老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1408&sty=2&num=t1


[お知らせ掲示板に戻る]


【15405】老人党メルマガ(390) 北極星 2011-8-14 6:45:47
 【15452】Re: 老人党メルマガ(391) 北極星 2011-8-21 7:00:16
 【15513】老人党メルマガ(392) 北極星 2011-8-28 6:33:25
 【15557】老人党メルマガ(393) 北極星 2011-9-4 6:35:51
 【15620】老人党メルマガ(394) 北極星 2011-9-11 9:07:17
 【15675】Re: 老人党メルマガ(395) 北極星 2011-9-18 6:27:05
 【15701】老人党メルマガ(396) 北極星 2011-9-24 5:52:57
 【15739】老人党メルマガ(397) 北極星 2011-10-2 8:27:20
 【15766】老人党メルマガ(398) 北極星 2011-10-9 7:06:47
 【15827】Re: 老人党メルマガ(399) 北極星 2011-10-16 7:21:24

1 【15405】老人党メルマガ(390)
北極星   運営スタッフ 2011-8-14 6:45:47  [返信]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(390) ::: 2011/8/14
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15362】東京新聞・中日新聞を応援しよう        珠
    【15364】Re:東京新聞・中日新聞を応援しよう、愛知から kounosuke
    【15397】Re:再生エネ「促進」法案...3党修正合意    かっくるなかしま
    【15399】Re:「過ちは繰り返しません」福島の被曝は過ちか?  うたかた
    【15404】Re:「過ちは繰り返しません」福島の被曝は過ちか?  Gokai
    =========================================================================
    【15362】東京新聞・中日新聞を応援しよう    珠 2011-8-8 11:52 (編集)
      ▼団塊党さん:

    >ニューズウィークも指摘しているように、肝心なのは、問題の本質であり方向性である。
    >エネルギー政策を今後どうしていくのか、国民の安全安心をどう高めていくのか、
    >電力の確保と経済活動をどうバランス取っていくのか、こういう直面した課題をぎりぎりまで追求する姿勢が求められている

    東京新聞・中日新聞は、この8月6日(土)、社説・論説あげて、しっかりと脱原発を宣言しました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/erath_water/63051099.html
    そして、脱原発後のエネルギー対策への提案を出しています。「原発に頼らない国へ」という堂々二面見開きの論説特集です。

    「崩れた三つの神話 なぜ脱原発か」、「自由な電力市場を 自然エネルギー庁をつくれ」、
    「情報公開 不透明なら稼働はできぬ」など。良い特集記事なのにネットでは見られないようで残念です。
    東京新聞。中日新聞は、以前から他マスコミの新聞と較べると、明らかに「脱原発」の立場を明快にして、
    「こちら特報部」など、そうとうに突っ込んだ記事を掲載し続けていました。
    http://www.geocities.jp/ishidanz/11_05_30.htm

    これらの記事に対して、こうした価を書いているブログも見られます。(%を大きくすると読みやすいです)
    http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1009.html
    また、他紙がほとんど無視した原発デモなども、一面コラムで取り上げました。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011061202000052.html

    これは6日のコラム。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011080602000036.html

    他の新聞に満足できない方、ぜひこの2紙に乗り換えて下さい。
    まずは、購買数を増やして、東京新聞・中日新聞を支えたい。
    マトモな新聞を応援することは、とても大事なことだと思うのです。
    東京新聞は、他の大手新聞よりも、月額(朝・夕)3250円と、値段も安いんですよ〜。

    それから、ここに広告を出している企業を応援することもしようと思います。
    たとえばろうそくを買うなら、なんと全面広告を出した「亀山ローソク」とか、
    湿布薬や痛み止めを買うなら「バンテリン」とかね。

    なんと、小出裕章著『原発のウソ』(扶桑社777円)や、『週刊金曜日』も大きな広告を出しています。
    東京新聞・中日新聞、頑張れ! 
    原発を止めたいと思っている皆様方に、これらの新聞を応援していただきたい。内容もしっかりお勧めです!
    -----------------
    【15364】Re:東京新聞・中日新聞を応援しよう、愛知から   kounosuke 2011-8-8 13:17

    珠 さんが 言われる通り中日新聞は「脱原発」です。
    私共は一般紙では読売、中日を取っていますが、読売は「原発推進派」中日は「脱原発」とはっきり読み取れます。
    よくテレビに出られる三宅久幸さんは読売の渡辺さんと昵懇なので「原発推進派」です。
    夕刊ゲンダイはどちらかと言うと「脱原発」でしょう。

    「脱原発」を電気料金にかさ上げさせない為には発送電分離が必要です。
    なかなか抵抗が大きいので実現には難しいのですが こうすれば、色々な問題がいっきに解決しそうです。
    原発は発電しなくても管理が必要なので国が全部管理しなければならないでしょう。
    そうすれば電力会社も身軽になり、NTTみたいに競争する様になるのでは?
    -----------------
    【15397】再生エネ「促進」法案...3党修正合意   かっくるなかしま 2011-8-12 12:41 (編集)

    http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20110812-OYT8T00357.htm
    (読売、「再生エネ、産業へ配慮…法案修正3党合意」、2011/8/12)
    再生エネ促進法案が、3党合意の修正で、その成立が確定的となった。(各紙が伝えているが、読売のこの報道は、網羅的で良い)

    >>政府案では、電気料金の上乗せ幅は、2020年段階で1キロ・ワット時あたりの単価で最大0・5円(家庭の月額料金で平均150円)になる見通しだった

    この(↑)ふざけた再生エネ「抑制」条項が、修正されたことは、よしとしておきたい。

    >>一方、施行後の3年間は再生可能エネルギー普及の「促進期間」と位置づけ、産業や国民生活への影響を検証する。再生可能エネルギー分野で技術振興を図るため、3年後に不備な点などを見直すことで、早期に買い取り制度の導入を図る

    入口の数ヶ年を促進期間として位置付けるのはよいことだ。私見では、もろもろのプロジェクトが5ヶ年タームで動くわけだから、
    実証試験の成果を、次の普及ステップに結びつけて考えるうえでは、促進期間の設定は、5ヶ年程度がよいと思っている。

    >>修正合意では、中小・零細を含めて電力を多く使う産業に軽減措置を講じることが盛り込まれた。実際の対象業種は実態調査を行って検討するが、鉄鋼、鋳造業などが主な対象になる見通しだ

    軽減措置はそれはそれでよいのだが、経団連加盟の大企業は(組合も)、それを主張する以前に、国民の安全というものを、まずは優先的に考慮すべきなのだ。

    それと、再生エネルギーを導入していくと、電力料金が上がるのは確かなのだが、我が国の場合、それを導入していなくとも、趨勢的に電力料金が高い、というところにも財界は目を向けて、身内の電力会社に注文をつけるべきなのだ。
    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4105.html
    (社会実情データ、電気料金の国際比較)

    >>>原発依存度の高いフランスでは電力料金が相対的に安くなっているが、原発依存度がフランスより低い米国や韓国の方が、一層、電気料金は安くなっており、原発依存度の要因だけを強調するのは間違いだろう(図録4050、図録4052参照)。

    ps.
    人為的CO2温暖化仮説については、個人的には極めてそれを怪しいと思っているわけだが、それは脇に置いておくとしてもだ、
    「CO2削減に原発が有効であるから、原発依存度を高めるエネルギー政策を取った/取り続ける」というのであれば、
    「なぜ、原発依存度を上げてきていたにもかかわらず、それ(CO2)がさっぱり減らなかったのか?」、・・・★1
    をきちんと検証した上で、そのようなエネルギー政策を取る/決めるべきなのだ。
    http://www.47news.jp/47topics/e/218274.php
    (時事、「原発の不都合な真実〜原発は温暖化対策に役立たない」、2011/8/12)

    更に2つ、
    「そもそも、原発依存度を40%、50%に上げるという政策の論拠は何だったのか?」、・・・★2 ということと、
    「再生エネルギーは、高くつくし不安定であるから、原発は必要であるし、脱原発(=原発ゼロ)はできない、というのは本当か?」・・・★3
    ということ。

    http://diamond.jp/category/s-noguchiearthquake
    (ダイヤモンド、野口、「再生エネルギーに頼らない脱原発は可能か? 」、2011/8/11)

    そもそも、何で、ああいうエネルギー計画になっていたかが、記されている(↑)。
    かいつまむと、
    原発以外の発電の効率化で総供給を減らし、原発は維持/拡大し、原発以外の発電(≒火力)を落とすことで、二酸化炭素の排出を減らす、
    という組み立てだ。(★2関連個所)
    また、野口氏に依れば、(依らずとも)総供給を削減しつつ、原発以外の発電(≒火力)を維持すると、
    二酸化炭素の排出は減らせないが、脱原発は可能だ。再生エネのブレークスルーに依らず、それは可能だ。(★3関連個所)
    要するに、原発を取るか二酸化炭素を取るか(by野口氏)という選択だ。

    そしてその場合、再び、関わってくるのが、
    「なぜ、原発依存度を上げてきていたにもかかわらず、それ(CO2)がさっぱり減らなかったのか?」、・・・★1
    の箇所となる。そういう構造になっているのだ。

    はっきり言って、人為的CO2温暖化仮説の真偽はともかく、それが正しいと仮定しても、
    米国と中国が積極的な削減努力に加わらない以上、CO2は削減できないのだから、
    我が国が25%減らそうが何しようが、全体の排出量にほとんど影響のないことだ。ばかげた話だ。
    -----------------
    【15399】Re: 「過ちは繰り返しません」 福島の被曝は過ちか?  うたかた 2011-8-12 23:28
     ▼Gokaiさん:こんばんは

    あなたは資本主義社会という、巨大な怪物の首に縄をつけることによってこれを飼いならせるとでも思っておられるのでしょうか?
    それであなたの望む平等な社会が実現できるのですか。

    資本主義社会における企業は利潤追求を至上命題としています。利潤を追求しなければ他の企業に食われるか自死するだけです。利潤追求のためにはなりふり構わず行動します。例えば近い過去に日本の主要企業であるトヨタやキャノンが派遣切りに狂奔しました。それに他の企業が追随し、派遣労働者の悲劇は如何ばかりだったでしょう。正社員たちも肩を叩かれ、パートタイマーに降格され、あるいは早期退職を勧奨されました。

    人間中心の国家にあって、弱い人間は弊履のように打ち捨てられるのです。悪質な派遣切りの企業に何か罰が下されましたか?彼らはやりたい放題なのです。資本主義国家において資本家たちは主役です。資本主義社会存続発展のためのアイテムとして国家やマスメディアがあるようです。

    資本家の攻勢によって、社会党や総評はもろくも潰え去り、国労も消え、日教組は敵の攻撃によって防戦一方です。連合は今や飼い猫になってしまった。資本の思うがままです。菅総理の脱原発発言に対する、米倉会長の傲岸な恫喝は勝者の驕りそのものです。

    国外へ進出した日本企業の活躍(?)をマスメディアはあまり報告しませんが、いつだったか現地で放射能を撒き散らしている企業について、触れざるを得なかったのか小さな記事になったことがあります。熱帯雨林を裸にし、公害をまき散らし、現地労働者を低賃金で雇用支配する。

    他国の侵略から国民を守るためと称して自衛隊を巨大化させている。第二次世界大戦のみならず現在の他国への経済進出は、他国の人たちの反感を買っています。他国の恨みを買い、いつ他国から攻撃されるかわからぬ、その恐怖が軍備を強化している側面もあるのでしょう。マスメディアは日本企業に翻弄される外国の実情を報告したらどうですか。日本企業が国外へ進出するのは明らかに利潤追求の一環です。

    8月28日、中日新聞の朝刊に村上春樹氏のスペインでのスピーチの全文が掲載されました。村上氏はスピーチの中で二度「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」とのフレーズを使用しています。素晴らしい言葉です。我々はもう一度その言葉を心に刻まねばなりませんと強調しています。

