも電子投票を前提にせず、電子投票とリアル投票(郵送など)のほうを《並行》させるとなりますか。
    ー    私はインフラに関心が向いて、そちらに固執してしまっていたかもしれません。ご示唆を頂きありがとうございます。

    >     質について  ttp://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/s08.htm
    >     参加方法 ttp://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/s55.htm

    ありがとうございます。拝見いたします。


    ・・・


    >>政治的立ち位置はど真ん中で中道、無個性。ということで、
    >それは大事なことですね。首相や橋下氏はいい事も言いますが やや個性を出しすぎかと・・・・
    >党首松田氏は「党議拘束」をされないようで安心していますが・・・国民が参加するテーマの絞り込みについてはどうお考えなのでしょう。

    ミニ政党なので拘束をかける必要がないとも言えますが、政策政党の本来の姿であろうとも。
    ー    米国の共和党、民主党は、党議拘束をかけず、法案の賛否は議員それぞれの主体性と判断に委ねられますが、判断にバラつきを見せながら、概ね、判断のカテゴリーがまとまりを示します。MDS(多次元尺度構成法)という分析により実証されています。
    ー    自民党や民主党が党議拘束をかけない場合、ものすごいバラつきを示すものと推測しており、政策政党として体をなさないということが露呈されるだろうと強く推測しています。

    ご指摘のテーマの絞り込みについては、とても興味深いところであるので、追跡調査してみます。

    >>松田氏は、選挙における活動費が、政治の世界への参入障壁となっているという考え方 。
    >>お茶がよくて珈琲は駄目とか、くだらない規制が多過ぎる。
    >>現実に発生するリアルな選挙運動費用を鑑みれば、《インターネット献金》の啓蒙・普及を。

    >政治活動も同じですね。宣伝や懇親に金を使うよりも金の掛からないフェイスブックなどで政治テーマ各論についての議論をすべきですね。今の議員報酬は少ないとお思いでしょうか。

    時間を議論や政策立案に費やすべきであろうと考えます。

    私の知人に松下政経塾出身者の方がいますが、現実と理想のギャップの大きさに、途中で断念しておりました。一言で言えば、24時間サービス残業であると。つまり、支持者や地元への利権誘導が政治活動の実態として過剰にして荷重であると。
    ー    政界の一部の意見として割り引いてお聞き流し下さい。

    議員報酬が少ないかと言えば、多いと思います。私は《急進派》なので、多くの議員が生業とする地元への利権誘導は、道州制により、税源を地方に移管し州議会のマターとすることで、その多くを消滅させるべきだと考えます。通産大臣が地元支援者を慰労で観劇に招待するなど実に馬鹿げている。同時に、国会議員が国政マターに専念し、本来の議員立法で成果を上げる(役人に丸投げしない)のであれば、今の議員報酬は、安過ぎると観ています。


    ・・・


    >>地域の決め事には、納税や予算執行に対して自ずと住民の興味と監視とが行き届くはずなので スウェーデン方式。イメージとして、参政員制度は《州議会》に先ずは親和性があろうと思 います。
    >>住民投票の考え方を、議会での重要意思決定に、その都度必要な手続きを経るではなく、随時自動的に反映させるというやり方。(私見)

    >住民意思は多くの場合「諮問的意思」「参考意思」と低く評価されます。そして議員・議会の価値観で一旦咀嚼され決められます。これでは「自由委任」と同じです。自動的でないと変化は起きません。

    私の中では、急進派と保守派がせめぎ合っていて、ベクトルが拮抗して、中道にあるということなのかもしれません(笑

    分割し分権のもとで、ローカルな部分で直接民主制をおおいに取り入れ、

    国政においては、重要なテーマについては、電子化された一般国民投票と間接民主制を併用し、その意思決定には、時間(2カ年程度)をかける、というのが、基本観にあります。
    ー    国論が空気により大きくブレて決定されることに慎重であると。ここは、平時での理性的判断が、有事的な状況では必ずしも適用しえなくなるという、他のスレッドでの《群集心理》とその処理に関連してきます。


    ・・・


    >>議員には見識や専門性が問われるべきなので、県単位での地域から選出させる必要はなく、広域選挙ブロックからの選出でよい。衆院より優先的に票格差是正を図るべきなのが参院。
    >>また、衆院のようなリーダーシップを要求する小選挙区比例代表並立制は、参院には不向き。また、投票では、単記投票方式ではなく、候補者に順番をつける《順位評点方式》が向いている。

    >同意です。

    参院が良識の府として機能しているなら、衆院での直接民主制による判断が、有事的な状況で極端な結果が出た場合、《頭を冷やせ》、《ちょっと待て》という形で牽制しえますが、今の参院は衆院の補完であるので、牽制能力を発揮し得ない。
    ー   私は《相互牽制》を重視していて、相互牽制が機能しながら導かれる結論は、正しいものなのだ、と考えています。民意もまた自制や自省を免れない。国民主権であるということは重責を伴うと観るわけです。

    >>若い世代の投票率を上げる。ずっと後から投票しておけばよかったと気づいても手遅れで気の毒だから。

    >日本の構成員として政治に参加する・・・一定の資格試験を通れば17-18歳でも参加できるのは当然かと思います。高齢者の意思の資質も検討されるのがいいかと思いますが、全体からみれば大勢に影響を与えないレベルかも知れませんね。

    参政員制度における参政員の資格ということでは、何分、勉強不足であり、未消化な状態にありますm(__)m
    ー    米国での選挙人を漠然とイメージしております。

    今時点での感覚で申し上げると、直接民主制は、専門家ではなくとも地域の実情を体感的に把握しうるローカルな意思決定に親和性があるものと観ていて、同時に当該社会集団の《人口規模》の観点で、ミネさんが例示されるスイスで直接民主制がワークしているのは、スイスの人口が大阪府〜愛知県と同程度であるということと無関係ではないものと想像しております。


    ・・・

       
    >>《順位評点方式》で1人10点持っていて、例えば、5点自民党、5点共産党でもよい。金融緩和に賛成で原発反対ならそうすればよい。

    >ここはもう少しご説明頂ければと思います。

    電子投票で順位評点方式を採用できるなら、評点にメリハリをつけてしまうことも技術的には可能であるという例示のつもりでした。

    単記投票方式は、競馬で言えば単勝式です。

    アローの不可能性定理により、民主的な意思決定に限界があることは、分かっていても、
    ttp://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E5%AE%9A%E7%90%86
    (Wiki、アローの不可能性定理)

    慣れているからという習慣的な理由で単勝式での馬券購入に甘んじることなく、

    有権者は、連勝単式、連勝複式、重勝式などの実現可能である投票方式に目を向けるべきであり、

    直接民主制と間接民主制の組み合わせにより、不可能性定理の限界を追求すべきであるというのが、私の基本観です。
    ー   代議士の選択や政策の選択に、民意が反映されるような選挙制度を追求すべきであるし、その追求が全然足りていないという認識にあるということです。

    では。

    -------------------

閲覧 31002
8 【27688】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害
ミネ    2015-3-1 16:37:55  [返信]

    沈黙の朱夏さん  長いのでII部に分けてアップします

    >政治という業界において、現行の制度が既得権を守るようになっていて、その点
    >では既存の組織政党の間に暗黙の了解が出来ているように思われます。


    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF )のトップである理事長の年間報酬額は6割
    強引き上げられ、約3100万円になることが分かった。 給与の引き上げは1月の支払い分か
    ら反映され、理事長が受け取る年間報酬額は賞与や手当等を含め、改定前の約1894万円から
    64%増える見通しだ。5日付で常勤理事と新設の最高投資責任者(CIO)に就任した水野
    弘道氏の・・・・・・・以上転載おわり
    これについては永田町は見て見ぬふりをするでしょう。霞が関が政治のハンドルを握っています
    から 暗黙の了解 も政官の結束あっての事かもしれません
    それにしても年金は以前官の不始末があったのに、首相を上回る年俸とは厚顔、政治家は馬鹿に
    されています。国会図書館職員には議員近い俸給を取る方がかなりとの事です。


    >頭の中では、直接民主制の手法の導入と、間接民主制の手法の改善の《並行》になっています。
    >後者の間接民主制では、投票率と死票に問題あり、と観ています

    後者では一任・お任せ政治になります。政治テーマが複数あれば投票された方はどれかについては
    「それは反対なのに・・一任したからは仕方がないかーー」とならざるを得ないのです
    このたびの選挙でも、原発路線反対が国民の過半数でしたが、自民は他のテーマの魅力から大勝し
    ました、自民は「国民は原発路線も賛成した」と強弁するでしょう。多くの国民は主権を逆に
    使われることになり、人権侵害とも言えるでしょう

    さりとて 政党「支持政党なし」(注:これは政党です)の主張である「全議案に賛否」は 国民のキ
    ャパシティーを考えれば到底無理なことは明らかです。さらに賛否の一票は議員と同格扱いなの
    か、それとも何万分の一とするのか、議員は参加しないのかを明確にして頂きたいものです。
    参政員制度では 年間5-7程度の重要な政治テーマを「参政議案」として、政治に関心の高い「参政
    員登録」をした人が「どの政党の主張に賛成」かを票決のスペースに表現します。
    これが10万票になれば議員の一票と同等に算入します。一つの票決のスペースに 議員と国民の意
    思が併存することになります。

    議員の一票は 「政治は政治家に任せておきたい」 と考える選挙民の方々の意思の代理行使です。
    即ち参政員が選挙人名簿から抜け、 残る有権者から選挙で選ばれた議員です。多分有権者の七割が
    選挙権を使われるでしょう、国民の政治意識が高くなれば 参政員登録をされる方は国民の半数近く
    になるかも知れません


    >電子投票という場合、1) 期日前投票での先行導入、2)リアルな投票所での投票は選挙当日、3) 
    二重投票の排除は、リアルな投票所での投票自体が電子化されないと無理、(電子化してしまえ
    ば導入可能)、4)リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す、(但し電子化してペ
    ーパーレスを目指す)など。
    参政員制度での参政員による電子投票は、技術的には3)、4)と並行するかその延長線上にあると
    捉えています。
    電子投票は、間接民主制の手法の改善と直接民主制の手法の導入の《共通インフラ》という捉え方です。


    参政員制度の場合は「参政員登録」段階で、印鑑証明を付けます。主権は命の次とも言える権利です
    から他人による偽装などは絶対に防止しなければなりません。登録と同時に「選挙人名簿」は一時閉
    鎖されます。これによりリアルと電子との二重投票はできません。登録や解除は選挙の前の一定期間
    に限定されるべきかと思います


    >直接民主制の先行導入を進める中で、手段としては必ずしも電子投票を前提にせず、電子投票とリアル
    投票(郵送など)のほうを《並行》させるとなりますか。

    直接民主制ですが、国会の議決の場面に直接政治意思を入れる場合は、憲法を改正する必要性の有無を
    随分議論しました。 一般的国民投票もそうですが 多分議会議員は強く反対すると思われます。
    そこで、参政員制度では、 そのバリアーを通過する為に 「法案の賛否」ではなく「賛否を明白に
    表している政党を選ぶ」という、あくまで「間接政治」のスタイルに変えました。
    これにより「憲法改正」という大きな障害はクリアーし、反対論は霧散してしまいました


    >ミニ政党なので拘束をかける必要がないとも言えますが、政策政党の本来の姿であろうとも。
    ー    米国の共和党、民主党は、党議拘束をかけず、法案の賛否は議員それぞれの主体性と判断
    に委ねられますが、判断にバラつきを見せながら、概ね、判断のカテゴリーがまとまりを示します。
    MDS(多次元尺度構成法)という分析により実証されています。
    ー    自民党や民主党が党議拘束をかけない場合、ものすごいバラつきを示すものと推測してお
    り、政策政党として体をなさないということが露呈されるだろうと強く推測しています。
    ご指摘のテーマの絞り込みについては、とても興味深いところであるので、追跡調査してみます。

    本来政党という集まりよりも政治テーマごとに緩い集まりを構成するというのがいいという主張が
    あります。政党交付金はそういう意味からも問題があると感じます

    >私の知人に松下政経塾出身者の方がいますが、現実と理想のギャップの大きさに、途中で断念してお
    りました。一言で言えば、24時間サービス残業であると。つまり、支持者や地元への利権誘導が政治
    活動の実態として過剰にして荷重であると。

    政治家は票が大事なのでスジ悪の要請を役所に取り次ぐ、これほど馬鹿げた事はありませんね
    その為には役人と懇意でなければなりません。役人のデメリットになる法案が出せるはずがあり
    ません。役人は役人で 政治家と懇親する為に婚姻も含めて、時には陥穽他あらゆる画策をします
    そこでやりたい放題とも見える事が起こります。元ベトナム、韓国、フランス大使、現在は国際交流
    基金理事長である小倉和夫氏は東京大学法学部卒、経済局長を経て三カ国の大使。

    氏はフランス大使時代に公邸の修復の期間、一泊30万円のホテルに10カ月も 泊まり続けて、国
    会で非難されて、謝ったというツワモノ官僚です。国には途方もない借金があることなどおそらくご
    存知ではないのではと思わせます。
    2002年1月30日 ... 田中外務大臣・野上外務事務次官の喧嘩両成敗事件があり更迭されました。
    しかし彼はイギリス大使に栄転、その後日本国際問題研究所の理事長兼所長に天下りしました。
    いずれも世間から批判されたにも関わらず゛、霞ヶ関世界では「栄転」させています
    裁判員制度では判決に国民の常識を参加させます。しかし行政の不条理を国民が裁く事が必要なのです
    しかし役人に頭が上がらない議員諸侯にはそうしたアクションなど思いもよらない事なのです。
    日本に正義が行われていないーーー国民の意思が政治の場に出なければ不条理はなくなりません

閲覧 30868
9 【27690】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害  そのII
ミネ    2015-3-1 17:02:15  [返信]

    第II稿です
    >国会議員が国政マターに専念し、本来の議員立法で成果を上げる(役人に丸投げしない)のであれば、今の議員報酬は、安過ぎると観ています。

    能力のある政策秘書が少ないのでしょう、数名の冠婚葬祭専属秘書を置くなど地盤との対応にエネルギーを割きすぎですね、そんなことは政治と無関係です


    >分割し分権のもとで、ローカルな部分で直接民主制をおおいに取り入れ、

    地方自治は直接政治が可能ですが 投票率が低いと一部の住民や組織による政策誘引の懸念は残ります
    その意味から 地方政治も 議員も参加する参政員制度が適当かも知れません
    政党代表選挙はまさに参政員制度に似たところがあります


    >国政においては、重要なテーマについては、電子化された一般国民投票と間接民主制を併用し、その意思決定には、時間(2カ年程度)をかける、というのが、基本観にあります。

    参政員制度も同じで、臨機の対応を要する外交テーマ、プライバシーなどは除外されます。
    尚スイスを研究し、年間5-7のテーマ程度は消化したいと思います。安保解消などというビッグテーマは国民全体の意思が問われる必要があります


    >国論が空気により大きくブレて決定されることに慎重であると。ここは、平時での理性的判断が、有事的な状況では必ずしも適用しえなくなるという、他のスレッドでの《群集心理》とその処理に関連してきます。

    相手との交渉があり臨機の対応が必要な政治テーマを国民に問うのは不適当かと思われます
    また自然災害やプライバシー問題も同じように思います
    ・・・


    >議員には見識や専門性が問われるべきなので、県単位での地域から選出させる必要はなく、広域選挙ブロックからの選出でよい。衆院より優先的に票格差是正を図るべきなのが参院。
    また、衆院のようなリーダーシップを要求する小選挙区比例代表並立制は、参院には不向き。また投票では、単記投票方式ではなく、候補者に順番をつける《順位評点方式》が向いている。

    同意です。

    >参院が良識の府として機能しているなら、衆院での直接民主制による判断が、有事的な状況で極端な結果が出た場合、《頭を冷やせ》、《ちょっと待て》という形で牽制しえますが、今の参院は衆院の補完であるので、牽制能力を発揮し得ない。
    私は《相互牽制》を重視していて、相互牽制が機能しながら導かれる結論は、正しいものなのだ、と考えています。民意もまた自制や自省を免れない。国民主権であるということは重責を伴うと観るわ
    けです。

    両議院が議員のみで牽制するとしても、役人に頭が上がらないことは同じです。国民の常識が参加することで牽制が始まるのではないでしょうか

    >>>若い世代の投票率を上げる。ずっと後から投票しておけばよかったと気づいても手遅れで気の毒だから。

    >>日本の構成員として政治に参加する・・・一定の資格試験を通れば17-18歳でも参加できるのは当然かと思います。高齢者の意思の資質も検討されるのがいいかと思いますが、全体からみれば大勢に影響を与えないレベルかも知れませんね。

    >参政員制度における参政員の資格ということでは、何分、勉強不足であり、未消化な状態にありますm(__)m

    資格は「重要な政治テーマ毎に支持政党を決めたい」という一点のみです。ただ意思の質を見るために印鑑証明を要求したり、テスト的質問にもチェックしてもらい一定以上の得点の票のみを「有効」とすべきとの主張があります

    >今時点での感覚で申し上げると、直接民主制は、専門家ではなくとも地域の実情を体感的に把握しうるローカルな意思決定に親和性があるものと観ていて、同時に当該社会集団の《人口規模》の観点で、ミネさんが例示されるスイスで直接民主制がワークしているのは、スイスの人口が大阪府〜愛知県と同程度であるということと無関係ではないものと想像しております。

    例えば欧州の多くの国がEUに入るか否かについて国民に問いました。事前の議論さえ十分ならテーマに親和性を問われる事はないのではないでしょうか、例えば死刑廃止の是非、少年法の是非、安楽死の是非、労働移民受け入れの是非、消費税アップ、相続税ほか無数にありそうです

    >代議士の選択や政策の選択に、民意が反映されるような選挙制度を追求すべきであるし、その追求が全然足りていないという認識にあるということです。

    根本的には「自由委任」「お任せ政治」を問われる必要がありそうです。鳥かごの小鳥は飼い主のされるがままです。元気になりようがありません。自由に意思が表現できてこそ元気が出ます。その意味を知っている政党が伸びていくことでしょう

閲覧 30869
10 【27693】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害〜御礼
沈黙の朱夏    2015-3-2 12:29:25  [返信]

    ▼ミネさん:

    おはようございます。

    >沈黙の朱夏さん  長いのでII部に分けてアップします

    了解です。
    ー   まだ調べ中で、私の返信がピント外れかもしれませんが悪しからず宜しくお願いしますm(__)m

    >>政治という業界において、現行の制度が既得権を守るようになっていて、その点 では既存の組織政党の間に暗黙の了解が出来ているように思われます。

    >年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF )のトップである理事長の年間報酬額は6割強引き上げられ、約3100万円になることが分かった。 給与の引き上げは1月の支払い分から反映され、理事長が受け取る年間報酬額は賞与や手当等を含め、改定前の約1894万円から64%増える見通しだ。5日付で常勤理事と新設の最高投資責任者(CIO)に就任した水野弘道氏の・・・・・・・以上転載おわり
    >これについては永田町は見て見ぬふりをするでしょう。霞が関が政治のハンドルを握っていますから 暗黙の了解 も政官の結束あっての事かもしれません
    >それにしても年金は以前官の不始末があったのに、首相を上回る年俸とは厚顔、政治家は馬鹿にされています。国会図書館職員には議員近い俸給を取る方がかなりとの事です。

    議院内閣制の弱点としての行政府依存体質。その行政府は互助会体質。行政府に行政府自身を牽制することを期待しにくいわけですが、その肝心の牽制する側の立法府が、制度の既得権化で互助会体質。
    ー   蛇足ながら、年金には、二つの問題があって、一つは《集める》こと、もう一つが《増やす》こと。前者は少子化高齢化でいろいろ取り沙汰されますが、後者、即ち運用が下手であることは、ほとんど問題にはならず、責任を問われもしない。極端な話、年率5%以上で運用し続けられれば、問題はないに等しいです。
    ー   年金は実態としては民間運用機関(信託銀行等)に丸投げなので、それで高給を取れるなら、楽なものです。逆に年率10%で回せるなら、GPIFのトップには10億円の報酬を出しても惜しくないと言えるでしょう。

    >>頭の中では、直接民主制の手法の導入と、間接民主制の手法の改善の《並行》になっています。 後者の間接民主制では、投票率と死票に問題あり、と観ています

    >後者では一任・お任せ政治になります。政治テーマが複数あれば投票された方はどれかについては「それは反対なのに・・一任したからは仕方がないかーー」とならざるを得ないのです
    >このたびの選挙でも、原発路線反対が国民の過半数でしたが、自民は他のテーマの魅力から大勝しました、自民は「国民は原発路線も賛成した」と強弁するでしょう。多くの国民は主権を逆に使われることになり、人権侵害とも言えるでしょう

    ご趣旨には全く賛同です。

    全くの蛇足ながら、自民党が大勝することが分かりきっている選挙で、争点は原発だと騒いでいる反原発派を見ていて、戦術的にあまり《拙劣》で、相手側に一任の格好の口実を与えるようなものだと呆れ返ったものです。

    >さりとて 政党「支持政党なし」(注:これは政党です)の主張である「全議案に賛否」は 国民のキャパシティーを考えれば到底無理なことは明らかです。さらに賛否の一票は議員と同格扱いなのか、それとも何万分の一とするのか、議員は参加しないのかを明確にして頂きたいものです。

    支持政党なしの直接民主制のコンセプトは面白いけれど、彼らは選挙の都度、訴求する政策が受け狙い的に変遷するので、今回も制度設計まで踏む込めていないと観ています。

    >参政員制度では 年間5-7程度の重要な政治テーマを「参政議案」として、政治に関心の高い「参政員登録」をした人が「どの政党の主張に賛成」かを票決のスペースに表現します。
    >これが10万票になれば議員の一票と同等に算入します。一つの票決のスペースに 議員と国民の意思が併存することになります。
    >議員の一票は 「政治は政治家に任せておきたい」と考える選挙民の方々の意思の代理行使です。
    >即ち参政員が選挙人名簿から抜け、残る有権者から選挙で選ばれた議員です。多分有権者の七割が選挙権を使われるでしょう、国民の政治意識が高くなれば 参政員登録をされる方は国民の半数近くになるかも知れません

    コンパクトなご説明、ありがとうございます。要点をこうしてきちんと提示して頂けると、理解を進めていくうえで助かります。

    10万票につき1議席というのは、

    現状で有効投票数が約5000万票、衆院議員定数が475議席なので、

    5000万票/10万票/議席=500議席ということで、

    衆院議員数と同程度の議決権ウエイトを参政員が有する仕組みと観ました。

    他方で、まだよく飲み込めていないのは、

    a) 自由委任している有権者の議決権が、初回の国政選挙での支持政党議員の議決権には反映されるが、以降の採決ではオミットされると思われる箇所です。
    ー    自由委任している有権者もまた、二回目以降の採決では、自由委任の再任の意思表明という形で採決に加われないと、その意思が新たな500議席から除外されて、参政権の《機会均等》を損ねるように思われますが、如何でしょうか?

    b) 参政員を選挙人名簿から外すと言うのは、参政員は、初回の国政選挙では、委任の権利を保留し、二回目以降の議決/採決で、参政権を行使するということになるのでしょうか?
    ー    この場合、上記a)での自由委任者との参政権の機会均等は担保されます。

    まだよく飲み込めていないので、ピンぼけでしたらご容赦を。

    >>電子投票という場合、1) 期日前投票での先行導入、2)リアルな投票所での投票は選挙当日、3)  二重投票の排除は、リアルな投票所での投票自体が電子化されないと無理、(電子化してしまえば導入可能)、4)リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す、(但し電子化してペーパーレスを目指す)など。参政員制度での参政員による電子投票は、技術的には3)、4)と並行するかその延長線上にあると捉えています。電子投票は、間接民主制の手法の改善と直接民主制の手法の導入の《共通インフラ》という捉え方です。

    >参政員制度の場合は「参政員登録」段階で、印鑑証明を付けます。主権は命の次とも言える権利ですから他人による偽装などは絶対に防止しなければなりません。登録と同時に「選挙人名簿」は一時閉鎖されます。これによりリアルと電子との二重投票はできません。登録や解除は選挙の前の一定期間に限定されるべきかと思います

    了解しておきます。
    ー   私は電子投票というインフラに固執していて、投票での人海戦術的な煩雑さが、よりきめ細かな投票手段の採用を妨げていると観ているので、モヤモヤ感が残ってしまうのですが、脇に置いておきます。

    >>直接民主制の先行導入を進める中で、手段としては必ずしも電子投票を前提にせず、電子投票とリアル 投票(郵送など)のほうを《並行》させるとなりますか。

    >直接民主制ですが、国会の議決の場面に直接政治意思を入れる場合は、憲法を改正する必要性の有無を随分議論しました。 一般的国民投票もそうですが 多分議会議員は強く反対すると思われます。
    >そこで、参政員制度では、そのバリアーを通過する為に 「法案の賛否」ではなく「賛否を明白に表している政党を選ぶ」という、あくまで「間接政治」のスタイルに変えました。
    >これにより「憲法改正」という大きな障害はクリアーし、反対論は霧散してしまいました

    なるほど。

    私の質問は単に技術的なことですが、頂いたミネさんのお話は制度的なことで、しかも、かなり重要なお話であると思われます。

    実は憲法改正を前提にしてのことかと思い込んでいました。
    ー   スイスだと憲法改正は日常茶飯事とも言えるので、憲法改正は避けて通るものではないのだろうとてっきり思っていました。

    この辺りは自分でもっと学ぶか、参政員制度が憲法43条の間接民主制規定をどうクリアするのか補足説明を頂くかしないと、おそらく私にはすぐには分かりません。

    私の場合は、

    1) 電子投票で若い世代の投票率を上げる。 ← 目下の最大の関心事

    2) 現行の小選挙区比例代表並立制の改正で、民意を議席に反映させ、死票を減らす。

    3) インターネット選挙で、被選挙権での参入障壁を下げる。

    など、現行の間接民主制の大きな不備をまず是正し、

    その上で、

    4) 電子投票により、各政党レベルでの党首選で、決戦投票の段階まで党員・支持者の意思を反映させる。

    5) 電子投票により、各政党の国政での議案採決に際して、党員・支持者の意思を反映させる。

    その上で、

    6) 参院の機能回復を図るため、a)票格差の優先的是正、b)電子投票による順位投票制の導入を促進する。

    7) 連邦制とは違い憲法改正をギリギリで要しない道州制への移行で税源移譲付きで分権化し、州議会において、電子投票により住民の意思をより強く反映させる。
    ー    議決の多くが国政から州政に移行。地元のことであるから、住民の関心は上がり、負担も下がる。(北海道の住民が九州のことを考えるのは負担)

    その上で、

    8) 国政レベルでの重要決議事項は、国民投票の一般化により、間接民主制を直接民主制で補完する。

    という手順をイメージしていて、参政員の考え方は、4)、5)、7)にフィットしていると受け止めていました/います。

    ・・・

    >>ミニ政党なので拘束をかける必要がないとも言えますが、政策政党の本来の姿であろうとも。
    >>ー    米国の共和党、民主党は、党議拘束をかけず、法案の賛否は議員それぞれの主体性と判断に委ねられますが、判断にバラつきを見せながら、概ね、判断のカテゴリーがまとまりを示します。MDS(多次元尺度構成法)という分析により実証されています。
    >>ー    自民党や民主党が党議拘束をかけない場合、ものすごいバラつきを示すものと推測しており、政策政党として体をなさないということが露呈されるだろうと強く推測しています。
    >>ご指摘のテーマの絞り込みについては、とても興味深いところであるので、追跡調査してみます。

