老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=2163&sty=2&num=t19


[総合掲示板に戻る]


 【32093】超常現象ファイル(その16)... かっくるなかしま 2016-9-26 19:22:14
 【32175】超常現象ファイル(その17)... かっくるなかしま 2016-10-1 9:26:18

19 【32093】超常現象ファイル(その16)〜豊洲新市場、地下水、安全性に問題ないと専門家会議座長が見解( ̄▽ ̄)b
かっくるなかしま    2016-9-26 19:22:14  [返信] [編集]

    粛々と参りましょう、

    豊洲新市場、地下水、安全性に問題ないと専門家会議座長が見解( ̄▽ ̄)b

    先週末の水質検査の結果について、専門家会議の座長からプレス向けに説明が行われ、それが表題副題である。

    地下ピットの溜まり水の安全性についての評価は、概ね定まったと見てよいだろう。
    ー   疑義が生じれば、第三者が再検査/追試をすればよいこと。都議会で抜き打ち検査を委託で行こなってもよい。

    また、溜まり水については、設置されている管理システムがフルに稼働していないという座長見解である。
    ー   10月中旬にフル稼働の予定。延期された移転は11月に予定されていた。

    だんだんと、あの騒ぎは何だったのか?と、脱力感を伴う様相を呈してきていることが見て取れよう。

    いずれにせよ、東京都は一定の結論を今月末までには出してくる。

    ・・・

    http://mainichi.jp/articles/20160926/k00/00e/040/179000c
    (毎日新聞、「豊洲・地下水、安全性問題ない、専門家会議座長が見解」、2016/09/26/11:50)
    >> 東京都の豊洲市場(江東区)で主要建物下に盛り土がされなかった問題で、外部有識者の「専門家会議」の座長を務める平田健正・放送大和歌山学習センター所長が、建物下に地下水がたまっていたことについて「地下水管理システムが本格稼働していないため」との見解を示した。
    >> 管理システムが稼働すれば水は減ると説明しているが、土壌汚染対策だけでなく地震で発生する危険性がある液状化現象への対策も必要と指摘する。

    新たに《液状化対策》の必要性が指摘されているが、

    対策としては、まずはポンプで水を抜くことである。追加的な対策は、水を抜いてからの地下水の湧出の程度に依る。

    豊洲新市場の地盤がどうかであるが、

    a) 一般論として、湾岸地域は地震に際して液状化に見舞われ易いことは、当たり前である。

    b) 当該地区を液状化マップで眺めると、液状化は懸念されるが、微妙にリスクの低い街区に新市場が選択されているということが分かる。局所的にリスクが高いのはゆりかもめの豊洲新市場駅の北東側である。青果市場棟の反対側であり、キャンプ場や公園になっている。

    c) 2011年3月の東北大震災の時の当該地域の液状化の様子がどうだったか?と言えば、被害は出ていない。専ら被害が出たのは舞浜のディズニーランド駐車場で知られるように、JR京葉線の沿線である。微妙に外れている。

    d) 首都直下で震度7を想定すると、どうなるかは分からないが、その時は豊洲新市場ばかりを心配しても始まらない。都区部は壊滅的だろうから。

    東京都の液状化マップである。
    http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2013/03/20n3ra00.htm
    (東京都、「新たな「東京の液状化予測図」が完成しましたので公開します!」、2013/03/27)
    ー  見出しに感嘆符をつけてどうするんだろ(´・ω・`)

    http://www.imart.co.jp/hazard-hazardmap-p-1.html#tky-ekijyouka-map
    (ハザードナビ、首都圏・東京都の地震災害情報)

    ------------

閲覧 12777
20 【32175】超常現象ファイル(その17)〜豊洲新市場 、盛り土調査結果「いつ誰が決定は特定できず」と小池都知事
かっくるなかしま    2016-10-1 9:26:18  [返信] [編集]

    本件については、じきに落ち着くべきところに落ち着くと見ておきましょう、合理的な落着( ̄▽ ̄)b 

    表題副題はNHKから(↓)。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160930/k10010712821000.html
    (NHK、「豊洲調査結果、いつ誰が決定は特定できず、知事、新たな対応検討」、2019/09/30/14:30)

    結果の箇所。記事は長文だが、分からないという結果なので、引用とコメントは省略。
    >> 東京都の小池知事は、豊洲市場の土壌汚染対策をめぐる問題で都が進めていた内部調査の結果を公表し、最大の焦点だった盛り土を行わない方針をいつ、誰が決定したかについて「ピンポイントで指し示すのは難しい」と述べ、特定できなかったと結論付けました。そのうえで今後、公益通報制度を設けるなど原因究明や再発防止に向けた新たな対応を検討する考えを示しました。

    「空気の研究」(山本七平)に小池都知事が擬えていたけれど、

    剥いて剥いても皮ばかりということでは「中空構造日本の深層」(河合隼雄)でもある。

    つまり、シン・ゴジラ( ̄▽ ̄)b

    ・・・

    都の内部調査なので、一定の限界はあるでしょう。

    単純に、だったらカウンターパートナーの設計会社にも聞けばいい、と前から思っている。

    東京都の市場問題プロジェクトチーム(PT)が初会合を開いたが、次回会合では、設計会社の担当者を呼ぶので、経緯は分かってくるでしょう。

    同時に、行政(都)の調査組織的に限界があるのであれば、それを補完・牽制するのが、

    本来の議会の仕事でもある( ̄▽ ̄)b

    ------------

    以下、後日の評価ための幾つかの興味深い参考報道をURLにて記録しておきましょう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00512862-shincho-soci
    (Yahoo!/週刊新潮、「地下空間がなければ地震で被害、東北大名誉教授が指摘 謎多き豊洲の疑問」、2016/09/30)
    ー   改めて、地下ピットは一般常識だという指摘。

    http://www.j-cast.com/2016/09/29279374.html?p=all
    (J-cast、「豊洲地下空間、作ったのは英知、都の有識者会合で委員が絶賛」、2016/09/29)
    ー   絶賛するほどではないが、当たり前だという指摘。

    ・・・

    事実報道→意見報道に飛ぶ事例(↓)。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201609/CK2016093002000132.html
    (東京新聞、「豊洲地下水から基準超すベンゼン、ヒ素を検出、都が発表」、2016/09/30)
    ー  地下水の水質に対して生じた新たな懸念。再びリテラシーが試される。

    事実報道→調査報道に繋げてゆく事例(↓)。
    http://otokitashun.com/blog/daily/12867/
    (おときた駿、「豊洲新市場の地下水から環境基準値を上回るベンゼン・ヒ素が検出されたので、事実関係を整理します」、2016/09/29)
    ー  冷静な見方。指摘しているのは、a) 環境基準は飲用基準である、b) モニタリングポイントは201箇所あり、基準値超過が観測されたのはその内の3箇所である、c) 観測されたのは、青果市場街区であるが、施設/地下ピットの外である、等の、事実の確認と詳細。

    ------------

閲覧 12677

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.