    先ほどの福島の被曝と広島、長崎の被爆を重ねているのです(福島での死者は今のところいないようですが)。福島の原発被害、広島、長崎の原爆被害は本当に〈過ち〉だったのですか?広島の慰霊碑に刻まれたこの言葉が戦争犯罪を曖昧化し、戦争に対して何の罪もない国民に「一億総懺悔」を押しつけてしまった。

    福島の原発は事故は〈過ち〉ですか?とんでもないと思いますよ。村上氏の言葉は国や東電の責任を曖昧化するもので」許しがたい思いです。
    第二次大戦による原爆投下も福島の被曝も、国家と一部資本家による飽くなき利潤追求の結果であり確信犯罪だと思いますよ。

    放射能は人間にとって制御不可能な多くの領域があり、極めて危険だと分かっていた。にも拘らず国や電力会社は利潤追求の手段として、沢山の原発を狭い日本の国土に造ってしまった。電力会社は原発立地にあたって反対住民を札束で翻意させ、地元企業や漁協などを利益誘導し、肉親眷属相食む地獄絵図を現出させた。その上今回の福島の被曝事故である。決して許すことはできない。
    -----------------
    【15404】Re:「過ちは繰り返しません」 福島の被曝は過ちか?   Gokai 2011-8-13 21:02 (編集)
     ▼うたかたさん:こんにちは

    >あなたは資本主義社会という、巨大な怪物の首に縄をつけることによってこれを飼いならせるとでも思っておられるのでしょうか?それであなたの望む平等な社会が実現できるのですか。

    資本主義とは怪物でもなんでもない。どのようなことでもそうでしょうけど、正体がわからなければ怪物にも幽霊にも見える。

    >資本主義社会における企業は利潤追求を至上命題としています。利潤を追求しなければ他の企業に食われるか自死するだけです。利潤追求のためにはなりふり構わず行動します。

    利潤追求は企業だけに限らない、個人でも利潤追求しなければ生きてゆけない。これは社会主義でも同じこと。
    資本主義と社会主義、どちらも利潤追求します。違うのは分配と再分配の方法。
    他にマダ見ぬ経済主義があったとしても、目的は同じ、労働の成果である利潤(=所得)をいかに公平に分配するかにある。

    >例えば近い過去に日本の主要企業であるトヨタやキャノンが派遣切りに狂奔しました。それに他の企業が追随し、派遣労働者の悲劇は如何ばかりだったでしょう。正社員たちも肩を叩かれ、パートタイマーに降格され、あるいは早期退職を勧奨されました。

    これは資本主義が問題だったのではない、小泉氏-竹中氏とそれに追随したマスコミと自民党の政治姿勢が問題だったのです。
    09年にそれを嫌って国民は政権交代したのに、またのらりくらりと後戻りしようとしている。
    すべては、菅さん仙石さんとそれを支えた民主党議員の責任、そしてそれをマスコミが後押ししているのに、それに気付かぬ菅さんグループの支持者達(左派グループ)の責任。脱原発だといって浮かれている(?)浮かれさせられている。

    >人間中心の国家にあって、弱い人間は弊履のように打ち捨てられるのです。悪質な派遣切りの企業に何か罰が下されましたか?彼らはやりたい放題なのです。

    やりたい放題なのは企業の責任ではありません。それをさせた政治家であり、それを選んだ国民です。企業行動はうたかたさんも仰るように単純なものです。(これを言うと、弱い国民に責任を押し付けるのかといわれる人がでてきそうだけど、これを言わないと前に進めない。)

    >資本主義国家において資本家たちは主役です。資本主義社会存続発展のためのアイテムとして国家やマスメディアがあるようです。

    日本の戦後は純粋な資本主義ではありませんでした。修正資本主義といえるでしょう。
    そして田中角栄氏が自民党に出現し、それを更に進めようとした。が、潰された。そして国民はそれに喝采を送ったものも少なくない。
    しかし、田中角栄氏は弱者に配慮の行き届いた政治家であったと思う。

    その政治目的を踏襲しようとしたのが、小沢一郎氏。これほど純粋に、国民の生活を思う政治家が何故に不遇に合うのか、「何故に同僚がこの気持ちを汲んでくれぬのか」、彼はうかつにも涙を流してしまったこともあると私は思います。
    だから、内田樹氏のコメントなんぞは、「バカモン」と言いたい。

    >資本家の攻勢によって、社会党や総評はもろくも潰え去り、国労も消え、日教組は敵の攻撃によって防戦一方です。

    社会党や総評や日教組の勢力後退の原因は、マスコミの態度の豹変です。その原因はなんだったのかその考察が全く無い。誰かやりませんか。

    >連合は今や飼い猫になってしまった。資本の思うがままです。菅総理の脱原発発言に対する、米倉会長の傲岸な恫喝は勝者の驕りそのものです。

    私から見れば、菅さんや仙石さんは、資本家やマスコミの犬です。ところで米倉会長も、飼い犬、資本家ではない。

    >国外へ進出した日本企業の活躍(?)をマスメディアはあまり報告しませんが、いつだったか現地で放射能を撒き散らしている企業について、触れざるを得なかったのか小さな記事になったことがあります。熱帯雨林を裸にし、公害をまき散らし、現地労働者を低賃金で雇用支配する。

    違います。低賃金でも雇ってくれるほうが彼らにはうれしいこと。
    他の国の企業から見れば、日本企業というのは好かれている方じゃないのかな〜。

    >8月28日、中日新聞の朝刊に村上春樹氏のスペインでのスピーチの全文が掲載されました。村上氏はスピーチの中で二度「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」とのフレーズを使用しています。素晴らしい言葉です。我々はもう一度その言葉を心に刻まねばなりませんと強調しています。

    >先ほどの福島の被曝と広島、長崎の被爆を重ねているのです(福島での死者は今のところいないようですが)。
    >福島の原発被害、広島、長崎の原爆被害は本当に〈過ち〉だったのですか?
    >広島の慰霊碑に刻まれたこの言葉が戦争犯罪を曖昧化し、戦争に対して何の罪もない国民に「一億総懺悔」を押しつけてしまった。

    戦前の政府の行動はほめられたものでは無いでしょう。
    しかし、マッカーサーによると「しかたなかった」というのもあるから、私には解からない。

    戦争に負けたのですから国民が一時的に卑屈にならざるを得なかったのは仕方が無い。しかし理由は、どうあれ、アメリカは日本の復興に手をかしてくれた、そのことに感謝する必要があると私は思う。もし、日本人が感謝しないのであれば、アメリカ人から見て、「日本民族とは、一体なんなんだ、感謝もできない野蛮人か、俺はこいつら嫌いだ、」というかもしれない。

    >第二次大戦による原爆投下も福島の被曝も、国家と一部資本家による飽くなき利潤追求の結果であり確信犯罪だと思いますよ。

    原爆投下も福島の原発事故も二度とあってはいけないこと、当然です。そのためにはただ反対ではなく、きちんとした議論が必要です。
    であるのに、今は、「膾を吹く」様な、まともな議論の無い反対論だけ。
    そして再エネ法案を通過させるようでは、また世論は、原発容認に回帰するかもです。

    >放射能は人間にとって制御不可能な多くの領域があり、極めて危険だと分かっていた。にも拘らず国や電力会社は利潤追求の手段として、沢山の原発を狭い日本の国土に造ってしまった。電力会社は原発立地にあたって反対住民を札束で翻意させ、地元企業や漁協などを利益誘導し、肉親眷属相食む地獄絵図を現出させた。その上今回の福島の被曝事故である。決して許すことはできない。

    原発は利潤の追求手段として不適切であると、私は思っています。

    話を元に戻すと、アダムスミスもマルクスもケインズも、経済学が人々を幸福にしてくれると考え、それを世に出した。けれど、それは、「所得と分配と再分配」についての考察がまだ、不十分だったと思う。従って、それを引き継いで更に良いものにする必要があります。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在932通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 8250
2 【15452】Re: 老人党メルマガ(391)
北極星   運営スタッフ 2011-8-21 7:00:16  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(391) ::: 2011/8/21
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【なだくんの備忘録】「菅直人は回想記を出版できるか」なだいなだ 
    【15424】Re:増税しても官僚、特殊法人、国会、地方議員にみんな食われる  柳沢のたんたん
    【15443】Re:増税しても官僚、特殊法人、国会、地方議員にみんな食われる  世直し
    【15413】Re:可能な限り食の安全を守ろう! 桃と私  珠
    【15415】Re:可能な限り食の安全を守ろう! 桃と私  usagi65
    【15444】Re:祝、原子力「規制」庁...    かっくるなかしま
    =========================================================================
    【なだくんの備忘録】「菅直人は回想記を出版できるか」なだいなだ 2011-8-16 

    数日前、菅首相が退陣の意思を明確にした。世の中の視線は後任の選挙に向けられている。
    だがぼくは、しばらく菅に注目し続ける。かれが首相時代を含めた回想録を書けるか、見守りたいからだ。
    といっても、かれの文章を書く才能を問題にしているのではない。

    かれが、もうこれ以上政治に野心をもたないなら、何もかも書くことができるだろう。だが、まだ野心を未練がましく持ち続けると、しがらみから書けなくなると思うからだ。そして書ける時が来ても、もう鮮度が落ちている。書くとしたら、辞任の直後しかない。

    欧米の政治家はよく回想記を出版して、それがベストセラーになるが、日本でそれがないのは、首相を引退したあとも義理があって正直に書けないことが多過ぎるからだ。菅は、アマチュアの首相だった。
    ぼくのいいたいのは、かれが、だれかに首相にしてもらったのではなく、偶然、首相の座が転がり込んできた。
    だから"誰かのために口をつぐむ必要がないだろう"ということだ。

    その点で菅は、日本の首相としては引退後遠慮なく回想録をかける稀な人だ。だから、かれが政治の裏まで、ともかく自分の目で見たこと、聞いたこと、体験したことを書くことが、日本人にとっても大いに役立つと思う。
    かれの回想が、日本の政治とは何かを教えてくれることに期待するのだ。中小の出版社よ。ミリオンセラーのチャンスですぞ。活動開始だ。
    -----------------
    【15424】Re:増税しても官僚、特殊法人、国会、地方議員にみんな食われる  柳沢のたんたん 2011-8-17 15:52

    増税する前に、役人を減らせ。国会議員も減らせ。財団法人も半分に減らせ。天下りも禁止せよ。名古屋のように、議員報酬も減らせ。
    兎に角税金で食っている人を徹底的に削除してから税金のことを考えてもらいたい。

    先ず第一に、政党助成金を無くせよ。。。税金を取る前に、税金で食っている人に緊縮して貰う事です。。。
    事業仕分けなんて問題になりません。。。
    -----------------
    【15443】Re:増税しても官僚、特殊法人、国会、地方議員にみんな食われる  世直し 2011-8-19 14:50

    70%以上税金負担の 議員年金 即廃止せよ。 税金泥棒国会議員は 自分らのことには
    あきれて ものが言えんほど、本当に甘いし 国民を舐め馬鹿にしている。

    国会議員80人削減は選挙のとき公約で国民を欺くために、ほざくだけか、あまり国民を舐めるなよ。
    やる気がなく国民を騙す奴は 国会に 出てくるな。 即 辞めてくれ。
    -----------------
    【15425】Re:認罪   タミゾール 2011-8-17 21:13
     ▼柳沢のたんたん さん:こんばんは、日本のリーダーたちの体たらくにお怒りごもっともです。

    しかし、二点疑問があります。
    周恩来は立派な人物だったと思いますし、国交回復のときの賠償放棄などわれわれにとっても印象深い人物で、日本にも留学してましたね。
    ただ、彼はバリバリのマルクス主義者ですので、東洋哲学にどこまで影響を受けたかということは大いに疑問です。

    また、日本の大学入試で「論語」を課すということですが、江戸時代の武士たちはそれこそ論語ばかり(儒教ばかり)学んでいたようですが、結局は下々の身分の犠牲の上に胡坐をかいていた、非労働者階級です。儒教からは身分社会をうちやぶる市民社会の論理は提示できなかった。
    渋沢栄一が「論語とそろばん」をバランス良く持っていたことは評価すべきで、儒教の中の何を受け継ぐかも必要かと思います。