    >本来政党という集まりよりも政治テーマごとに緩い集まりを構成するというのがいいという主張があります。政党交付金はそういう意味からも問題があると感じます

    私の見方では、自民党も民主党も本来の政策政党ではなく、

    現行の選挙制度は、政権政党を競うものとなっていて、

    従って、政策は中位投票者定理の帰結として総花的となり、

    有権者による政治の自由委任を助長しています。

    同時に現行の選挙制度では、政策政党であり続けることや政策政党の出現を困難にしているので、改めるべきであると考えるわけです。

    ・・・

    >>私の知人に松下政経塾出身者の方がいますが、現実と理想のギャップの大きさに、途中で断念しておりました。一言で言えば、24時間サービス残業であると。つまり、支持者や地元への利権誘導が政治活動の実態として過剰にして荷重であると。

    >政治家は票が大事なのでスジ悪の要請を役所に取り次ぐ、これほど馬鹿げた事はありませんね
    >その為には役人と懇意でなければなりません。役人のデメリットになる法案が出せるはずがありません。役人は役人で政治家と懇親する為に婚姻も含めて、時には陥穽他あらゆる画策をします

    >そこでやりたい放題とも見える事が起こります。元ベトナム、韓国、フランス大使、現在は国際交流基金理事長である小倉和夫氏は東京大学法学部卒、経済局長を経て三カ国の大使。
    > 氏はフランス大使時代に公邸の修復の期間、一泊30万円のホテルに10カ月も 泊まり続けて、国会で非難されて、謝ったというツワモノ官僚です。国には途方もない借金があることなどおそらくご存知ではないのではと思わせます。
    >2002年1月30日 ... 田中外務大臣・野上外務事務次官の喧嘩両成敗事件があり更迭されました。
    >しかし彼はイギリス大使に栄転、その後日本国際問題研究所の理事長兼所長に天下りしました。
    >いずれも世間から批判されたにも関わらず、霞ヶ関世界では「栄転」させています

    >裁判員制度では判決に国民の常識を参加させます。しかし行政の不条理を国民が裁く事が必要なのです
    >しかし役人に頭が上がらない議員諸侯にはそうしたアクションなど思いもよらない事なのです。
    >日本に正義が行われていないーーー国民の意思が政治の場に出なければ不条理はなくなりません

    中央集権の家産官僚制にあるわけですから、中央行政と中央議会(国会)の結びつき弱めるには、税源を地方に移譲し、国会議員には州議員に戻ってもらうよう、道州制とすればよいと考えるわけです。

    地元への利益誘導というモチベーションが国政で下がれば、国会議員が役人に頭が上がらないという状況は大きく変わると観ます。

    私は、問題は《分割》してしまって、それぞれに住民参画で解いてしまったほうが、国民にとって楽だろうと思っています。


    -------------------

閲覧 30814
11 【27695】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 そのII〜御礼2
沈黙の朱夏    2015-3-2 13:47:16  [返信]

    ▼ミネさん:

    続きです。

    少しずつ分かって参りましたが、まだ分かっていませんし、

    よく分かってもいない者が、あ〜だこ〜だ言っているのは、ご不快かもしれませんがご容赦を。

    ミネさんやGokaiさんや海のyeahさんのお話は、私にとっては勉強になっているので、
    ー    自分が知らないことも多々あるし、意外な観点の違いが確認できたり、自分の考え方を見直したり整理したりする上でのよい契機となっています。

    重ねて御礼申し上げます(^^ゞ

    >第II稿です
    >>国会議員が国政マターに専念し、本来の議員立法で成果を上げる(役人に丸投げしない)のであれば、今の議員報酬は、安過ぎると観ています。

    >能力のある政策秘書が少ないのでしょう、数名の冠婚葬祭専属秘書を置くなど地盤との対応にエネルギーを割きすぎですね、そんなことは政治と無関係です

    新規の議員立法を行う上で必要な法令や判例や先行事例を、直接専門家に委ねず自動収集してくるエキスパートシステムは英米では既に出来ていて、そういうものを議員の活動支援の共通プラットホームにする分には、公費で全くよいと思っています。
    ー    政党助成金ではなくて、立法活動助成金。
    ー    議員報酬とは別に、類似の補助金が月に何十万円か個々の議員に給付されていますが、国会でインフラとして用意し、各議員/政策秘書らが使用すればよいのです。

    >>分割し分権のもとで、ローカルな部分で直接民主制をおおいに取り入れ、
    >地方自治は直接政治が可能ですが 投票率が低いと一部の住民や組織による政策誘引の懸念は残ります
    >その意味から 地方政治も 議員も参加する参政員制度が適当かも知れません
    >政党代表選挙はまさに参政員制度に似たところがあります

    前の返信にて言及しましたが、政党の党首選は直接投票制をフルに活かすべきところでしょう。

    電子投票に拘るのは、投票率が低ければ、やり直せばいいと考えるからです。
    ー     投票のコストや手間が、投票の質を下げてしまっているから。

    ・・・

    >>国政においては、重要なテーマについては、電子化された一般国民投票と間接民主制を併用し、その意思決定には、時間(2カ年程度)をかける、というのが、基本観にあります。

    >参政員制度も同じで、臨機の対応を要する外交テーマ、プライバシーなどは除外されます。
    >尚スイスを研究し、年間5-7のテーマ程度は消化したいと思います。安保解消などというビッグテーマは国民全体の意思が問われる必要があります

    スイスの事例研究では、どこを参照するとよいのかご案内頂けるとありがたいです。

    >>国論が空気により大きくブレて決定されることに慎重であると。ここは、平時での理性的判断が、有事的な状況では必ずしも適用しえなくなるという、他のスレッドでの《群集心理》とその処理に関連してきます。

    >相手との交渉があり臨機の対応が必要な政治テーマを国民に問うのは不適当かと思われます
    >また自然災害やプライバシー問題も同じように思います

    了解いたしました。

    >>議員には見識や専門性が問われるべきなので、県単位での地域から選出させる必要はなく、広域選挙ブロックからの選出でよい。衆院より優先的に票格差是正を図るべきなのが参院。 また、衆院のようなリーダーシップを要求する小選挙区比例代表並立制は、参院には不向き。また投票では、単記投票方式ではなく、候補者に順番をつける《順位評点方式》が向いている。

    >同意です。

    前の返信にても言及しました。

    >>参院が良識の府として機能しているなら、衆院での直接民主制による判断が、有事的な状況で極端な結果が出た場合、《頭を冷やせ》、《ちょっと待て》という形で牽制しえますが、今の参院は衆院の補完であるので、牽制能力を発揮し得ない。
    >>私は《相互牽制》を重視していて、相互牽制が機能しながら導かれる結論は、正しいものなのだ、と考えています。民意もまた自制や自省を免れない。国民主権であるということは重責を伴うと観るわけです。

    >両議院が議員のみで牽制するとしても、役人に頭が上がらないことは同じです。国民の常識が参加することで牽制が始まるのではないでしょうか

    前の返信にても言及しました。

    若干余談ですが、与党総裁派閥(清和会)の有力な支持団体のお爺さんが、(ぶっちゃけ首相の友人) 自民党と民主党が大連立でもすれば、役人に対抗するにはようやく五分くらいかそれでも難しい、と言っていました。

    集中と持続が役人の力の源泉ですから、分けるしかない。

    道州制以前に、民主党が政権交代公約で掲げていた《歳入庁・歳出庁》などもそれ。お蔵入りしていますが(笑
    ー    集中していても、入り口と出口に分けると、牽制機能は(幾分か)発揮される。

    >>参政員制度における参政員の資格ということでは、何分、勉強不足であり、未消化な状態にありますm(__)m

    >資格は「重要な政治テーマ毎に支持政党を決めたい」という一点のみです。ただ意思の質を見るために印鑑証明を要求したり、テスト的質問にもチェックしてもらい一定以上の得点の票のみを「有効」とすべきとの主張があります

    未だもやもや中です。

    >>今時点での感覚で申し上げると、直接民主制は、専門家ではなくとも地域の実情を体感的に把握しうるローカルな意思決定に親和性があるものと観ていて、同時に当該社会集団の《人口規模》の観点で、ミネさんが例示されるスイスで直接民主制がワークしているのは、スイスの人口が大阪府〜愛知県と同程度であるということと無関係ではないものと想像しております。

    >例えば欧州の多くの国がEUに入るか否かについて国民に問いました。事前の議論さえ十分ならテーマに親和性を問われる事はないのではないでしょうか、例えば死刑廃止の是非、少年法の是非、安楽死の是非、労働移民受け入れの是非、消費税アップ、相続税ほか無数にありそうです

    了解しておきます。

    >>代議士の選択や政策の選択に、民意が反映されるような選挙制度を追求すべきであるし、その追求が全然足りていないという認識にあるということです。

    >根本的には「自由委任」「お任せ政治」を問われる必要がありそうです。鳥かごの小鳥は飼い主のされるがままです。元気になりようがありません。自由に意思が表現できてこそ元気が出ます。その意味を知っている政党が伸びていくことでしょう

    ご趣旨には全く賛同です。

    掲示版を拝見しながら、勉強して参ります。
    ー   とても興味深いお話なので、ミネさんのご意見のご発信を引き続き、楽しみにしております。

    どうもありがとうございます。

    -------------------

閲覧 30809
12 【27720】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 そのII〜御礼2
ミネ    2015-3-6 16:26:24    [返信]

    沈黙の朱夏さん

    >自動収集してくるエキスパートシステムは英米では既に出来ていて、そういうものを議員の活動支援の共通プラットホームにする分には、公費で全くよいと思っています。
    政党助成金ではなくて、立法活動助成金。議員報酬とは別に、国会でインフラとして用意し、各議員/政策秘書らが使用すればよいのです。

    おつしゃられる通りです。また行政情報は税金の果実でもありますから本来国民の財産です。
    これを「メシの種」として役所が独占することは言わば国民への背信と言わなければなりません。情報公開法は有名無実で、資料代の高額は異常です。議員、政策秘書などは自由に行政ファイルを閲覧できなければならないでしょう

    >政党の党首選は直接投票制をフルに活かすべきところでしょう。
    電子投票に拘るのは、投票率が低ければ、やり直せばいいと考えるからです。 投票のコストや手間が、投票の質を下げてしまっているから。

    投票の質ですが、電子投票を使えない人々の意思をどのようにお考えでしょうか
    また10年先には認知症が700万人とか・・・3-4の設問への得点により無効票とするなどは問題がありそうですし・・いかがでしょうか
    ・・・

    >>国政においては、重要なテーマについては、電子化された一般国民投票と間接民主制を併用し、その意思決定には、時間(2カ年程度)をかける、というのが、基本観にあります。

    >参政員制度は、臨機の対応や秘密を要する外交テーマ、プライバシーなどは除外されます。 尚スイスを研究し、年間5-7のテーマ程度は消化したいと思います。安保解消などというビッグテーマは国民全体の意思が問われる必要があります

    スイスの事例研究では、どこを参照するとよいのかご案内頂けるとありがたいです。サイトを三つつけましたが投稿不可となります

    >集中と持続が役人の力の源泉ですから、分けるしかない。

    情報の多くが電子化された今も門外不出の情報は膨大です。議員はもつと質問趣意書で隠された情報を発掘すべきです。西欧のそれを比べて日本は数十分の一です。議員や秘書は勉強不足かも・・

    wikipediaで質問趣意書としてご覧下さい

    >>参政員の資格は「重要な政治テーマ毎に支持政党を決めたい」という一点のみです。ただ意思の質を見るために印鑑証明を要求したり、テスト的質問にもチェックしてもらい一定以上の得点の票のみ
    を「有効」とすべきとの主張があります
    >未だもやもや中です。

    一括一任の選挙ー投票では自分の政治意思が表現できない、重要政治テーマ毎に十分な議論を見聞きした後に支持する政党を指定したい(議会の票決のスペースに一票を入れ。同じ政党の支持票が10万になれば議員の一票として票決に加算)と考える方は、印鑑証明を付けて区役所の選挙管理委員会に参政員登録申請をします。登録すれば自動的に選挙権名簿は閉鎖になりますが、勿論回復も可能です。参政員には票決に参加する場合のパスワードや、生体認証登録を受け取ります。年に5-7回、重要な政治テーマ毎に二ヶ月間の公論期間があり、メディアやネットで賛否議論がなされます。

    議会にも賛成ー反対ー時期尚早・・の三つのグループができ、メディアや議会で激論をします。
    参政員はそれらを視聴し、又掲示板のログを読み、どのグループを支持するかを決めます。票決のときにセキュリティーを開いて、自己の支持グループに一票を投入します。そうした票が10万集まれば議員の一票と同様に票決に加算されます。投入にはュリティーを確保したATM、スマホ、ipad、PC 他封筒、なども利用します。

    >議院内閣制の弱点としての行政府依存体質。その行政府は互助会体質。行政府に行政制すことを期待しにくいわけですが、その肝心の牽制する側の立法府が、制度の既得権化で互助会体質。

    民主党が政権をとった時に「今後は政治主導」と大見えを切り、「それではお手並み拝見」と霞が関は高みの見物。政権は取ったが手も足もでずギブアップ。実に哀れな最後となりました。
    自民になつて霞が関は掌を返した大盤振る舞い。保守政党と霞が関とはまさにドロドロの互助会です。

    >>さりとて 政党「支持政党なし」(注:これは政党です)の主張である「全議案に賛否」は 国民のキャパシティーを考えれば到底無理なことは明らかです。さらに賛否の一票は議員と同格扱いなのか、それとも何万分の一とするのか、議員は参加しないのかを明確にして頂きたいものです。
    >支持政党なしの直接民主制のコンセプトは面白いけれど、彼らは選挙の都度、訴求する政策が受け狙い的に変遷するので、今回も制度設計まで踏む込めていないと観ています。

    「党としての政策を持たず、議会における様々な議案・法案を一つずつ、インターネットなどを通して、有権者にその議決に参加することで、「有権者個々人の意見を基にして、使者として議決権をただ行使しに行くだけ」としています。ハンガリーのインターネット民主党としてご検索下さい
    ですね。この場合もネット意思のみを代行しますから偏る事が考えられます。


    > 自由委任している有権者の議決権が、初回の国政選挙での支持政党議員の議決権には反映されるが、以降の採決ではオミットされると思われる箇所です。
    自由委任している有権者もまた、二回目以降の採決では、自由委任の再任の意思表明という形で採決に加われないと、その意思が新たな500議席から除外されて、参政権の《機会均等》を損ねるように思われますが、如何でしょうか?

    この「自由委任している有権者」とは「参政員登録していない一般有権者」ですね。彼は議員に議決権を自由委任していますから議決権は既に失っています。議員は公約の反対の行動をとったとしても自由委任なのですから「今の時点で全国民の為最良の選択をした」の一言で涼しい顔ができるのです

    >参政員を選挙人名簿から外すと言うのは、参政員は、初回の国政選挙では、委任の権利を保留し、二回目以降の議決/採決で、参政権を行使するということになるのでしょうか? この場合、上記a)での自由委任者との参政権の機会均等は担保されます。

    初回の国政選挙から、登録時に選挙権は閉鎖されています。「委任の権利」は既にありません
    初回の「参政議案の採決」に参加し支持するグループを記名またはインプットします。同時に議員も同じステージに意思を投入します。議員は一票、参政員は同じ意思が10万になれば議員の一票と同等に算入されます。
    尚 別の算定方式としては、参政員は一票を投入し、議員は「議員の平均得票数を投入」する方式もありますが結果は同じです。


    >電子投票という場合、1) 期日前投票での先行導入、2)リアルな投票所での投票は選挙当日、3)  二重投票の排除は、リアルな投票所での投票自体が電子化されないと無理、(電子化してし
    まえば導入可能)、4)リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す、(但し電子化してペーパーレスを目指す)など。参政員制度での参政員による電子投票は、技術的には3)、4)と並行するかその延長線上にあると捉えています。電子投票は、間接民主制の手法の改善と直接民主制の手法の導入の《共通インフラ》という捉え方です。

    どちらかで投票した瞬間にその情報が流れ、片方が閉鎖される必要があります。郵送の場合には規定の時間・場所にて開封され連動という新しいシステムが必要です
    「リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す」とのことですが選挙ではなく立法の採決のステージで議員意思との連動で何かご提案はないでしょうか

    >直接民主制の先行導入を進める中で、手段としては必ずしも電子投票を前提にせず、電子投票とリアル 投票(郵送など)のほうを《並行》させるとなりますか。

    「投票郵便物」という新規のシステムで、開封は正確に管理された時間・場所で行われるでしょう
     投票内容は直ちに自動計数され、情報はリアルーーネット間で連動共有されるでしょう
     

    >参政員制度が憲法43条の間接民主制規定をどうクリアするのか
    補足説明を頂くかしないと、おそらく私にはすぐには分かりません。

    新しく「参政員制度」を立法するのですから、現行法をクリアということはありません

    >>本来政党という集まりよりも政治テーマごとに緩い集まりを構成するというのがいいという主張があります。政党交付金はそういう意味からも問題があると感じます
    >私の見方では、自民党も民主党も本来の政策政党ではなく、現行の選挙制度は、政権政党を競うものとなっていて、従って、政策は中位投票者定理の帰結として総花的となり、有権者による政治の自由委任を助長しています。同時に現行の選挙制度では、政策政党であり続けることや政策政党の出現を困難にしているので、改めるべきであると考えるわけです。

    自由委任を助長すると言えば、選挙活動も同じです。駅頭演説やポスターは専ら顔と名を売るためであつて立候補者の真実そして思想などは亡羊としています。肝心の公報は誰の手によったのか、検証できません。入試並みの環境で設問を含めて一斉に作られなければ資質能力思想など全く不明です。そこで「自由委任」するほかないのです。一種の籤ですね

    ・・・NO-2へ続く

閲覧 30714
13 【27721】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害〜御礼
ミネ    2015-3-6 17:15:23  [返信]

    >中央集権の家産官僚制にあるわけですから、中央行政と中央議会(国会)の結びつき弱めるには、
    税源を地方に移譲し、国会議員には州議員に戻ってもらうよう、道州制とすればよいと考えるわけです。
    地元への利益誘導というモチベーションが国政で下がれば、国会議員が役人に頭が上がらないという状況は大きく変わると観ます。

    参政員制度では 参政員が多くなり、政党を持ち、それがかなりの勢力となれば、党内に参政員から議案を提案できる制度も可能になるでしょう。それが議会に出て採決されるようになれば、実効性
    のある行政の倫理法や、人事権掌握の法ほか家産官僚制を瓦解させられるような議案が出せ、法となるのではないでしょうか。役人に頭が上がらない今の代議制の下の議会では日本は破滅を免れない
    でしょう。

    今の議会議員の大半は世襲や元役人で体制から恩典を得てきた人々ではないでしょうか、彼らは改革を叫んではいても
    企業、役所と懇親し 自分たちの特別待遇は維持される事を願っているのでは・・・。
    真に国民にメリットになる立法など二の次、三の次です。
    家産官僚制の金城鉄壁を崩すのは国民の常識が立法できる以外にはないのではと考えています。
    「日本を元気にする会」には期待していますが劇的に勢力を拡大するには、政党助成金や議員報酬を減らすと率先して「清潔」を売るべきでしょう

閲覧 30721
14 【27724】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害〜御礼・その3
沈黙の朱夏    2015-3-6 20:42:39  [返信]

    ▼ミネさん:

    今晩は。

    拝見しております。

    追って返信いたしますが、バックログがあり、

    編集中ということで(^^ゞ&m(__)m


    -------------------

    ▼ミネさん:

    おはようございます。

    >> 中央集権の家産官僚制にあるわけですから、中央行政と中央議会(国会)の結びつき弱めるには、 税源を地方に移譲し、国会議員には州議員に戻ってもらうよう、道州制とすればよいと考えるわけです。
    >> 地元への利益誘導というモチベーションが国政で下がれば、国会議員が役人に頭が上がらないという状況は大きく変わると観ます。

    > 参政員制度では 参政員が多くなり、政党を持ち、それがかなりの勢力となれば、党内に参政員から議案を提案できる制度も可能になるでしょう。それが議会に出て採決されるようになれば、実効性のある行政の倫理法や、人事権掌握の法ほか家産官僚制を瓦解させられるような議案が出せ、法となるのではないでしょうか。役人に頭が上がらない今の代議制の下の議会では日本は破滅を免れないでしょう。

    なるほど。

    間接民主制を直接民主制で補完するという考え方は共通するものと思われますが、

    おそらくは自分の場合、

    《分権志向》が強いので、

    中央の立法府に直接民主制を導入していくという発想に乏しいのかも知れません。

    > 今の議会議員の大半は世襲や元役人で体制から恩典を得てきた人々ではないでしょうか、彼らは改革を叫んではいても企業、役所と懇親し 自分たちの特別待遇は維持される事を願っているのでは・・・。

    こうした構造は、権限(=権力)が中央に集中しているからではないでしょうか。

    権限(=権力)とは、法律(制定と執行)と予算 (徴税と執行)の二つにあると観ているので、 ← 仮説前提です

    であるなら、

    それらの一部/大部分を地方に移してしまえばよいという考え方を私は採っています。

    例えば、原発にせよ、地方(県レベル以下)には、権限がないに等しいと見ていて、深層防護の一環としての広域防災/避難計画自体、策定する能力も予算もない。

    > 真に国民にメリットになる立法など二の次、三の次です。
    > 家産官僚制の金城鉄壁を崩すのは国民の常識が立法できる以外にはないのではと考えています。

    私の場合は、中央議会(国会)は、法務や外交、安全保障、貿易等の国民共通の利益を追求し、その他の地域性を反映した利益を追求するのは、地域レベルでの広域地方自治体の連合(所謂、《州》)に委ねたほうがよいと思っています。

    例えば、雇用政策と言っても、東京圏であれば育児、北海道であれば公共投資、沖縄であれば観光、東北であれば農業再振興等、それぞれに求められるニーズに違いがあって広がっていると観ているからです。

    ・・・

    > 「日本を元気にする会」には期待していますが劇的に勢力を拡大するには、政党助成金や議員報酬を減らすと率先して「清潔」を売るべきでしょう。

    私が彼らに期待しているのは、a)ネット個人献金の促進、b)ネット選挙やネット投票の実現と、c)直接民主制導入の実験場としての彼ら自身の党運営、議会運営です。

    次いで、彼ら自身、生い立ちとして分権志向であるし、

    分権が進展すれば、中央を舞台にしての利権誘導(所謂、政治とカネ)は相対的に後退すると観ますが、

    旧みんなの党が分権を標榜しながらカネの問題で解体したように、

    現行の二大政党制(小選挙区比例代表並立制)では、弱小政党の生き残りや新規政党の登場は期待し難しいので、

    死票の削減と民意の議席反映の観点で、d) 現行選挙制度の改正、を期待します。


    -------------------

閲覧 30714
15 【27730】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 そのII〜御礼・その4
沈黙の朱夏    2015-3-7 10:58:15  [返信]

    ▼ミネさん:

    こんにちは。

    返信を頂戴し、少しづつ分かってきた感じがしています。

    ありがとうございます。

    >>自動収集してくるエキスパートシステムは英米では既に出来ていて、そういうものを議員の活動支援の共通プラットホームにする分には、公費で全くよいと思っています。 政党助成金ではなくて、立法活動助成金。議員報酬とは別に、国会でインフラとして用意し、各議員/政策秘書らが使用すればよいのです。

    >おつしゃられる通りです。また行政情報は税金の果実でもありますから本来国民の財産です。
    >これを「メシの種」として役所が独占することは言わば国民への背信と言わなければなりません。情報公開法は有名無実で、資料代の高額は異常です。議員、政策秘書などは自由に行政ファイルを閲覧できなければならないでしょう

    全く同意です。

    情報に守秘をかけるところに一般に注目が集中しがちですが、

    既存の公開情報のアクセス容易性の論議を喚起することは、

    同等かそれ以上に重要かも知れません。

    アマゾンで本を検索すると、この本を読んでいる他の人はこんな本も読んでいるというレコメンデーション/サジェスチョンが上がってきますが、

    膨大な公開情報の全てに目を通すことは困難であっても、

    公開情報へのアクセサビリティが高ければ、現行の技術で情報から情報を自動的に造り出すことができます。
    ー    個々人の関心に関係のある情報に、重要性の優先順位をつけて、カテゴリー別にユーザーに提示することもできます。

    >>政党の党首選は直接投票制をフルに活かすべきところでしょう。 電子投票に拘るのは、投票率が低ければ、やり直せばいいと考えるからです。投票のコストや手間が、投票の質を下げてしまっているから。

    >投票の質ですが、電子投票を使えない人々の意思をどのようにお考えでしょうか 。

    電子投票の長所は、端的にはやり直せることですが、最大の長所は、投票率を上げることができることなので、おそらくはやり直す必要が生じないと観るわけです。

    >また10年先には認知症が700万人とか・・・3-4の設問への得点により無効票とするなどは問題がありそうですし・・いかがでしょうか

    政治的意思決定と意思決定能力は、分けて考えています。

    上記で申し上げた投票の《質》とは、

    《単記記名方式》が当たり前のように見えるがそうではなくて、

    票集計の煩わしさによってそうなっているだけであって、

    電子投票が実現すると、

    例えば、《順位評点方式》によって、

    自民党に50点、民主党に10点、共産党に30点という投票の仕方ができるので、

    特定政党への一任度が下がり、それを投票の質が上がると観るわけです。
    ー    自民党の政策の半分は支持しても、全てにおいて支持するわけでは無い、といった意思表示が可能になるので。

    ・・・

    >>> 参政員制度は、臨機の対応や秘密を要する外交テーマ、プライバシーなどは除外されます。 尚スイスを研究し、年間5-7のテーマ程度は消化したいと思います。安保解消などというビッグテーマは国民全体の意思が問われる必要があります

    >> スイスの事例研究では、どこを参照するとよいのかご案内頂けるとありがたいです。
    > サイトを三つつけましたが投稿不可となります

    ありがとうございます。拝見いたします。

    >>集中と持続が役人の力の源泉ですから、分けるしかない。

    >情報の多くが電子化された今も門外不出の情報は膨大です。議員はもつと質問趣意書で隠された情報を発掘すべきです。西欧のそれを比べて日本は数十分の一です。議員や秘書は勉強不足かも・・
    >wikipediaで質問趣意書としてご覧下さい

    ありがとうございます。

    ・・・

    >>>参政員の資格は「重要な政治テーマ毎に支持政党を決めたい」という一点のみです。ただ意思の質を見るために印鑑証明を要求したり、テスト的質問にもチェックしてもらい一定以上の得点の票のみ を「有効」とすべきとの主張があります

    >>未だもやもや中です。

    > 一括一任の選挙ー投票では自分の政治意思が表現できない、重要政治テーマ毎に十分な議論を見聞きした後に支持する政党を指定したい(議会の票決のスペースに一票を入れ。同じ政党の支持票が10万になれば議員の一票として票決に加算)と考える方は、印鑑証明を付けて区役所の選挙管理委員会に参政員登録申請をします。登録すれば自動的に選挙権名簿は閉鎖になりますが、勿論回復も可能です。参政員には票決に参加する場合のパスワードや、生体認証登録を受け取ります。年に5-7回、重要な政治テーマ毎に二ヶ月間の公論期間があり、メディアやネットで賛否議論がなされます。

    >議会にも賛成ー反対ー時期尚早・・の三つのグループができ、メディアや議会で激論をします。
    >参政員はそれらを視聴し、又掲示板のログを読み、どのグループを支持するかを決めます。票決のときにセキュリティーを開いて、自己の支持グループに一票を投入します。そうした票が10万集まれば議員の一票と同様に票決に加算されます。投入にはュリティーを確保したATM、スマホ、ipad、PC 他封筒、なども利用します。

    なるほど。

    丁寧なご説明を頂き、ありがとうございますm(__)m

    >>議院内閣制の弱点としての行政府依存体質。その行政府は互助会体質。行政府に行政制すことを期待しにくいわけですが、その肝心の牽制する側の立法府が、制度の既得権化で互助会体質。

    >民主党が政権をとった時に「今後は政治主導」と大見えを切り、「それではお手並み拝見」と霞が関は高みの見物。政権は取ったが手も足もでずギブアップ。実に哀れな最後となりました。
    >自民になつて霞が関は掌を返した大盤振る舞い。保守政党と霞が関とはまさにドロドロの互助会です。

    第一次安倍内閣で行政改革に不用意に踏み込み失敗したので、第二次安倍内閣では、経済と安全保障法制がメインで、行政改革はないと観ています。
    ー    統治機構改革と改憲とが、政策バーター的に絡み合いますが。

    >>>さりとて 政党「支持政党なし」(注:これは政党です)の主張である「全議案に賛否」は 国民のキャパシティーを考えれば到底無理なことは明らかです。さらに賛否の一票は議員と同格扱いなのか、それとも何万分の一とするのか、議員は参加しないのかを明確にして頂きたいものです。
    >>支持政党なしの直接民主制のコンセプトは面白いけれど、彼らは選挙の都度、訴求する政策が受け狙い的に変遷するので、今回も制度設計まで踏む込めていないと観ています。
    >「党としての政策を持たず、議会における様々な議案・法案を一つずつ、インターネットなどを通して、有権者にその議決に参加することで、「有権者個々人の意見を基にして、使者として議決権をただ行使しに行くだけ」としています。ハンガリーのインターネット民主党としてご検索下さい。
    > この場合もネット意思のみを代行しますから偏る事が考えられます。

    なるほど。そういうことですか。
    ー    私は政党は政策政党だと思い込んでいました。今でもそうですが。民意に即して代議するという行き方もありと言えばありか。

    ・・・

    >> 自由委任している有権者の議決権が、初回の国政選挙での支持政党議員の議決権には反映されるが、以降の採決ではオミットされると思われる箇所です。 自由委任している有権者もまた、二回目以降の採決では、自由委任の再任の意思表明という形で採決に加われないと、その意思が新たな500議席から除外されて、参政権の《機会均等》を損ねるように思われますが、如何でしょうか?

