老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=2197&sty=2&num=t7


[総合掲示板に戻る]


 【33589】梟通信〜犬は人に戦略的なウ... かっくるなかしま 2017-3-19 18:06:24
 【33624】梟通信〜大分高崎山の雌ザル... かっくるなかしま 2017-3-24 17:20:50
 【33629】モモンガ通信〜雌ザル、男性... イワオ 2017-3-25 1:59:00
 【33632】梟通信〜続・ニホンザルが温... かっくるなかしま 2017-3-25 9:25:48
 【33822】梟通信〜大口こそ命!海のプ... かっくるなかしま 2017-4-16 19:55:56
 【33864】梟通信〜すわブラックサンダ... かっくるなかしま 2017-4-24 7:19:12
 【34526】梟通信〜阪神高速、道路上に... かっくるなかしま 2017-6-9 16:01:03
 【34648】梟通信〜高潔なクジャクは交... かっくるなかしま 2017-6-19 16:45:10

7 【33589】梟通信〜犬は人に戦略的なウソをつく、実験で証明? ( ̄▽ ̄)b @ナショジオ
かっくるなかしま    2017-3-19 18:06:24  [返信] [編集]

    まったり🍵と楽しく参りましょう、

    表題副題はナショナルジオグラフィックから(後述)。

    税金を使って仮称《虚言癖大会》が開催される成り行きなので、

    ふと虚言癖は病気か?と問おうとしたのだが、

    でも、よくよく考えれば/よくよく考えなくとも、

    《嘘》をつくのは、種としての人類(ヒト)ならではのことでもあり、

    なんだ、人類(ヒト)が病気なんじゃないか(≧∇≦)b

    と一瞬、落着しかけたのだが、

    嘘をつくのは、

    どうも人類(ヒト)だけではない、という話( ̄▽ ̄)b

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/031500098/?ST=m_news
    (ナショナルジオグラフィック、「犬は人に「戦略的なウソ」をつく、実験で証明〜自分のごほうびが最大になるように人をだますこともできる」、2017/03/16)

    《コメント》
    ・ (≧∇≦)b

    ・ どうも犬は戦略的にウソをつけるようだ( ̄▽ ̄)b

    ・ 犬は人類(ヒト)に対して嘘をつくことが有効だと学習できるらしい。 或いは、犬は人類が嘘つきであるということを見抜いているのだろうか?(´・ω・`)?

    ・ 犬は利益の極大化を図るという意味で戦略的にウソをつけるようだが、どう見ても利益になりそうにない嘘をついたり、恥を上塗るために嘘を重ねたり、嘘をつくことそれ自体が目的化したり、嘘をついているのに嘘をついていることが分かっていなかったり、そういう一部の人類(ヒト)というのは、知的水準的に観たとき、犬にも劣るということなのかな?( ̄▽ ̄)b

    人類編に続く。

    ------------

    粛々と参りましょう、

    表題副題はWIREDから(後述)。

    はっきり言ってどういうことなのかよく分かりませんが、

    なんとなくだけど面白いっす(≧∇≦)b

    お題(ダークマターは存在しない?)は前スレッドの宇宙トピのこちら(↓)の続き。

    http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=2158&sty=2&num=76
    (【33084】梟通信〜ダークマター存在せず? エントロピック重力理論と観測データが一致?
    かっくるなかしま 2016-12-25)

    ここ(↑)でのエントロピック重力理論は応用編で、その基礎編となる話が今回のWIREDのこちら(↓)。

    http://wired.jp/2017/04/02/case-dark-matter/
    (WIRED、「暗黒物質は存在しない? 大胆な仮説を提唱した物理学者の長き闘い」、2017/04/02)

    話が突拍子もなくて刺激的。

    正しいのかどうかは分からないが、

    科学のエッジで世界(自然的世界観)を変えるようなコペルニクス的転回を志向すると、

    これくらいぶっ飛ぶことになる。(これくらいぶっ飛んでいないと面白くない)