    大阪府の条例で愛国心教育を内容にした案を提出したようですが精神論の押し付けは、戦時中の「国民精神」の動員を思い起こします。
    リーダー性を教育することは必要だとは思いますが、精神を直接注入することは不可能ですし、表面的になりがちです。
    どのような手法で精神を育てるかは、そんなに簡単な問題ではないと思います。身体に訴えるのか、合理的な科学精神に訴えるのか。

    公務員や公職者の公共的な精神をどう育てるかも同様に難しいと考えます。ただ、叩くだけでは委縮するだけです。すでに、東大などのエリートの公務員離れも進んでいるとも聞きます。公的な仕事に従事する人は必要ですし、聖人君主ばかりを求めるのも無理があると思う。

    リーダーの人格の低下を嘆くような気分は同意しますが、国民であるわれわれの質も上がっているのかは疑問です。
    少なくとも角栄に対しての評価には私は全く同意しません。現在の金権的、土建的体質の元凶であると思う。
    より、実効性のある案を一緒に考えていきたい。 
    -----------------
    【15413】Re:可能な限り食の安全を守ろう! 桃と私   珠 2011-8-15 14:48
     ▼usagi65さん:

    >>放射能汚染食材に関して情報があれば、共有できたらと願っています。

    それでいくつか。日本土壌肥料学会のHPから
    http://jssspn.jp/info/nuclear/index.html

    この学会では、もう3月18日に下記のような「知見」を発表しています。
    「原発事故関連情報(1):放射性核種(セシウム)の土壌−作物(特に水稲)系での動きに関する基礎的知見」
    http://jssspn.jp/info/nuclear/post-15.html

    そして、6月6日には、こうした提案を出している。「原発事故関連情報(7):農業環境における放射能汚染の低減化に関する提言」
    http://jssspn.jp/info/nuclear/7.html
    地味な学会の記事なのですが、農業関係者がいらしたら見ていただければと思いました。

     ▼かっくるなかしまさん:
    >http://diamond.jp/articles/-/13104?page=3
    >(週刊ダイヤモンド、「国が定める食の“安全基準値”は信用できるのか?」、足立、2011/7/13)
    >ワンポイントコメント:
    >ダイヤモンドのこのシリーズ=「食の研究所」は、普段の生活に使えますよ。

    「食の研究所」の記事、いいですね。いろいろ参考になります。
    こちらはいつもの食品の放射能検査データですが、最初に国の基準が出てきます。
    http://yasaikensa.cloudapp.net/

    基準が牛乳などが200Bq/kg、野菜や魚、肉、卵等が500Bq/kg以下なら安全???
    チェルノブイリ事故後に、ベラルーシが100Bq/kg、ウクライナが40Bq/kg、となっているのに比べると、大変ゆるい基準です。

    >身も蓋もありませんが、放出された放射性物質はなくなりませんので、
    >武田先生の論考にあるように「放射能と生きる」〜極力、上手く付き合う〜となる/なってしまうわけです。

    この間、街で桃を売っていました。5個で300円。絶対に安いです。
    一瞬の躊躇いの後(言い訳をすれば家に桃が2個あったけれど)結局、買いませんでした。
    あの人は、どう考えても福島の農家の人だろう…私はこのトシなら福島県産の桃を買ってあげたらよかったのかも…。
    しかし、何も言わず、何一つ書いてもないことに不信感を持ってしまったのです。

    そうしたら、「現代ビジネス」に、こんな記事を見つけました。
    「あなたは「福島県産の桃」を食べますか? 福島県産の風評とリスクを考える」
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/11320

    皆様、最後に読者参加のアンケートもあります。こんな記事を丁寧に読むのは、やはり「放射能汚染」について、考えている人が多いだろうことは予想がつきます。その上での結果ではありますが…。

    皆様も、ご自分のみならず、次世代のことまで考えながら、この記事をお読みになって、アンケートに参加なさってみて下さい。
    今の日本の置かれている状況、そしてそれが、原発を国策として選んだ結果であることも思いつつ、今後どうあったらよいかを、ご一緒に考えられたらと願っています。
    -----------------
    【15415】Re:可能な限り食の安全を守ろう! 桃と私  usagi65 2011-8-16 0:27

    珠さん、学会では土壌汚染に関してすでに政府に(?)提言を出しているのですね。
    しかしそれに対して農地に関しては何の動きも無いようです。
    私は消費者の立場で農家に対して汚染された農産物は出荷しないで欲しいと書いてきましたが、noukanomukoさんのブログを読むと行政は農産物を作らせるように指導しており、これを少ない検査で流通させ、もし基準値以上のもが出たときは補償する・・・というのが現実のようです。

    農家のかたが言うには「検査数が少ないのでかなりの基準値以上の農産物が出回っているはずだ」と。
    そして来年は米が危ないとのこと。
    農家の実態がわかるにつけ、行政は農地の除染を一刻も早くやって欲しいと思います。一次産業を守ることは命を守ることです。

    noukanomukoさんのブログ、一度読んでみてください。「米が本当にヤバイのは来年だ」http://t.co/MZTgjk2
    -----------------
    【15444】Re: 祝、原子力「規制」庁...   かっくるなかしま 2011-8-19 15:46(編集)
     ▼珠さん:cc▼usagi65さん:

    安全・保安院も原子力安全委員会も´消滅´ですが、
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/259058
    (西日本新聞、「原子力安全庁 最悪が想定できる組織を」、2011/8/19)
    >>経済産業省原子力安全・保安院と内閣府原子力安全委員会を統合し、原子力安全規制を一元的に担当する組織となる
    >>あのとき環境省を選択していたら、どうなっていたか。仮定の話だ。組織を変えるだけですべてが解決するわけではない。問われるのは過去の規制行政を徹底検証し、新たな組織にどう生かすかだ

    新組織である原子力安全庁(仮称)が、 ← 名は体を表すべきなので、米国と同様、原子力「規制」庁(NRO)が妥当
    どこまでやれるか、は、今後の話であるにせよ、

    その原子力規制庁が環境省傘下に収まることで、放射性廃棄物/放射性物質は、環境基本法や廃棄物処理法のもとで、
    (ようやく真っ当に)「規制物質」、「環境毒物」、の取り扱いを受けることになるだろうから、(法改正を要する)
    こうした形での組織再編は、組織の実効性を担保するうえで、意味のある再編だと観ています。

    また、usagi65さんのご紹介にもあったような、「科学的に良心的」、であるがゆえに、不遇をかこつ、そうした科学者、技術者を、新組織に募集・採用してゆけばよい(↓)。

    http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110816k0000m070100000c.html
    (毎日、「社説:原子力規制組織 人材結集し徹底改革を」、2011/8/16)
    >>ただし、環境省には原発の安全基準や耐震設計などに詳しい原子力の専門家はほとんどいない。当面は、保安院や原子力安全委などの人員が横滑りで新組織を構成することになるだろう。
    >>専門知識を持つ人の多くが、いわゆる「原子力ムラ」に属しているという現実の中で、「中立性」と「専門性」をいかに両立させるか

    http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110816k0000m010067000c.html
    (毎日、「原子力安全庁:新増設を許認可 他府省の幹部戻さず」、2011/8/16)
    >>新組織では人事の独立性にも留意した。安全庁長官には官僚出身者だけでなく、民間有識者も含め幅広く人選をする方針

    初代長官には、経産OBの古賀氏を所望。(私見)

    ps.
    原子力推進、大幅に後退。
    http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011081901000286.html
    (時事、「原子力推進、大幅に後退 第4期科学技術基本計画」、2011/8/19)
    >>政府は19日、本年度から5年間の政策の方向性を定めた「第4期科学技術基本計画」を閣議決定した
    >>福島第1原発事故を受け、高速増殖炉を利用した核燃料サイクルや次世代型原発の研究開発に向けた記述を、当初の案から削除するなど、原子力推進の内容が大幅に後退した

    (もしも、菅氏が、中途で、放り出していたら、6月上旬以降8月中旬にかけて、事態はいったいどのような経過をたどったのであろうか)

    http://www5.ocn.ne.jp/~nadashig/page008.html
    (打てば響く、2011/7/16)
    >>>さて、その再編だが、おそらく日本の政治家は原発廃止派と、存続派に再編成される。GNP拡大主義とそれを再考する主張の派もそのどちらかを選択する。
    >>>ともかく、直ぐに放り出した総理と、放り出さないで、しがみついていると非難されるのと、どちらがいいだろう。ぼくは政権には、しがみついているべきだと思う。それがせいじというものだ

    http://2010nada.blogzine.jp/blog/

    (なだくんの備忘録、「菅直人は回想記を出版できるか」、2011/8/16)
    >>>世の中の視線は、後任の選挙に向けられている。
    >>>だが、ぼくは、しばらく、菅に注目し続ける。かれが首相時代を含めた回想録を書けるか、見守りたいからだ

    私も、「菅内閣最後の2か月、脱原発回想録」(仮称)を期待しますが、

    http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110817ddm005010068000c.html
    (毎日、「…関心は「脱原発」特化」、2011/8/17)
    >>15日には原子力安全庁設置の基本方針を閣議決定。同日付のブログで「私が何としてもやろうとした事は、逆戻りできないところまで進めることができた」と強調した。
    >>ただ、政務三役の一人は「去り行く政権が決めても、新しい体制になれば変わる」と語り、退陣の花道づくりに協力する「お付き合い」ムードも漂う

    海江田総理で原発邁進だ、もとい、「原発保守反動」、といった事態は往々にして起こりうることなので、
    しばし、(ごくろうさまでしたの菅総理には)「脱原発特化」で充・放電し続けていって頂きたい。

    8月16日 数日前、菅首相が、退陣の意思を明確にした。 世の中の視線は、後任の選挙に向けられている。
    だが、ぼくは、しばらく、菅に注目し続ける。かれが首相時代を含めた回想録を書けるか、見守りたいからだ。
    といっても、かれの文章を書く才能を問題にしているのではない。

    かれが、もう、これ以上、政治に野心をもたないなら、何もかも、書くことが出来るだろう。だが、まだ野心を未練がましく持ち続けると、しがらみから書けなくなると思うからだ。そして書ける時が来ても来ても、もう鮮度が落ちている。書くとしたら、辞任の直後しかない。

    欧米の政治家はよく回想記を出版してそれがベストセラーになるが、日本でそれがないのは、首相を引退したあとも、義理があって、正直に書けないことが多過ぎるからだ。菅は、マチュアの首相だった。ぼくのいいたいのは、かれが、だれかに首相にしてもらったのではなく、偶然、首相の座が転がり込んできた、だから、誰かのために、口をつぐむ必要がないだろう、ということだ。

    その点で、菅は、日本の首相としては、引退後、遠慮なく回想録をかける人稀な人だ。だから、かれが政治の裏まで、ともかく自分の目で見たこと、聞いたこと、体験したことを、書くことが、日本人にとっても、大いに役立つと思う。
    かれの回想が、日本の政治とは何かを教えてくれることに期待するのだ。中小の出版社よ。ミリオンセラーのチャンスですぞ。活動開始だ。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在931通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7355
3 【15513】老人党メルマガ(392)
北極星   運営スタッフ 2011-8-28 6:33:25  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(392) ::: 2011/8/28
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15512】Re:海江田氏なら財源が無い           Gokai
    【15489】Re:アムステルダム大学教授の日本メディア批判  アンクル
    【15471】Re:東京新聞・中日新聞を応援しよう       団塊党
    【15461】Re:食の安全を守ろう!             peace
    【15484】Re:可能な限り食の安全を守ろう!        usagi65
    【15495】Re:可能な限り食の安全を守ろう!        かっくるなかしま
    【15455】Re:産業空洞化の主たる要因...電力不足説の´嘘´ 柳沢のたんたん
    【15458】Re:産業空洞化の主たる要因...電力不足説の´嘘´ kounosuke
    =========================================================================
    【15512】Re:海江田氏なら財源が無い   Gokai 2011-8-27 21:08
     ▼柳沢のたんたんさん:こんにちは