    >この「自由委任している有権者」とは「参政員登録していない一般有権者」ですね。彼は議員に議決権を自由委任していますから議決権は既に失っています。議員は公約の反対の行動をとったとしても自由委任なのですから「今の時点で全国民の為最良の選択をした」の一言で涼しい顔ができるのです 。

    >>参政員を選挙人名簿から外すと言うのは、参政員は、初回の国政選挙では、委任の権利を保留し、二回目以降の議決/採決で、参政権を行使するということになるのでしょうか? この場合、上記a)での自由委任者との参政権の機会均等は担保されます。

    >初回の国政選挙から、登録時に選挙権は閉鎖されています。「委任の権利」は既にありません。
    >初回の「参政議案の採決」に参加し支持するグループを記名またはインプットします。同時に議員も同じステージに意思を投入します。議員は一票、参政員は同じ意思が10万になれば議員の一票と同等に算入されます。
    >尚 別の算定方式としては、参政員は一票を投入し、議員は「議員の平均得票数を投入」する方式もありますが結果は同じです。

    なるほど。

    丁寧なご説明、ありがとうございます。

    お陰様でもやもやがだいぶ晴れましたが、

    私にはどうしても、

    間接民主制での代議員は、a)高い投票率とb)民意(獲得票)を反映した議席配分、によって選出されるべきである、という固定的観念(或いは信念)があって、

    例えば、有権者の半数が参政員登録し、投票率が50%で、与党支持率が50%であるとすると、

    国政選挙での与党の得票率は、1/2x1/2x1/2=12.5%に過ぎず、

    これだと、代議員は、有権者を代表する資格を失うも同然であるし、

    その代議員で構成される議会が重要法案を提出すること自体、

    《適格性》が疑問視されますが、如何でしょうか?

    注記。
    重要法案つき、その都度、投票するというコンセプトは理解できます。しかし、重要法案を提出する政党や議員が、その資格を得られているのは、国政選挙で支持を得たという実績のみによると考えます。

    ・・・
    ・・・

    >>電子投票という場合、1) 期日前投票での先行導入、2)リアルな投票所での投票は選挙当日、3)  二重投票の排除は、リアルな投票所での投票自体が電子化されないと無理、(電子化してしまえば導入可能)、4)リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す、(但し電子化してペーパーレスを目指す)など。参政員制度での参政員による電子投票は、技術的には3)、4)と並行するかその延長線上にあると捉えています。電子投票は、間接民主制の手法の改善と直接民主制の手法の導入の《共通インフラ》という捉え方です。

    >どちらかで投票した瞬間にその情報が流れ、片方が閉鎖される必要があります。郵送の場合には規定の時間・場所にて開封され連動という新しいシステムが必要です。

    電子投票とリアル投票は、投票手段の見かけの違いなので、両者は電子的に統合されるということでは、電子投票であり、現行のリアル投票のシステム基盤は、2-3千億円かけて構築/更新されることを前提にしています。

    >「リアルな投票所での投票も国政選挙や地方選挙では残す」とのことですが選挙ではなく立法の採決のステージで議員意思との連動で何かご提案はないでしょうか

    リアル投票を残すというのは、投票手段の選択の自由となります。
    ー    電子的に統合されていれば、リアルな投票所を小中学校に固定せずとも、投票所を僻地に巡回させてもよいわけですから。

    >>直接民主制の先行導入を進める中で、手段としては必ずしも電子投票を前提にせず、電子投票とリアル 投票(郵送など)のほうを《並行》させるとなりますか。

    >「投票郵便物」という新規のシステムで、開封は正確に管理された時間・場所で行われるでしょう
    > 投票内容は直ちに自動計数され、情報はリアルーーネット間で連動共有されるでしょう

    了解です。

    >>参政員制度が憲法43条の間接民主制規定をどうクリアするのか 補足説明を頂くかしないと、おそらく私にはすぐには分かりません。

    >新しく「参政員制度」を立法するのですから、現行法をクリアということはありません。

    ありがとうございます。

    新規の立法を要することは理解できます。

    参政員がその議決権を行使するに際して、国政選挙で選出された政党のそれぞれの議案に賛否を示す形式を取るから、憲法規定に抵触しないということで宜しいでしょうか?

    ただ、上記でも申し述べましたが、

    国政選挙での投票率が下がると、

    憲法が命じている代議制(間接民主制)を形骸化させるので、

    憲法をどうクリアできているのかが、飲み込めておりません。

    ・・・

    >>>本来政党という集まりよりも政治テーマごとに緩い集まりを構成するというのがいいという主張があります。政党交付金はそういう意味からも問題があると感じます
    >>私の見方では、自民党も民主党も本来の政策政党ではなく、現行の選挙制度は、政権政党を競うものとなっていて、従って、政策は中位投票者定理の帰結として総花的となり、有権者による政治の自由委任を助長しています。同時に現行の選挙制度では、政策政党であり続けることや政策政党の出現を困難にしているので、改めるべきであると考えるわけです。

    >自由委任を助長すると言えば、選挙活動も同じです。駅頭演説やポスターは専ら顔と名を売るためであつて立候補者の真実そして思想などは亡羊としています。肝心の公報は誰の手によったのか、検証できません。入試並みの環境で設問を含めて一斉に作られなければ資質能力思想など全く不明です。そこで「自由委任」するほかないのです。一種の籤ですね

    >・・・NO-2へ続く

    ありがとうございました。

    -------------------

閲覧 30681
16 【27754】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 そのII〜御礼・その4
ミネ    2015-3-9 18:31:18  [返信] [編集]

    沈黙の朱夏さん

    3日ばかり後でレスさせて頂きます
    以下はレスではありません

    ご存じのように日本は予算の半分を借金に頼っています。
    世界でも突出した赤字、比較できる国はありません。しかも老齢化、人口減少。返せる目途は全くありません。イタリアよりかなりひどい状態といえるでしょう。
    IMF(国債通貨基金)は日本の破綻の確立は25%と予測をしています。
    破綻をしたら「下記を実施するべし」と言うでしょう。

    公務員の総数、給料は30%以上カット、及びボーナスは例外なくすべてカット
    公務員の退職金は100%カット。年金は一律30%カット。
    国債の利払いは5年から10年間停止(強烈な円安ー輸入物価高騰)。 
    消費税を20%に引き上げる。
    課税最低限の引き下げ、年収100万円以上から徴税を行う。
    不動産に対して公示価格の5%を課税。
    預金については一律ペイオフ(一定額以上は出さない)を実施、

    次の段階として、預金を30%から40%カットする。
    預金は凍結し、30%ないし40%を没収する。

    さて、霞が関がどうでるでしょうか。「預金封鎖、デノミをして国民に泣いてもらうべし」と結論した厚い資料を提出するはず・・・


    議員は役人に頭が上がらないので議論をしたとしても、最後にはこの提案を飲むほかありません

    代議政治は「一括一任」なので議員主権、議員の価値観と損得で決まります、どのような行動をしても「国全体を考えた」で合法です。
    国民の意思が立法に参加しなければ 二極化は極端となって 治安は最悪になるでしょう。

    「日本を元気にする会」は財政再建を重視しているようです。
    「維新の会」は財政再建を提唱して爆発的人気を集めていたのですが・・・・。

    いずれにしても「議員のみの政治」では霞が関に勝つのは難しいでしょう

閲覧 30612
17 【27763】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害〜御礼・その3
ミネ    2015-3-10 18:16:16  [返信]

    とりあえず半分にレスさせて頂きます

    沈黙の朱夏さん:


    > 中央集権の家産官僚制にあるわけですから、中央行政と中央議会(国会)の結
    びつき弱めるには、 税源を地方に移譲し、国会議員には州議員に戻ってもらうよう
     道州制とすればよいと考えるわけです。
     地元への利益誘導というモチベーションが国政で下がれば、国会議員が役人に頭が
     上がらないという状況は大きく変わると観ます。


    それは考えられますね。地方ごとの法・条例も必要でしょう。これまでのように何かあれば
    中央に判断してもらうというのができなくなり、地方で地方の規範によらなければならなく
    なる可能性があります。これまでは霞が関の担当部局職員にだけ親しくしていれば済んだで
    しょうが 分権となれば企業は地方議会(州議会)ごとに議員や官僚に親しくすることとなる
    のでしょうか


    >例えば、原発にせよ、地方(県レベル以下)には、権限がないに等しいと見ていて、
     深層防護の一環としての広域防災/避難計画自体、策定する能力も予算もない。

    原発はまさに広域行政に適したテーマではないでしょうか、県または州ごとに処分場ほか
     について考えれば、州で出たものを他州に持ち出すなどが難しくなりそうです
     テーマにより分権すべきものか否かの判断はどのようになされるべきでしょうか

    >私の場合は、中央議会(国会)は、法務や外交、安全保障、貿易等の国民共通の利益を追求し、
    その他の地域性を反映した利益を追求するのは、地域レベルでの広域地方自治体の連合(所謂、
    《州》)に委ねたほうがよいと思っています。
     例えば、雇用政策と言っても、東京圏であれば育児、北海道であれば公共投資、沖縄であれ
     ば観光、東北であれば農業再振興等、それぞれに求められるニーズに違いがあって広がってい
     ると観ているからです。
     
     おっしゃられる通りです。そのためには地方、州ごとに新規に法や条例を策定しなけなりま
     せん
    ・・・

    > 「日本を元気にする会」彼らに期待しているのは、a)ネット個人献金の促進、b)ネット選
     挙やネット投票の実現と、c)直接民主制導入の実験場としての彼ら自身の党運営、議会運営

     例えば皇室維持についてネット投票は過半数が否です。リアル世論は過半数が可です
     このアンバランスはどのように解消されるべきでしょう

    >旧みんなの党が分権を標榜しながらカネの問題で解体したように、現行の二大政党制(小選挙
    区比例代表並立制)では、弱小政党の生き残りや新規政党の登場は期待し難しいので、
    死票の削減と民意の議席反映の観点で、d) 現行選挙制度の改正、を期待します

    小選挙区制は問題が大きいですね。三割の得票で七割の議席獲得など不条理過ぎですね

閲覧 30562
18 【27774】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害
沈黙の朱夏    2015-3-12 10:26:43  [返信] [編集]

    ▼ミネさん:

    こんにちは。

    >とりあえず半分にレスさせて頂きます

    >> 中央集権の家産官僚制にあるわけですから、中央行政と中央議会(国会)の結 びつき弱めるには、 税源を地方に移譲し、国会議員には州議員に戻ってもらうよう道州制とすればよいと考えるわけです。
    >> 地元への利益誘導というモチベーションが国政で下がれば、国会議員が役人に頭が上がらないという状況は大きく変わると観ます。

    >それは考えられますね。地方ごとの法・条例も必要でしょう。これまでのように何かあれば中央に判断してもらうというのができなくなり、地方で地方の規範によらなければならなくなる可能性があります。これまでは霞が関の担当部局職員にだけ親しくしていれば済んだでしょうが 分権となれば企業は地方議会(州議会)ごとに議員や官僚に親しくすることとなるのでしょうか。

    企業・議員・役人が結びつこうとするのは、 ヒト本性が変わらないので、変わらないと思いますよ(^^ゞ

    但し、分権のもとでは、当該地域の住民は、自らが納税したおカネがどう使われるかについての《関心度》が上がる《はず》なので、チェック機能が働き、

    結びついたとしてもあまりいい加減なことがしにくくなるでしょう。

    分権により、地方行政府の権限は拡大しますが、その長官(首長)は、中央官庁とは違って《公選》ですから、住民のチェック機能が働きます。
    ー    中央官庁の事務次官人事は、国民がどうこうできませんから。

    ・・・

    >>例えば、原発にせよ、地方(県レベル以下)には、権限がないに等しいと見ていて、 深層防護の一環としての広域防災/避難計画自体、策定する能力も予算もない。

    >   原発はまさに広域行政に適したテーマではないでしょうか、県または州ごとに処分場ほかについて考えれば、州で出たものを他州に持ち出すなどが難しくなりそうです。

    原発は、事実上の国策ですが、民間企業の事業活動という形式を取るため、地域の有権者のチェック機能はワークしないに等しい。事業体の大株主(金融機関)と立地自治体の限られた地元住民、中央官庁で決定し、決定権限のない県が政府決定を追認するというスキームですから。
    ー    電力会社は州規模での事業運営を行っており、国がそれを後押ししているので県レベルでは全くの力不足。

    > テーマにより分権すべきものか否かの判断はどのようになされるべきでしょうか。

    スウェーデン方式を念頭に置いているので、中央議会・中央官庁は、法務・外交・通商・国防・科学・保険及び州間調整に特化し、国交省や厚労省、文科省(教育)等を税源移譲とともに地方移管するという考え方です。こちら(↓)です。

    >> 私の場合は、中央議会(国会)は、法務や外交、安全保障、貿易等の国民共通の利益を追求し、 その他の地域性を反映した利益を追求するのは、地域レベルでの広域地方自治体の連合(所謂、 《州》)に委ねたほうがよいと思っています。
    >> 例えば、雇用政策と言っても、東京圏であれば育児、北海道であれば公共投資、沖縄であれば観光、東北であれば農業再振興等、それぞれに求められるニーズに違いがあって広がっていると観ているからです。

    > おっしゃられる通りです。そのためには地方、州ごとに新規に法や条例を策定しなけなりません。

    別の観点から付け加えるなら、

    我が国は、経済的には成長期を過ぎてしまっているので、

    東京を各県にコピーしていくような成長の面展開は不可能であり、

    地方中核都市を起点に、広域行政単位で、限られた予算の最適な配分を考える、となります。
    ー    県単位での部分最適ではなく、広域での全体最適を図る。
    ー    小規模な工場団地立地を個別に追求しようとせず、広域圏内で、例えば、大規模サイエンスパークはこちら、居住地域は旧県境を挟んであちら、必要交通機関の追加整備は共に、という具合にです。

    ・・・

    >> 「日本を元気にする会」彼らに期待しているのは、a)ネット個人献金の促進、b)ネット選挙やネット投票の実現と、c)直接民主制導入の実験場としての彼ら自身の党運営、議会運営・・

    > 例えば皇室維持についてネット投票は過半数が否です。リアル世論は過半数が可です。このアンバランスはどのように解消されるべきでしょう。

    選挙でのネット投票(電子選挙)、ご指摘のネット投票(選挙ではなくアンケート調査)とは全く別物です。
    ー   電子選挙の基盤構築には1000億円単位での投資が必要ですし、アンケート調査の制度を上げるためそうした投資を行うサイト運営者は皆無ですから、巷の所謂、ネット投票(アンケート調査)では、運営管理者側がかなり適当にアカウントを発行していて、投票がダブルにもトリプルにも重複しているだけふぇす。

    ・・・

    >>旧みんなの党が分権を標榜しながらカネの問題で解体したように、現行の二大政党制(小選挙区比例代表並立制)では、弱小政党の生き残りや新規政党の登場は期待し難しいので、 死票の削減と民意の議席反映の観点で、d) 現行選挙制度の改正、を期待します。

    > 小選挙区制は問題が大きいですね。三割の得票で七割の議席獲得など不条理過ぎですね。

    細かくは48%の得票で76%の議席です(^^ゞ

    現行の選挙制度は二大政党に集約するものですが、

    a) 自民党も民主党も政策政党ではないし、

    b) その選挙制度のもとで勝つには、中間の多数派の支持を得る政策を出すことが有利なので、政策が総花化する、

    c) 中小政党は基本的に生き残れない、
    ー    与党と連立するか、中小政党のままでずっと居続ける、

    d) b)により、特徴的な政策を提示する政策政党は出現しにくい。出現してもc)により、中小政党のままで終わる、

    e) a)、b)により、総花化した政策パッケージへの自由委任が固定化する、

    ということで有り続ける、と観ています。

    しかし、野党は、政権交代した残像があるため、この仕組みを手放したくない。特に、民主党。

    しかも、私見では、

    民主党の政策パッケージのほうが、総花的で政策の整合性が取れていない。

    ・・・

    自由委任については、原則的にそれを是としませんが、

    仮に、政策パッケージの個々の政策が、有機的関係を伴って整合し、首尾一貫していれば、

    政策パッケージに一任してしまうという選択肢はあり、です。

    a) 複数の政策を個々に評価し判断するという考え方と、

    b) 政策パッケージをトータルで評価し判断するという考え方は、

    《併存する》と観ています。

    考え方a)の弱点は、個々の判断は部分を最適にするが、必ずしも全体最適を保障するものではないというところにあります。

    特に、賛否において反対するという場合、考え方a)においては、他の政策との整合性が問われると観ています。
    ー     端的に言えば、代替案を伴わない反対は無意味に等しいと思っています。

    ・・・

    例えば、原発の場合、私はなくしたほうがよいという考え方ですが、

    なくす以上、そこからいろいろな課題が発生し、他の政策とは無関係ではいられなくなります。

    例えば、経済と財政と社会保障。
    ー    経常収支赤字は海外への富の移転。長期的には財政の信用度に効く。すると社会保障での歳出に影響が及ぶ。どうするか?

    例えば、経済と外交・安全保障。
    ー    不穏な中東地域へのエネルギー依存度の上昇。依存度が上昇すると、米国の中東政策の影響が及ぶとともに、集団的自衛権の行使適用範囲等にも影響が及ぶ。どうするか?

    だからなくすべきではないというのではなく、

    なくす以上、他の政策領域との関連や整合性が必ず問われます。

    -------------------

閲覧 30525
19 【27790】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 そのII〜御礼・その4
ミネ    2015-3-14 15:42:14  [返信]

    沈黙の朱夏さん 遅くなりました 27730へのRESです

    >>おつしゃられる通りです。また行政情報は税金の果実でもありますから本来国民の財産です。 これを「メシの種」として役所が独占することは言わば国民への背信と言わなければなりません
    >全く同意です。公開情報へのアクセサビリティが高ければ、現行の技術で情報から情報を自動的に造り出すことができます。
    個々人の関心に関係のある情報に、重要性の優先順位をつけて、カテゴリー別にユーザーに提示することもできます。

    行政情報は議員そして質問趣意書に応じる為に役所が占有し、検索し使用しているのでしょうね。高額の公開手数料請求は実質的な「非公開」です。

    >>投票の質ですが、電子投票を使えない人々の意思をどのようにお考えでしょうか 。
    >電子投票の長所は、端的にはやり直せることですが、最大の長所は、投票率を上げることができることなので、おそらくはやり直す必要が生じないと観るわけです。
    電子投票が実現すると、例えば、《順位評点方式》によって、自民党に50点、民主党に10点、共産党に30点という投票の仕方ができるので、特定政党への一任度が下がり、それを投票の質が上がると観るわけです。自民党の政策の半分は支持しても、全てにおいて支持するわけでは無い、といった意思表示が可能になるので。

    3割の得票しかなくても議席を7割占めるのはあまりにも不条理ですね。で、「どの点について支持する、しない」を表現できる制度のあることが重要かと思います

    >民意に即して代議するという行き方もありと言えばありか。

    仮に 原発是非について議決する場合、大きな世論調査の結果が50:50であったとすれば、政党「支持政党なし」としては、所属の議員を半々に分けて賛否を表現するのです。
    茅ヶ崎市の経験では、議員は一人であったこと、いちいち世論調査ができなかった、調査への応募率が低かった等で実効性がなかったようです
    地方議会では仕方ありませんでした。しかし国の場合、国民が大いに関心のある政治テーマなら そうした不条理は避けられるでしょう、国民には任期など無く、自分の選択が子孫まで影響する事を知っていますから、政治家より真剣に考えます、教育と情報の進歩で議員と国民の判断力に差はありません
    そもそも過去の成果は「借金」と「二極化」を生みだしたのみで、選択が成功したと言えるのでしょうか。しかもあらゆる指標で日本は28番程度に落ちてきているのです


    >間接民主制での代議員は、a)高い投票率とb)民意(獲得票)を反映した議席配分、によって選出されるべきである、という固定的観念(或いは信念)があって、例えば、有権者の半数が参政員登録し、投票率が50%で、与党支持率が50%であるとすると、国政選挙での与党の得票率は、1/2x1/2x1/2=12.5%に過ぎず、これだと、代議員は、有権者を代表する資格を失うも同然であるし、その代議員で構成される議会が重要法案を提出すること自体、《適格性》が疑問視されますが、如何でしょうか?重要法案つき、その都度、投票するというコンセプトは理解できます。しかし、重要法案を提出する政党や議員が、その資格を得られているのは、国政選挙で支持を得たという実績のみによると考えます。

    「これだと、代議員は・・・・」ですが、野党議員も有権者を代表して議決に参加するのですから投票率が50%ですから12.5ではなく、25%になるのではないでしょうか。
    参政員制度での重要政治テーマの選出は議会が出すのではありません。以下のサイトで「質問3」「質問15」をご覧ください。議会が出せば、永田町、霞が関がデメリットになるテーマが選定されることは考えにくいですね
    http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/Q&A!.html


    >>どちらかで投票した瞬間にその情報が流れ、片方が閉鎖される必要があります。郵送の場合には規定の時間・場所にて開封され連動という新しいシステムが必要です。
    >電子投票とリアル投票は、投票手段の見かけの違いなので、両者は電子的に統合されるということでは電子投票であり、現行のリアル投票のシステム基盤は、2-3千億円かけて構築/更新されることを前提にしています。

    例えば、封筒での投票は「議案賛否封筒」などとしておけば、議会の採決のスペースに全国の封筒が集まる、議員による議会票決の直後に 一斉に開票されて、参政員の意思が計数されます。こうした技術的、詳細なものは「政党代表選出規定」で既に実現していると思われますが
    参政員票が千万票にもなれば、封書の外側から識別集計できるような工夫が必要です。例えば磁性印刷の投票用紙の一部を爪で削るなど・・・・


    >国政選挙での投票率が下がると、憲法が命じている代議制(間接民主制)を形骸化させるので、憲法をどうクリアできているのかが、飲み込めておりません。

    重要な点ですが、これは憲法改正の議論になり尽きることがありません。しかし社会の格差は拡大する一方です、新しいカースト制度になりつつあります。
    イスラム国問題は「虐げられている」と思っている人々の窮鼠の動きです。憲法が教条的に代議制を命じることでは日本にもそうした人々が生まれないとは言い切れません。
    「自由委任された政治家と行政が日本を引っ張る」のではなく「代議制のみの政治制度」に「国民も参加できる」、より精細な政治制度が必要かと考えています。
    代議には「寄らしむべし、知らしむべからず」の真意があります。先進諸国に比してとんでもない参入障壁である「立候補供託金」が修正や顧みられることがないのは憲法の真意を踏みにじった例の一つではないでしょうか。
    「民主主義」とは全くのレッテルに過ぎず、実は「官主主義」であって いつかは全国民を窮地に追いやるかも知れません、参加政治、一票格差、参入障壁、政治不信ほか数々の問題があり、「代議政治のみ」が憲法の精神に沿っているか否かを考えなければと思います

閲覧 30487
20 【27885】時代に添う政治制度とは
ミネ    2015-3-29 11:48:46  [返信]

    家具の低価格化に合わせて、中・低価格帯の商品を充実させようとしている大塚久美子社長に、高価格帯の家具をていねいな接客で売っていくことを主張する久美子社長の実父、

    大論争は久美子社長に軍配が上がったーーー株主は 大塚勝久氏の戦略では、大塚家具の建て直しはむずかしいと判断したことになる。

    家具業界には、ニトリやIKEAが主導する低価格化の逆風が吹いており、大塚家具の商品戦略がそれに合わなくなっているのは確か。

    さて、政治は専門家に任せておけば間違いないーーと戦後、「お任せ政治」が続いてきた。
    しかし情報を占有する霞が関が実権を握った結果、日本は世界に類例のない借金国になり、二極化社会となった。

    教育や情報が 国民のものになった今 三割の票が七割の議席を占めるような不条理な「お任せ政治」は時代にそぐわない

    その意味から直接政治を標榜する「日本を元気にする会」は「お任せ政治」からの脱却を志向する我が国ではじめての政党として関心を持つものです

    https://nippongenkikai.jp/

閲覧 30337
21 【27942】議員のみが政治を引っ張るのでは
ミネ    2015-4-5 15:39:38  [返信]

    日経27.4.5 「日曜に考える」9面全ページより
    主要国でも突出した債務を抱える財政です、増税や歳出削減で財政再建を説く吉川洋東大教授と、
    経済成長と脱デフレに向けて財政出動を主張する藤井聡京大教授、お二人の論戦は誠に激烈でお互いに罵倒寸前です。
    1000兆を超す債務にも関わらず更なる財政出動を説く藤井氏は内閣官房参与で、政策への影響力は大です。
    この論戦、日本の現状の認識が全く異なるところからきており、どちらが正解なのかは全く分かりません。