    ゴジラvs日本政府、

    ユーリオンアイスvs羽生結弦、

    虚構vs現実ってやつかな( ̄▽ ̄)b ←現実の虚構化、虚構の現実化

    ・・・

    本文から幾つか引用してコメントをつけておきましょう。

    >>彼(ヴァーリンデ)はこの論文のなかで、重力は量子相互作用の副産物であるとし、暗黒物質に起因するとされてきた特別な重力は、宇宙の膨張を加速していると考えられている「暗黒エネルギー(ダークエネルギー)」の作用であるとした。ヴァーリンデいわく、暗黒物質とは目に見えない粒子の集まりではなく、普通の物質と暗黒エネルギーの相互作用の結果なのだという。

    《コメント》
    ・ 常識的には四つの基本的な力の一つが重力だ、とみなされているが、そうではないとヴァーリンデは言っている。基本的ではなくて、見かけの力だということに。

    ・ 面白いと感じるのは、a)相互作用の副産物というアイデアは、ホーガンの初期のSF作品「創世記機械」の大きなネタである、b)そもそも一般相対論の基本的なアイデアが重力と見かけの重力(一般座標変換による)を区別できない、c)重力だけが時空構造(計量)と結び付いている、d)ダークエネルギーは重力場の方程式の宇宙項と対比されるが、通常の物質(超対称性粒子ではない)がその宇宙項と作用するという組み立て、等。

    ------------

閲覧 2988
8 【33624】梟通信〜大分高崎山の雌ザル、男性職員に猛アタック(≧∇≦)b
かっくるなかしま    2017-3-24 17:20:50  [返信]

    まったり🍵と参りましょう、

    表題副題は西日本新聞の大分高崎自然動物園のネタから(↓)。

    https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/oita/article/313586
    (西日本新聞、「ストーカーされている気分、高崎山の雌ザル、男性職員に猛アタック、大分市」、2017/03/10/10:55)

    >> 雌ザルは5歳で人間なら高校生くらい。名前はまだない。年明けから、生態観察や観光ガイドを担当する藤田忠盛さん(46)を見ると、口をとがらせて突き出す求愛行動をするようになった。2月にはエスカレート。餌場で激しく抱き付いて腕をかみ、事務所で休憩中に外で待ち伏せし、出てきた瞬間に飛び付く…。

    (≧∇≦)b

    行動がストレートだけれど、

    人間より質(たち)がいいように思う( ̄▽ ̄)b

    人間の場合は、相手が好きと自分が好きとが本末転倒して捻れることがあるからな〜。

    >> 発情は気温が上がると落ち着くため、3月に入っておとなしくなってきたが、藤田さんは「ストーカーされている気分。後ろでサルの足音がすると怖い」と逃げ回っている。

    (≧∇≦)b

    なるほど、ニホンザルは真猿だがその繁殖期/発情期ははっきりしているのか。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ニホンザル

    人間の場合は、常に発情期だからな〜(笑

    >> 藤田さんによると、サルの社会では、雄は出産経験が豊富な雌を好み、若い雌には無関心。一方、雌は体格が良く強い雄を好む。

    合理的だ(≧∇≦)b

    (ん? 何かであった、チンパンジーとの共通祖先から分岐して進化する過程で、人間はその行動パターンが非合理的な方向に進化した、という話が。)

    続く。

    ------------

    追記。

    参考として大分高崎山自然動物園のサイトをアップしておこうと思ったが見辛い(´・ω・`)

    Wikiにて代用。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/高崎山自然動物園

    ------------

閲覧 2907
9 【33629】モモンガ通信〜雌ザル、男性職員に猛アタック・それがどうした!
イワオ    2017-3-25 1:59:00  [返信] [編集]
閲覧 2863
10 【33632】梟通信〜続・ニホンザルが温泉に入る地獄谷野猿公苑は混浴じゃなくて女湯(≧∇≦)b
かっくるなかしま    2017-3-25 9:25:48  [返信] [編集]

    表題副題は一年前の今頃のネタから。

    続報を交えてまったり🍵と参りましょう( ̄▽ ̄)b

    サルが温泉に入る地獄谷野猿公苑は混浴じゃなくて女湯(≧∇≦)b

    元ネタはニュートンのこちらからだった(↓)。

    http://www.newtonpress.co.jp/dcms_media/image/newton1603_092-093.jpg
    (ニュートン、「地獄谷のニホンザル〜世界で唯一温泉に入るサルたちを追う」、2016/03号)