    >海江田さんは心許ない様であるが、小沢さんのいう事を良く聞いてマニフェストを守るようですね。
    >財源は官僚機構の改革で幾らでも出てくるのではないでしょうか。ただそれだけのパワーが出せるかどうかが問題でしょう。

    海江田さんはまじめなお人のようです。まじめすぎて他人に酷いことができなくて、泣きも見る。
    ただ、元々経済評論家でありながら、発想の柔軟性にかけるので健全財政主義者。
    だから海江田さんだけの考えなら、「国民の生活が第一」のマニフェストは実行できそうに無い。

    小沢さんもそれでよいとするなら、小沢グループは急速に勢力が衰退するに違いないと思います。しかし、もしあからさまでも小沢−鳩山傀儡政権に海江田さんがなってくれるのなら、海江田さんは日本の救世主になる可能性はマダ残されているのかもしれません。

    例えば、海江田首相、小沢一郎副首相、鳩山由紀夫幹事長という布陣です。小沢さんに実権を持たせたこの布陣なら野党と話が進む。
    可能性は限りなく低いのかも知れませんが、期待するしかないですね。もし、小沢さんも「国民の生活が一番」の理念を絵に描いた餅のような扱いをするのなら、小沢さんの政治生命もこれまでとなるのでしょう。それなら本気でなかったということになります。

    >前原さんも脱小沢の様でした。彼らの脱小沢のいい分が私には理解できませんでした。小沢のどこがダーテーなんでしょうか。

    前原氏は人気がありますが、自民党にとっては怖い存在ではない。
    いずれ近いうちに解散総選挙を仕掛けられ、総理の座を引き摺り下ろされるとみます。
    -----------------
    【15489】Re:アムステルダム大学教授の日本メディア批判    アンクル 2011-8-25 14:54

    小沢一郎氏、日本の小平たれ!! その昔、彼が若き自民党の幹事長のときに4人の総理大臣候補を呼びつけて個別に面接したことが、きっかけで剛腕小沢の呼び名がつけられ、自民党議員諸氏は一斉に震え上がり、徒党を組んで反小沢戦線を構築し、それは今日の民主党の議員諸氏にまで連綿と引き継がれて来ているのが現実である。
    加えてマスコミ、官憲、評論家諸氏も一緒になって小沢潰しを声高に唱え続けている有様である。

    彼らは小沢復権が自分達の無能力をさらけ出すので恐れおののいているのが本心である。
    それは丁度、中国において、稀代まれな大政治家小平によって既得権益を失う党幹部達が再三、再四にわたって彼を失脚に追い込んだことを連想させる。だが小平に最終的に屈し、全権力を握った彼が今日の中国の大発展へと導いたことは自明の理である。
    今の混迷する日本は、まさに小沢氏の持つ剛腕を以って、日本のあるべき正しい方向へ導いてくれることを期待して止まない。

    因みに小平は”黒い猫でも白い猫でもねずみを取るのはよい猫だ”と言い放ったが、いくら白い猫(潔癖)でもねずみを取らない猫(菅氏)は役に立たないことを意味したが、今崖っぷちに立たされているわれわれ日本人はあのときの中国人が小平を受け入れたような寛大さがあるだろうか?現在の醜い日本の政治をもたらした責任は我々国民にもある。今こそ目を見開いて声を発して正しい選択をする時ではありませんか?
    -----------------
    【15471】Re: 東京新聞・中日新聞を応援しよう    団塊党 2011-8-22 16:56
     ▼珠さん:こんにちは 時期外れのレスになり、お許しください

    >東京新聞・中日新聞は、この8月6日(土)、社説・論説あげて、しっかりと脱原発を宣言しました。
    >http://blogs.yahoo.co.jp/erath_water/63051099.html
    >
    >そして、脱原発後のエネルギー対策への提案を出しています。 「原発に頼らない国へ」という堂々二面見開きの論説特集です。
    >「崩れた三つの神話 なぜ脱原発か」、「自由な電力市場を 自然エネルギー庁をつくれ」、
    >「情報公開 不透明なら稼働はできぬ」など。良い特集記事なのにネットでは見られないようで残念です。
    >
    >東京新聞。中日新聞は、以前から他マスコミの新聞と較べると、明らかに「脱原発」の立場を明快にして、
    >「こちら特報部」など、そうとうに突っ込んだ記事を掲載し続けていました。
    >http://www.geocities.jp/ishidanz/11_05_30.htm

    東京新聞は私も購読しています。安いですし、報道スタンスも他の新聞に比べるとまだ良い方かなと思います。
    しかし浜岡と玄海の再稼働をストップした菅さんに意外なほど辛辣で、腑に落ちないところがあります。菅さんの手法にやや問題はあったにしても、他の総理ではストップしていなかったでしょう。真に脱原発を願うなら、評価すべきところです。それなのにこきおろしていました。
    その結果、どうでしょうか。次の総理は菅さんほど脱原発に向かうのでしょうか。

    自民党政権の過去の原発推進政策に対する批判もあまり見られないことも残念です。どこかに遠慮しているのでしょうか。
    部分的には良い記事もあるのですが、全体としては信頼できるまでいきません。えっ?と思うことがしばしばあります。
    紙面全体に脱原発へ向かおうとする意気込みはまだ伝わってきません。

    ただ、珠さんのおっしゃる通り、社説で脱原発の姿勢を明らかにしたことは私も評価します。
    「人の命と安全は経済性に優先する」と明確に言っていますね。今回、このような姿勢を打ち出したからには、ジャーナリストの良心にかけて、ごまかしなく報道していって欲しいと思います。紙面全体に、力強い脱原発のメッセージが伝わってくることを願っています。
    -----------------
    【15461】Re: 食の安全を守ろう! peace 2011-8-22 0:20

    失礼します、スレッド違いかもしれませんが。行政やマスコミには頼れないのでみなさん自分で勉強しましょう。
    ご紹介です。最近ROMもあまりしていないので情報が重複していたらすみません。
    なぜ、バズビー博士が来日した事を大手メディアは大々的に報道しなかったのだろうか?
    7月20日 放射線リスク欧州委員会 クリス・バズビー博士記者会見 1〜5

    http://www.youtube.com/watch?v=hwEKuksv0yQ&feature=related
    http://www.youtube.com/watch?v=D5uU3W6Xbws&feature=youtu.be
    http://www.youtube.com/watch?v=PIpTC8llxNc&feature=youtu.be
    http://www.youtube.com/watch?v=dKyiglcnlhk&feature=youtu.be
    http://www.youtube.com/watch?v=ms8POdtil7w&feature=youtu.be

    気になる方は電卓たたいて年間被曝量を計算してみてください。
    あくまで地表の外部被曝の数字ですが有志による東京都内放射線地表汚染マップ
    http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=211433999062424238638.0004a3e0a1901039e9285

    国会ではよくわからなかった事がこの記者会見でよくわかりました。ここまで分かっているのかと感心しました。
    現行制度では子供や妊婦を被曝から守ることができない。
    注目の児玉龍彦東京大学教授が記者会見
    http://www.videonews.com/asx/press/110812_kodama_300.asx

    原発事故は進行中です。今でも1日あたりの放出量が、48億ベクレルらしいです。この数字自身が怪しいですが。
    もし平時にこの量の放出があれば新聞トップ記事のはずではないでしょうか。その量が毎日出続けています。
    -----------------
    【15484】Re: 可能な限り食の安全を守ろう! usagi65 2011-8-24 18:36
    ▼かっくるなかしまさん、食品に関する情報ありがとうございます。

    まず、食品安全委員会が外部被爆と内部被爆をあわせて生涯100ミリシーベルトをこれ以上被爆しないための目安にしたことに「なるほど。
    このような考え方があったのか」と妙に納得いたしましたし、結構厳しい数値だと思いました。
    しかしメディアも国民も反応が鈍かったように思いました。

    私が考えますに、この数値はとても理にかなっていて、生まれたばかりの赤ちゃんが年1ミリシーベルト被爆すると100歳で100ミリシーベルトになり、それは10万人のうち50人が癌になるという確率の被爆量になります。
    残りの人生の長さや、原発付近で最初に大量に被爆してしまった人、またこれからも住み続けなければならない人が今後のそれぞれの被爆量を考えるためのものさしになるのではないかと思いました。

    私など西日本に住んでいて外部被爆を受けていないし、のこりの人生も少ないので食品汚染に対して神経質になる必要はないのかと思えてきました。しかし、子供が孫を連れてかえってくると状況は一変しますが(笑)
    ただし、原発事故で初期に大量に被曝した可能性のある人々はこれ以上の被爆は極力避けていただきたい。
    特にこれからは食品による内部被爆に気をつけていただきたいと思います。子供や若者、妊婦さんは特に・・・

    ということになると汚染されていない農産物はどのようにして買うことができるかという問題にぶち当たります。
    「農家の婿さん」の嘆きを聞くと、本当に難しい問題ですね。
    農家と消費者が対立するのではなく、一緒に行政にはたらきかけることはできないものでしょうか。

    原発では、少なくなったとはいえ、今も放射能を出し続けています。いつ収束するのかわかりません。
    近くの農地は1度除染しても耕作は無理ではないかと思います。
    日本全国にある休耕田をもう一度使うのは無理でしょうか?
    -----------------
    【15495】Re: 可能な限り食の安全を守ろう!  かっくるなかしま 2011-8-25 19:14 (編集)
     ▼usagi65さん:珠さん:こんにちは。

    >かっくるなかしまさん、食品に関する情報ありがとうございます。
    >まず、食品安全委員会が外部被爆と内部被爆をあわせて生涯100ミリシーベルトをこれ以上被爆しないための目安にしたことに「なるほど。このような考え方があったのか」と妙に納得いたしましたし、結構厳しい数値だと思いました。

    そうですね。あの収束時基準値を見ていると、武田教授の従前からの指摘とほぼ同一でもあるし、
    (影響力が行使されたのか、遅ればせながらその合理性を受け入れざるを得なかったのかわかりませんが)
    行政側の目線としては、かなり消費者の側、国民の側に寄せられてきている、変化だ、と観ています。
    http://takedanet.com/2011/08/500_fdbb.html
    (武田、「お米の500ベクレルとは?」)

    >>我慢できる限度は1年に1ミリシーベルトですから、100ベクレルが一応の目安になります。しかし、人間は食材だけから被曝するのではなく、空間からの外部被曝、呼吸による内部被曝、食材から、水からと少なくとも4つの被曝があります。
    >>外部0.2+呼吸0.2+食材0.2+水0.2+その他0.2=1.0で食材の上限を0.2としますと、ほぼ1キログラムあたり20ベクレルになります

    >しかしメディアも国民も反応が鈍かったように思いました

    時局、政局が遷ろうとともに、取り上げる対象も遷っていってしまうのには、いたしかたないところがありますが、
    放射性物質による汚染は、短期で収まる現象ではありませんし、
    なお向こう1ヶ年は、地震の余震同様、極めて注視するに値するので、
    継続的にフォローして参りましょう。

    >私が考えますに、この数値はとても理にかなっていて生まれたばかりの赤ちゃんが年1ミリシーベルト被爆すると100歳で100ミリシーベルトになり、それは10万人のうち50人が癌になるという確率の被爆量になります。
    >残りの人生の長さや、原発付近で最初に大量に被爆してしまった人、またこれからも住み続けなければならない人が今後のそれぞれの被爆量を考えるためのものさしになるのではないかと思いました。

    >私など西日本に住んでいて外部被爆を受けていないし、のこりの人生も少ないので食品汚染に対して神経質になる必要はないのかと思えてきました。しかし、子供が孫を連れてかえってくると状況は一変しますが(笑)
    >ただし、原発事故で初期に大量に被曝した可能性のある人々はこれ以上の被爆は極力避けていただきたい。特にこれからは食品による内部被爆に気をつけていただきたいと思います。子供や若者、妊婦さんは特に・・・