    さらに全く違う観点から見ますと、藤井教授はやや男性的思考、吉川教授はやや女性的思考であるようにも見えます。
    これまでの政治システムでは選挙で政権が交代すれば一国の政治の方向がガラッと変わり、国民はそれに振り回されて
    しまいました。議会は男性の成功体験者による男性的思考に偏りがち、しかも政策の実質は霞が関が握っていますから、どっち
    に転んでも「お任せ政治」「官主主義」であって、一般大衆にとっては「強引に引張られる」感じは今後も同じでしょう。
    その意味から、参政員制度もしくは以下の政党のような「霞が関に影響を受けない政治意思」の参加は有意義と思います。
    「日本を元気にする会」と政党「支持政党なし」の二つの政党は、お任せ政治からの脱却を志向している点で過去の政党と異質です。
    ーーーーーーーーーーー
    以下は「支持政党なし」の政党としての自己紹介文です。
    「本党は、党としての政策はなく、議会において出てくる各種の議案や法案については、その議案や法案ごとに一つずつ
    インターネット等を通じて皆様方にその議決に参加して頂き、一括してお任せ頂く訳ではなく個別にその議案や法案ごと
    に賛成多数であれば賛成に、反対多数であれば反対へと、皆様方の使者として議決権を行使しに行くだけと考えております」ーーーーー

    勿論議員が複数になれば、民意の割合を議員に割り当てます。問題は120以上の議案に国民が賛否意思を持つことが可能か否か、
    ネット世論だけで民意と規定する事でいいのかーー他多くの不明点があります。
    政党「日本を元気にする会」は民意を聞く為の「議会に出てくる法案」を絞り込みますが、その方法はおそらく下のQ&Aに近いものです。
    http://www2.osk.3web.ne.jp/~mine2/Q&A!.html
    「日本を元気にする会」が「日本を引張ってやろう」という雰囲気のネーミングでは多くの人々を引き付ける事は無理でしょう

閲覧 30234
22 【27943】Re: 議員のみが政治を引っ張るのでは
Gokai    2015-4-5 17:48:57  [返信]

     ▼ミネさん:

    >日経27.4.5 「日曜に考える」9面全ページより
    >主要国でも突出した債務を抱える財政です、増税や歳出削減で財政再建を説く吉川洋東大教授と、
    > 経済成長と脱デフレに向けて財政出動を主張する藤井聡京大教授、お二人の論戦は誠に激烈でお互いに罵倒寸前です。

    ●経済教室4月5日日本経済新聞
    財政再建、深まる対立
    東大教授・吉川洋氏/京大教授・藤井聡氏
    http://ameblo.jp/welkana/entry-12010413966.html

    ↑このことですよね。

    読みましたけど、このお二人が日本の知的リーダーに最も近い存在だと考えると暗澹たる気分になります。

    それほどこのご議論は、事実誤認のオンパレードだし、
    福祉政策への配慮が全くない。

    これならまだ、老人党でのご意見である、
    「・高額所得者優遇をやめて、・低所得者優遇にきりかえ、経済成長を図り税収を増加させるべき」とするお考えの方が
    より論理にかなっています。

    しかし、それらのお考えはすべて間違っていて、今安倍首相が推進している第二次アベノミクスの方がはるかに合理的で、全国民の生活を改善する可能性が高い。
    とはいえ第二次アベノミクス成功の大前提は、株価上昇であって、これが達成できないのであれば、安倍政権の命運もつき、より国民に厳しい政権が誕生することになることでしょう。
    そうならないためには、目標株価として、
    日経平均が3万円台以上が持続的に必要であり、これができれば、それにつれ地価上昇も加わり、よって企業の財務内容が大幅に改善され、社員への分配も増え、国民の年収も上昇が顕著になる可能性が高まります。

    したがってこの時点で年金も含めた福祉の充実政策も可能になり、税収も増え財政も均衡に近づく道筋が見えてくるのかも知れません。

    ということで、
    第二次アベノミクスは、決して最善策ではありませんが、過去15年の政策の中では最良だと、
    「東大教授・吉川洋氏/京大教授・藤井聡氏」の議論に比較して申します。

閲覧 30222
23 【27945】金利は、好不況に直接左右されない。
Gokai    2015-4-5 18:52:44  [返信]

    > ▼ミネさん:
    >
    >>日経27.4.5 「日曜に考える」9面全ページより
    >>主要国でも突出した債務を抱える財政です、増税や歳出削減で財政再建を説く吉川洋東大教授と、
    >> 経済成長と脱デフレに向けて財政出動を主張する藤井聡京大教授、お二人の論戦は誠に激烈でお互いに罵倒寸前です。


    >▼Gokai
    >●経済教室4月5日日本経済新聞
    >財政再建、深まる対立
    >東大教授・吉川洋氏/京大教授・藤井聡氏
    >http://ameblo.jp/welkana/entry-12010413966.html

    >↑このことですよね。
    >
    >読みましたけど、このお二人が日本の知的リーダーに最も近い存在だと考えると暗澹たる気分になります。
    >
    >それほどこのご議論は、事実誤認のオンパレードだし、
    >福祉政策への配慮が全くない。

    ★財政再建、深まる対立
    東大教授・吉川洋氏/京大教授・藤井聡氏
    ↑こちらが元記事。

    ↓そして元記事からの引用。

    (吉川) 確かに債務残高のGDP比が大事だというのが議論の出発点だ。しかし成長率が高まればいずれ金利も上がり、国債の利払い費も増える。だから、政策経費をきちんと税収でまかなえているかを示す基礎的財政収支の黒字化が必要だ。

    これに対し、
    藤井聡教授も下記のように同意。↓

    (藤井)長期的に低金利のボーナスに乗り続けるのはおかしいということには完全に同意する。ただ、この2〜3年、あるいは2020年まで低金利のボーナスがないと考えるのは不合理だということだ。

    実は、この同意があきれた事実誤認の同意といえる。

    金利(長短とも)=政府国債価格だが、
    金利は、金本位制度から管理通貨制度に変更されてから
    直接的に好不況に左右されず、
    日銀の金融市場操作(売りオペ+買いオペ)で日銀の自由になるということを知らない。

閲覧 30210
24 【27947】Re: 金利は、好不況に直接左右されない。
通りもん(@kenjikatsu)    2015-4-5 21:52:31  [返信]

    「日銀の金融市場操作(売りオペ+買いオペ)で日銀の自由に」は、長期金利に関しては言えるが、短期金利はいくら政策金利だからとしても、貨幣供給の増加率を安定的に保持し予想実質金利の自動調整機能を利用して景気の安定化を図かることで景気の変動をならすように、貨幣流動性と債券収益性の資産選択として利子率が決定されることをアプリオリにする。つまり、利子率は貨幣需給の均衡のパラメーター。

     なお、吉川氏が言う「債務残高のGDP比が大事だというのが議論の出発点だ。しかし成長率が高まればいずれ金利も上がり、国債の利払い費も増える。」は形容矛盾で、相方の藤川氏もそうだが、GDP比をパラメータとすることは政府債務が次世代・子孫の税収を担保としているという間違った考えによる。今の政府債務の償還財源を国債整理基金特別会計でみれば分かるように、主たる財源(「公債費」科目)は財政法5条「但し書き」に依拠する予算総則で許容される「乗換に際する借換債発行」からの日銀の通貨発行益(シニョレッジ)に依っている。

閲覧 30169
25 【27953】Re: 金利は、好不況に直接左右されない。
Gokai    2015-4-6 16:56:37  [返信] [編集]

     ▼通りもん(@kenjikatsu)さん:

    >「日銀の金融市場操作(売りオペ+買いオペ)で日銀の自由に」は、長期金利に関しては言えるが、短期金利はいくら政策金利だからとしても、貨幣供給の増加率を安定的に保持し予想実質金利の自動調整機能を利用して景気の安定化を図かることで景気の変動をならすように、貨幣流動性と債券収益性の資産選択として利子率が決定されることをアプリオリにする。つまり、利子率は貨幣需給の均衡のパラメーター。
    (和訳)
    ・・日銀は、金融政策により、長期金利は自由にコントロールできるが、短期金利=公定歩合は、操作できない。
    なぜなら、短期金利は、貨幣需給が優先的に影響し決定される。


    > なお、吉川氏が言う「債務残高のGDP比が大事だというのが議論の出発点だ。しかし成長率が高まればいずれ金利も上がり、国債の利払い費も増える。」は形容矛盾で、相方の藤井氏もそうだが、GDP比をパラメータとすることは政府債務が次世代・子孫の税収を担保としているという間違った考えによる。
    ↑は、和訳必要ないと思われます。

    >今の政府債務の償還財源を国債整理基金特別会計でみれば分かるように、
    >主たる財源(「公債費」科目)は財政法5条「但し書き」に依拠する予算総則で許容される「乗換に際する借換債発行」からの日銀の通貨発行益(シニョレッジ)に依っている。
    ↑(和訳)
    借換債発行時に、
    日銀が通貨発行益を行使して、政府債務を減少せしめているという事実が、
    国債整理特別会計を調べてみるとわかる。

    ・・・・・・

    おそらく、老人党の皆様方の中で、kenji氏が書かれた文意がわかる人は皆無でしょう。

    それは専門家しかわからないような難しいことを言ってる為ではありません。
    単に日本語の使い方がまずいだけです。
    なのでわかるように和訳をつけておきました。

閲覧 30083
26 【28041】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 その(2)
ミネ    2015-4-15 12:06:41  メール  [返信]

    近畿の方々の神社仏閣に油のようなものが撒かれています。こんな事をしてどのような利益があるのかーーー理解に苦しみます。犯人は淡路島にまで移動しています。それなりの費用は掛かっているのです。
    さて、原発に対するテロについて、ドイツは飛行機が飛び込んでも原発が、破壊されないだけの対策をしているとの事、フランスもついに脱原発にカジを切る可能性がでてきています。
    日本は原発を基本エネルギーの一つとして温存するとのことですが、テロ対策は誠に心細いと言わざるを得ません。
    為政者は「常識で考えて、そのような事はあり得ない」と考えているのでしよう。
    しかし何の得にもならないのにお寺などに油を撒く人物がいるように、社会を驚かそうとか、一度社会をリセットしてやろうなどとムチャクチャな理屈で原発に破壊工作をする輩は必ずいるものと考えておかなければならないのです。なぜなら、原発が破壊された場合の被害は正に取り返しができないほどのものになるかも知れないのです
    為政者には想像能力が欠如していると言わざるを得ません
    なぜそうでありうるのかーーそれは責任をとらされる恐れがない、現実にも「取りようがない」と、考えているからでしよう。
    正に代議政治の最大の欠陥です。
    スイスのように、個々人の意思が、個々人の運命に直結していると理解していれば、到底原発は維持すべきでは無いとの結論になるはずだからです。
    まして経済的に考えてーーーーなどと言うのは、命を金銭で換算するのと同じで、全く許されることではありません。

    昨日 高浜原発2.3号機の再稼働差し止めの判決がおりました
    裁判官に想像能力と常識ある方がおられたのです
    判決は、原発そのものの存在を危険としています。直近の世論調査でも「再稼働」に65パーセントが反対しています。

    しかし政治家と霞が関は 環境や国民の意思を軽視し、想像能力のなさから 判決を無効とするように画策し、裁判官を更迭するのかも知れません

閲覧 29851
27 【28042】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 その(2)
柳沢のたんたん    2015-4-15 13:40:59  [返信]

    原発の問題について、日本の官僚はそれ程馬鹿ではないでしょう。

    安倍の阿呆政権よりは其の点信用しても良いのではないでしょうか

    安倍の乞食政権の場合は別ですけれども。彼等はお金儲けが政治で

    あると思って居るようですから。世界の何処の政治化も安倍を信用

    している所は無いでしょう。此れは日本の悲劇でしょう。ヤクザに

    取り囲まれた、全くの暴走政治ですから。国民の皆さんにはリップ

    サービスだけでまるで中身の無い有り方ですから。メデアのアベノ

    ミックスと言う言葉が其の代表的表現でしょう。朝日新聞なども其

    のブレーンのようです。良識と言う言葉が有りますが、其れも言葉

    だけで、現在の所余り発言は無い様です。

閲覧 29839
28 【28044】Re: 憲法の「自由委任」は基本的人権の侵害 その(2)
ミネ    2015-4-15 14:53:20  メール  [返信]

    柳澤のたんたんさん

    原発の技術開発関連予算は年間2000億以上でしょう
    殆ど見分けのできない似た看板の関係法人は15ばかりあります
    職員は1500名近いでしょう
    彼らは 原発路線継続で首がつながっているのではと勘繰ります
    かって橋本首相が「血だるま覚悟」で行革に当たりましたが「看板の掛け替え」で終わりました。
    首相でさえ「生首」は取れないのです
    しかし このたびの裁判官は原発そのものを否定、大変な正義感ある方ですね

    ドローンの普及であらゆる種類のテロが容易になりました
    核設備があるだけで危 険  という時代になったと思います
    信じられないことに フランスさえ 脱原発を摸作し始めているのです

    さて大阪市から民主党が消えました これも信じられないことです
    枝野氏はスイスに行き、国民投票法を研究し、法案も完成させ
    ておられるのですが、なぜか党として 担ぐアクションに躊躇
    されています。

    議員という身分の人の価値観は、「国民は 水槽の金魚、鳥かごの鳥でいてほしい」 のでしょうね
    口ではいいことを言っても 誰でも 自分の身 が可愛いのです

閲覧 29833
29 【28140】スイスならドローン犯人は罪にならないのかも
ミネ    2015-4-25 17:57:41  [返信]

    かねてより原発は自然災害には対処できるが、テロを防ぐことは無理だと主張してきましたが、まさにドローンが官邸の屋上に落下していたことは、原発もテロやこうした危険を避けることが難しいことをしめすもの。
    仮に鳥捕獲ネットの発射装置を周辺に置いたとしても勿論完全でないのは明らか・・・・
    ドローンは原発の存在そのものを根幹から見直す必要を示しているのです
    (メーカーはGPSで重要場所には飛行できないよう、ソフトを変えるとのこと、しかしそれを変更改悪する犯人が出るのも当然)


    今日 原発のコストは10円を少し出る程度で、全エネルギーの中で最も安価などと報道されています。
    しかし用地獲得費用、廃棄物の長期間保管費用、事故の補償などが原価に入らず、専ら税金(国民)に頼っているとすれば10円は経産省の欺瞞の数字というほかないでしょう。数百年先まで責任を持たなければならない以上おそらく全エネルギーの中で最も高くつくのは明らかです。しかも地球を生物の住めない星にする可能性があるのですから・・・。
    アメリカは廃棄物の地下保管は問題が多いとして「地上保管に決定」したとのこと。これまた大変な変更です
    キャスクの地下保管になんらかのトラブルが出たのかも知れません しかし地上で何百年も完全に保管できるはずはありません

    フランスさえ原発廃止論が台頭してきています 要するに 原発は人類が持ってはいけないシステムと理解しなければ・・・

    さて、世論は六割以上が 原発反対です。しかし選挙で圧勝した自民は「原発路線も承認された」として既定の方針通り基幹エネルギーの一つとしています。
    仮に日本がスイスのように国民意思で法を作るのなら今回のドローンの犯人は犯罪とされないでしょう。
    しかし企業と霞が関が法を作り、議会が仕上げる日本の政治、彼らが作った法律によって今回のアクションは犯人を微罪とせず有期刑とするかも知れません

    ただ「表現の自由」とか「人権侵害」などとして犯人を擁護する運動は必ず起きてくることでしょう

閲覧 29670
30 【28207】12年前の議論
ミネ    2015-5-3 11:47:09  [返信]

    12年前の議論を再掲します

    534 :ミネ :03/12/03 07:29
    壊れたレコード さん 
    >議会に置いてはそれを専門に議論がなされ、議員は結果責任が問われる

    議員の価値観でモノゴトが決められる・・・これでは「民主ではなく「議員主」と言うべきでしょう。     第一  夫婦別姓や安楽死や死刑を認めるべきか認める訳にはいかないなどに正解があるのでしょうか
        議員が論理的に思考しておられたとして なぜ自民党の内部でさえ「正反対が正解」などとのたまう勢力が多くあるのでしょう
        国民の常識が判断できる問題であって専門性の必要でない議案についても国民は参加してはいけない・・・・・こうした結果例えば国民の過半数から嘲笑された振興券などが実施され     たのでは・・・・・・・・
        亀井さんは「議員は声の大きいものに引きずられる」と言われました。公共事業がなければ食べてゆけない人々は献金まで含めて声は大きくなります。
        しかし「公共事業はいらない」と考える多数の人々は献金までするでしょうか     ここで間接政治は間違った方向に向いてしまうでしょう

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上

    殆どの政治選択は正解が不明です。ただ民意に従うというのが民主主義。もし誤れば「我々はもっと勉強しなくては」と民度向上につながるのです。
    しかし今の「お任せ政治」は議員の損得で決まります。民度は向上しません。只一つ正誤が明確な政治テーマは原発路線の是非です。
    テロ防衛が不可能なのが明白で、路線継続が誤った選択であることは 明らかです。
    しかし電力会社や1600名を擁する関連法人職員にとっては継続路線が是非とも必要です。そこで議会・議員に恣意的情報を提供することは当然です。
    先日来、寺院などに油のような液体が撒かれました。随分広範囲ですから犯人も費用をかけているのです。こうした「理解不可能」の行動をとる人はときたまいるものです。
    原発にはテロは起こらないーーーと考えるのは想像能力の欠如でしょう。例えば 琵琶湖の水の安全が 異常者の手に握られているようなことではいい政治とは言えないでしょう

閲覧 29509
31 【28280】「重要テーマは住民投票」という流れを止めるな
ミネ    2015-5-11 12:24:05  [返信]

    大阪市の区を五つに統合するか否かを住民投票するに関して、投票まであと6日、市民の内部からも政治議論が加熱してきました。
    反対派の柱の一つは「新しく五つの役所をたてなければならなくなるこれは無駄な出費でなはいか」、賛成派はこれについて反論はないのでしようか。例えば、少子化で、空いた教室は増えています。廃・統合される予定の市内の小中学校は42校もあるのです。土地購入の必要がなければ、大したことではないのでは・・・・
    ( 行政の性癖として、何か新規のアクションを起こす場合、たとえハコモノとは無関係であっても 必ずハコモノを計画し 作りたがります、天下る椅子が生まれる為なのか、ゼネコンにいい顔をしたいのか・・・勿論行政の肥大化をもたらします。今回、新規ハコモノを否定材料としているのは従来の行政の行き方からみると論理矛盾ですが、その後に来る 実のある行政改革 を恐れているのでしょう)

    統合の是非はともかく、市の重要な政治テーマを市民が決めようとする事は画期的です。
    スイスを倣うまでもなく今後もこうした手法は継続すべきかとーーーー
    しかし橋下市長は「住民投票は今後は行なわない」とのこと。
    ネット時代、意思の表現は容易になり、費用も安くつく方法が幾らでもあるのに、トップがそうした判断を公表したことは誠に残念です。ある意味で時代錯誤かもーーーー

閲覧 29361
32 【28314】民意の関与しないところで安保の変容が
ミネ    2015-5-17 12:24:17  [返信]

    日本の安全、立脚する要とでも言うべきなのは安保、その内容が 国民の意思が参加しないところで変化する
    これは安保解消か否かというほどの極端なテーマではないにしても、かなり変質することのようです。

    変質の是非についてはここでは述べませんが、これほどの変容を代表のみで決めてしまうことは民主主義を
    標榜する国として 問題ではないかと考えます

    大阪市民ですから先ほど都構想についての住民投票に行きましたが、会場の賑わいはかなりのものでしたーーこれまで これほどに盛り上がったことは知りません
    。娘は過去に投票に行ったことはありませんが、今日は行くと言っています。
    人は責任を持たされれば勉強し努力するなど反応するものです。「自由委任」「お任せ政治」ではそれはありません
    しかも重要なことは、未来は誰も正解できない、たとえ議員であろ
    うともーーーむしろ原発や公共事業、兵器産業を見ると議員は必ずしも正解していないようです


    為政者は 安保の変容是非について民意が参加できる方策を考えなければ、後年批判に曝されることになるでしょう

閲覧 29274
33 【28330】都構想選挙を終えての感想
ミネ    2015-5-18 16:16:41  [返信]

    近年にない66パーセントという高い投票率、微差で反対派が勝利しました。勿論正誤は不明です
    南部と西部は反対派が多く、北部、は賛成派が多かったとのことです。所得層からきたものと解説されていますが・・・
    さて市民が政治の方向を選択ができるという 市政(国政も?)史上初めての試み、このアクションはこれきりで終わりにされる気配です。
    橋下市長は「日本の民主主義は相当レベルアップした」と言われました。
    その通りかと思います、こうしたアクションは有権者の政治的関心を呼び醒まし、民度を高めることにつながります。
    今後もこうしたアクションがなされるよう各政党で考えてほしいものです。
    国レベルで言えば 公共事業、原発、兵器産業ほか多くの政策は 金にモノを言わせる向きが議員に働きかけて施策を曲げ成立してきました

    こうした結果 日本は世界一の借金国そして大変な二層化社会となり、殆どの指数が30位あたりに低落したのです。
    さて、開票を終えて、都構想賛成派は負けたにも拘わらず以外にカラッとした雰囲気です。
    これは「多くの市民の意思だから・・・」と肯定したものなのでしょう。

    意思は表現できた、しかし通らなかったーーーあきらめ、そして一種の達成感があって、これが不幸感をもたらさない理由なのでしょう。

    スイスは常に多くの国民投票をします、国連などの調査では幸福感はいつも世界の上位にあります。
    今回を期に 市民のみでなく 政治家も民主主義について 参加政治の理解についてレベルアップ願いたいものです

閲覧 29215
34 【28331】Re: 都構想選挙を終えての感想
Gokai    2015-5-18 16:44:41  [返信]

     ▼ミネさん:こんにちは。

    一言、言わずもがなです。

    >さて、開票を終えて、都構想賛成派は負けたにも拘わらず以外にカラッとした雰囲気です。
    >これは「多くの市民の意思だから・・・」と肯定したものなのでしょう。
    >
    >意思は表現できた、しかし通らなかったーーーあきらめ、そして一種の達成感があって、これが不幸感をもたらさない理由なのでしょう。

    橋下徹氏の失望感は大きいですよ、きっと。
    この失望は、
    都構想断念へのものではなく、
    人間に対するものでしょう。

    所詮人間とはこの程度なのだと言葉に出さずとも思ったかもしれません。

    しかし、これで橋下徹氏の力が憲法改正への力に利用されないのなら、それはそれで結果的によかったのかもですが、
    関西経済圏としてみた場合、インフラが遅れるは必然ですので大損失です。
    そういう意味では大阪市民だけの問題でなかった。

閲覧 29227
35 【28382】Re: 都構想選挙を終えての感想
ミネ    2015-6-3 17:43:30  [返信]

    大阪都構想の是非をめぐる選挙では僅差で「否」となりましたが、この「結果についての世論調査」では不作為に数千人に電話する「朝日RDD方式」という世論調査によれば


    産経新聞社とFNNが23、24両日行った合同世論調査によると、「大阪都構想」が17日の住民投票で反対多数となったことを「評価しない」とする回答が46・4%となり、「評価する」の39・6%を上回った。約1万票の僅差で反対が多かった投票結果とは逆の評価となった。

     支持政党別にみると、党大阪府連が都構想に反対した自民党支持層でも「評価しない」は47・6%で、「評価する」の41・0%を上回った。党府連が反対した民主党支持層も「評価しない」48・4%、「評価する」41・9%だった。

     住民投票が行われた大阪市を含む近畿ブロックでは、「評価しない」が54・9%で、「評価する」の37・7%を上回った。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    大阪都構想を当事者でない人々は「否決」されたことを残念に思った・・・・ということでしょうか
    https://www.facebook.com/nippongenkikai

    投票に行かなかった人々の過半数は、都構想に賛成であつた。
    しかし、時間的、身体的な理由があり投票しなかつたと考えられます
    そうなれば、選挙には時間的、距離的な負担を排除することこそが、重要だということになりそうです
    若者の参加できる スマホによる政治参加ーーーーこれこそが、来るべき政治改革の本道でしよう

閲覧 28804
36 【28383】Re: 都構想選挙を終えての感想〜民主制のプロセス改善の課題
沈黙の朱夏    2015-6-3 18:51:38  [返信]

    ▼ミネさん:

    こんにちは。

    大阪市民の選択だったので、割った茶碗を接いでみても仕方がないことだと思っていますが、

    貴殿のご指摘の通り、投票の賛否の結果はどうあれ、

    より多くの有権者の参加があれば、結果についての《納得》に繋がりますので、

    振り返るなら、投票率を如何に上げるかという制度運用上の仕組みについて、

    まだまだ改善の余地があるという、別な意味での結果を示した住民投票だったと観ています。
    ー   民主制の《精度》の向上という点において。

    >大阪都構想の是非をめぐる選挙では僅差で「否」となりましたが、この「結果についての世論調査」では不作為に数千人に電話する「朝日RDD方式」という世論調査によれば

    >産経新聞社とFNNが23、24両日行った合同世論調査によると、「大阪都構想」が17日の住民投票で反対多数となったことを「評価しない」とする回答が46・4%となり、「評価する」の39・6%を上回った。約1万票の僅差で反対が多かった投票結果とは逆の評価となった。

    >  支持政党別にみると、党大阪府連が都構想に反対した自民党支持層でも「評価しない」は47・6%で、「評価する」の41・0%を上回った。党府連が反対した民主党支持層も「評価しない」48・4%、「評価する」41・9%だった。

    >  住民投票が行われた大阪市を含む近畿ブロックでは、「評価しない」が54・9%で、「評価する」の37・7%を上回った。

    派生して思うところも幾つかあり、

    一つは、国政より地方の政治を変えることのほうが、容易でない、ということです。

    具体的には、地方(統一地方選)での中選挙区制の弊害。議会で単独過半数などどの政党にとっても至難の業なので、地方政界は固定化の現状を免れない。

    あくまで個人的な見解としては、

    地方政界こそフレキシブルに動けるようなほうが望ましく、

    逆に国政については、小選挙区制の弊害がむしろ気になるところ。

    平たく言えば、

    部分(地方)では政策にブレが生じてもやり直しが効きますが、国政レベルで政策の振幅が大きいと、誤りからの修正が容易でなくなり、どの方向であれ国論が一方向に偏って傾くのは、好ましいことではない、

    というのが自分の感覚のベースにあります。

    それともう一つには、やはり参院での、票格差の是正。
    ー    参院の存在意義は本来、専門的見地からの衆院の抑制にあるはずですが、事実上、衆院の補完勢力に堕している。参院が地域代表である必要はないと考えるので、参院こそが票格差の違憲性を強く問われるべきであるとなります。

    要は、投票率の問題とは別個に、選挙区制にも改善の余地は大きいということです。
    ー    私は安倍政権の経済政策は支持しますが、こと現状の選挙制度の元での与党の多数議席専有の実態については、誤った仕組みの元での水増しであると厳しく観ています。

    ・・・

    橋下氏については世上、毀誉褒貶がなお激しいですが、

    客観的に正しいと断言できるところが一点はあり、

    それは府政と市政に《複式簿記会計》を導入し、システム稼働させたことです。
    ー   大阪市のシステムの稼働はこの4月から。適用は今年度上期から。

    それは府政や市政の運営上、必須と言えるものであり、

    よい《仕組み》は、誰が首長になろうと、どこが議会の第一党になろうと、無関係に有効です。《客観性》がとても重要です。


    >ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    >大阪都構想を当事者でない人々は「否決」されたことを残念に思った・・・・ということでしょうか
    >https://www.facebook.com/nippongenkikai