    ポイントその1。
    温泉に入るのは雌ザルと仔ザルだけで、大人の雄ザルは入浴しないんだってさ(≧∇≦)b

    ポイントその2。
    群れの160頭のうち、温泉に入るのは雌を中心に50-60頭。温泉好きにも差があって、特に温泉好きは40頭だってさ。

    ポイントその3。
    寒いから入浴するというわけでもなくて、基本は日光浴で、陽が出ていないと温泉浴なんだってさ。つまり、進化的に身につけた行動が日光浴で、後天的・文化的に身につけたのが温泉浴( ̄▽ ̄)b

    纏めると、

    ◆ 地獄谷野猿公苑は、混浴じゃなくて女湯

    ◆ 温泉♨に入る行動は、生得的なものではなくて文化的なもの、しかもローカルな習慣のようなもの

    ・・・

    地獄谷野猿公苑でのニホンザルの入浴は、そこのニホンザルに固有の習慣のようなものであって、ニホンザルだから温泉♨に入るというものではない。

    じゃあ、普通にニホンザルはどうしているかというと、まずは「日光浴」だけれど、晴れている日ばかりとは限らないから、こうしている(↓)。

    http://www.sakigake.jp/news/article/20170316AK0019/
    (秋田魁新報、「大森山動物園〜春待ちわびて、ニホンザル寒さに身を寄せ合う」、2017/03/16)

    春待ちわびて、ニホンザル寒さに身を寄せ合って、

    サル団子(≧∇≦)b

    団子-○○○―

    温泉とは違っていて興味深いところがある(↓)。

    >> 団子の端にいるサルは背中が冷えるため、少しでも温まろうと中心の方へ次から次へと飛び込む。いつの間にか真ん中にいたはずのサルは外側へ…。位置は常に入れ替わるが、序列が高いサルほど中心にいることが多く、低いサルは端っこに追いやられてしまう。

    ポイントその5。
    つまり、寒さをしのぐにせよ、サル団子の場合は、雄/サル社会の《序列》が持ち込まれている( ̄▽ ̄)b

    >> 寒さが緩むにつれ、サル団子は見られなくなる。子ザルたちが親の体から離れ、追いかけっこを始めるようになると本格的な春の到来だ。

    ポイントその6。
    春の訪れとともに雌ザルの場合、発情期を過ぎる。同じく春の訪れとともに、サル団子も解消されてゆくがその場合、春の訪れをいち早く感じ取るのは仔ザル( ̄▽ ̄)b

    以上、春の訪れの話。

    いよいよ花見の季節到来・・酒🍶(≧∇≦)b

    続く。

    ------------

    まったり🍵と参りましょう、

    イヤミス実写化の暗黒女子、ラスト24分に必ず騙される!?ヽ( ̄▽ ̄)ノ

    http://ciatr.jp/topics/224283?pages=3
    (Ciatr、「映画『暗黒女子』あらすじ・キャスト、清水富美加×飯豊まりえでイヤミスを実写化」、2017/04/01)

    ラスト20分に必ず騙される・・う〜ん(´・ω・`)

    やられた、騙された(≧∇≦)b

    ・・・

    清水富美加の出家騒動が先行していたけれど、

    作品は、原作がしっかりしているし、女優陣がかなり熱演しているので、満足度が高かった( ̄▽ ̄)b

    改めてイヤミスとは(↓)。
    https://kaumo.jp/topic/39272
    (Kaumo、「虜になるおすすめイヤミス10選!クセになる魅惑のイヤミス作品集!」)

    >> 最近、小説界隈でイヤミスという言葉をよく耳にします。イヤミスっていったい何でしょうか。イヤミスとは、読んでイヤーな気持ちになるミステリーを指します。「人の不幸は蜜の味」と昔から言いますが、少しばかり悪趣味ですね。でも、あくまでフィクションです。

    つまり、作品中の犯罪の動機が、やけにどろどろしていて、後味が凄く悪い、というカテゴリー。


    暗黒女子は、

    女でないからかその感覚が今一つ理解できなかったのだが、(つまり微妙な感覚を共有できないせいか、凄い後味の悪さを免れたのだが)

    《ホラー系》のミステリーってところかな( ̄▽ ̄)b

    百物語(↓)。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/百物語
    >> 百物語は、日本の伝統的な怪談会のスタイルのひとつである。怪談を100話語り終えると、本物の怪が現れるとされる。