    たいへん遺憾ながら、3月中旬の水素爆発直後に、この秋にかけての食材に関わるアクシデントは、予想しておりました。
    また、同じく武田教授が指摘するように、たいへん遺憾ながら食欲の秋/収穫の秋は、注意を怠ってはいけない切所でしょうね。
    http://takedanet.com/2011/08/post_0943.html
    (武田、「秋の食材・・・これは大丈夫、これは危険」)

    どうしても、行政側の対応は、遅れてしまうのです。前例や現在に縛られる、予測して予防的には動きにくいという組織のマインドの側面もありますが、実務的にはやはり、法改正と予算の裏付けがないと動けない。
    ですから、実際によほどの何かが起きてきてから、動くとなります。
    また、捩れ国会で法改正と予算が滞っていたので、大きく動けるのは(第3次補正が通った後の)、10月以降からです。

    従って、少なくともそれまでは、食材の選択においては、注意深く行ってゆくことが賢明であると思いますし、
    より適切な措置が講じられるのは、遺憾ながら悪しき事例の蓄積を経てからなので、(例えば、魚がどうだ、米がどうだ、など)
    向こう1ヶ年は、慎重であるに越したことはないと観ています。

    (逆に言えば、1ヶ年余りを経過すると、より速く・より大きく・より適切に、行政側は確実に対処できるようになる、ということになる。
    信頼度が増す、ということです)

    >ということになると汚染されていない農産物はどのようにして買うことが出来るかという問題にぶち当たります。「農家の婿さん」の嘆きを聞くとほんとうに難しい問題ですね。

    ご紹介頂いた「農家の婿さん」の声などは、状況を見極めていくうえで、今後もおおいに参考になるでしょうし、
    農家の婿さんには頑張っていただきたいと思います。

    >農家と消費者が対立するのではなく一緒に行政にはたらきかけることはできないものでしょうか。

    仰る通りですね。私は、これまで〜今現在の農政が、流通重視となっていて、その歪みが農家と消費者に寄せられてしまっていると観ています。(もともと我が国では、生産者の取り分が少なく、その生産者と消費者を守るには、生産者からの買い上げをきちんと行えばよいのですが、それだと直接被害を受けていない流通業者(農協とか卸売問屋、その先の専業小売店などですね)を救済できないので、曖昧、適当になってしまっている。結果、生産者と消費者の間に不信が醸成されてしまっている、そのような構造にあるものと強く推測しています。)

    >原発では少なくなったとはいえ今も放射能を出し続けています。いつ収束するのかわかりません。近くの農地は1度除染しても耕作は無理ではないかと思います。日本全国にある休耕田をもう一度使うのは無理でしょうか?

    福島県全体で、農地の除染におよそ5000億円、表土の飛散による2次汚染を防ぐとなると森林の除染が必要となり、その何倍かのおカネを要するという試算がなされているようです。手順として、県央、県南の汚染度の低い農地・森林の除染を急ぎ、汚染度の高い地域は休耕して、休耕している他地域への入植、となるのではないでしょうか。ではまた。
    -----------------
    【15455】Re:産業空洞化の主たる要因...電力不足説の´嘘´  柳沢のたんたん 2011-8-21 20:26

    電力事業は国営にして世界の電気料金と同じ水準に引き下げて、工業界の需要に応じるように電力業界の体質を改善するような努力をするべきが本来の姿ではなかろうか。高い電力業界の独占的な、それに付随した高給与の体質を改める事が必要なことと思われる。
    それこそ無駄だらけな出費が多すぎるのでは無いカと思われる所の削除が必要であろう。

    独占的な事業体質は我が国の事業界の癌でもあろう。
    此の事は我が国のこれからの事業を世界の水準に伍して行く事に大切な問題でもあろう。独占的な事業は産業界にとってはマイナス要因の一つでもある。グローバル的な産業の競争社会を生き抜くためにも、こう言う発想が必要であろう。

    今日まで誰も此の問題に触れようとしなかった事は此の利権にあやかる体質が政界、官僚界にも有る事が大きな原因であった事であろう。
    原発が低コストであるとは、事故災害の損害を考えればコストは大変高いと言う事と言わねばならぬ。
    此れは人間の生命を担保して人権無視の思想にも通じる。

    此の度の原発の事故対策は原子力事業は未だに人類の知識で制御するだけの水準に達していない何よりの証明で有ろう。
    御用学者と言われている人達に大いに反省をして貰いたい物だ。利益を追求する前に生命の保証を優先して貰いたい。
    今回の事で被害のあった子供さんに対して生きている限り全幅の保証をお願いしたい。
    -----------------
    【15458】Re:産業空洞化の主たる要因...電力不足説の´嘘´  kounosuke 2011-8-21 22:13
     ▼柳沢のたんたん さん:

    電力業界の体質改善は発送電分離しか有りません。
    この発送電分離はかなり前から何度も言われていますが、電力業界の圧力でその都度パーになって来ています。
    今が又、チャンスと思いましたが、「脱原発」の菅さんがやめて「原発推進」の各候補が出ているので今度も「発送電分離」は話題にもならないでしょう。ただ「みんなの党」が言っているので期待したいと思います。

    たんたんさんの好きな小沢一郎さんは「原発推進派」で「トリウム原発」がいいと言っているそうです。
    それから、小沢さんは政権交代して一番に公約破りをしました。
    ガソリンの暫定税率が廃止されるはずだったのが道路を作るとの事で廃止しませんでした。

    1年生議員は政策にタッチせず選挙区で次の選挙に備えろと言っていましたが、有権者を馬鹿にしています。
    投票したという事は、政治活動をして貰う為です、本末転倒です。
    今回の党首選挙でも裁判が終わるまで小沢グループは自主投票にすべきです、謹慎中の者が総理を選ぶなんて不節操きわまりない。
    ただ、謹慎中でも被災に有っている人たちの為にもっとその方面で活動すべきではありませんか?
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在931通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7292
4 【15557】老人党メルマガ(393)
北極星   運営スタッフ 2011-9-4 6:35:51  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(393) ::: 2011/9/4
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15537】Re:下流こその時代だ 「苦役列車」 ブンコウ
    【15541】野田新首相に期待する   pierre
    【15545】野田新首相に期待する   柳沢のたんたん
    【15552】Re:野田新首相に期待する...小沢氏、いい評価(^^ かっくるなかしま
    【15556】幸之助の怨念    dunc
    【15550】やはり、国民の生活が一番   Gokai
    【15515】オフライン支部便り:須藤正剛さま(8月15日)  笹井明子
    【15520】Re:ブレイクタイム(幸福の新方程式)    usagi65
    =========================================================================
    【15537】Re:下流こその時代だ 「苦役列車」  ブンコウ 2011-8-31 13:40

    朝日新聞の8月31日朝刊のオピニオンページに、「苦役列車」で芥川賞を受賞した作家 西村健太氏の”尻拭いできれば名総理”との題で意見を述べていた。苦役列車は私小説だから、リアルそのもので、同じことを体験したとしてもその場かぎりで忘れてしまいそうなことを猜疑心旺盛にグジュグジュ書いているのだが、樋口一葉調で内容とは逆に綺麗に読めるから不思議だ。

    知人の一人が同人誌に投稿しており、よく出版社の佳作に選ばれ自費出版を進めらているが、賞などはほど遠いと謙遜する。
    運も味方しないと難しいのだろう。You-Tubeの動画で拝見する西村さんの現実の姿は下流に近い意見の持ち主だろう。
    まず彼は「国会議員には自分を犠牲にする姿がみえない。たとえば国会議員の数を減らす、歳費も減額する。そこからだ」と述べている。
    また「実態として小沢さん主導でも物事が動いていくのなら(いい)」とも言っている。

    野田首相も、中間層の落ちこぼれを心配するが、政策からして、弱者が足を引っ張るように捉えていそうだだから心配だ。
    小泉首相がアメリカの政策に飲み込まれるように規制緩和を断行したのだが、それはいいとしてもその後が悪い。
    アメリカが日本の資本家、官僚などの上層を巻き込み、富裕層こそが日本の国を繁栄さすのだの誘導に、政府はなんの戸惑いもなく富裕層に税の優遇、エコ減税、補助金助成など目に余るものがあるのではないか。メディアも呼応しその保身も兼ねて裸の王様なみだ。

    今日もテレビでは、組閣がどうのこうのと、冠有識者が、お茶の間相手にお金を稼いでいる
    -----------------
    【15541】野田新首相に期待する   pierre 2011-8-31 20:05

    民主党の新しい代表に野田佳彦氏が選ばれた。小沢氏の海江田万里氏支持が明らかになり、一時は海江田氏が代表に選ばれるのかと危惧したが、決選投票で野田氏が当選したというニュースに民主党にもかすかな良心が残っていたと、安堵した。なぜなら、海江田氏が当選したら、明らかに小沢氏の傀儡であり、かって田中角栄氏が“闇将軍”と揶揄されて君臨した時代の自民党を彷彿とさせる珍事になるからである。

    小沢氏は、手勢と目される100人を超える議員を引き連れ、陰に陽に民主党運営に無視できない影響力を発揮しているが、金権疑惑で起訴された立場にあり、現に民主党員の資格を停止されているのである。にもかかわらず、あれこれと発言力を維持するのは、解せない。
    また「マニフェストは、有権者との契約であり、違約は許されない」と言う立場だというが、16兆円を上回る財源が必要と言うにも拘わらず、その手当ては曖昧なままである。

    マニフェストを公開した当時の幹事長として、公約の実現がままならないことの責任をどう取る気なのであろうか。
    小沢氏と同じような立場を維持する鳩山由紀夫氏の場合は、首相というポストをしくじったのである。
    今さら、元首相として有形無形の影響を行使しようとするのは噴飯ものと言わなければならない。

    野田新首相は「もうノーサイドにしましょう」と提言し、幹事長に小沢氏と近いとされる輿石東参院議員会長を当てた。
    新首相がここまで党内融和に歩み寄るなら、次は小沢・鳩山氏側が歩み寄るべきである。しかし、今朝の新聞は小沢氏が「自らに近い議員と会い、自身の支持勢力を統合し、新たなグループを発足させる方向で調整に入るよう指示した」(『nikkei.com』11.08.31.朝刊)と報じた。

    つまり事態は逆に動いているのである。
    小沢氏も鳩山氏も支持グループを解消し、自らの影響力を誇示するような動きをやめるべきではないか。これこそが小沢・鳩山氏側の歩み寄りである。4月15~17日の新聞の世論調査では、「東日本大震災の復旧・復興策の財源について、増税を容認する意見が69%に達した。
    …民主党マニフェストを巡っては、88%が『見直す必要がある』と回答した」(『日本経済新聞』11.04.18.朝刊)のである。

    野田新首相の考えている路線を、多くの有権者は支持していると言うべきだろう。難問を多く抱え、民主党内にも多様な意見があり、ねじれ国会の現実は相変わらずであるが、野田新首相はこの世論の支持をバックに、敢然と難問に取り組んでほしい。

    2年前の政権交代で、ようやくこの国も民主主義国の仲間入りをすることができた、と喜んだが、それが失敗続きの民主党政治で、またかっての自民党1党支配に戻るようではそれは悪夢である。つまり、今後とも一定期間毎に政権が交代する国であって欲しいのである。
    そのためには野田新首相の手腕が唯一の頼りである。新首相に期待する趣旨はそこにある。
    -----------------
    【15545】 野田新首相に期待する  柳沢のたんたん 2011-9-1 12:20

    朝日新聞のコラムで今度の民主党の総裁選びで、国民は小沢さんを嫌うような言葉がでていたが、これは小沢嫌いの人が多いということらしい。事実そうかもしれないが、反面小沢を信奉している人もまた多いという事でもある。
    脱小沢と言う発言が多いと言う事の意味は小沢さんに対してメデアと官僚の為に国民が洗脳されているということに他ならない。