    >投票に行かなかった人々の過半数は、都構想に賛成であつた。
    >しかし、時間的、身体的な理由があり投票しなかつたと考えられます
    > そうなれば、選挙には時間的、距離的な負担を排除することこそが、重要だということになりそうです
    >若者の参加できる スマホによる政治参加ーーーーこれこそが、来るべき政治改革の本道でしよう

    ご意見どうもありがとうございました。

    国会での与野党の安保法制論議があまりにお粗末なので、

    投稿する意欲がすっかり萎えていたところでした(笑

    ではまた。

    ----------------

閲覧 28794
37 【28434】Re: 都構想選挙を終えての感想〜民主制のプロセス改善の課題
ミネ    2015-6-23 17:40:12  [返信]

    沈黙の朱夏さん

    >より多くの有権者の参加があれば、結果についての《納得》に繋がりますので、
    >振り返るなら、投票率を如何に上げるかという制度運用上の仕組みについて、
    >まだまだ改善の余地があるという、別な意味での結果を示した住民投票だったと観ています。

    役所に出向いて投票するという運用上の仕組みは改善されなければなりませんね
    セキュリティーは既に問題ではありません、現金でさえネットを利用する時代です、為政者がやる気を出さないといけません。


    >地方(統一地方選)での中選挙区制の弊害。議会で単独過半数などどの政党にと
    >っても至難の業なので、地方政界は固定化の現状を免れない。

    一括一任の代表民主主義そのものが持つ欠陥ではないでしょうか
    個別テーマごとに民意を権力的契機にできる より精度の高い住民投票制度があれば住民も溌剌とするのではないでしょうか

    >国政レベルで政策の振幅が大きいと、誤りからの修正が容易でなくなり、どの方
    >向であれ国論が一方向に偏って傾くのは好ましいことではない、

    まさにおっしゃられる通りです。民意は両極ではなく中庸に存在する事が多いように思われます
    ですから、選択肢は賛否のみではなく中間意思も提示されていなければなりません

    >参院が地域代表である必要はないと考えるので、参院こそが票格差の違憲性を強く問
    >われるべきであるとなります。

    おっしゃられる通りです。たしか所得階層代表、職業別代表などを含める国もあるようです

    >現状の選挙制度の元での与党の多数議席専有の実態については、誤った仕組みの元での水増しである

    3割の票が7割の議席を占める、死に票は意思ゼロにみなされるーーー制度の構造的欠陥です
    これもケータイも利用できる精度の高い新しい住民投票制度ができればーーその意味で参院の「日本を元気にする会」も一つの行き方として検討に値すると思います

    >橋下氏については世上、毀誉褒貶がなお激しいですが、
    >府政と市政に《複式簿記会計》を導入し、システム稼働させたことです。
    >ー   大阪市のシステムの稼働はこの4月から。適用は今年度上期から。
    >それは府政や市政の運営上、必須と言えるものであり、

    彼がいなくなり実質的な骨抜きーーーにならなければ素晴らしいのですが

    さて、首相の支持率が低下してきたとのことです
    一括一任の制度ではテーマごとに国民の支持が異なり、洋の東西を問わず次第に支持率が下がるーーそして最後に椅子を追われる

    ナシオン代表制度は賞味期限が尽きた可能性が・・・・・・

閲覧 28315
38 【28541】安保関連強行採決
ミネ    2015-7-16 16:33:55  [返信]

    以下は 今日 フェイスブックにUPしたログです
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    安保関連法案が難産のすえ成立しました。北は「火の海にする」とか、中国は「シーレーンに基地」、イスラム国は「軍に入らないなら殺す、日本も・・」などと物騒な人々がいる以上、聖人国ではおられないと考える人々もおられるでしょう。釈迦も隣国が攻めてきたのを一度は思いとどまらせましたが、二度目は無視されて国は滅ぼされました。いじめで自殺した生徒も幼時から空手を習っておればいじめを受けずに済んでいたとの主張も・・・・

    憲法や安保は日本の背骨とも言える重要なもの、それが国民の意思と無関係に変えられるーーーこれでは民主主義とは言えないでしょう

    全ては投票で これという人に「一括一任」する代議制度が原因です。

    しかし人の持つ価値観など到底理解不可能なのです

    2500億の巨費を掛ける国立競技場は87パーセントの人々が反対とのことです。
    原発路線は反対、安保法案は賛成、しかし競技場は反対とお考えの人々は 今の政治制度では幸福感を持ちようがありません。

    しかしもしも国民投票で同じ結論にならなかった場合には「仕方がない、過半の同胞に従わざるを得ない」となるでしょう。
    スイス国民が常に幸福感の上位にあるのは、政策の成功失敗とは無関係なのです。
    未来は誰にも分からない以上、政策の正誤は誰にも分からないのです
    国民自らの選択は甘んじて受けざるを得ないし、又変えられます

    これによって国民は政治的に成長するのです
    およそ失敗のないところに成長などありません

    多くの為政者は勝利の街道進んでこられました。このため自信過剰に陥りがちです。
    「自分なら正解できる」しかし日本は多くの指標で30位、立法に正解してきたとはお世辞にも言えない状況です

    日本の実態は返せる目途のないサラ金地獄、子孫に無断で借金をし、とりあえず辻褄を合せているのです
    しかもギリシャ以上のカースト社会です

    (ギリシャの公務員は緊縮反対で近くゼネストもしくはストをするとのこと)

    国民の意思が参加できる政治システムが必要なのです。
    参院の政党「日本を元気にする会」が参加政治の流れを作って頂けるのを楽しみにしているのですが

閲覧 27974
39 【28544】Re: 安保関連強行採決
ボケ老人    2015-7-17 14:04:59  [返信]

     ▼ミネさん:

    ボケが失礼します。

     ・・・防衛力とはどんなものてしょうか・・・

     アメリカの国民は憲法の保障するところとかで、武器を携帯し自らを守る権利があるそうです。

     その上、国家も国民の安全を優先させているようです。

     そして、毎年万の単位の人が殺されているそうです。

     ・・・政治家に期待できるものは何か・・・

     何事かを期待してよいのは相手が役割意識や使命感を正しく認識している場合です。

     民間の会社組織でも立場や役割の意識を正しく持っていない人には何も望めません。

     自分の都合でしか行動しないからです。

     今回の安保法制もしかり、野党もほぼ同罪だと思います。

     野党の方々に野党としての正しい使命感や役割意識がおありでしょうか?

     憲法違反〜違憲立法〜とは議会の生命線を断つ行為だと思うが先生方は言葉を口にしながらその本意を理解されているのでしょうか

     国会前には10万人とも言われる善良な国民が集結したとか。

     しかし、国会内との共闘は影さえ見えない。

     野党の方々も国民の代表ですよね

     ミネさんは何やら楽しみにされているようですが、そんな状況でしょうか・・・

     ボケが余分なことを申しました。

     失礼します。


     追伸

     軍事力とは命をかけて戦う力のことですが、当然、携わる人々がいて成り立つものです。

     そして、その人々は本人の一生や家族の生活をそこに委ねることになります。

     自分がいけないことをしているなんて考えたら、犯罪性癖でもない限り人は生きてはいけません。

     日本の国防予算どこまで増えますかね・・・

     その分、弱者は間違いなく虐げられる・・・

     
     
    >以下は 今日 フェイスブックにUPしたログです
    >ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    >
    >安保関連法案が難産のすえ成立しました。北は「火の海にする」とか、中国は「シーレーンに基地」、イスラム国は「軍に入らないなら殺す、日本も・・」などと物騒な人々がいる以上、聖人国ではおられないと考える人々もおられるでしょう。釈迦も隣国が攻めてきたのを一度は思いとどまらせましたが、二度目は無視されて国は滅ぼされました。いじめで自殺した生徒も幼時から空手を習っておればいじめを受けずに済んでいたとの主張も・・・・
    >
    >憲法や安保は日本の背骨とも言える重要なもの、それが国民の意思と無関係に変えられるーーーこれでは民主主義とは言えないでしょう
    >
    >全ては投票で これという人に「一括一任」する代議制度が原因です。
    >
    >しかし人の持つ価値観など到底理解不可能なのです
    >
    >2500億の巨費を掛ける国立競技場は87パーセントの人々が反対とのことです。
    > 原発路線は反対、安保法案は賛成、しかし競技場は反対とお考えの人々は 今の政治制度では幸福感を持ちようがありません。
    >
    >しかしもしも国民投票で同じ結論にならなかった場合には「仕方がない、過半の同胞に従わざるを得ない」となるでしょう。
    >スイス国民が常に幸福感の上位にあるのは、政策の成功失敗とは無関係なのです。
    > 未来は誰にも分からない以上、政策の正誤は誰にも分からないのです
    >国民自らの選択は甘んじて受けざるを得ないし、又変えられます
    >
    >これによって国民は政治的に成長するのです
    >およそ失敗のないところに成長などありません
    >
    >多くの為政者は勝利の街道進んでこられました。このため自信過剰に陥りがちです。
    > 「自分なら正解できる」しかし日本は多くの指標で30位、立法に正解してきたとはお世辞にも言えない状況です
    >
    >日本の実態は返せる目途のないサラ金地獄、子孫に無断で借金をし、とりあえず辻褄を合せているのです
    >しかもギリシャ以上のカースト社会です
    >
    >(ギリシャの公務員は緊縮反対で近くゼネストもしくはストをするとのこと)
    >
    >国民の意思が参加できる政治システムが必要なのです。
    > 参院の政党「日本を元気にする会」が参加政治の流れを作って頂けるのを楽しみにしているのですが

閲覧 27922
40 【28646】議員は国民や国より 自分自身が大事
ミネ    2015-8-2 12:05:30  [返信]

    ボケ老人様(失礼!)
     
    >自分の都合でしか行動しないからです。
    >今回の安保法制もしかり、野党もほぼ同罪だと思います。
    >野党の方々に野党としての正しい使命感や役割意識がおありでしょうか?
    >憲法違反〜違憲立法〜とは議会の生命線を断つ行為だと思うが先生方は言葉を口にしながらその本意を理解されているのでしょうか
    >国会前には10万人とも言われる善良な国民が集結したとか。
    >しかし、国会内との共闘は影さえ見えない。
    >野党の方々も国民の代表ですよね
    >ミネさんは何やら楽しみにされているようですが、そんな状況でしょうか・・・

    今の代議制度はまさにカビの生えた政治システムです
    全ての法・条例は議員の価値観と損得により決められるのです

    議員は次期も議員でありたいというのが最大の価値観です
    その為には 役所との親密度が重要です

    昨日公務員の給与が上がりました、ご存じですか「

    生活補助ほか弱者の給付は下げられました

    しかし議員は知らぬ顔です

    日本はスイスのように国民の意思が立法に関与できないので、想像を超えた二極化です。
    年金で月に45万ばかり貰うご夫婦があり、月に10万円ほどのご夫婦もあります。

    不条理の全ては法・条例の全てが役所の検閲を通って議員に示されるからでしょう
    スイスは違います

    「日本を良くする会」は国民の意思を「そのまま」反映しようというシステムです
    一度 かの党のホームページをご覧ください

    過去の日本になかったプープル主権を担ぐ政党であって、議員は国民の意思を咀嚼しようという思いはありません

閲覧 27700
41 【28677】NHKが3400億円の箱モノ
ミネ    2015-8-8 11:46:49  [返信]

    各放送局社屋の総工費

      3400億円 NHK新社屋(予定)
      1500億円 フジテレビ
      1400億円 TBS
      1100億円 日テレ
      500億円 テレ朝

    ★NHKの予算(2005年度) 6724億円

    ★NHK会長、副会長、経営委員長等の給料(2013年度)

    NHK会長 3192万円(3800万円/手当込)
    副会長   2770万円(3370万円/手当込)
    常務理事  2420万円(3020万円/手当込)
    理事     2256万円(2856万円/手当込)
    経営委員長(常勤) 3192万円(3792万円/手当込)
    NHK社員  1185万円(1780万円/手当込)



    NHK受信料値下げ困難=放送センター建て替えで 2014/7/22
    https://archive.today/g5JaB

    一方英国では…

    英BBC、受信料不足で1000人超削減へ 2015/7/2
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H7R_S5A700C1FF2000/
     
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    日本の貧困率が大変ひどい状況にあり、国の借金も一人700万円を超すという世界に類例のない破局的な状況、サラ金地獄の状況にありながら、上の驚くような構想です。


    しかし「議員は次期当選を期して、役人には頭が上がらない」体質であることから、上の3400億円についても「聞かなかった」ことにするでしょう

    こうして社会はますます較差が広がるのです
    国民の常識が反映する政治制度「参政員制度」もしくは政党「日本を元気にする会」が伸びる事、さらにはスイスのように重要テーマは国民投票とする制度が必要です

閲覧 27528
42 【28679】NHKは自民党の広報部
イワオ    2015-8-9 22:09:14  [返信]

     ▼ミネさん:

    >NHK社員  1185万円(1780万円/手当込)

    世の中の基本は、「ハイリスクハイリターン」「ローリスクローリターン」な、訳だから
    これだけの給料を平均でもらっている人たちなら、イスラム国やタリバンに関する報道で
    もピューリッツアー賞は毎年NHKの報道記者が取ってなければおかしい。
    現地で捕まるのは、「ゴトウケンジ」ではなく「NHK報道記者」であるべきだ。
    エボラ最前線でも、ソマリアの今でも取材の種はいくらでもある。身近なところでは「辺
    野古」もある。川内原発だってあるぞ。

    なのに、やってることは
    **************************
    NHK:礒崎氏参考人質疑を中継せず

    毎日新聞 2015年08月03日 19時26分(最終更新 08月04日 05時29分)


     NHKは3日、礒崎陽輔首相補佐官に対する参考人質疑を行った参院平和安全法制特別
    委員会を中継しなかった。午後1時に始まった参考人質疑の模様は、午後2時放送の定時
    のニュースで報じた。
    ***************************

    週刊テレビ評:安倍首相への怒号が報じられない理由 
    メディアが自発的隷従に進むとき=金平茂紀

    だが、今年の式典場(沖縄全戦没者追悼式会場)の空気は例年とは大きく変わっていた。
    それは間違いなく今の沖縄が置かれている状況を敏感に反映したものだ。翁長雄志知事の
    「平和宣言」には参列者からの拍手が何度もわき起こった。ところが安倍晋三首相のあい
    さつの段になって空気が一変した。参列者たちのあいだからヤジ、怒号が起こった。「帰
    れ!」「戦争屋」。死者を悼む式典で、怒号を発することは礼を欠く行為だ。参列者たち
    皆がそれを知っている。だが、それを超えるような怒りが参列者たちの一部に共有されて
    いた。

     怒号を間近で聞きながら、ああ、これはニュースだな、と思った。その日の夜に宿舎で
    テレビを見た。夜7時と9時のNHKの全国ニュースだ。ええっ? 僕は正直、自分の目
    と耳を疑った。なぜなら、安倍首相に浴びせられた怒号が全く報じられていなかったから
    だ。あったことがなかったことになっている。外国メディアの記事を読んだが、現場で会
    ったAFPの記者も含めて、ちゃんと怒号のことを報じていた。

    ***************************

    NHKは報道機関ではもはや無い。自民党広報機関です。

閲覧 27498
43 【28709】議員は役所に「良く思われたい」
ミネ    2015-8-17 17:00:52  [返信]

    イワオ さん
    >>NHK社員  1185万円(1780万円/手当込)
    >これだけの給料を平均でもらっている人たちなら、イスラム国やタリバンに関する報道で
    >もピューリッツアー賞は毎年NHKの報道記者が取ってなければおかしい。

    同感です。手当込の1780万円についても常識に照らし問題です
    なぜならNHKのギャラは安いので知られていますが自分たちはお手盛りの高給
    3400憶もの新しい箱モノも考えてみれば現物支給に似たものではないでしょうか
    視聴料が供託できるように動く議員が現れないものでしょうか

    >安倍首相への怒号が報じられない 金平茂紀
    >翁長雄志知事の「平和宣言」には参列者からの拍手が何度もわき起こった。ところが安
    >倍晋三首相のあいさつの段になって空気が一変した。参列者たちのあいだからヤジ、怒
    >号が起こった。
    >宿舎でテレビを見た。夜7時と9時のNHKの全国ニュースだ。ええっ? 僕は正直、自
    >分の目と耳を疑った。なぜなら、安倍首相に浴びせられた怒号が全く報じられていなかっ
    >たからだ。あったことがなかったことになっている。外国メディアの記事を読んだが、現
    >場で会ったAFPの記者も含めて、ちゃんと怒号のことを報じていた。
    >***************************
    >NHKは報道機関ではもはや無い。自民党広報機関です。

    原発反対で議事堂を大勢がとりかこんだ件も大きくは報道されていませんでしたね
    野党も 与党を非難するチャンスなのに「NHKに良く思われる方が得だ」とダンマリを決めているようです
    重要な政治テーの決定は国民の意思が参加できる制度にしなければなりません

閲覧 27338
44 【28824】「盛り売り」は不親切
ミネ    2015-9-8 15:59:28  [返信]

    かなり以前の議論の転載で゛す

    >>「年金法は自民を支持、しかし郵政民営化は民主を支 持」
    >>一体こういう人々は どうすればいいのでしょうか

    > 年金法も郵政民営化も根本には財政バランス重視の思想
    >そういう主張をしてる人間が居るなら教えて欲しい物です な。

    与党内部がこうしたことで一枚岩と思われておられるようで すが いかがでしょうか
         陣内氏はじめ多数おられるようですが、特命委員 会の実情を御存じではないようで・・
     それでは もう少し噛み砕いて御説明いたしまし ょうか
     八百屋さんが、盛り売りをしていると御考え下さ い
     ザルには、大根・人参・じゃがいも・そしてワサ ビが入って入る状態であれば いかがでしょうか
     大抵の主婦なら「ワサビが入っていなければ買う のに」と考えるのではないでしょうか
     法案は多種多様にあり、政党はそれぞれについて 政党意思を持ち、主張します
     議決の場では、党議拘束により、自己の主義とは異 なる意思を表現せざるをえません
     議員はそれでもいいでしょうが、国民はどのように 思うでしょう

     外交はA党を、経済はB党を、教育はC党をと考える ケースはあり得ない------と御考えのようですが

    「盛り売り」ではなく「一品売り」こそがお客への サービスではないのでしょうか
    貴方が八百屋の経営をされたとしますと、「盛り 売りが気に入らないなら他所で買え」と言われるのでしょう か
    きっとお店は閑古鳥が鳴くこととなるでしょう

    重要な政治テーマは国民の意思で決めるーーースイスのような政治こそが民主主義なのです
    (いま参院で国民を元気にする会がありますが ここはこれまでにない主権の扱い方をしているようです、参政員制度にも似ています)

閲覧 26944
45 【28976】政治が偏り 二層化した証拠では・・・
ミネ    2015-9-29 18:06:15  [返信]

    霞が関が事実上日本の政治を牛耳っているのですが、彼らの価値観を潜って成立した政治の結果はとんでもない二層化した社会だったのかも・・・

    全日本任意売却支援協会のホームページによれば

    マンション購入の相談者の87%が給与生活者であり、自営・自由業は2.9%。

    そのうちの45%が公務員、33%が大企業、19%が医師看護師。

    驚くことに公務員が断然トップ、社会が二層化している一つの数字ではないでしょうか

    「親が公務員でない子とは交際をみとめません」という親御さんさえいると聞くのもうなづけます
    言わばカースト社会化、この較差を是正しなければ社会不安は増すでしょう。

    相続税も世界のそれと比べれば日本のものは官が 民の富を簒奪しているようにも見えます。
    今日の日経より
    ーーーーーーーーーー
    (全国265万社社長の二割が70歳以上になった.
    50万社超が事業継承に悩んでいる。「事実上売れない非上場株を上場株に連動させて評価するのは無理がある(商工会議所理事).
    .主要国では、米国の課税最低限は6億5千万円、英国は事業継承にからむ非上場株の相続は基本的に非課税、ドイツは評価額の80%を減額する.

    会社員の七割が働く中小企業は日本経済を支える重要な担い手だ。
    税は事業継承の下支えの役割りを果たすか、それとも阻害要件か・・・・)
    ーーーーー転載おわりーーーー

    較差の是正  まさに議員は それが仕事のはず

    ところが大半の議員は「役所に睨まれると仕事にならず、ひいては次期選挙で落選も」と考え、本気で較差是正を主張する党がありません
    消費税還付構想やマイナンバー制構想も所管部署の人員増加を狙っているとも・
    原発関連の役所、法人の椅子は1600程、年数千憶もの予算、電力会社への椅子も多数・・とすると「原発は維持されるべき」という主張は霞が関の利益になっているのではないでしょうか
    エコでは世界の信頼を集めたドイツでさえ政治が偏りインチキ排気ガス騒動、数年前から政治家は知っていたとも・・・

    国の将来を真摯に考えうるのは国民のみです。
    重要な政治テーマは国民投票か参政員制度で決めるべきなのです 

閲覧 26444
46 【28978】Re: 政治が偏り 二層化した証拠では・・・
柳沢のたんたん    2015-9-30 8:55:54  [返信]

    小沢一郎ではないが、官僚国家は国を衰退させる原因の

    最たる根源であろう。ユナイテッドキングダンでは無いが

    人類社会はパーキンソンの法則の通りソ連も、中国も其の例に

    は漏れなく、日本の国も例外とは言えないでしょう。

    日本の行政改革も緊急の課題でしょう。膨大に膨れ上がってきた

    公益法人の改革は国家体制の緊急課題でもあるでしょう。

    民主国家の社会体制の改革こそが必要な課題であると言う事の様

    でしょう。此の儘では格差問題が益々進展してゆく事になるでしょ

    う。国民に愛情のある政策こそが国民の幸福に資する事を忘れて

    はならない一番の要件であるでしょう。

閲覧 26435
47 【29021】官民の較差の証明
ミネ    2015-10-13 12:34:14  [返信]

    柳沢のたんたん さん

    北陸のある県では 新築の過半が公務員との情報がありますが

    全日本任意売却支援協会のホームページによれば

    マンション購入の相談者の87%が給与生活者であり、自営・自由業は2.9%。

    そのうちの45%が公務員、33%が大企業、19%が医師看護師

    社会が二層化している一つの数字ではないでしょうか

    そして較差を是正しなければ社会不安は増すでしょう

    相続税も世界で比べれば日本のものは官の為に 民の富を簒奪しているようにも見えます

    (全国265万社社長の二割が70歳以上になった.
    50万社超が事業継承に悩んでいる「事実上売れない非上場株を上場株に連動させて評価するのは無理がある(商工会議所理事).
    .主要国では、米国の課税最低限は6億5千万円、英国は事業継承にからむ非上場株の相続は基本的に非課税、ドイツは評価額の80%を減額する.

    会社員の七割が働く中小企業は日本経済を支える重要な担い手だ。
    税は事業継承の下支えの役割りを果たすか、それとも阻害要件か・・・・)

    較差の是正  まさに議員は それが仕事のはず

    ところが大半の議員は「役所に睨まれると仕事にならず、ひいては次期選挙で落選も」という堅い価値観が抜けません

    較差是正は議員の鬼門となっているのではないでしょうか
    消費税還付構想やマイナンバー制では数百のデスクを増やす必要があるともーーーーー
    国民よりも 霞が関の利益になるのでは
    しかも議員は指をくわえて文句を言いだせない
    長野県の下條村は 職員を半減し 何の不都合もなかったとのことです
    日本全体に適用されれば 20晁円をこすでしょう
    消費税、住民税、所得税、事業税、資産税など全ては軽減されるかも

    これについて公務員からの反論は「公務員の消費が最大の産業になっている県は多くある、超不況は必然」というものです 

閲覧 26067
48 【29025】Re: 官民の較差の証明
柳沢のたんたん    2015-10-14 13:27:25  [返信] [編集]

    マイナンバーとは何の目的なのでしょうか。此れで又公務員の仕事

    が増えて、税金の負担が増えるようですね。まさに、パーキンソン

    の法則そのもののようです。そうでなくとも税金の負担を減らすに

    は行政改革して公務員を減らす事が現在緊急の課題であると言うの

    に。逆行してポストを増やして経費の増大を図るとはどう言う事な

    んでしょうか。頭でっかちの行政機構が益々あたまっでっかちに成

    るだけで、我々庶民には負担が増えるだけが結果として残る様です

    ノンポリの阿部には如何でも良い事でしょうが、納税する立場では

    抵抗を感じますですね。行政機構はすべからく簡素である事が一番

    でしょうが、お役人は役職が増えることが望ましい事なのでしょう

    そうででなくとも無駄だらけの行政機構が益々無駄の原因を増やし

    てゆく事でしょう。税金を安くするには役人を減らす事が一番で

    しょうが此れは役人の行政に対する抵抗なんでしょう。ポストの増

    える分は税金で賄う庶民は絞られるだけの運命か。役人を減らせ。

閲覧 26046
49 【29026】Re: 官民の較差の証明
つくつく法師    2015-10-14 14:22:57  [返信]

     今日テレビを見てたら徳島県知事が、国土交通省へ車両の後進時に警報を鳴らすことを義務付けるよう、法改正の陳情に訪れた様子が映されていた。

     徳島県下で 視力障碍者が連れ立って歩行していた盲導犬と共に、バックしてきたトラックにはねられ、両者とも死亡した事件が起きたため、交通規制の強化を依頼に訪れたとのことだった。

     事故発生の未然防止には当然のことと思うが、問題はその陳情書を受け取った担当者である。

     県知事は云うまでもなく、主権者たる徳島県人の代表だろう。

     その応対に、しかも案件はありふれた事務連絡ではなく、国民すべてを対象とする法規制の改変という重要事項である。
     それなのに単なる事務処理の行政官を、いかにも知事と同等の立場に立つ人間であるかのように扱うとは言語道断だろう。

     見方によっては、県知事は同じく国民に選ばれた総理大臣と同格と云っても過言ではなかろう。

     この有様こそ、官僚の過大な自尊意識と、時代遅れで未だに周りが見えず独り善がりの封建思想の表れ、としか言いようがない。

     日本政治や、政府予算の改革改善が急がれる今日、その阻害要因の一つが官僚制度であることは、国民の殆んどが認識しているとこだ。

閲覧 26052
50 【29027】Re: 官民の較差の証明
ミネ    2015-10-15 17:27:24  [返信]

    つくつく法師さん

    昔の役所はバラックでした。それが立派豪勢な建物になれば、役人は、自らが「偉くなった」という観念にとらわれます。NHKは3200億という巨費で改築しますが、職員は常に居るのですから、彼らに「現物給与」をしたともいえるでしょう。高給の上に・・・まさに天国
    途方もないことですが議員は見て見ないふり、視聴料を下げるよう要求すべきだったのでは・・・
    それと、首相さえ一役人の「私にはできません」というのを動かせないのです
    たしか橋本元首相が言っていました

    柳澤のたんたんさん

    マイナンバーは、彼らの高給を支える、増員するために考えられたのかもしれません
    日本役人は世界で突出した高給、国民の三倍です。欧米は国民より二割低いのです。
    長野県の下条村は「奇跡の村」といわれます
    職員を半減し、出生率1.92 そして財政が劇的に改善
    サイトをご覧ください

