老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=2183&sty=2&num=t43


[総合掲示板に戻る]


 【33120】どうなる米中関係(その16)〜... かっくるなかしま 2016-12-30 20:35:19

43 【33120】どうなる米中関係(その16)〜台湾総統、米国経由/通過滞在で中米訪問へ、中国は反発 @ロイター
かっくるなかしま    2016-12-30 20:35:19  [返信] [編集]

    粛々と参りましょう、

    米中関係の変化は極東情勢に変化を及ぼし得るし、

    また、米台関係が併せて変化すれば、第一列島線に沿っての地政学的均衡も微妙に変化し、

    ひいては、我が国の《集団自衛権》の行使に際しての、その適用範囲を巡る論議が改めてクローズアップされることになる、

    つまり、

    米中、米台関係に注目し言及するのは当然のことであるし、

    米国新政権の発足後の向こう4か年の主たる話題は既に、

    「どうなる米中関係」なのである( ̄▽ ̄)b

    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN14I0BR
    (ロイター、「台湾総統、米国経由で中米訪問へ、中国は反発」、2016/12/29/07:01PMJST)

    順不同で。

    >> 台湾総統府は今月、蔡総統がホンジュラス、ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドルを訪問すると発表。1月7日に台湾を出発し15日に戻る予定。

    《コメント》
    ・ これらの中米四か国の《共通項》は何か? と言えば、台湾との間で国交が結ばれている国々であるということである。

    ・ 中国と台湾の間で、外交戦が展開されている。中国は新たな国交樹立へ、それはイコール台湾にとっての国交断絶を意味するから、食い止めるべく行動するのである。

    >> 中国政府は、蔡総統の意図は明白として立ち寄りを認めないよう米国に求めた。外務省の華春瑩報道官は会見で「米国が『一つの中国』方針に従い台湾独立派に誤ったシグナルを送らないよう望む」と述べた。

    《コメント》
    ・ 望ましくないシグナルとは、台湾独立派へのシグナルというよりも、訪問先四か国へのシグナルであろう。

    ・ 台湾がまず米国に立ち寄り、四か国訪問の後再び米国に立ち寄るというスケジュールであれば、四か国訪問の重みが増すのである。国交断絶への牽制能力の確保である。

    ・ 米国が台湾総統の通過滞在を認めるということは、間接的な後ろ楯の効果となる。

    ・・・

    台湾総統による通過滞在の二日間に、往路のヒューストン、復路のサンフランシスコで、


    蔡英文総統が米国新政権スタッフの誰かに会うのか/誰に会うのかが注目点となる。

    続く。

    --------

閲覧 7312

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.