    戦時中には、軍と天皇制に反する発言をした人は皆国賊扱いであった。『小沢的』と言う事の意味は何を意味しているかはことの真実性はさておき、日本人特有な付和雷同性のしからしむる所以であるでしょう。その意味するところは、お金で物事を左右すると言う意味のように受け取れるが。日本人はお金に対してそれほど綺麗な感覚で日常生活を営んでいるでしょうか。

    戦後歴代の政権でそれほどお金に綺麗な人達が政治を司ってきたであろうか。現在本当の意味において政界の浄化を本当に進められる人は、小沢さんをおいてできる人はいないのではないでしょうか。役人の無責任な日常は国民の皆さんのご承知のごとく、今回の災害の被害に遭った人達に対する政府のあり方を見れば、良く理解できるでしょう。義捐金さえも皆さんに行き渡るような勤めさえ放棄しております。

    曰く公平に渡るようにと言って、その日暮らしの人達がいるのに、政権の中央にいる人間が六本木辺りをウロウロしている醜態を晒してます。
    今度新しく野田さんが政権の座に座りましたが、何所までこの事態の収拾をやれるかこれからの実行力の問題でしょう。
    松下政経塾での人達の意識の評判は余り芳しくありませんが彼は此れを打破出来るでしょうか。

    ドジョウになって一つ一つ案件をこなしてゆくと言われてますが、国民はその能力に期待をしておりますが、果たして如何なものでしょうか。
    私も期待したいと思っております。発言の謙虚さとしては十分ですが、松下政経塾出の人は物事を上から見る性格があると言われてます。
    これは庶民的でないという事でしょう。

    本当に庶民感覚で目線を民主的に見ることができるのでしょうか。戦後育ちの人は兎角綺麗事の一面だけを見て反応している向きが多い様ですが、虚飾に満ち満ちているこの社会の本当の有様をいかに感じているでしょうか。
    私は戦後、白洲次郎さんと言う人を学んでおりますが、彼ほど立派な人物がこの困難な時期に求められているのではないでしょうか。
    立派な人では、広田弘毅さんもおりました。現在では小沢一郎にその影を求めたい。
    -----------------
    【15552】Re:野田新首相に期待する...小沢氏、いい評価(^^   かっくるなかしま 2011-9-2 18:08 (編集)

    見ていて嬉しい(^^ さすが小沢さんだ。
    小沢氏、“いい体制”。
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110901/stt11090116550004-n1.htm
    (産経、「小沢氏「いい体制だ」執行部人事を評価」、2011/9/1)

    >>小沢一郎元代表が野田佳彦新首相(党代表)による党執行部人事について「悪くはない体制だ。輿石東幹事長は自分たちに近いので、いいんじゃないか。幹事長になったからには頑張ってほしい」と評価していた...

    小沢氏、“いい構成”。
    http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/09/02/kiji/K20110902001539360.html
    (スポニチ、「小沢氏 新内閣を評価「いい構成 みんなに気を使っている」」、2011/9/2)

    >>民主党の小沢一郎元代表は2日午後、野田新内閣の布陣について「いい構成ではないか。相当、みんなに気を使っている」と評価した

    ps.
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110902-OYT1T00495.htm
    (読売、「ノーサイド内閣」、2011/9/2)

    >>>政府中枢の財務相と外相を若い40歳代が占めるのは異例

    画期的だ...

    >>>また、無所属の与謝野馨経済財政相が閣外に去り

    増税路線が...

    >>>ただ、鳩山前首相グループからの起用はなく ...
    -----------------
    【15556】幸之助の怨念    dunc 2011-9-3 20:50

    松下政経塾出身の野田総理誕生に複雑な思いがある。戦後発展した松下電器は東芝や日立から「マネシタ電器」と嘲られ、創業者松下幸之助も経営者仲間としては付き合って貰えなかった。当時の政治は経営者団体の献金次第の時代で、幸之助も「企業も法人税を払う以上、政治に参加する権利が有る」として政経塾を造ったのは有名な話だ。

    松下電器も今はパナソニックとなり経営方針も少しは変わったかも知れない。
    しかし私企業が堂々と一から政治家を養成して国のトップに送り込む事例は世界でも珍しく、一切気にしない日本はやはり特異な国だとつくづく思う。自己の持つ総てを自企業に捧げ、社員にもそれを要求した松下幸之助が生きていれば、新内閣にまず何をさせたいと思うのだろう。
    -----------------
    【15550】やはり、国民の生活が一番 Gokai 2011-9-2 12:50(編集)
     ▼柳沢のたんたんさん:こんにちは。

    >朝日新聞のコラムで今度の民主党の総裁選びで、国民は小沢さんを嫌うような言葉がでていたが

    他人には厳しく、自分には甘く。だから冤罪であろうとなかろうと罰してしまえ。
    マスメディアは、人間のそのような性を利用して小沢潰しを行う。
    さて、野田さんが選挙で勝利した理由は、「解散できるほどの人気が自分には無い」と演説した事だとか。
    もしそうなら、自分達の延命のために、野田さんに投票した民主党代議士が大勢居たことになる。

    反対に、少なくとも小沢グループは、あくまで「国民の生活が第一」「3党合意は反故にしても良い」は、潔い態度。
    海江田さんは、もっとはっきり傀儡で何処が悪い、それが国民のためであるといえばもっと良かった。でもまあ、次に期待してぎりぎり60点というところ。小沢グループと国民のために一番良かった方法はやはり、海江田さん支持より、馬淵さん支持の方。
    こちらが、意図がはっきりしていてもっと良かったと思います。

    私はやはり、次の総選挙でも小沢支持を変えることはありません。やや判断の誤りがあったり、負けたりしましたが、
    小沢グループも「自分達を守るより、国民を守る」ということに対して、一定の意地を通したと見ます。
    馬渕澄夫さんとそのグループも良くやった、もちろん気持ちの上だけですが、今後は応援したい。亀井静香国民新党も忘れていない。
    -----------------
    【15515】オフライン支部便り−2011:須藤正剛さま(8月15日)  笹井明子 2011-8-28 10:54

    「慰霊の月と原爆投下」残暑が続いている。昔は寒さの時期は寒く夏は暑い方が豊作で収穫も多く、大漁だから翌年が楽しみだと言われていた。しかし今年は気温をふくめて、天候に異常な軋みが感じられる。地震も日々に報道されている。
    8月といえば仏教では迎え火送り火でご先祖を迎えてお盆施餓鬼供養が営まれ、地域によっては慰霊灯籠流しも行われる。
    東北大震災の被災地の人々は、今年のお盆をどんな思いで過ごされているか、胸が締め付けられる。行方不明のままの人も多い。

    さらに今月ごく自然に思い出されるとしたら、66年前の終戦間近かの原爆投下だ。いまも原爆症の関連で死亡している人たちがいる現実がやりきれない。大東亜戦争は日本ではまだ終わっていないという思いは正しい。その当時私は小学生。貧しい暮らしの中で母が頑張っていた。
    原爆投下のニュースを聞かされて、きちんとした理由や細かな経緯(いきさつ)の理解はできず、ただ怖かった印象があった。

    最近になって読んだものがある。アメリカ、イギリスが原子爆弾を製造して、太平洋マリアナ群島の北端、テニアン(この島から僅か6キロ地点にサイパン島がある。日本兵4万3千人戦死)に運ばれ、組み立てられた。アメリカ海兵隊によって、テニアン島に4本の滑走路が造られ、そこを基地としてB29エノラゲイが日本までの3千3百キロを往復することになるなどのほか、爆撃の効果測定の内容や第五福竜丸事件、ソビエトとの部分核実験停止条約の締結など、アメリカ人科学者として開発した立場から、広い範囲に事実を求めて書かれた本だ。

    バーナード・オキーフ著「核の人質たち」サイマル出版会刊である。巨大財閥・政治家・科学者・軍人などがゲームのように核を転がしていく。平成元年の発行となっているから新しい本ではないが、歴史を知り、向き合うことも大きな学習になる。
    核爆弾は全世界に散らばっている。大国が恐れているのは、テロの攻撃に晒されていることではないか。チェルノブイリ原発事故被害もあった。その後の状況はいまどうなっているのかも知るべきだ。

    平成17年夏に、政府はロシアの退役原子力潜水艦の解体事業で、5億5千万円の支援を行っている。
    簡単な話が、ガラクタになった原子力潜水艦を海に係留しておくと、日本海が汚染して困るから手を貸したという話だ。
    原子炉区画部分を、半永久的に陸上の大型施設で保管する構想だ。核は製造も保管も莫大な経費が必要になる。

    発電所と潜水艦は別物だが、どちらも放射能や核とは切り離せないものだ。
    その高度な技術の応用が、なぜ国内の震災で活かされなかったのか。素朴な疑問である。

    私は科学者や歴史学者、軍事専門家でもない。日本で生まれ、育てられ、生かされている日本人だ。8月は先祖の慰霊供養と、なぜか大量の日本人を虐殺した原爆投下が並ぶ月でもある。66年以前の話ではない。昨日今日の話として後世に忘れずに伝えたい。だから生きている限り歴史と向き合いたい。不条理な悲しみや痛みに共感したい。
    -----------------
    【15520】Re:ブレイクタイム(幸福の新方程式)   usagi65 2011-8-29 12:05

    ダイヤモンドオンラインより若者、山口陽平氏の記事をみつけ、心に残ったので皆様にも読んでいただきたいと思い紹介いたします。
    @dol_editors ダイヤモンドオンライン [新着記事]“引く”ことで浮かび上がるもの21世紀型 幸福の新方程式 - 混迷日本で幸せになるための“21世紀型”リテラシー http://t.co/NbPYBOf

    それは、成長しない国内においてGDP(経済成長)という指標を捨て、成熟した豊かさを目指そうと言っています。その為には、心の持ち方を変えようと。日本人は世界的に見ても裕福な国で、恵まれているのに自殺が多い(幸せだと思っていない)それは「期待値」が高すぎるのが原因と著者。お金がすべてではなく、身の丈にあった貢献できる仕事や趣味を持つことで幸福感を持つことが出来ると。

    著者が若者であることが以外でもあり婆はうれしいのです。世の中の仕組みがこのままでよいとは思っていませんが、しかし震災以降、特に日本人の幸福に対する考え方は変わりつつあるのではないかと思います。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在931通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7960
5 【15620】老人党メルマガ(394)
北極星   運営スタッフ 2011-9-11 9:07:17  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(394) ::: 2011/9/11
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15571】「文民統制」私見        J.J.McCIII
    【15601】Re:9月7日の読売の社説に憤慨  かっくるなかしま
    【15608】前原発言            柳沢のたんたん
    【15564】野田総理と安住財務大臣へのお願い dunc
    【なだくんの備忘録】世論調査の数字   なだいなだ
    【15613】増税論議            原口 隆志
    【15614】Re:増税論議         Gokai
    =========================================================================
    【15571】「文民統制」私見  J.J.McCIII 2011-9-5 21:20
     ▼かっくるなかしまさん:タミゾールさん:こんばんは。

    青少年の非行や徴兵制の話とは大きくそれますが、大切なことだと思うので横レス失礼。

    >>石破さんは防衛に素人の防衛大臣を罵った。それだけ、日本は平和な証拠でしょう。
    >>素人の反対はオタク。「丸」を愛読するオタクな軍事ジャーナリストがわんさかいても、平和が保てるとは限らない。

    >「鉄道オタクがトップでも、国交行政を指揮できるとは限らない」

    「文民統制」と言う時の「文民」とは何か。我々国民のことですよ。我々国民の代表たる総理大臣、防衛大臣のことですよ。
    行政のプロたる彼らは、軍人の意見を良く聞き、理解し、軍人以外の声をも総合的に勘案して最終決断を下すのだ。
    これは相当以上の能力とノーハウと努力を必要とする。
    それを「素人だから最適だウンヌン」とお気楽にされたら、経験者たる石破氏が怒るのは当然だ。

    p.s.
    意外に無視されがちだが、これは軍事に限ったことではない。医療における医師、教育における教師etc.についても言えることだ。
    いろんなところで「政治主導」が必要とされている時だ。一罰百戒! 一川氏は罷免して綱紀粛正を図ったほうが良いと思う。
    -----------------
    【15601】Re:9月7日の読売の社説に憤慨   かっくるなかしま 2011-9-8 10:32 (編集)
    ▼kounosukeさん:おはようございます。

    読売社説、拝見しております。
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110906-OYT1T01165.htm
    (読売、「エネルギー政策 展望なき「脱原発」と決別を」、2011/9/7)

    読売社説の紹介&ダイジェスト。
    http://www.j-cast.com/2011/09/07106552.html
    (JCAST、「感情的な『脱原発』に流されるな」と読売社説」、2011/9/7)

    はっきり言って、(誰がどう見ても)新規立地が困難で、既設原発が高経年化していて、
    従って、「原発を推進することはおろか、維持するという展望が開けない」わけだから、
    展望なき「原発推進」と決別を、感情的な「原発推進」に流されるな、が´正しい´わけです。

    >今夏の電力事情は原発15基分が余ったと中日新聞等に報道されていました、読売新聞は世論と全くかけ離れた考えを持っている様です

    現実逃避です。

    >この中に「原発の発電割合は28.6%(2010年度)」と書いて有りますが、原発を運転している時は極力火力を止めています、火力もフル稼働しての上であればこの数字も納得できますが止めれば当然割合も高くなります

    その通り。方やベース電源として、昼夜、通年、稼働させ、方や調整電源として、瞬時稼働させるわけですから、
    設備能力と発電出力とが、乖離しますよね。今夏は、火力の設備能力でもって、原発の発電出力を、かなりの部分、カバーしたわけです。

    >「火力発電を増やせば電気料金が大幅に高くなる」と有りますが、これも原発を縮小する事によりお金をそちらに回せばよいのでは!