    さて  2015/10/15 日経 29面に重要な指摘がなされました

    約2500字にわたる学習院大学野中尚人教授の論文を要約します
    代表民主主義が機能しない状況

    「安保法制をめぐって大荒れとなった・・・中略・・今回の紛糾は日本政治の基層レベルでの変化と動揺を示すものであり・・中略・・・・国民の多数派が納得しない中で強行したことは大きな禍根を残す恐れがある。
    ・・何といっても国会の中での審議のあり方が、多くの国民に失望感を与えたのではないか。
    ・・中略・・・・国会自身の仕組みに起因する部分が重大だ。・・・・・・中略・・・・議員間討論の低調さ、それは委員会審査でも変わらない。討論とは議員の発言のあとに別の議員が発言・・・質疑とは、議員の発言に続いて大臣、政府参考人、特別補佐人が発言したパターン。それぞれの議事録から算出した、衆議院での議員間討論が極端に少ないことが明らかで・・・・・・・・・・行われるべき法案の逐条審議が全く行われず、修正案とそれをめぐる議員間討論がほぼ完全に欠落している。・・・・・
    ・・・・・・・ここまで

    添付の図では日英仏の議会委員会の討論比率の例を載せている。英国・公法案委員会37.4% 仏・国防委員会25.7% 仏・文化委員会51.2% なんと日本は 常任委員会0.2% まさに比較できないほどの違いがあります。委員会の所要時間も同じように日本のそれは他国に比べて極端に少ないのです。多くの委員会は形式的、また短時間終了、そして族議員が発言する、殆どの委員(所属議員)は発言せず席を温めているだけです。結論は党上層で決まっているので殆どの議員は票決要員に過ぎないと言ってもいいでしょう。参政員制度では 公論期間、重要テーマはあらゆるメディアで賛否議論を報道して後、参政員の価値観を票決に参加、(参政員の10万票は議員の一票と同等に扱われる)。
    参院の「日本を元気にする会」も似ています。
    https://www.facebook.com/nippongenkikai

閲覧 25940
51 【29127】Re: 官民の較差の証明
ミネ    2015-11-11 10:27:43  [返信]

    11月10日の国会記事から
    以下は国会質疑の極く一部です
    基本的な賃金部分を10%五年間で引き下げていくつもりですね。毎年ですね。毎年これは下がっていきます。あと今は全体の大きなNHKの賃金ですけども。まず一つ考えなくちゃいけないのはですね、同業他社ですね。民法とか大手新聞社。現実に人材の確保と意味でいいますとこことの競争となっています。ですからこことあまり大きく開いてしまいますとですね優秀な人材は取れないと。そうなりますとやはり放送内容の劣化につながると思いますので。今だいたい1、2割りNHKの方が低い形となっております。ただそれだけじゃなくてですね、それ以外に当然のことにNHKは受信料で運営されていますので、そういった民間の動向とかですね、当然公務員の給与とかそういうものも緩和しながら決めていかないと思いますが。今考えていますのはですね、現実に採用なども非常に苦しくなっておりますし、今のところ今の水準というのがですね全体のバランスで考えてですね、我々としてはこれでやっていきたいという風に考えております。

    “三宅 博氏”

    あのね、給与費給与費言っておりますけど私はね、全人件費を言ってるんですよ。

    そこで1756万円、これ事実でしょ。それでなぜとんでもないこのような高額給与をですね払い続けるのかと聞いたらまたいつもと同じような答弁でしょ。優秀な人材を優秀な人材を確保するためにと。優秀な人材なんですか、NHKいてる方は。

    それじゃあお聞きしますけどね、国家公務員の給与言ったでしょ、880万。公務員が怒りますよ。NHKが優秀な人材って。日本の各省庁にはよっぽど優秀な人材きてるんですよ。総務省もそうでしょう。財務省もそう。外務省もそう。本当に優秀な人材きてるんですよ。多く集まってるんですよ。それはですねやっぱり国家に、社会に貢献したいと使命感を持ってきてるんです。給与さえ高ければくるっていうような人材はですね、優秀な人材でもなんでもないんですよそんなこと。その根本的な問題を考え違いしてるんじゃないんですか。

    常にNHKはですね、我々は公共放送ですから、みなさんのNHKですからって。公共放送であるならば公務員とみなしてもいいんじゃないんですか。公務員とみなしていいなら公務員並みの給与で十分でしょ。しかも優秀な人材はかならず集まりますよ。今みたい反日偏向番組ばっかり作ってたらですね、優秀な人材なんかくるはずないんです。あんな所にいって国益を損ねるようなことに加担したくないという風な思いをもってNHKなんかをですね杞憂する人も出てきて当然でしょう。そうじゃないんですか。

    もし反論あればもう一度言ってください。会長、今の話聞いててどう思いますか。

    -----------------------------
    基本給与にいろいろな手当て そして厚生年金の負担分その他 NHKが一人の職員に支出する費用は年 1765万とかーーーあきれます

    日本の農林漁業も含めた平均の7-8倍ではーーー
    霞が関に弱い人々 の政治はこうならざるを得ないのです

    欧米では国民のそれより低いのです
    世界に比類ない借金国なのも 当然です


閲覧 25204
52 【29129】Re: 官民の較差の証明
柳沢のたんたん    2015-11-11 14:05:13  [返信]

    日本の国は官僚国家ですからアメリカとはあべこべで、民は貧乏で

    役人は裕福な収入を得ております。アメリカでは役人は社会的に

    尊敬を受けているけれども其の反面低所得で自尊心を持っているよ

    うです。日本の国では役人になる事が高収入を得る手段に成ってお

    ります、此れは基本的な精神論の違いでしょう。日本国の憲法に保

    障されているのは役人の生活だけであって、極端な話が貧乏人は麦

    食えと言う観念から抜け出せ無い様です。現在の阿部も庶民は為政

    者に従えという観念が染み渡っているようです。沖縄の現状でも

    基本的に政府の言う事に国民は従うべきであると言う殿様根性から

    抜け出せないのが阿部一派の考え方でしょう。国民主権は絵に描い

    た餅です。民主国家のあり方は此れでよいのでしょうか。

    私は、のー!と言いたいです。

    此の円安で一部の大企業は楽になったようですが一般国民は物価

    の上昇で収入がともなわない生活は難しくなっている現状です

    政治は国民の為に有ると言うのが本来のあり方である筈ですが

    安部の考えは口先ばかりで国民の生活は楽になりません。

    実行を伴わない阿部の美辞麗句には聞き飽きましたのは私だけで

    無いでしょう。彼は大切な国民の税金を海外にばら撒いて震災や

    原発の被害者には必要な生活資金を供給いたしません。

    コンナ政治が民主国家と言えるでしょうか。阿部の言う事には

    中身がありません。戯言だけのようですね。

閲覧 25169
53 【29133】Re: 官民の較差の証明
柳沢のたんたん    2015-11-12 16:53:20  [返信]

    為政者が威張って御金を我が物顔で使用して、国民の困っている

    現状には見向きもしないような阿部政権では我が国の国民生活は

    決して向上しません。高級官僚の意のままの財政配分では貧困は

    無くなりません。政治の目的は揺りかごから墓場まで生活が保障

    されてこそ国民生活は安定の歩みをする事でしょう。

    国民に対して愛情の無い政治では何時まで経っても貧困はなくなら

    無いし、又犯罪も減らないでしょう。西欧諸国やカナダの様な穏や

    かな社会を国民は望んでおります。

    阿部政権の実際は勝てば官軍的な物事の進め方で、あいも変わらず

    三本の矢、とか一億何とやら意味の無いうたい文句の羅列で国民生

    活から遊離した何等経済や法律とはかけ離れた空論に終始しており

    ます。現実の状態を直視した実現性のある政策の実行をやる人の

    出て来る事が望ましいと思います。

    あくまで国民主権で官僚は国民の僕であるべきでしょう。

    役人、政治家の収入を減らせ。税金は国民の為に優先的に使え。

閲覧 25070
54 【29151】Re: 官民の較差の証明
ミネ    2015-11-14 16:09:02  [返信]

    柳沢のたんたん さん
    >日本国の憲法に保障されているのは役人の生活だけであって、極端な話が貧乏人は麦
    >食えと言う観念から抜け出せ無い様です。現在の阿部も庶民は為政者に従えという観
    >念が染み渡っているようです。

    科挙が学業のみで人選し、ついに国が滅びました。日本も、同じ道を辿っています。
    そもそもエリート達が良いと考える政治の基本は「官主主義」です。
    20年ばかり前、運輸省で、ロビーで書類を仕分けしていたときに、書類を持った官僚が
    スタスタと通りすぎ、「お前ら、この辺を汚すなよ」。我々は唖然としたものです。
    知力のみで常識がない彼らに何が分かるのでしょうか。もんじゅ、原発、ヤンバダム他
    無数のプロジェクトにおいて、恣意的な数字をもてあそび、結果としてますます霞が関
    が堅城になり、二極化が進展したのです。彼らにとって阿部首相はまさに「いい子」です
    彼らは、首相の人気を維持しておきたいので首相に「5000円」バラマキ提案をしました
    まさに国民をバカと見ているのです。
    >実行を伴わない阿部の美辞麗句には聞き飽きましたのは私だけで無いでしょう。
    「異次元の緩和」も「三本の矢」も「一億総・・」も失敗すると思います
    しかし知術の賊徒たちは次々に思いつきのプロジェクトをします
    底辺は絞り、官は豊かに---まさに「搾取」ですね
    >現実の状態を直視した実現性のある政策の実行をやる人の出て来る事が望ましいと思います。
    >あくまで国民主権で官僚は国民の僕であるべきでしょう。
    >役人、政治家の収入を減らせ。税金は国民の為に優先的に使え
    権謀術数を勝利してきた人々のみが出てくるのでしょう
    スイスのように庶民が決定権を握るーーこれしかないのではないでしょうか

閲覧 24985
55 【29208】1票の較差、不平等感を薄めるには
ミネ    2015-11-24 12:21:31  [返信]

    i票の格差2.13倍は違憲か否かの判決が明日大法廷で言い渡されます。
    都市市民の常識としては、主権の価値が半分では満足できないでしょう。
    しかし辺境に予算が行かず荒れ果て、住みにくい状態になれば人口の都市集中が止まりません。
    ドイツでは家畜、樹木さえ評価されるようで、過疎化に一定の歯止めになっているとのこと、
    しかし国政の重要テーマで国民投票か参政員制度があれば、(そのテーマに限り)議員の意思が薄く扱われるため「法の下の不平等感」はかなり薄まるはずです。

    選挙制度のみで、議員に立法の特権を付与することでは不平等感解消はできないでしょう。

閲覧 24731
56 【29267】大統領制の危うさ
ミネ    2015-12-9 14:51:34  [返信]

    米大統領選挙の共和党予備選にドナルド・トランプ氏が急浮上、共和党候補の指名を獲得しそう。

    彼は、先日「イスラム教徒の米入国を全面禁止」「私は大統領選で勝ち、偉大な米国をつくる」。同時テロの時、「アラブ人が多く住むニュウジャージー州では世界貿易センターが倒壊するときに数千人が喝采を送っていた」と憎悪をあおった発言をしている。

    彼がもしも大統領になれば、米国は勿論世界も乱れるだろう。

    大統領個人の価値観は、善悪はともかく 彼の経験の結晶だ、大多数を納得させ、幸福に導く責任ある立場であるから彼は
    「こうした大きなテーマについては国民投票にかける」というのが正解とおもわれる。ネット時代は政治も変える必要が・・・

閲覧 24221
57 【29311】代議制民主主義は議員と役人の利益の為にあるのでは・・
ミネ    2015-12-19 15:17:14  [返信]

    死に体の もんじゅはサイクルという口実のため無駄に生き続ける

    原発政策は燃料がリサイクルでき、永遠にエネルギーを得続けられるというのが我が国の原発路線継続の理由。サイクルの環の中には「もんじゅ」がある。しかし25年以上、1兆円をかけても全く見通しが立たない。もしも「もんじゅ廃止」となれば、原発路線そのものが存立の基盤がなくなる。このため国は「もんじゅ廃止」ができない。

    もんじゅのランニングコスト は一日なんと5000万円。

    一円たりとも利益を生んだ事がない。
    危険な液体ナトリュ-ムを循環し続けなければならない。 テロに
    。最も弱い装置でもある
    「治るメドが付かないが、死なれると年金が止まるので・・・・」などとパイプ人間にされた家族に困惑されている人もいるとか・・・
    言ってみれば もんじゅ は原発路線を維持するため 「延命された患者」と同じ。
    国殊に、千数百名もの関係役人・学者・関係法人 にとり 原発路線こそ命、そして偏った情報を議員に流し続けても「有意義であり継続しなければならない装置」なのだ

    この不条理に多くの議員がきずいているが、発言はしない
    国財政や環境の正義よりも、次期に己が当選することのほうが遥かに大事なことである。

    かくて、もんじゅは「いつかは成功」し、原発サイクルは「回っている」ものとされ、「行き場のない廃棄物」など存在しないとされている。
    代議制民主主義は本当は 国や国民や、環境のために存在するものではないことは明白、

    スイスのように「真に環境や国を考え得るのは国民のみ」という政治制度が必要だ
    、中間的には参政員制度があるが・・

閲覧 23803
58 【29312】Re: 代議制民主主義は議員と役人の利益の為にあるのでは・・
柳沢のたんたん    2015-12-19 17:06:38  [返信]

    原発などと言う代物は人類のおごりであろう。

    自然界の摂理の本の入り口の知識を人類は得ただけで此れを征服

    出来るなどと言うほどの知恵は未だ人類は得ていないでしょう。

    人間の世界は素粒子を一つ発見したと言う事でノーベル賞を貰った

    等と大騒ぎしているのが人の世の常である現状では、太陽のエネル

    ギーが原始エネルギーであると解った所で大変勉強になったと神に

    感謝するべきであろう。原子エネルギーの発見者のアインシュタイ

    ンさんでさえも、このことを警告している。人類は元謙虚になるべ

    きであろう。特に政治家とかの為政者はこの事を良く学ぶべき事が

    これからの科学的な考察が必要ですね。大体が良く勉強もしないで

    尤もらしい言論を弄する人達が居る限り危険な事はなくならない。

閲覧 23802
59 【29335】Re: 代議制民主主義は議員と役人の利益の為にあるのでは・・
ミネ    2015-12-24 15:03:41  [返信]

    柳沢のたんたん さん
    >原発などと言う代物は人類のおごりであろう。−−−−−−−−政治家とかの為政者はこの事を良く学ぶべき事が
    >良く勉強もしないで尤もらしい言論を弄する人達が居る限り危険な事はなくならない

    世論は2/3が反原発、環境汚染とテロの標的などにも関わらず産官学は継続します。もんじゅ・廃棄物も含め 原発サイクルは事実上破綻しているのに、東芝にはあと70基ほどの計画が・・・先日、塗る太陽光発電の近い将来の実用化が報道されましたし太陽光・水・触媒で水素酸素に、さらに有機物ーーなどという技術の効率がもう少し良くなれば原発はカビの生えた技術となるでしょう。東芝・監査法人・経産省・御用学者四者が裏で何か画策を・・
    役所に意思を強く押すことのできない議員の体質では国民の将来不安は消えませんね。

閲覧 23541
60 【29763】コンピューターの参加する政治がくるのでは・・
ミネ    2016-3-20 17:44:58  [返信]

    28.3.17日経5面   黒田総裁、米教授に質問
    日銀の黒田総裁がジョセフ・スティグリッツ コロンビア大教授に「不思議な事がある、賃金が上昇していく環境は十分整っている、急速な賃上げが行われるのが普通だと思われるが、実際の賃上げのペースは緩い、不可思議だ」と質問。
    教授は「米国では、職探しを諦めた人が失業者に分類されない、失業率とインフレ率の関係が瓦解している」と。

    -----------------------------------------------------------
    エリートコースを歩んできた人々は往々にして自惚れ、民意を理解できない
    家康は「勝ことばかり知りて負ける事を知らざれば云々・・・」
    将来も民意も見えず、偏った価値観で国を引っ張る まさに目隠しされた馬が馬車を引っ張っているのと似ている、乗客はたまったものではありませんーーーーー
    米国では政策論戦は二の次で、差別発言のみが飛び交う大統領選挙ーーー世界は代表民主主義が破綻してきているのではーー

    先日 囲碁における人とコンピューターの5回戦は1:4で人が負けた、専門家が「この石はコンピューターのミスでは・・」というのが何度もあったが、布石が進むにつれて、それがカナメ石であったと分かったと・・・・・
    未来は 議員は些末な政策のみに関与し、重要政策は国民投票、さらにコンピューターも参加するという日が来るのではないでしょうか
    ( 参政員制度では議員50 国民最大50 )

閲覧 20053
61 【29764】Re: コンピューターの参加する政治がくるのでは・・
Gokai    2016-3-20 21:36:04  [返信]

     ▼ミネさん:

    >28.3.17日経5面   黒田総裁、米教授に質問
    > 日銀の黒田総裁がジョセフ・スティグリッツ コロンビア大教授に「不思議な事がある、賃金が上昇していく環境は十分整っている、急速な賃上げが行われるのが普通だと思われるが、実際の賃上げのペースは緩い、不可思議だ」と質問。
    > 教授は「米国では、職探しを諦めた人が失業者に分類されない、失業率とインフレ率の関係が瓦解している」と。

    不思議も何も答えは簡単です。
    日本では、お金が大幅に減少していておまけに偏在までしており、購買力が低下したままだから付加価値の高いものが売れない。
    民意が理解できないのではなく現象が理解できないか、故意にわからない振りをしているかに過ぎません。後者だろうと思いますけどね。

    こんな化かし合いに、これまた八百長の濃厚な囲碁ソフトと囲碁棋士との戦いを引き合いにだされるのは、芝居を八百長で塗ったみたいでなんじゃとてと思います。
    すすんで騙されるのはいい加減にしませんか?

閲覧 20025
62 【29767】Re: コンピューターの参加する政治がくるのでは・・
柳沢のたんたん    2016-3-21 15:19:15  [返信]

    日本では、お金が大幅に減少していておまけに偏在までしており、購買力が低下したままだから付加価値の高いものが売れない。
    民意が理解できないのではなく現象が理解できないか、故意にわからない振りをしているかに過ぎません。後者だろうと思いますけどね。

    シンゾウさんの率いる現政権の人達に丁度当てはまる言葉のようで

    すね。震災で困っている人達よりも、外国、アフリカの人達の現状

    に大枚のの寄付金をして名声を得ようとしている姿など余り見良い

    恰好ではありませんですね。まずは国内の人達の困窮を満たすほう

    が先決でしょうね。新潟では未だに原発からの避難民が7000人

    も居る事が解決されておりません。まさにこの人災さえも日本の

    政府は責任を感じていないようです。如何なものでしょうか。

閲覧 19948
63 【29769】Re: コンピューターの参加する政治がくるのでは・・
ミネ    2016-3-21 18:04:22  [返信]

    私は若いときには囲碁を好み、一手を2-30分もかかって打ったこともありました。将棋と違って囲碁は殆ど無限に近い変化があり、コンピューターではあと10年先と言われていましたが、今回のソフトは「個々に計算するのではなく大局を把握し、且つ成長する」とのことでおそらく囲碁のプロが全く歯が立たないという日がくるでしょうね。今回正確には9勝1負でコンピューターが圧倒しました。
    尚日本のソフトは「大局の把握」がうまくないとのことです。
    医学、利殖などでも画期的な発展を見せることでしょう

    原発避難民は高いストレスから高い罹病率、自殺率を示すそうです、ドイツは日本の現状を分析して、脱原発路線を決めました。
    大量に天下るために企業を擁護する、議員は役所に歯向かえない、問題は構造的です、地震国です、そもそも廃棄物を何千年も維持などできるはずがない、しかも隣にはなにをしでかすか分からない体制がある。責任ある為政者ならドイツを見習うでしょうね。


閲覧 19937
64 【30056】政治家は頼りになるかーーー
ミネ    2016-4-15 15:51:30  [返信]

    代表民主主義の無責任

    ?小泉進次郎氏を事務局長として、中長期の経済・財政を議論してきた自民党の「2020年以降の経済財政構想小委員会」は4月13日、「レールからの解放」という中間報告をまとめた。

    ?委員会はこの報告書で、「これまで日本社会は、一本道の『レール』を走り抜くような生き方を求めてきた。[中略] しかし、人口減少による少子高齢化、さらに『人生100年』生きていくことが当たり前になる未来に、もはや戦後のやり方は通用しない」として、「政治が、その『レール』をぶっ壊していく」と宣言している。
    2020年以降の財政は大丈夫なのか

    ?この報告書の特徴は、小泉氏を中心にして30〜40代の若い議員を集め、「2020年以降の社会保障のあり方」を検討したことだ。
    ?政府の中期財政計画は2020年度を目標にしているが、2020年まであと4年しかないのに、それ以降の財政計画がないというのは無責任な話だ。安倍首相は社会保障に手をつけないで増税を延期してきたので、政府債務や社会保障負担は増える一方だ。彼は「アベノミクスで成長すれば増税しなくても財政は再建できる」などと言ってきたが、今年に入って経済が本格的に悪化し、場当たり的な景気対策では乗り切れなくなってきた。

    以上は転載でした

    かねがね「代表民主主義は任期中だけ責任を持つ、任期のあとはどうなろうとも責任は持たない」者だと主張してきました。

    今日の為替や株価の動きは 世界や日本のマネーが 日本の政治家への不信を表現したものかもしれません
    麻生氏は「実態はそんなに悪くはないのだが」と踊る数値に理解不能、全く、お手上げ・・・頼りないこと この上ありません。
    政治家の先見性のなさを露呈したものです。日銀はさらに悪く「まだまだいくらでも手段はある」とここも真実を誤解しノーテンキ。何れも霞が関の出す偏ったデータを鵜呑みしたもの・・・

    ドイツはこれを批判して「財政で何とかできる状況ではない、構造改革のほかなし」即ち、これまで看板の架け替えでお茶を濁してきた行革に今こそ取りかかるべきーーとの診断。
    以前「維新」が船中八策で日本中を沸かせ支持率2/3を得た主張を今こそ。

    只これには役所の痛みは避けることができません
    日本こそトランプ氏のような剛腕が必要でしょう
    勿論役所だけではなく 国民もそれなりの不便に耐える必要も

閲覧 18892
65 【30061】Re: 政治家は頼りになるかーーー
Gokai    2016-4-16 7:52:02  [返信]

     ▼ミネさん:

    >代表民主主義の無責任

    >
    > 以上は転載でした

    どこからの転載ですか?

    >かねがね「代表民主主義は任期中だけ責任を持つ、任期のあとはどうなろうとも責任は持たない」者だと主張してきました。
    > 今日の為替や株価の動きは 世界や日本のマネーが 日本の政治家への不信を表現したものかもしれません

    それは日本の政治家全体に対するものですか?またそれはどういう結果に対する不信ですか?

    >麻生氏は「実態はそんなに悪くはないのだが」と踊る数値に理解不能、全く、お手上げ・・・頼りないこと この上ありません。
    >日銀はさらに悪く「まだまだいくらでも手段はある」とここも真実を誤解しノーテンキ。何れも霞が関の出す偏ったデータを鵜呑みしたもの・・・

    実際、手は幾らでもあります。

    >ドイツはこれを批判して「財政で何とかできる状況ではない、構造改革のほかなし」即ち、これまで看板の架け替えでお茶を濁してきた行革に今こそ取りかかるべきーーとの診断。

    ドイツが日本の政治をどこかの会議で批判したのですか?

    > 以前「維新」が船中八策で日本中を沸かせ支持率2/3を得た主張を今こそ。只これには役所の痛みは避けることができません
    >日本こそトランプ氏のような剛腕が必要でしょう
    >勿論役所だけではなく 国民もそれなりの不便に耐える必要も

    トランプ氏は剛腕なのですか?
    また、
    “日本国民にこれ以上の貧困に耐えろ” 
    ということですね、それがミネさんのご意見ですか?

    それは、“同胞の暮らしや人生”に対する責任感の欠如という態度ですよ。
    それとも日本国民を同胞と思っておられないのですか?

閲覧 18837
66 【30073】Re: 政治家は頼りになるかーーー
ミネ    2016-4-16 16:43:02  [返信]

    Gokaiさん:
    >どこからの転載ですか?
    jbpress.ismedia.jp > TOP > 政治経済 > 日本経済の幻想と真実のログより転載しました
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46609

    >>かねがね「代表民主主義は任期中だけ責任を持つ、任期のあとはどうなろうとも責任は持たない」者だと主張してきました。
    >> 今日の為替や株価の動きは 世界や日本のマネーが 日本の政治家への不信を表現したものかもしれません
    >それは日本の政治家全体に対するものですか?またそれはどういう結果に対する不信ですか?
    >実際、手は幾らでもあります

    貴男はいまだに20年以上も前の日本を引きずっておられるか、もしくは構造的な勝ち組の内部におられるようですね
    殆どの指標では日本は既に25-30位に凋落しています、しかも人口減少対策や財政再建の道筋はいかがでしょうか
    貴男は立派な対策がいくらでもあると言われたいようです。どうか逃げないでここにご披露願います。

    >>ドイツはこれを批判して「財政で何とかできる状況ではない、構造改革のほかなし」即ち、これまで看板の
    >>架け替えでお茶を濁しきた行革に今こそ取りかかるべきーーとの診断。
    >ドイツが日本の政治をどこかの会議で批判したのですか?

    G20の中での日本批判やドイツ経済研究所所長がどのように言っているでょうね
    霞が関は自らが痛みを負う事をせずに、意趣的な数字で誤魔化し、上にあげる。政治家は役人にたてつくだけの数字がなく、
    また実態を知らず上面のみで判断するので麻生氏のように頭をかしげるばかりになります
    そもそも一次産業も含めた民間の平均所得は幾らとご認識でしょうか。そして公務員の平均所得は幾らでしょうか、数字を示してください

    >> 以前「維新」が船中八策で日本中を沸かせ支持率2/3を得た主張を今こそ。只これには役所の痛みは避けることができません
    >>日本こそトランプ氏のような剛腕が必要でしょう
    >トランプ氏は剛腕なのですか?

    彼は役所とは無関係に生きてきました。その意味で他の政治家より役所へ遠慮は少ないでしょう
    構造改革は役所の痛みを避けられません。数億の年収を蹴って出てきた橋下氏も似たところがあります、彼も剛腕と言えるでしょう  

    >>勿論役所だけではなく 国民もそれなりの不便に耐える必要も
    >“日本国民にこれ以上の貧困に耐えろ” 
    >ということですね、それがミネさんのご意見ですか?