    ラスト24分で必ず騙されるのは、

    そこで本物の怪が現れる、というパターンだからでしょう。

    もしも犯人が登場人物としてが最後に登場してきたら、そりゃ驚くでしょう、ミステリーの定石というか、ルールに反するので。

    -----------

閲覧 2836
19 【33822】梟通信〜大口こそ命!海のプレデター ( ̄▽ ̄)b @ダーウィンが来た
かっくるなかしま    2017-4-16 19:55:56  [返信] [編集]

    リアルタイムでNHKのダーウィンが来た、

    エイリアン・フィッシュがヤバい(;゜∇゜)

    エイリアンじゃなく、プレデターなんけど( ̄▽ ̄)b

    ツボにはまる(≧∇≦)b

    襲っているのがヒトじゃなく、エビでホッ(´∀`*)

    http://www.nhk.or.jp/darwin-blog/2017/04/13/
    (NHK、ダーウィンが来た、「4月16日(日)は大口こそ命!海のエイリアン」、2017/04/13)

    エイリアンじゃなくて、プレデターなんだけど、BGMもプレデターなんだけど(´・ω・`)

    http://karapaia.com/archives/51750182.html
    (カラパイア、「まさしく水中のエイリアン!エイリアンフィッシュの脅威の変形威嚇映像」)

    だ・か・ら、プレデターだって(≧∇≦)b

    ------------

閲覧 2276
23 【33864】梟通信〜すわブラックサンダーか? 魔法の食べもので生きるサル ( ̄▽ ̄)b @ダーウィンが来た
かっくるなかしま    2017-4-24 7:19:12  [返信] [編集]

    まったり🍵と楽しく参りましょう、

    表題副題はダーウィンが来た@NHK

    ダーウィンが来たも放映500回を超えてきて感慨深い。

    暴れん坊将軍(832回)、銭形平次(888回)に迫って欲しい。

    暴れん坊将軍は好きだったが、500回を超えた時には、複雑な気持ちでもあった。

    将軍吉宗@松平健が、毎回切り捨てる役人が20人/回くらいだっだので、500回で1万人くらい切り捨てる勘定になり、江戸市中の役人が足りなくなるどころでは済まないからである。

    かっくる 「化学兵器を使わない大量殺戮か吉宗(@_@)」

    さくら 「峰打ちでしょ」

    かっくる 「・・(´・ω・`)」

    焼き鳥 「アホー♪」

    http://cgi2.nhk.or.jp/darwin/articles/detail.cgi?p=p502
    (NHK/ダーウィンが来た、第502回「魔法の食べもので生きるサル」、2017/04/23)

    >> 詳しい観察の結果、サルたちが畑に座り込んで食べていたモノが明らかになった。黒くて硬い、私たちもよく知っているあるモノ。

    安倍首相の好物のブラックサンダーか?(≧∇≦)b

    >> だがとても「食べもの」と呼べる代物ではない。調べていくと、このサルが人里で生きていくために欠かせない、大切な食べものであることが分かってきた。サルにとっては命を支える“魔法の食べもの”、その驚きの真実を明らかにする。

    安倍首相の好物のブラックサンダーかと思った(´・ω・`)

    ・・・

    >> ある日のこと、若いサルがカメラマンに尻尾を上げてお尻を見せてきた。これはメスがオスを誘うポーズだという。サルにモテモテのカメラマン。喜んでいいのやら、悲しんでいいのやら…複雑な心境だったという。

    (≧∇≦)b

    かっくる 「進め!電波少年、突撃して欲しいO(≧∇≦)O」

    さくら 「民放ならやりかねない@深夜枠」

    焼き鳥 「やれ〜、アホー♪」

    ------------

    以下、関連情報の追記。

    http://living-creature.com/zanzibar-red-colobus/
    (生き物情報ナビ、「ザンジバルアカコロブスを解説!生態や食べ物は?生息数が減ってる?」、2017/04/19)
    >> ザンジバルアカコロブスは炭を食べることもあります。この炭はモモタマナやマンゴーなどの木の若葉に含まれる毒素(おそらくフェノール化合物)を消化するために食べていると考えられています。
    >> この習慣は母から子へと伝えられる学習行動のようなものと考えられています。

    《コメント》
    ・ 生活食習慣の変化と教育学習。

    ------------

閲覧 1993
36 【34526】梟通信〜阪神高速、道路上に積み荷の豚19頭が逃げる・・で、寝る(≧∇≦)b
かっくるなかしま    2017-6-9 16:01:03  [返信] [編集]