    「火力発電を増やせば電気料金が大幅に高くなる」とか、あほですよね(笑
    両者の発電原価に変わりがなければ、ミックスの変化は、価格に対し、「中立」です。
    これまでのところ、原発の発電原価の詳細が明らかでなく、また、原発の発電原価を安く設定して販売していたから、
    火力を増やして補ったら料金が上がるという現象が生じているわけです。

    (発電原価は、イニシャルコストとランニングコストで決まるが、後者のランニングコスト≒燃料費ばかりに注目して、
    燃料代が3兆円かかるのどうのと、ばかなことを言っている)

    (火力が7円/で、原発が5円/ということは、原発には燃料代以外のコストが多額にかかっていて、それらを含めて原価が決まっている。
    そして大差がない)(原発の発電原価を安く設定すべく、原発の使用年数を無理矢理伸ばす。減価償却年数(≒想定耐用期限)を超えて動かせば、それは安くなって当たり前だ。そして、そういう安易な考え方が事故のもと。)

    (火力の発電原価を高く設定すべく、設備を多く持ちつつ、稼働率を無理矢理下げる。原価が高くなって当たり前)(加えて、原発の発電原価を安く設定すべく、たいした保険料を国に納めず、絶対に事故が起きないと仮定して引当金も全く積まず、いったいいくらかかるのか未だ定かでないバックエンド処理コストは原価に十分には反映せず、しかも、国が支出している手厚い交付金も比較原価に反映させない)

    要するに、原発からの電力は、「不当廉売」されていたに過ぎませんよ。では。
    -----------------
    【15608】前原発言 柳沢のたんたん 2011-9-9 8:31

    前原がアメリカに行って勝手な発言をしたようだ。こんな浅学非才な発言をするような民主党が赦されませんですね。
    サッサと退陣して貰いたいと思う。これが国民の意思と思われては日本の将来が思いやられると言う事になりませんか。
    とんでもない、発言ですね。こんな事を言う幹部は引き摺り下ろす必要があると言う事になりませんか。

    私達はこんな発言を赦すわけに行きません。私はこのような思想の持ち主の為に、民主党に票を入れたのではないと言う事を言って置きます。
    日本国の憲法が判らないのでしょうか。憲法違反です。
    松下政経塾と言う所は民主主義という言葉が判らない人間を教育する所ですかね。
    -----------------
    【15564】野田総理と安住財務大臣へのお願い dunc 2011-9-5 10:48

    円高対策は古く1985年9月のプラザ合意以降30年近く続き何の効果も無い、当時のバブル政策そのものが円高対策だった事さえ知らない若者もいる。貿易自由化による日本の衰退は、無理な円高対策とデフレ対策で日本産業の世界への順応を阻んだ結果と言えるだろう。

    日本の国民消費は250兆円で、長い鎖国の自給自足の文化を持つ国民だが、生きるのに必要な食糧の6割・衣料の9割を輸入する国でもある。
    低所得者は安い海外製品でやっと生きているのが現実で、千年に一度の東日本大震災で2万を超す死者を出したが、生活苦や病気で自殺する人達も毎年それを超す。もし円が下がって真っ先に犠牲となるのは、政権交代を支持した大多数の低所得者だと大臣方も認識して欲しい。

    いつの時代にも「世の中が悪い」とスネる若者はいる。
    親の資産がバブルで膨れ上がった恵まれた中年の怠け者も、資産の減少を嘆き「デフレが悪い、円高が悪い」と叫ぶだろう。
    一方、有り余る資金で株や為替、先物証券を操り世界経済を混乱させる人達もいる。日本が単独では存在できない証だろう。

    災害財源は消費税だけと考えずに、不安定な証券取引の毎日に売買代金に低率の課税をしても、取引所以外誰も困らないし、株や為替の安定は悪い事ではない。規定概念に縛られなければ財政再建も困難ではない。
    衰退する国に反して富裕層の多さを世界に誇る日本では、国の徴税機能が公平に働いていない事も、まず政府に認識して欲しい事の一つだ。
    -----------------
    【なだくんの備忘録】世論調査の数字  なだいなだ 2011/09/07

    野田新内閣の支持率なるものが出た。まだ、何もしないうちから、半分以上の国民が支持しているという数字が出る。
    そのことを疑問に思うものが、内部にいないのだろうか。この数字は、マスコミの好感度が反映されただけだ。
    あるいは、新しけりゃ、なんでも期待してしまう、というオッチョコチョイが、国民の60パーセント以上を占めるということを示すだけだ。

    支持率低く、まだ、いいか悪いか、判断できないから、というところから始まり、一か月で、思ったよりよさそうか、と尋ねて、数字が上がっていれば、そこそこの仕事をしているということが示される。
    60パーセントという数字は、少なくとも、今の世論調査のあり方を反省しろという意味だとおもう。

    野田内閣は、ドジョウ内閣という愛称がつけられた。そのもとになった引用は、ドジョウは金魚になれない、だった。
    それが、ドジョウのように泥まみれになって働くというイメージになった。今のマスコミの頭の程度がわかる。
    ある大新聞は、見出しに、「ドジョウのように汗をかく」とあった。

    ばかな、ドジョウが汗をかくか。ドジョウが泥まみれになるか。泥に隠れているだけだ。
    泥まみれになって、ドジョウをすくうのが安来節のドジョウすくい。泥まみれのイメージだったら、ドジョウすくい内閣がいいところ。
    この内閣と前内閣とのはっきりした違いは、脱原子力政策が、後退したということだ。そのことを報道して、世論調査をしたらどうだろう。
    -----------------
    【15613】増税論議 原口 隆志 2011-9-9 19:32

    野田政権は、増税するのでしょうか。消費税率上げれば低所得層に大打撃与えること間違い無しです。
    せめてドイツ方式をとり生活必需品には非課税又は低率(3%)課税とすることはできないのか。
    今年度末(2012.3.31)には国・地方合わせて1,200兆円の累積債務。もうこれは償還不能ではないかと思います。
    国税、地方税収入80兆円ですから、国・地方の行政 一切止め、のまず食わずとしても償還には15年かかります。こんこと非現実的です。

    さらに、災害復旧費と東電原子力災害で無辜の市民に与えた損害の補償費として国負担分勘案したとき、さらに予算規模ふくらみます。
    最後の非常手段として、国債の日銀引受不可避と思いますが、皆さんのお考え伺いたい。年間40兆円くらいで5年継続し、これは「有るとき払いの催促なし」とし、これを原資として災害復旧やりかつ国・地方の債務帳消しとして、債務地獄から脱出させることです。

    麻薬患者が麻薬を求めるように成らないために税財政監視委員会のようなものつくり監視していくしかないと思いま。勿論これは国・地方公共団体から独立した機関とすべきです。
    -----------------
    【15614】Re:増税論議 Gokai 2011-9-9 21:01
     ▼原口 隆志さん:こんにちは。

    >今年度末(2012.3.31)には国・地方合わせて1,200兆円の累積債務。もうこれは償還不能ではないかと思います。

    償還は借り換え債の発行によって、着実に行われています。また、国債の追加発行も日銀がマネタリーベースを増やすことにより、今後も着実に、市中消化されます。累積赤字の1200兆円をご心配されておられるようですが、その額もまだまだ増加させること可能で、おそらく累積赤字総額が3000兆円〜4000兆円位が今の日本の貨幣経済の適正な額だろうと思います。

    そこまで増やしてから後はそれを更に増やすか或いは減らすかを算段すればよいと思います。
    増税は全く必要ありません。むしろ消費税をなくし、介護医療教育子供手当ての補助金を増額すべきです。
    ただ、再分配のバランスをとる意味から、累進税率の勾配を上げること、企業所得税の累進税による増税は必要です。

    >最後の非常手段として、国債の日銀引受不可避と思いますが、

    国債の日銀引受はマネタリーベースの量そのものですから、日銀に任せておけばよいと思います。

    >皆さんのお考え伺いたい。年間40兆円くらいで5年継続し、これは「有るとき払いの催促なし」とし、

    ↑このお考えは、丹羽春喜先生のお考えですね。素晴らしい先生ですが、同意できないお考えです。
    それよりも、もっともっと赤字国債の増発をするほうが良い。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在930通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7874
6 【15675】Re: 老人党メルマガ(395)
北極星   運営スタッフ 2011-9-18 6:27:05  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(395) ::: 2011/9/18
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15629】Re:また脱原発派が消えた!! kounosuke
    【15630】Re:また脱原発派が消えた!! J.I
    【15632】Re:また脱原発派が消えた!!  タミゾール
    【15654】Re:元経産相、鉢呂吉雄氏は無罪  Gokai
    【15662】Re:元経産相、鉢呂吉雄氏は無罪  タミゾール
    【15640】消費税の逆進性   J.J.McCIII
    【15641】Re:増税論議 Gokai
    【15642】Re:タバコの話   J.J.McCIII
    =========================================================================
    【15629】Re:また脱原発派が消えた!! kounosuke 2011-9-11 22:45

    鉢呂さんが言った「死の町」は誰もが思っている事、大臣だから「これをいい町にする」と加えれば済む事。
    放射能の件は「うかつでした」とあやまれば済む事。

    こんな事で辞める本人が一番だらしないのですが、野田総理も事なかれ主義なのか簡単にやめさせてしまった。
    脱原発派が就任したので、少しは期待したが「脱原発」を主張した途端に辞める事になってしまった。
    国民もその流れを注目して欲しい。世論は脱原発なのに、利権で食っている人達はあの手この手を使ってくる。
    -----------------
    【15630】Re:また脱原発派が消えた!! J.I 2011-9-12 5:07
     ▼kounosuke様

    鉢呂氏の発言は言い加えたり、謝ったりですむことでしょうか。いまの野田内閣は明らかに菅前首相の脱原発路線から後退しています。
    そのさなか、脱原発路線の鉢呂氏はその発言や行動に充分過ぎる位の注意を払うべきだった・・・のではないでしょうか。

    民主党代表選で小沢派が海江田氏を推し、菅前首相派の野田氏と前原氏が2位、3位となり、決選投票では大方の予想を裏切って野田氏が大差で民主党代表の座を勝ち取り・・・には原発推進派の何らかの「働き」が・・・と思うのはかんぐりすぎでしょうか?
    -----------------
    【15632】Re:また脱原発派が消えた!!   タミゾール 2011-9-12 9:02
     ▼JIさん:おはようございます。