    よく聞いて下さい。例えば府県、小笠原ほか離島などに「国の役人」が幾らおられますか。これは地方住民への便益のためです。
    しかしとんでもない数の役人が地方に定住する必要はありません
    なぜなら、スカイプほかネットで手術さえできる世の中です。申請受付、相談などネットで集約されたシステムで全てこなせます。
    その意味では地方分権はもう少し研究すべきです。大規模ネット役所とすれば国家公務員は大幅削減可能で
    多分20-30兆円を節減可能でしょう。
    それを主張しますと、某公務員は「地方経済は我々公務員の消費でなりたっている。事実東北のある県
    では新築家屋の六割以上が公務員関係者だ、公務員をいじめると日本経済は破綻するだろう」これはギリシャ
    でも似た議論があったとか・・・公務員の給与が県の最大の産業という県がいくつあるでしょう。お調べ願います。
    この議論はタコが自分の足を食って生きれるという誤った主張です。
    「不便に耐える」関連では、戸籍のない国はかなりあります。これに関連した公務員の数は大変なものです。
    戸籍など無用と考えている国(イギリスほか)があるのをごぞんじではないようですね、ただ多少不便になるかも・・
    「行政経費を半減すれば、国民への課税は激減」するでしょうね
    所得税、地方税が劇的に減るでしょう、子供への豊かな補助は人口増加につながり、高齢者へはスズメの涙年金どころかその三倍四倍も支給可能になるでしょう。
    残念ですが議員官僚他 格差が存在して、優越感に浸っておられる人々も相当数おられるようですから実現は容易ではないでしょうね、

閲覧 18783
67 【30075】Re: 政治家は頼りになるかーーー
Gokai    2016-4-16 22:28:31  [返信]

     ▼ミネさん:

    >Gokaiさん:
    >>どこからの転載ですか?
    >jbpress.ismedia.jp > TOP > 政治経済 > 日本経済の幻想と真実のログより転載しました
    >http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46609

    ご紹介有難うございました、

    どうやら「2020年以降の経済財政構想小委員会」に対する池田信夫氏の論考のようですね。
    ミネさんが池田氏ご本人だということではないのでしょうね。
    それはどちらでもよいのですが、
    ミネさんのご意見なのか他のどなたかのご意見なのかの判別がつきにくかったものでしたのでお尋ねさせていただきました。

    >貴男はいまだに20年以上も前の日本を引きずっておられるか、もしくは構造的な勝ち組の内部におられるようですね
    >殆どの指標では日本は既に25-30位に凋落しています、しかも人口減少対策や財政再建の道筋はいかがでしょうか
    >貴男は立派な対策がいくらでもあると言われたいようです。どうか逃げないでここにご披露願います。

    私は、人口は減らしたほうがよいと思っていますし、ここでもそのように述べてきました。
    なお議論の体制がミネさんのほうに整っているのであれば、歓迎します、私のほうから逃げることは決してありません。

    そして財政再建に関しては、私Gokaiは次の式を提出しています。

    ★ 政府借金増加額(徴税率−金利率)=財政余裕増加額・・・「財政均衡式」
    http://ameblo.jp/nanaminoyuu/entry-12083875365.html

    ↑この式は、政府借金を増やせば増やすほど政府財政は均衡に向かうということを表している式で、現実の金融を前提に導出したものです。

    間違いがあれば、ご遠慮なくご指摘くださればと思います。m(_ _)m

    >G20の中での日本批判やドイツ経済研究所所長がどのように言っているでょうね

    他国が日本の内政に公に口出すことは無いと思っていたものですので、何かの批判があるとは思っていませんでした。
    一体どのように言われたのですか?

    >そもそも一次産業も含めた民間の平均所得は幾らとご認識でしょうか。そして公務員の平均所得は幾らでしょうか、数字を示してください

    過去何度もネット検索していることですがこれですか?
    http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm
    http://nensyu-labo.com/2nd_koumu.htm
    これから何を推測理解すればよいのでしょうか?

    >彼は役所とは無関係に生きてきました。その意味で他の政治家より役所へ遠慮は少ないでしょう

    紐がついていないから剛腕ということなのですね。

    >構造改革は役所の痛みを避けられません。数億の年収を蹴って出てきた橋下氏も似たところがあります、彼も剛腕と言えるでしょう  
    >確かに、橋下徹氏は是非は別にして私も剛腕だと思います。

    >よく聞いて下さい。例えば府県、小笠原ほか離島などに「国の役人」が幾らおられますか。これは地方住民への便益のためです。
    >しかしとんでもない数の役人が地方に定住する必要はありません

    公務員を減らせということだけなのですか?
    福祉も削れということでは無く、公務員が少ないことの不便に耐えろとのことだったのですね。

    >「不便に耐える」関連では、戸籍のない国はかなりあります。これに関連した公務員の数は大変なものです。

    しかし、しっかりとした社会秩序を保つ必要がありますから、むやみな公務員削減には反対します。“戸籍がいらない”は、度を越していると思います。

閲覧 18755
68 【30086】Re: 政治家は頼りになるかーーー
ミネ    2016-4-17 15:54:58  [返信]

    Gokaiさん
    >財政再建に関しては、私Gokaiは次の式を提出しています。
    ★ 政府借金増加額(徴税率−金利率)=財政余裕増加額・・・「財政均衡式」
    http://ameblo.jp/nanaminoyuu/entry-12083875365.html
    >↑この式は、政府借金を増やせば増やすほど政府財政は均衡に向かうということを表している式で、現実の金融を前提に導出したものです。

    最近の日銀は長期金利上昇は容認ともとれる会見を行っていますよ。
    運用益が出にくいからと、日本国の財政が破綻する恐れから、保有比率を下げる向きが多く、今は日銀や政府
    系金融機関のみが買っているでしょう。全部売った横銀なども・・・
    ゆうちょや年金などの政府系の金融機関は買いますが紙屑となった時、泣くのは国民です。
    50-60年前は国民は年末年始には今信じられないほどバカ騒ぎをしたものです。右肩上がりの時代には家電、車などに
    大変な需要がありました。今若者は醒め、家や車を持ちたいと熱狂していません。お説の4000兆分母は全くありえない
    と思いますが・・・・イギリスやドイツ国民は驚くほど質実、極端な方は洗濯機や自転車さえ持たず、エコしかも幸福感に満
    ち、悠々とした生き方をされている、日本もこうした精神的に成熟した生き方に向かっている可能性があります。

    >>G20の中での日本批判やドイツ経済研究所所長がどのように言っているでょうね
    >他国が日本の内政に公に口出すことは無いと思っていたものですので、何かの批判があるとは思っていませんでした。
    >一体どのように言われたのですか?

    政治論の場へご登場され、ホームページさえお持ちなのですからさらにご研鑽をお願いします

    >>そもそも一次産業も含めた民間の平均所得は幾らとご認識でしょうか。そして公務員の平均所得は幾らでしょうか、数字を示してください
    >過去何度もネット検索していることですがこれですか?
    >http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

    これではありません、子持ち一人暮らしの女性や一次産業の人々なども含め、200万に達していないデーターがあるようです
    公務員は世界一の高給、自殺率は米国の倍というのはご存知でしょうね
    おとなしい階層をさらに絞り、奥座敷ではスキ焼ーーまさに政治が機能していないのです

    >紐がついていないから剛腕ということなのですね。
    政治家は民意という紐を最重要にすべきです。しかし「次期当選」が最大の価値ですから、役所に睨まれない事が重要です。
    以前菅氏が厚生大臣の時、役人が「書類は見つからない」と拒絶した時、「俺が探す」と見つけ出した事がありました。
    役人に嫌われると仕事は全くできず、無能の烙印がもたらされるのです。
    そこで議会は役人に操られたピノキオ同然、議員以上の給与の職員などということがおきてくるのです。
    重要なテーマは役人に遠慮不要の国民が参加して決めるべきなのです

    >>構造改革は役所の痛みを避けられません。数億の年収を蹴って出てきた橋下氏も似たところがあります、彼も剛腕と言えるでしょう  
    >確かに、橋下徹氏は是非は別にして私も剛腕だと思います。
    厳しい行革案を入れた船中八策は国民の2/3が支持しました。しかし慰安婦舌禍で・・・・・

    >福祉も削れということでは無く、公務員が少ないことの不便に耐えろとのことだったのですね。

    自分の財布という観念がゼロなので、無理に予算を食う仕事を創出し、部下を持つ、彼らにとり大きな魅力ある価値です。NHKも巨費で無駄に新館を建てますね。
    イギリス並みにすれば予算半減どころか1/3も可能でしょう

    >>「不便に耐える」関連では、戸籍のない国はかなりあります。これに関連した公務員の数は大変なものです。
    >しっかりとした社会秩序を保つ必要がありますから、むやみな公務員削減には反対します。“戸籍がいらない”は、度を越していると思います。

    米英豪さらに韓国も戸籍制度はありません。社会秩序に無関係の部門が大半なのではないでしょうか

閲覧 18626
69 【30088】Re: 政治家は頼りになるかーーー
Gokai    2016-4-17 20:27:45  [返信] [編集]

     ▼ミネさん:

    >最近の日銀は長期金利上昇は容認ともとれる会見を行っていますよ。

    ??、だから何なのですか?

    >運用益が出にくいからと、日本国の財政が破綻する恐れから、保有比率を下げる向きが多く、今は日銀や政府系金融機関のみが買っているでしょう。全部売った横銀なども・・・

    民銀の国債の保有比率が下がっているのは、財政破綻の恐れが理由ではなく、日銀による異次元の量的緩和政策の結果ですよ。
    もしかすると“異次元の量的緩和政策”さえ何かをご存じないのですか?

    > ゆうちょや年金などの政府系の金融機関は買いますが紙屑となった時、泣くのは国民です。

    どんな理屈で国債が紙屑になるんですか?
    まあそんな理屈をミネさんがご自分で考えたことも無さそうですから聞くだけ野暮って気もしていますがね。とりあえずです。

    >50-60年前は国民は年末年始には今信じられないほどバカ騒ぎをしたものです。

    60年前は、まだTVは馬鹿高いというか、売り出されてたかな〜?
    大村昆さんの「とんま天狗」の時代ならTVは普及していませんよなぜなら国民はまだ金持っていません。
    電気洗濯機も無かったです。手でぐるぐる回す自動洗濯機(どこが自動なんだかw)はあったようですけど。

    TV普及は1964年東京オリンピックのやや前(1962年ぐらい)からじゃありません?

    >>>G20の中での日本批判やドイツ経済研究所所長がどのように言っているでょうね
    >>他国が日本の内政に公に口出すことは無いと思っていたものですので、何かの批判があるとは思っていませんでした。
    >>一体どのように言われたのですか?
    >
    >政治論の場へご登場され、ホームページさえお持ちなのですからさらにご研鑽をお願いします

    もったいぶった言い方されてもね〜と思いますよ。
    もしかしてこれは一般的知識の交換ではなく、貴方の持つ知識当てゲームですか?

    そんなお笑いなら、ご勘弁願います。

    >>>そもそも一次産業も含めた民間の平均所得は幾らとご認識でしょうか。そして公務員の平均所得は幾らでしょうか、数字を示してください
    >>過去何度もネット検索していることですがこれですか?
    >>http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm
    >
    >これではありません、子持ち一人暮らしの女性や一次産業の人々なども含め、200万に達していないデーターがあるようです
    >公務員は世界一の高給、自殺率は米国の倍というのはご存知でしょうね

    もう一度申しておきますね。あなたの持つ知識をあてっこするゲームならご勘弁願います。
    普通はこれのことですかと申し上げたらいや違いますとおっしゃるのならこれですよと具体的なご返信があるものです。

    議論の基礎的ルールも無い会話なのですかこれは?

    もう一度申しておきます。あなたの持つ知識をあてっこするゲームならご勘弁願います。
    常識的な対応ができないなら“逃げるな!”といわれても逃げたくなりました。m(_ _)m

閲覧 18578
70 【30104】Re: コンピューターの参加する政治がくるのでは・・
ミネ    2016-4-18 15:55:43  [返信]

    さてアベノミクスのメッキがあせてきました

    ブードゥー経済論も可否両論ありますが、仮に是として実現に役所が誘導しているのは変わりません。一任政治の下、国民の意思は関与できません。
    http://blogs.yahoo.co.jp/takenaka1221/12763827.html?__ysp=44OW44O844OJ44Kl44O857WM5riI6KuW
    常識的な考え方は 途方もない公共事業により債務は増え、二極化はさらに拡大します。世界のマネーはいずれ円を見限るでしょう、そして金利の上昇ー財政はさらに窮屈に。

    これがスーパーコンピューターではどう予想するのか・・・関心がありますね

    ニュージーランドの大きな改革でも国民が関われたのは選挙のみ。しかし改革もかなりの修正がありました。

    議員のみで決め、国民には総論のみを選択させ、各論には参加させないーーーネット時代にそぐわない制度です。議員、国民、コンピューターの三元決定システムを検討しなければーー

    政治議論において、基礎的な質問があり、その説明を求める方があります。例えば、国民のキャパとは何か、ナシオン主権とは何か、・・・・申し訳けありませんが以前と違い最近時間に余裕がありませんのでスルーさせて頂いています。

閲覧 18497
71 【30249】Re: コンピューターの参加する政治がくるのでは・・
ミネ    2016-5-3 11:39:27  [返信]

    上意下達ーー上の価値観で判断したことを最上として、指示指令してものごとを進めていくことですが
    今の日本は霞が関の価値観で判断したことを 是認するような情報を政治家に掲げてみせ、結果として政治を誘導していっているように思われます。ほとんどの指標、数値は日本が世界の中で25番手近辺にあることで、偏った政治が進められていることが分かります

    その典型が世界がびっくりする立候補供託金です。先進国の多くが無料かそれに近いのに日本だけが600万円ーーーこれは政治の場に一般常識が参加しにくいような障壁を設けるものです、自殺率は米国の二倍です。子持ちの寡婦ほか貧困層の援助も世界の中で恥ずかしいほど下位にあります。献金が政治を左右することも偏る原因でしょう。
    貧困寡婦が献金をしないーー当然議員は積極的に関与しない。一方医師会や銀行、ゼネコンは巨額の献金
    国家財政が火の車の中、医療費が高騰するのにはそれなりの理由があるのです。なのに政党補助金もーーーーーーーーー政治は彼らのために存在しているのでしょう



    国民の広場「第46回アイデアコンテストの最終順位発表
    http://www.kokumin-hiroba.jp/?m=pc&a=page_h_idea_ranking&month=2016-04

    現在ミネの提案は2番手です。あと44名の賛同があればグランプリとなって請願などもできるようになるとかーーー
    ご支援をお願いします

閲覧 17712
72 【30392】頭がいいだけで選ぶと・・
ミネ    2016-5-16 15:25:09  [返信]

    舛添氏は政治学者として多くの著作を著し、頭が良く語学も達者とのことで票を集め政治畑に入りました。しかし今回の彼の行状をみると常識が未発達のようです。「知能」だけでは人は判断 理解し難いことが分かります。
    代表民主主義は ごく僅かな資料のみで ある個人に「政治意思を一括一任」せざるを得ない制度なのですから、構造的に重大な欠陥があります。

    通信手段が未発達の時代の産物で、既にカビの生えた制度というよりありません

    通信技術や教育が発達した今、重要な政治判断はスイスのように国民投票で決める、しかし大衆は多忙ですからそうしたテーマは年間6-7程度でなければーーー

    参政員制度のサイトにQ&Aがありますから疑問がありましたら覗いてください

閲覧 16898
73 【30502】正解などない
ミネ    2016-5-24 17:48:27  [返信]

    去る 22日に発表されたワシントン・ポスト(WP)紙とABCニュースの共同世論調査の結果では、トランプ、クリントン両氏についてそれぞれ57%の有権者が「好感を持っていない」と答えた。
    -----------------------------------------------------------------

    洋の東西を問わず代表民主主義という政治制度の欠陥は避けることはできません

    いやいやでも投票して「一任」しなければならないーーーースイスのように重要テーマは国民の意思が決めるーーーこれこそが主権在民です。現制度は人権を著しく侵害していると言わなければなりません・・・・・

    些末なテーマは職業政治家が議論し結論をだすーーーー騙されてはおられないでしょうか
    議員は任期の間のみ責任を持つに過ぎないのです。国民こそがものごとをより深く考えられるのです。
    なにしろ子孫の生命財産に影響するのですからーーーーしかもあらゆる物事に正解はありません。議員のみが正解できるーーーーーそうならなぜ議員の間で 三本の矢の成果が成功失敗と正反対の結論になるのでしょう、議員は賢いーーー神話に過ぎないのです。議員は役人に頭が上がらないために施策の全ては偏ります

    もしも国民が決め、悪い結果になれば、国民は成長するのです。
    国民の過半は脱原発ですが政治は反対の「原発維持」です。あらゆる成功は失敗から学んだ成果なのです。

閲覧 16544
74 【30605】素晴らしいスイスの政治システム
ミネ    2016-6-7 15:55:35  [返信]

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    世紀のバラマキ策に“ノー” 世界初のスイス国民投票で7割超が反対 全住民に月27万円支給は「労働意欲そぐ」

    スイスで5日、すべての住民に対して無条件に毎月、一定額を支給する「最低所得保障」(ベーシック・インカム)の導入をめぐる国民投票が行われ、暫定の開票結果によると、反対が76・9%で賛成23・1%を大きく上回り、否決された。ただ、欧州では新たな社会福祉のあり方の一つとして議論が広がっており、一石を投じそうだ。

     最低所得保障の是非を国民全体に問うのは世界で初めて。市民団体が必要な署名を集めて投票が実現。投票で具体的な内容は問われていなかったが、団体側は大人に月2500スイスフラン(約27万円)、子供に625スイスフランを支給するとし、国内の外国人も対象に想定していた。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    「国民は愚。国民に政策を決めさせれば失敗する」これは多くの代議政治信奉者の常套句です。

      しかし代議政治は失敗ばかりと言ってもいいでしょう。その原因の一つが、議員が「俺の名を7万人に書かせた、俺は優れている」という誤った観念を形成してしまうことでしょう。さらに「7万人の意思は統合できない、俺の考えを7万人の意思とせざるを得ない」と発展していき、いつか常識を逸脱していきます。収賄や倫理に反する行為は日常的なこととなり減ることはありません

    議員の価値観の第一は「次期も当選」ですから、地盤の評判を良くしたいーーーこのために地元からの「スジ悪」の依頼でも行政につなぐーー
    そのためには役所と懇意でなければなりません。「役所に遠慮せずにはおられない」ーーこれは宮澤氏の述懐です。霞が関から出されるすべての草案は「尊重せざるを得ない」のです。その結果が世界一の官民格差でしょう。今や「親が公務員以外の異性との交際は認めない」というカースト制度に似た風潮さえ現れはじめているのです。


    さて、スイスの国民投票では国民の意思が明確になりました。結果の「評価」は不明ですが、国民が意思を表現し、政治は前進していくというシステムの素晴らしさーーーここには政治家の偏った意思は関与できません

    「選挙で人を見抜けるという根本的な誤りを基盤として成立している政治」の結果は とんでもない二極化、八割の人々が「もはや政治からは何も期待できない」と諦めているのが現実なのです。
    ( 尚「参政員制度」はサイトのQ&Aを読んで頂ければわかりますが 制度の激変を避けるために、議員の意思を50%参加することとしています )

    さらに「些末な政治テーマの消化」は仕事として議員が取り組むべきと考えています

    先日友人がボヤいていました。町会の大事な話があるとのことで、立候補予定者と支援者の長い話を聞かされたとのこと。「参加した人は票につながる」と彼らが考えているとすれば大間違いではないでしょうか。殊に世襲議員などは・・・・・。
    何十年一緒に暮らす夫婦さえ相手の心底を理解できないこともあるのです。
    さらに、原発路線は反対、しかしTPPは賛成などという場合に「一任できる議員・政党はありません」即ち、一方は野党の意思、一方は与党の意思だからです。

閲覧 15764
75 【30656】大統領選挙では白票が話題に
ミネ    2016-6-12 12:05:09  [返信]

    白票無視は人権侵害
    19世紀の思想家ジョン・スチュワ―ト・ミルの「代議制統治論」では「多数者が同一階級から構成される」場合はこの制度では弊害があるとした。例えば

    埼玉大の松本教授は借金を先送りしない政党がなく「白票」を投じざるを得なかった。これはあきらかに人権侵害であろう。

    神奈川県知事選では投票率46%。なんと8%が無効票。米国の大統領選挙も人気が今一つの両候補、多くの白票無効票が出るはず。

    代議制民主主義の欠陥が露呈し、修正が話題になるだろう

    白票を投じる人に救済制度を考えなければ為政者の不作為と言われても仕方がない

    スイスのような政治制度か、参政員制度が一つの解決策では

閲覧 15506
76 【30711】不用意な発言
ミネ    2016-6-18 11:15:21  [返信]

     麻生太郎財務相(75)は17日、北海道小樽市で開かれた自民党支部大会で講演し、「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と述べた
    ーーーーーーーーーーー
    是非善悪はともかく、あまりにもザックバラン。
    思考回路が粗野なリーダーという感じがします。舛添氏のように自己の利益のために誠に緻密に思考を巡らせる方。何れも選挙ではまるで隠されている個人の内幕です

    選挙制度がこのままでは国民の多くはいつか「誰も選べない」と考えることでしょう

    さらには「政治など関心はない」となり、民度は低下します

    公報の作文は 入試並みの環境で作成されること
    世界に比類のない高額の供託金制度は廃止を

閲覧 15055
77 【30837】僅差の決定は危険
ミネ    2016-6-28 17:56:13  [返信]

    直後の訂正、国民の怒りは爆発 【ロンドン三木幸治】欧州連合(EU)離脱を決めた英国の国民投票を巡り、離脱派の主要人物が訴えてきた公約の「うそ」を認め、国民から強い批判が出ている。ツイッターでは「離脱への投票を後悔している」という書き込みがあふれ、英政府に2度目の国民投票を求める署名は350万人を突破した。 「離脱派のキャンペーンで起きた間違いの一つだ」。
    ーーーーーーーーーーーー
    請願は昨年11月から出されていた。23日の投票率が75%未満で、多数だった方の得票率が60%未満だった場合、やり直しを求めるとの内容。今回の投票率は約72%、多数だった離脱支持は約52%で、いずれも請願の条件内だった。
    ーーーーーーーーーーーー
    上のようないきさつがあっても、やり直しはされないでしょう
    理由の一つは メンツがあるのかも・・・
    しかし日本には 誤りを正すに憚ることなかれという諺もあるのですが

    日本の憲法第九十六条 この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、 これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならないー――すなわち過半数決定ではなく2/3という数字があるのです


    52%の得票で離脱を決定とは少し危険と言えるでしょう

閲覧 14404
78 【30840】Re: 僅差の決定は危険
usagi75    2016-6-28 22:02:37  [返信]

    全く同感です。
    国民投票とは50%以上を取った方の意見に決定されるということを知りませんでした。国民投票は怖いですね。
    普通の会議などでは3分の2の賛成で物事が決まるのでは?

    私は半分の人が違った意見のままで決めてしまうと社会は真二つに割れて不穏になるように思います。
    民主主義とはとことん議論して大多数の意見が固まった時点で
    国民投票をして3分の2を目指すべきではないかと思うのですが。

閲覧 14346
79 【31219】Re: 僅差の決定は危険
ミネ    2016-7-24 15:03:36  [返信]

    おっしゃられる通りです。私はかなり前のブログで「過半数が決定の要件は修正すべき」と言っています。
    政治的選択で賛否が伯仲し、勝った方が6割を越えなかった場合、
    すぐに再票決するのではなく 再び一定期間 議論をし、票決するのがいいでしょう。イギリスの場合国民の間にできた溝はかなり深刻のようです。


    賛否があるということは「未来は分からない」という証です。
    しかし役所や献金に影響される「議員」という身分の人々のみで決める今のシステムは未熟です
    役所や献金組織が不利と察知すれば どのような手段でも取ります

    国の遠い将来も慮ろうとし、役所や献金に煩わせられることのない人々の意思が半分参加する参政員制度こそ検討されるべきかと思います

閲覧 12997
80 【31231】リーダーや議員が役所と企業に遠慮する結果
ミネ    2016-7-26 17:23:37  [返信]

    世界一ともいわれる中央活断層(設計時には活断層とはされていなかった)が5km北にあり、避難路問題に答えがなく、県民の7割りが反対している伊方原発
     
    なぜか再稼働に入ります。首長や県会が県民意思よりも役所と企業に遠慮した結果です。まさに日本の代議制民主主義の誤作動です。

    アメリカ、ニューヨーク州のショアハム原発は伊方原発と地勢が似ていますが避難に時間が掛かりすぎるという住民意思で廃炉決定です。
    避難路は原発から15kmも離れているのに、伊方は2km も離れていないのです。しかも救援バスも運転手への被ばくが多い場合は運行しません。原発はドイツ、スイスほか先進諸国は見限ったシステムです。それを政産官が癒着し、国民の意思をないがしろにして涼しい顔、

閲覧 12853
81 【31375】Re: リーダーや議員が役所と企業に遠慮する結果
ミネ    2016-8-14 17:06:54  [返信]

    日銀と政府は何とかしてインフレをーー異次元緩和ほかいろいろな手段をとっていますが債務は増え二極化は激しくなるばかりです

    月の食費に2万円しか当てられない数百万人もの人々がいるかと思えば、数万円の料理を食べ月に2-3度海外旅行をする人々も数知れず

    しかし何れは破局が来ることは明らかてす。
    もはや超インフレ以外にはないと霞が関は腹をくくっているはず・・・・・以下は日経です、ぜひお読みください

    http://www3.plala.or.jp/seijian/infure.jpg

    http://www3.plala.or.jp/seijian/saimuhyou.jpeg

    財政を健全化し、格差を少なくするには議員主役の政治システムの変更しかありません。
    とりあえずはスイスから制度指導のリーダーを迎えるか、参政員制度の研究に入るしかありません
    そしてどうした政策になるかといえば、小さな政府、小さな役所、新規公共事業なし、(輸入品が高騰しますから国民はかなり苦しい生活を耐えねばならないでしょう。)

閲覧 11732
82 【31928】国費を無駄にする政治学者
ミネ    2016-9-18 11:09:36  [返信]

    危機に当たって政治学徒は蔵のネズミでなければいいが

    ライブドアニュース  http://news.livedoor.com/article/detail/9557217/
    一昨年2014年12月8日のテレ朝「ここがポイント!!池上彰解説塾 3時間スペシャル」より

    池上彰氏が日本の借金について警鐘を鳴らした
    遠い将来、国のサービスが受けられなくなることもないとは言えないと指摘
    さらに、国民の資産1000兆円分を全額没収するしかないとも


    番組によると、国の借金は2014年9月の時点で約1,038兆円に及ぶが、政府の保有資産を差し引くと、
    実際は約400兆円だとみられる。

    しかし、池上氏は番組中、対GDP比での「2014年度債務残高ランキング」を見せて解説を始めた。
    このランキングでは国の経済力も加味されており、日本は対象31ヶ国中、財政難が伝えられるギリシャやイタリアを抜いて1位となっている。

    また、池上氏は「他の国は増えたり減ったりしているのに、日本はひたすら右肩上がりで増えている」と指摘した。この状態が続くと、政府が発行する国債の買い手がいなくなるため、これ以上の
    借金が難しくなるそうだ。

    この場合、国のサービスを一切受けられない事態になるのだが、池上氏はこの悪夢のシナリオについて「遠い将来無いとはいえないよ」と予測した。さらに「このままでは、国民が保有する1,000兆
    円分の預貯金を全額没収するしかない」と警鐘を鳴らした。

    そして、日本と同じく借金漬けで「ヨーロッパの病人」と呼ばれたドイツの解決策を紹介した。
    ドイツ政府は「失業保険の削減」「健康保険の自己負担額引き上げ」などの大胆な施策を採り、大幅に持ち直したという。池上氏は「さあ、日本にこれができますか?」と痛みへの覚悟を問いかけた
    ーーーーーーーーー以上ライブドアニュースよりーーーーーーーーー
    人口減少の中なかでギリシャを遥かに凌ぐ世界一の債務、かって経済の宮澤氏が「もう駄目だ」とサジを投げてからも債務は増え続けてきました。

    去年の国の予算を家計に例えると、月収40万円、毎月の借入22万円、累積した借金6600万円、
    巷にはモノが溢れいい国に見えている、しかし、国は 返せる宛のないサラ金地獄に落ち込んでいるのです。
    政権が何度代わってもその解決策は全く見えません。八割の国民が「もはや政治からは何も期待してい ない」と考えているとか・・・・・
    私は、代議制民主主義即ち現在の政治制度が原因と考えています。
    この制度の下では、議員は官僚に遠慮せざるを得ない、実質的に官僚がハンドルを握るからです。

