老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=2163&sty=2&num=t72


[総合掲示板に戻る]


 【33623】超常現象ファイル(その56)... かっくるなかしま 2017-3-24 16:00:11

72 【33623】超常現象ファイル(その56)〜正体はダークマター? 果たして“幽霊”は存在するのか(≧∇≦)b
かっくるなかしま    2017-3-24 16:00:11  [返信] [編集]

    まったり🍵と参りましょう、

    表題副題はGizmodeの最近のネタから(↓)。

    URL省略。← 禁止ワード
    (Gizmode、「正体はダークマター? はたして“幽霊”は存在するのか、素粒子物理学の視点から考える」、2017/03/16/20:03)

    ポイントになる箇所を引用しながらその論旨を再現すると、

    要は、「標準理論」の観点で、それ(幽霊)は存在しないという正論がまずあって(↓)、

    >> もし幽霊が存在するならば、現在の素粒子研究の基本的枠組みとして考えられている標準理論上の素粒子と相互作用できるはずだが、そんなものはない

    尤もな指摘であり自分もそれを支持するが、
    (注記、自分はたまにそれを観るが、それだと信じていない(笑 )

    面白いのは、幽霊を信じていないほうの人達が、その指摘を納得しないというところにあり、

    こういう見解(↓)。

    >> 「僕は幽霊が存在するというつもりはありません、むしろ信じていません。でも未だにLHCによって発見されていない超対称性粒子やアクシオンといったダークマター(暗黒物質)の候補となる理論上の粒子が存在しています」と述べ、人間が発見できていない素粒子で幽霊が構成されているかもしれない

    つまり、観ることができないからといって、ないとは言えないという反論であるが、

    今更ながら話題になっているのは、

    「超対称性理論」の超対称パートナー粒子探しが実験的な佳境に入り、また期待がかかっているため。

    CERNのサイトでの「アクシオン」の説明がこうだからなおさら(↓)。

    >> アクシオンは中性で非常に微小な質量で(質量ゼロではない)、従来の物質とは相互作用しません。「奇妙な光子」とも呼ばれ、理論上の予測では、アクシオンが実際に存在するならば、電磁場で光子に変化したり戻ったりすると考えられています。

    つまり、稀であるにせよ電磁場と相互作用するとなれば、(稀にではあるが) 普段よく観えないものが観えてしまう、となるから。

    >> 現れたり消えたりする現象は幽霊そのもの...。幽霊は電磁場の強いところで現れるというのもよく聞く話です。

    それってよく聞く話なのか?(´・ω・`)

    >> 結局今の段階では幽霊が存在するとも、しないとも素粒子物理学の視点からは結論づけることはできないということですね。

    そうじゃなくて、標準理論はアクシオン(等)を必要としないが、超対称性理論はそれを必要とする話じゃないか?(´・ω・`)

    続く( ̄▽ ̄)b

    ------------

閲覧 4612

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.