    まったり🍵と参りましょう、

    表題副題はTBSから(↓)。

    http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3073679.htm
    (TBS、「阪神高速、道路上に積み荷の豚19頭逃げる」、2017/06/08/18:07)

    (≧∇≦)b

    いずれ、ヒトと動物(豚を含む)は、AIを介してもっと深いコミュニケーションが取れるようになると思う。

    ただ、ヘッドラインにあるような、

    (捕まりたくなくて)逃げたのではないと思うし、

    逃げ疲れて寝たのでもないように思う(´・ω・`)

    豚の習性(↓)。

    http://www.hopeforanimals.org/animals/buta/00/id=405
    (hope for animals、「本当の豚の習性を知ってる?本来の豚の生態を知ろう」)

    >> 狭い閉じ込め飼育から解放されると、すぐに長距離移動したり探索する行動に戻ります。

    それだ(≧∇≦)b

    >> 豚はチンパンジーと同等に賢いと言われることすらあるほど、頭のいい動物です。チンパンジーと同等であれば、人と同じようなものということですね。

    つまり、探索で歩き回ったものの、成果が得られないことを悟って、無駄に体を動かすことを止めたのだと思う。豚と話ができるようになったら聞いてみたい(*´∇`*)

    ------------

閲覧 893
44 【34648】梟通信〜高潔なクジャクは交尾しない? インド判事の発言にネット騒然(≧∇≦)b @AFP
かっくるなかしま    2017-6-19 16:45:10  [返信] [編集]

    まったり🍵と参りましょう、

    表題副題はAFP通信のこちらから(↓)。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3130508?act=all
    (AFP、「高潔なクジャクは交尾しない、インド判事の発言にネット騒然」、2017/06/01/23:38)

    (≧∇≦)b

    なかなか面白いので、順次、引用してコメントを付けておきましょう。

    (決して判事がヘン、だけで終わらない)

    まずは概要(↓)。
    >> 「クジャクは交尾をしない。雌が雄の涙を飲み、妊娠する」──インドの裁判官が放った独自の理論に、同国のソーシャルメディア上ではユーザーたちが色めき立った。

    《コメント》

    ・ (≧∇≦)b

    次いで経緯(↓)。

    >> 同国西部ラジャスタン州の高等裁判所で先月31日に行われた審理において、同裁判所の判事がヒンズー教で神聖な動物とされている牛について「クジャクと同様に高潔である」として、インド政府に牛を国獣に指定するするよう訴えた。

    >> 退任前日だったこの判事はその理由として、「クジャクは一生を通じて禁欲的である。雄は雌と決して交尾することはない。雌は雄の涙を飲み込んで、妊娠するのだ」と発言した。

    《コメント》

    ・ (≧∇≦)b

    そしてネットの反応(↓)。

    >> ツイッターのあるユーザーは、「深淵なる皮肉だ。チャールズ・ダーウィンがあの画期的な性淘汰の理論を提唱するきっかけとなったのがクジャクなのだから(涙ではなく尾羽だったが)」と書き込んだ。

    《コメント》
    ・ 素晴らしい(≧∇≦)b

    ・ ダーウィンの「性淘汰」は、メスがオスを選ぶ(選り好みする)という話で、有名な「種の起源」(1859)より10年くらい後での話。

    ・ ただでさえダーウィンの学説は宗教的に物議を醸していたのだから、「性淘汰」(メスの主導権)は、ヴィクトリア王朝時代の社会的にもっと不評。

    ・ 「性淘汰」の実証研究が進んだのは、たかだか30年前くらいから。

    ・ クジャクのメスのパターン認識能力が凄い。

    >> また一部のユーザーは、判事の理論に反証するため、野生のクジャクが交尾する様子を捉えた映像を投稿していた。

    ・ 素晴らしい(≧∇≦)b

    ・ 探究のアプローチとして、宗教、歴史、文化、産業といった切り口がある。そして元を質せば、聖獣として、クジャクが従で、牛が主であるはずであり、であるにも関わらず、牛の交尾シーンをアップしてこない、つまり、寸止めしてきている(らしい)ところに、まったり🍵。

    続く。

    --------------

閲覧 404

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.