    議員は「次期も当選したい、そのためには地元の人気が大事」かくて地元の要請を「役所に繋ぐ事が大きな仕事だ、役所に懇意でなければいい仕事はできない」となって、「役所には遠慮せざるを得ない(宮澤氏の言葉)」事になるのです。

    「役人の機嫌を損なわないよう」という姿勢は、例えば役人が提出してくる資料は疑問点があっても盲従してしまいます。政府の意思は事務次官会議で「霞が関の権益を損なっていない」事を確認し上に上げられます。結果として、行革はできず実効性のある倫理規定もできません。
    毎年毎年赤字国債を発行したり、世界と比べて断トツである自らの待遇を確保したり・・・・・

    維新の党は、「年功による自動的な昇給の見直し、国・地方の公務員総 人件費2割=5兆円削減」を
    掲げていますが、所属議員は猫の首に鈴を付ける思いをしているでしょう。なぜかと言えば、所属議員は役所に睨まれるのは必至---何事につけ議員としての仕事がうまくいかなくなるのです。
    (前は三割減を主張していましたが抵抗がきつ過ぎたのでしょう)
    人工知能の進歩で 小さな役所 は やる気次第で実現できます

    預金の払い出し限度は50万円、新札発行ーーなどという暴力的政治はこないとタカをくくり、専ら学問としてひたすら政治を研究する政治学徒は 現体制を是認しているのと同じで、怠慢・不作為の過失、彼等は教学に入り込んで学問でメシを食う宗教学者に似ていますーーー

    現体制が既に老朽化しているのを認識し、建て直すために スイスの政治制度を研究するなど 政治制度の新しい視点を模索して頂きたいものです。
    私は体制の一新は難しいと考え折衷的な提案「参政員制度」を提唱していますが・・

閲覧 9962
83 【32074】国費を無駄にするシステム
ミネ    2016-9-25 14:03:52  [返信]

    20016.9.24 日経2面より

    800人の調査員の仕事をたった二人で
    総務省の消費者物価指数(CPI)は、800人の調査員が集めたデーターを40人で集計分析する。
    ベンチャー・ナウキャストは全国800店のスーパーにあるPOS(販売時点情報管理)を使い食料や日用品など30万点の値動きをはじき出す。技術部長の今井聰は「担当者は二人で十分」と語る。

    同社の創業者、渡辺務東大教授は「ビッグデーターを使い素早く経済動向をチェックできる、この動きを生かせば迅速で効率的な経済政策につながる」と話す。渡辺は元日銀マン、在籍当時バブル崩壊を見抜けなかったと悔やむ。

    自前の指数だと、CPIより数年早く日本がデフレ状態と確認できた。
    「日次物価があれば金融政策は違ったかも・・」調査方法を変えるのはご法度なのか。
    ーーーーーーーーー以下略ーーーーーーーー

    民間企業なら 費用、スピード、精度でどちらにするか 考えるまでもありません。カビの生えたシステムを運用し続ければ必ず本体も破滅するでしょう。しかし決定権は彼らの手中にあります。

    議員と役人だけで決めれば800人を守るとことが第一の価値となります、スイスのように国民の常識を参加させなければ・・・・・・

閲覧 9554
84 【32452】下条村は職員を半減、なんと出生率向上
ミネ    2016-10-16 17:32:18  [返信]

    人里離れた山奥に「奇跡の村」が出現するまで

    健全財政で少子化知らず!下條村の驚くべき“村民力”

    伊藤村長はもともとガソリンスタンドなどを経営する会社の社長さん。村と役場の現状に危機感を抱き、1975年に村議となった。当時から村に過疎化の波が押し寄せていたが、役場は国や県の顔色ばかりをうかがい、自ら積極的に動こうとはしなかった。

    ?漫然と仕事をこなす職員ばかりで、やる気もコスト意識も感じられなかった。こうしたぬるま湯体質の役場を変えようと議員になったが、限界を感じて3期で引退。村長に転身したのである。

    ?伊藤村長が最初に手がけたのが、職員の意識改革だった。全職員を民間企業に研修に出したのである。送り込んだ先は、直接顧客と接する物品販売の店頭。自分たちのペースでゆったりと仕事をこなす役所と正反対の職場であった。当時、公務員を民間企業で研修させるという事例はほとんどなく、物議を醸すことになった。

    ?それでも、民間の厳しさを体験したことが、下條村職員の意識を変えることにつながった。職員はやる気やコスト意識、スピード感や効率といったものを身につけるようになり、役場全体の雰囲気も変わっていった。ぬるま湯に浸りきった「お役所仕事」が消えていったのである。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    そして職員数が半分以下にーーしかも住民サービスもさほど減らしていないーーーーここに大きなヒントが隠れているかもしれません

    私の知る区役所では 一日たった数件の仕事に高齢の職員が二人、することがないのでお話しばかり(ハローワークにもそうしたデスクがあるとのこと)・・・・他の課員は多忙なのに
    車検関連の法人事務所では 5-6種類の書類を、順に申請者に渡すーーたったこれだけの仕事
    民間なら一人で十分。驚くことに8名ばかりでこれをしているのです。
    一つの窓口毎に一つの書式、空いた口が塞がらないとはこのことーーーーーーー
    結果として人件費は 重量税かなんかに転嫁されているのでしょうね
    「議員は役所に懇親していなければ次期は落選」という恐怖感から 役所の行革を言い出せないのです
    維新の会が三割削減を言っていましたがそれさえ与党の大きな抵抗がーーーー
    スイスのように国民に決定権が必要です

    それにしても米国の大統領選挙のていたらく
    選びたくない候補者しかいないーーと考える層が多数派とは
    代表民主主義は 変革脱皮の時です

閲覧 8701
85 【32570】大統領選挙   愚行
ミネ    2016-10-25 17:13:06  [返信]

    「どちらの立候補者も支持したくない」層が最大勢力

    国民は嫌でも どちらかに投票しなければならない
    人が作ったシステムが使えないー―こんなバカな話はない

    「どちらの立候補者も支持したくない」層が少数派になるよう立候補者を差し替えるべきでは

    それが無理なら、「出たい人」を選ぶ制度ではなく「出したい人」を選出する新しい制度が考えられるべきでは

    それともスイスのように「重要テーマは国民投票」とするのはーーー

閲覧 8269
86 【32705】一人に全権をーーの代表民主主義は誤り
ミネ    2016-11-15 14:56:47  [返信]

    トランプを支持する人々でも 「彼の政治意思の全てを同意する」ことはあり得ない。

    仮に「政治テーマの1/3については彼に同意しないーーのであれば
    基本的人権の1/3を侵されているに等しい

    代議制民主主義は修正されなければーーーー

    さて、松井証券は人口知能によるファンドを売り出すとかーーー
    世界には数万人のファンドマネージャーがいて、顧客の財産の運営を任されている

    しかし最近の運用成績はその殆どがマイナスに近いとのことーーー
    プラスにあるのは人口知能によるファンド


    大学入試センター試験の摸試では偏差値57.1を獲得

    東大の2次試験を想定した論述式の摸試では理系数学の偏差値が76.2という好成績 (以上は28.11.15日経42面より)



    いずれは政治の世界にも応用をとの声が出てくるでしょう

閲覧 7400
87 【33006】富裕な人々による政治
ミネ    2016-12-17 12:08:15  [返信]

    https://matome.naver.jp/odai/2140274305322007501

    上のサイトでは 驚くべき情報があります
    昨年の 国の公務員の平均給与 とカッコ内はその国の 国民の平均給与額 そして国民給与額の倍率です


        公務員給与 国民給与 格差
    アメリカ   357   (325)  1.1倍
    イギリス   275   (240) 1.15
    フランス   198   (180) 1.1
    ドイツ    195   (205) 0.95
    カナダ    238   (252) 0,94
    イタリア   217   (200) 1.1
    オーストラリア360   (500) 0.7
    日本     724   (412) 1.76

    日本が先進国で債務が飛びぬけている原因の一つはここにあるのかもしれません
    原因は「議員が官僚に世話になるので官僚の提案を拒めない」ことではないでしょうか
    そうした「収入が多く、物価の上下などに関心が少ない人々だけで法を作った結果」でしょう

    公共事業として まず初めに施工されるのが役所の建物では・・・
    豪華な建物に常時いれば 庶民意識から遊離するのかもしれません
    NHKの新たらしい建物には2000憶ばかりの予算とのこと
    視聴料金は下げない――奢った人々が上に立つ結果は さらなる二極化です

    上の表をよくご覧ください
    各国並みにすれば余分は10兆円を超します


    法は国民が参加しなければ 格差はさらに進むでしょう

閲覧 6109
88 【33007】Re: 富裕な人々による政治
かっくるなかしま    2016-12-17 12:57:35  [返信]

    ▼ミネさん:

    こんにちは。

    ご無沙汰しておりました。

    >https://matome.naver.jp/odai/2140274305322007501

    >上のサイトでは 驚くべき情報があります
    >昨年の 国の公務員の平均給与 とカッコ内はその国の 国民の平均給与額 そして国民給与額の倍率です

    拝見いたしました。

    こちら(↓)への纏め、ありがとうございます。

    一覧にするのは一手間ですが、(やってみると分かります)

    ありがたい(≧∇≦)b

    >     公務員給与 国民給与 格差
    >アメリカ   357   (325)  1.1倍
    >イギリス   275   (240) 1.15
    >フランス   198   (180) 1.1
    >ドイツ    195   (205) 0.95
    >カナダ    238   (252) 0,94
    >イタリア   217   (200) 1.1
    >オーストラリア360   (500) 0.7
    >日本     724   (412) 1.76
    >

    >日本が先進国で債務が飛びぬけている原因の一つはここにあるのかもしれません

    >原因は「議員が官僚に世話になるので官僚の提案を拒めない」ことではないでしょうか
    > そうした「収入が多く、物価の上下などに関心が少ない人々だけで法を作った結果」でしょう

    政権交代しようがしまいが、変わらぬもの(行政主導)が、そこにあります。

    行政改革に関しては、自民党にも民進党にも全く期待できないと観ています。(私見)

    >公共事業として まず初めに施工されるのが役所の建物では・・・
    >豪華な建物に常時いれば 庶民意識から遊離するのかもしれません

    御意。

    それに《諸手当て》の数々・・塵も積もれば山となるの役所芸風の細かさ、

    雨天手当てには恐れ入ります。

    >NHKの新たらしい建物には2000憶ばかりの予算とのこと
    >視聴料金は下げない――奢った人々が上に立つ結果は さらなる二極化です

    2000億円あると、築地の新歌舞伎座タワーが5つ立ちます(笑

    ずいぶん前に計算したところでは、視聴料金は半値にできます。

    ・・・

    >上の表をよくご覧ください
    >各国並みにすれば余分は10兆円を超します

    御意。

    公務員数300万人、官民格差300万円/年で概算しても9兆円/年。

    消費税率換算で実に4%に相当します。

    >法は国民が参加しなければ 格差はさらに進むでしょう

    御意。

    納税者を馬鹿にするなが、老人党宣言の基本精神です。

    どうもありがとうございましたm(__)m

    --------

閲覧 6107
89 【33099】信頼のできない行政情報が立法の基盤であっては
ミネ    2016-12-27 15:03:12  [返信]

    かっくるなかしまさん

    政治家や役所が信頼できないーーーこれほど悲しいことはありません
    役所が永田町よりも優位に立っていられるのは「情報を握り、議員に与える」言い換えると、会計をにぎっている太い女房、女房の機嫌を損ねると食費や小遣いが減らされます、
    その行政情報が役所の都合で「どうにでも変えられる」という記事です


    28.12.27 日経4面より
    経産省は26日「繊維流通統計調査」で長年、実態と異なる数値を記載していたと発表した。
    40数品目全てで改ざんが見られ、10年以上前の数字がそのまま記載され、実際と10倍程度の差が生じた例もある。
    業務を請け負う「業者からの告発」で不正が発覚した。
    例えば「調査票を配った733社の95%が回答」が実は有効回答が「258社」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「政治はレーダーの故障した船」と同じ
    国費は無駄どころか、役所の都合のいいように書き換えられたのでは費やした諸経費を詐欺横領されたのと変わらない。
    役所の出す情報を基に立法する永田町は「踊らされているピノキオ」に堕す。
    役所を戒める実効性のある倫理法が作られないのは、議員が役所に遠慮していなければ仕事にならない事に起因する。
    こうして官民格差が世界一になった。スイスのように重要な法案は国民参加で決められるべき。

    大衆迎合・ポピュリズムが政治を堕落させるなどという主張があるが、まさにスイスの実情を知らない主張。
    先だってはベーシックインカムが大差で否定されている。ポピュリズムと言うが、結果として代表に全托しているので「代表民主主義」代議制であり、彼の個人的価値観、そして役所の意思を法・条例にしてしまうので危険でさえある。
    原発路線維持がその証明。

閲覧 5627
90 【33100】Re: 信頼のできない行政情報が立法の基盤であっては
イワオ    2016-12-28 0:37:11  [返信]

     ▼ミネさん:

    >政治家や役所が信頼できないーーーこれほど悲しいことはありません
    >役所が永田町よりも優位に立っていられるのは「情報を握り、議員に与える」言い換え
    >ると、会計をにぎっている太い女房、女房の機嫌を損ねると食費や小遣いが減らされま
    >す、その行政情報が役所の都合で「どうにでも変えられる」という記事です

    役所は学歴至上主義です。だから基本役人は、安倍を尊敬はしていない。
    彼は東大卒でもないし、京大でもないし、一橋でもない。国立大学でさえないし、しかも
    高校からの持ち上がり入学者。建前ではこんな事は無いし、国民に選ばれた支持率の高い
    首相と持ち上げては居る。本音では絶対そうではない。

    大手メディアの主流の考えは役人に近い。ほとんどが役人と同じ大学の先輩後輩だからだ。
    同じ穴の狢という奴。

    今の日本は三権分立が機能してない。

    *********************************

    2016/12/25東京新聞より

    山口二郎
    日本の三権分立
    1)立法府は内閣を抑制できない。国会の多数派が行政権を掌握するので行政と立法は融
    合する。
    2)司法の人事権を内閣が握っているので、司法は内閣によって手なずけられる。
    *************************************

    所詮投票という不安定な立場の立法、行政、それに対し身分の保障され動きが鈍い司法、
    ベースには、国民の審査を受けない官僚社会の地盤がある。ここが保守の苗床。

    アメリカのように、首相を公選制にして、政権が替われば官僚も一気に替わる仕組みにし
    てガラガラポンしないと永遠に官僚支配が続く。

閲覧 5562
91 【33165】国立マンション訴訟、司法の堕落。
イワオ    2017-1-15 1:28:32  [返信] [編集]

    国立マンション訴訟、司法の堕落。


    2017/01/14東京新聞

    国立マンション訴訟、元市長(上原氏)に賠償額4500万円、
    国立駅前の景観を守るため高さ44Mの高層マンションを桜並木と同じ20メートルに制限、
    超える部分の撤去を命じた。地裁では勝利、最高裁までいって敗訴。市は3500万円を業者
    に払った。業者は賠償が目的ではないと同額を寄付。今度は住民が賠償金を元市長に払え
    と提訴。
    ****************************************

    業者の明和地所、高層マンション建てたくせに、マンションの売り文句は自然豊かな桜並
    木の環境、自分たちは景観破壊したのに、地元住民が作った環境のいいとこ取り。
    さらに市は実害を被ってないのに、司法は賠償請求を承認。

    下記にカンパの振込先が明記されている。
    辺野古基金共々よろしく。1000円でも2000円でも。

    http://tomintohyo.blog.fc2.com/blog-entry-577.html
    元国立市長の上原公子さん「国立マンション訴訟」敗訴 - 今後の地方自治へ影響

    募金受付特別口座
     みずほ銀行 日野駅前支店
     普通預金口座 1222665
     名義人 日野市民法律事務所 弁護士

    *これはこの募金のために新たに開設した専用口座です。
     なお、上原への請求額は金利を含め、4400万円になります。

閲覧 4953
92 【33171】首相が代われば官僚も変わるシステム
ミネ    2017-1-16 15:19:29  [返信]

    イワオさん

    官僚たちは聖徳太子の時代も、明治維新も 政変の網の目を潜り抜けてきたと言われていますが 彼らは彼らなりに「俺たちは専門職だ」という知識と情報を握って離しません

    行政情報は国民の税から出来ていますが 彼らはそれを私物化しているともいえるでしょう

    野党がガラガラポンの具体的なシナリオを持っているのでしょうか
    それとも 今のままで と考えていのでしょうか

    今のままなら政変があっても何ら変わらないでしょう

    さて


    (2017/01/16)アメリカのギャラップ社の世論調査の結果

    トランプ氏が就任前の昨日の支持率が

    支持する・・・44%
    支持しない・・・51%
    どちらでもない・・・4%

    オバマ氏の就任直前の世論調査は。

    支持する・・・83%
    支持しない・・・12%
    どちらでもない・・・5%

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    立候補者の人格や考え方について短い期間では到底分からないもの
    数十年連れ添った夫婦でさえ「退職離婚」などという言葉があるように 退職金が出たら分かれようとなるのも他人の真実が分からないことを示しています

    今の選挙制度は 重要政治テーマも当選者に一任してしまうという欠陥のある制度です
    「オレの名はなん万人にも書かせた」という抜け得ない自尊心、
    「俺の考えは間違いない」と自信は募り、僅かな人生で経験した価値観を信奉し、断行するのです
    結果は当然のように経済や財政を悪化させ世界の緊張を高め、国内はさらなる二極化にーーー

    そもそも大統領制でも議員内閣制であっても 選良に一任する自由委任という考え方が問題です
    参政員制度では 重要な選択は 政治意思が強くて参政員登録をした人の考えを 最大で 採決の半分に参加させます(参政員登録される方が有権者の三割の場合には三割の意思が参加)

    少し極端な方が大統領になられたことで 代表民主主義の抜け難い欠陥が浮き出ることになるでしょう
    オバマ氏の執念だったともいえる医療制度改革も 議会は早くもご破算にすべく動き出しました
    正解は不明ですが 民意が参加して決められるのでなければ・・・・・・・

閲覧 4809
93 【33172】Re: 首相が代われば官僚も変わるシステム
イワオ    2017-1-16 23:46:25  [返信]

      ▼ミネさん:


    >官僚たちは聖徳太子の時代も、明治維新も 政変の網の目を潜り抜けてきたと言われて
    >いますが 彼らは彼らなりに「俺たちは専門職だ」という知識と情報を握って離しませ
    >ん

    >行政情報は国民の税から出来ていますが 彼らはそれを私物化しているともいえるでし
    >ょう

    >野党がガラガラポンの具体的なシナリオを持っているのでしょうか
    >それとも 今のままで と考えていのでしょうか

    >今のままなら政変があっても何ら変わらないでしょう

    現実的に、共産党以外はガラガラポンのシナリオを持ってないでしょう。
    そして、反保守という面ではガラガラポンはあるとしても、共産党自体政権取ってないか
    ら、ブルーに見えるだけで、もし共産党が政権取ったとしたら(まず日本では無理だろう
    けど)彼らの色はレッドに変わる。元来が共産主義は資本主義の中では社会の薬にはなる
    けど共産党が政権取った社会では、ガリガリの官僚主義の世界になる。

    とりあえず、自公の過半数が終わったら、情報公開、を進めるのが官僚の力を減らす第一
    歩ですかね。それと犯人特定、責任追求。

閲覧 4746
94 【33204】議員は役人に対抗できないのでは
ミネ    2017-1-25 16:16:48  [返信]

    イワオさん

    共産党は本気で日本に革命が可能と信じているのでしょうか
    もしそうなら人心を理解されておられると思われませんね
    私は 「議員の恩典を享受」することが第一目的ではないのかと疑りたくなります

    もっと党の政策全てに人心を参加させなければ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    代表民主主義の最終段階

    運転手付きリムジンで新聞配達をされたトランプ大統領は途方もない優越感に満たされた価値観人生観を形成された可能性があります。
    その並外れた優越感が人格の前面を曇らせ、温暖化、核の脅威、他国の困難などは取るに足らない事だとの認識にあるのでなければ幸いですが。

    多くの学者やメディアはポピュリズム(大衆迎合政治)を批判的に主張しています。
    暗に国民は愚、国民の選択は誤り、政治家、学者や役人は賢で、愚な国民の選んだ代表は問題だと言いたいのでしょう。
    しかし選出の為のシステムそのものが問題を持ち、代表に選ばれれば強い権限を持つ代表民主主義そのものが問われる事は稀です。

    個人が持つ価値観や人生観に強い権力を持たせる代表民主主義システムは「誰が選ばれても」代表の個人的価値観、精神世界を表現するに留まるものです。
    今回のトランプ氏は社会の中下層の人々に共感を得られたようですが、そう遠くない将来、彼らは落胆することになるでしょう。
    一国主義、温暖化容認、ほか既に世界が経験済みの過ちを再試行することになります。
    勿論民主党が勝利していても全く同じで、選良の価値観が人々を失望させるに至るでしょう。
    代表民主主義にプラスして、国民も意思が参加できる参政員制度こそが必要です。勿論政治が失敗するかもしれません。
    しかし代表民主主義オンリーの政治は失敗ばかり、選良達は いつかは成功するとお考えなのでしょうか。
    優越感に侵された人々のみの価値観ではまず成功は難しいでしょう

閲覧 4415
95 【33237】トランプ流の民主主義
ミネ    2017-1-29 18:09:54  [返信]

    29.1.29 日経より
    「権力をワシントンから移し、あなた達国民に戻す」トランプ大統領の就任演説のキーワードは  ピープル  だった。
    善玉の庶民がワシントンにいるエリート層の悪玉と対決する二元論を前面に出した。
    トランプ流民主主義の危うい試みが始まろうとしている。−−中略ーー
    オックスフォードの英英辞典には「普通の人々の意見や願いを代表しようと主張する政治のタイプ」とある。
    ポピュリズムについて、民衆の意思を政治に反映する民主主義の趣旨に沿い、批判のニュアンスはない。
    だが、ポピュリズムは情念に訴え、偏狭なナショナリズムと絡みやすい。「大衆迎合主義」訳され、マイナスのイメージを生む。
    」−−−以上要点のみ転載ーーー
    トランプ氏の場合、グローバル化や多くの不法入国者によって中下層の庶民の仕事が奪われた。彼等の強い意思を基盤に大統領になった。
    彼は代表民主主義はナシオン主権による代表と心得え、幾つかの主要テーマ以外は自己の偏狭な価値観で采配されるようだ。
    インデアン居留地にパイプラインを通す、温暖化は誤った情報だーーーなどについてそれが伺われる。
    「権力は国民ではなく自分個人のもの」と誤解されておられるのでなければいいが。
    あらゆる過ちは情報の偏りと過小が原因だ。重要な決定は少数の意思ではなく、多くの経験からくる多数意思を統合したものであるべき。

閲覧 4286
96 【33294】唯我独尊  トランプ氏の価値観
ミネ    2017-2-7 11:08:51  [返信]

    ある一定の財産や、地位を築いた人は≪自己の生きてきた成功道は間違いない真実だ」とする価値観を築いてしまい、優越感に捕らわれるものです。不動産を転がし巨万の富を築いたトランプ氏が、二極化でもがく人々の「票」に押し上げられて最高位になられましたが、昨日のニュースを見ると

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    当初は世論の支持も集めていたこの入国禁止令だが、新たに公表された2件の世論調査では、米国民の過半数が反対しているとの結果が出た。だがトランプ大統領はこれをメディアの虚言だと断じ、怒りもあらわに否定している。

     トランプ氏はツイッター(Twitter)に、「否定的な世論調査結果は全て虚偽ニュースだ。選挙中にCNNやABC、NBCが出した世論調査結果と同様だ。悪いが、国民が求めているのは国境警備と徹底的な入国審査だ」と投稿した

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「否定的世論調査は、全て虚偽ニュース」という主張はかなり以前にどなたかが言われたように思いますが・・・・・
    では信頼性のある情報をどうすれば得られるのかーーについて彼はなにか提案されるのでしょうか

    提案をされなければ、彼自らは偏った数字などによる偏った価値観で治世、言うところの「独裁」をすることとなり、多くの人々が不幸になり、政権は短命にならざるを得ないでしょう

閲覧 3908
97 【33523】個人の体験で形成された価値観では
ミネ    2017-3-10 15:18:54  [返信]

    ヒットラー、ポルポト、フセイン、ジョンウン等諸氏が良い価値観を持っているとお考えの方は少数派でしょう。今日 朴さんが降ろされました。トランプ氏も降ろそうという動きがあります。僅かな個人的に形成された価値観で国を引っ張っていく「代議制度は未熟な政治制度です」
    しかし議員達がこのシステムで浮上してきて、特別に恵まれた待遇を得る以上 彼らが代議制を批判することはありません。

    そしてシステムは実質的に官吏の術中に操られ、途方もない二極化に・・・・・

    今日の日経の第一面には「26年以降の不都合な数字を国民に示そうとしない」と

    結局は国債や円の暴落、急激な物価上昇は避けられないようです。
    英国が 100年をかけて財政を健全化したモデルは 今の日本には望むべきもないでしょう

閲覧 2506
98 【33754】別テーマ    金王朝
ミネ    2017-4-7 11:25:39  [返信]

    このスレッド、今回の投稿は「並存政治」と全く趣旨を異にしていますが・・・・・

    トランプと金の鍔迫り合い、日本はとばっちりを避けられません

    そこで、以下の案

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    日本の皇室制度総予算は年間凡そ200億円、北朝鮮にも歴史と尊厳を維持する「金王朝」制度を作る(彼の国に作ってもらうのですが)、
    その年間予算を500億円とする。

    この王朝は 日本の皇室を習って武力と権力は持てない「象徴」、

    未来永劫継続が保証された金王朝。

    これまでの「凡そ年間5000億円もの軍事費は民生に転用」でき、国力は好転するに違いない。
    これまで北へ対抗の西側軍事費も激減する。この案の最大の難問は軍需産業の抵抗・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

閲覧 1033
99 【33783】Re: 別テーマ    金王朝  2
ミネ    2017-4-10 16:30:22  [返信]

    正恩に選択肢を

     「核兵器開発の道を進むのか それとも  権力は無くなるが年500憶円を自由に使える宮廷人としての人生を歩むのか」

    と聞いてきたとすれば ・・・・・・・・

    後者なら とんでもなく立派な宮殿 そして大奥 は直ちに実現でき ジェット や 高級車 でも思いのまま でしょう
    (それらの消費は 当然に 回りまわって 民間の利益になります)

    一方 年5000憶円もの軍事費は 消え、全額 農工の振興に使うーーー瘦せこけた兵士達も息を吹き返し、新天地に走るでしょう

    一方的に 北朝鮮を押し縮め、窮鼠にするなら、70年前の日本のように「どのみちダメなら、勝負を賭けよう」と考えざを得なくなるでしょう

    それでは西側にも少なからず損害が・・‥

閲覧 864
100 【33789】Re: 別テーマ    金王朝  2
ミネ    2017-4-12 2:47:19  [返信] [編集]

    空母がますます緊張を高め、まさに一触即発

    選択肢の提案がなければ短気ものの両者のこと 成り行き上どちらもこのまま突き進むほかなくなる

閲覧 762

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.