    >鉢呂氏の発言は言い加えたり、あやまったりですむことでしょうか。いまの野田内閣は明らかに菅前首相の脱原発路線から後退しています。
    >そのさなか、脱原発路線の鉢呂氏はその発言や行動に充分過ぎる位の注意を払うべきだった・のではないでしょうか。

    まったく賛成です。「死の街」発言は、ことばがりだと思う。そんなこと言ってたら、事実をソフトに隠蔽してしかものが言えなくなるからです。しかし、「放射能」発言は間違いでしょう。オフレコだからいいって考えたのでしょう。
    記者がオフレコをオープンにすることもどうかって思いますが、東海テレビと同じでしょう。

    そして、こういう発言を容認するような体質が、石原知事・橋下知事の暴言を許す温床であろう。どんなに優れていても、どんなに立派でも、このような発言は断固許せないと思う。民主政治の基本として、他者への敬意・多様性の擁護は必須だと考えるからです。
    もちろん、民衆レベルの言説まで規制するのは怖いが。同時に、記者たちも自分たちの発言には責任を持ってほしいな。
    -----------------
    【15654】Re:元経産相、鉢呂吉雄氏は無罪  Gokai 2011-9-14 14:01

    同じく、世直し老人党の投稿から、投稿者は「桔梗氏」(田中龍作氏のブログより引用)
    ...引用開始...脱原発の大臣ではない枝野氏を迎えた記者クラブは、柔らかい質問に終始した。
    鉢呂前大臣の辞任会見で鬼の首でも取ったようにヤクザ言葉で答を迫っていた記者も、この日は無言だった。
    筆者は件の記者に名刺交換を求めたが応じてもらえなかった。社名と氏名を聞いたが答えてくれない。彼はそそくさと逃げた。

    それも大臣官房の広報室に逃げ込んだのである。官僚ならば“身内”だから助けてくれるとでも思ったのだろうか。
    「選挙で国民から選ばれた鉢呂大臣をあなたはヤクザ言葉で罵倒したんですよ。どうして自分の名前を名乗らないのです?コソコソ逃げるのですか?」。筆者はその記者に尋ねた。彼は終始無言だ。大臣官房広報室で保護してもらえないと分かると彼はエレベータに向かった。

    記者室に戻ると配席表で名前が割れるからだ。筆者がエレベータに一緒に乗り込むと、エレベータから降りて違うエレベータに乗り換えた。
    筆者も乗り換えた。同じ質問を続けた。自分の名前も名乗れない人間が政治家の進退を左右するようなことになったら、政治はガタガタになるからだ。卑劣な記者は最後まで無言のままハイヤーの中に消えた。...引用終わり...

    何が本当か良くわからん。そもそも、はなもとあかり氏の投稿にしたって、あかり氏が最後に結んでいる言葉は、
    「鉢呂経産相が一人芝居をしたわけではないはず、記者の言葉も同時に伝えてくれないと、ただの“煽り”になってしまいます。
    マスコミの“煽り”には、よほど気をつけないといけないと私は思います」である。

    問題は、やはりマスコミにあるようだ。大臣発言に問題があるのであれば、最低でも前後3分ずつぐらいは100%報道すべきだろう。
    それでこそ大臣も含め、他人を正当に有罪にできるというもの。他人を罰するのだから、手抜きは許されん。
    -----------------
    【15662】Re:元経産相、鉢呂吉雄氏は無罪    タミゾール 2011-9-16 8:28
     ▼珠さん、みなさん:おはようございます。

    鉢呂さんの舌禍事件ですが、なるほどいろいろと裏がありそうですね。
    そこで、おかしいと思うのは、ハチロさんがなぜ辞めてしまったかということです。いってないならいってないと突っ張ればいい。ことばの内容は別にしても、意識の中で発言のようなおふざけをしたと考えるのが合理的な判断である。それを、厳しく自省したのではないでしょうか。

    また、いってもないことで騒がれたことを苦にして辞めるというのであれば、その程度の大臣であったということでしょう。原発を食い止めるという気があるのなら、相当な覚悟を持ってやってもらわないと困る。昨日の中曽根氏のインタビューでは、彼は原発推進に対して全く反省の弁がない。98歳の高齢者をいじめてもしょうがないが。しかし、敵はあのようにしぶとく、面の皮が厚い連中です。
    それに対抗するには相当の覚悟と実行力が必要ではないか。枝野氏がどの程度やるかを見ていけばいい。

    市民の運動を継続し、住民投票や国民投票などさまざまな手法も考え、プレッシャーをかけ続けないと。
    原発の職員がストを打ってもいいわけで。それとは別に、フジの報道姿勢は追求すればいい。

    東電のボーナスについては、気分はわかりますが。ボーナスなんてもらってないので。ただ、ボーナスも給与の一部と考えれば、そこまで非難することなのか。何かあったらボーナスはなくなる。経営陣の問題と、労働者の問題はわけないと。アジア諸国に迷惑をかけた日本はボーナスもらって皆ウハウハしてる。賠償もせずにけしからん。拉致していじめちゃえ。というのと似てるような。

    たいへんなバッシングを浴びながら働き続ける東電社員が多少でも頑張っていこうって気を出してもらわないと、皆逃げちゃう。
    ボーナスがあるということは、賠償の余地があるとも考えられます。賠償が不備があるのなら、社員のボーナス分を廻せ、と要求すればいいのでは。提案としては、御褒美のようなボーナス、退職金という制度をやめちゃうことですね。その分をしっかり毎月の給与に反映すればいい。

    給与も削れっていにくいですから。越権行為でしょうし、同じ労働者の権利を侵害するのだから。
    40万は安いよな。今までいくらもらってたかが大事か。
    -----------------
    【15640】消費税の逆進性   J.J.McCIII 2011-9-12 20:40
     ▼原口 隆志さん:

    >野田政権は、増税するのでしょうか。消費税率上げれば低所得層に大打撃与えること間違い無しです。
    >せめてドイツ方式をとり生活必需品には非課税又は低率(3%)課税とすることはできないのか。

    消費税に関して、この考え方には反対です。とかく、食料品は例外にetc.という話になるがナンセンスである。生活必需品とは何か。
    飢え死にせずとも裸では暮らせないし、土管に住む訳にもいかない。衣食住はもちろん、新聞・テレビ・交通手段・教養・娯楽etc.は現代人にとっての生活必需品なのだ。そもそも、各人それぞれが、必要だと思うから買うのだ。

    現行では、月10万の消費生活者には月5千円を、100万円の消費生活を愉しむものは5万円を課税している。
    消費税とは、生活程度にかける税であり、“受益税”とも言える。何事にも“低率なれど例外無し”に課税、が望ましい。
    逆進性があるといわれるなら、低所得者層へは、所得に応じた補助金給付を検討すべきだろう。
    そのためには、納税者番号制度etc.による所得把握が必要となるが。
    -----------------
    【15641】Re:増税論議 Gokai 2011-9-12 21:12
     ▼タミゾールさん:こんにちは。今晩が十五夜だった。知らなんだ。

    >最貧国になれって言ってるわけじゃアないのですよ。

    最貧国でも国民が食べれて寒くなければいい、いつまでも。順番の問題じゃない。昔、「Japan as No.1」といわれた時代があった。
    http://www.jicl.jp/now/jiji/backnumber/1979.html
    それほどの優れた日本が健全財政主義という間違った政策にさらされて、現在のように崩壊したわけです。
    そしてこの健全財政主義が最良と信じられ続ける間、日本は今後もますます落ちぶれていく。

    >常に1番を目指して突っ走らなくっても、いいんじゃあないか。オリンピックじゃあないし、スパコンでもないので。

    国際収支が黒字であり続け、国民が裕福であれば良いのです。
    時代は進んでいる、人類の知恵の集積は人々を幸せにしなければならないが、「健全財政主義」は逆方向へのムーブメントを働かせる。

    >>中途半端であろうと無かろうと、その緊縮財政で経済力は弱くなり、毎年自殺者3万人超にあえぐ。
    >新自由主義については、ずっと文句はいってんですけどね。

    やはり事実を正確に、まずは金利のメカニズムから。

    >でも、そのような超放漫財政を組んでいる国って聞いたことがないなあ。現実を観察しようにもないのですから。常識的にも否定されてんじゃあないでしょうか。

    そこが演繹的手法の弱点、帰納法も使わないと論理手法としては半人前です。

    >>破綻した国の共通することは、外貨不足です。財政赤字ではありません。
    >>だから、「アイスランドは財政黒字なのに破綻!」 となるし、日本は世界最大の巨額の財政赤字なのに、破綻しないで15年以上。

    >財政難から外貨が不足することってあり得るんじゃあないでしょうか。でないと、外貨さえ持っていれば、無制限に国債を発行してちゃう。
    >心配だなあ。

    財政健全化を求めて「緊縮財政や増税」を選択すると、国内消費は減少、したがって、「輸出‐国内消費」の値が大きくなる。経済力を疲弊させながら、国際収支の黒字は一時的にでもますます大きくなるわけです。だから財政難から、外貨不足にはなりえない。

    >>借金がふえれば国債の信用は下がり、金利を上げざるを得ない。

    いま、日本の公定歩合は0.3% アメリカの公定歩合は、0.75% これは、タミさんの理屈から行くと日本の国債の方がアメリカ国債より、信用が高い。ところが、S&Pやムーディ−ズなどの格付け機関によると、日本国債の方がアメリカの国債よりも、信用が低い。
    辻褄が合わん。だから、タミさんは誤認している、となる。

    >今、10兆円の利払いですから、国債が3000兆円なら30兆円です。その頃の税収が3倍になるって、自然な税収増は考えにくいので、

    金利は、日銀の自由になるから、あとは、恒常的に好景気にし、税収を上げることを考えればよいことになる。
    税収−政府借金の金利支払い>ゼロの構図です。金利操作については、以下のような記事がある。
    >>><アメリカの金融政策についての質問です。FF金利と公定歩合の違いは、なんですか...
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412679659

    >結局はいつかは増税じゃあないですか。ハイパーインフレ(超物価高:すごくもののねだんがあがりつづけて、こまる)以外の特効薬はない。

    増税が必要になるのは国際収支(経常収支、貿易収支など)が赤字になるときです。
    なぜなら増税して国内消費を冷え込ませれば国際収支の改善となる。
    -----------------
    【15642】Re:タバコの話 J.J.McCIII 2011-9-12 21:37
     ▼珠さん:

    >もう高齢の方々には、放射能と同じくあまり神経質にならないでプカ〜リ、旨いなぁ…と、
    >副流煙で他人様の迷惑にならない範囲なら、お楽しみになるのもいいかと存じます。

    ダメです。喫煙は、一定の割合で喫煙者の体力を消耗させる。体力に余裕のない弱者、高齢者ほどダメージが大きい。
    消費税同様、逆進性が強いのだ。それに 残念ながら未体験だが、すんなりと三途の川を渡るには相当の体力が要るように思える。
    ピンピンコロリを目指すなら、禁煙したほうが良いようだ。

    さて その方法だが、タバコには
      A ニコチンへの薬物依存(身体的依存)
      B 喫煙習慣(心理的依存)
    がある。当然ながら、各個撃破を図ったほうが成功率が高い。

    a.従来の禁煙グッズはニコチン離脱の苦しみを紛らすものだった。
    (薄荷パイプ、禁煙ガム、仁丹etc.) 先ずはAに的を絞ったわけだ。御世辞にも成功率が高いとは言えまい。

    b.発想を転換したのがニコチンパッチだ。Aは後回し。
     肺や口唇への刺激を止めて、体がタバコの刺激を忘れることを第一歩とした。
     この場合、aの禁煙グッズは禁忌だ。使っている限り、体がタバコを忘れない。
      
    c.最近では禁煙外来もでき、内服治療もある。
     禁煙も合理的にやれば成功の確率は相当に高い。バットは振らねば当たらない。挑戦すべし。

    p.s.
    >だけど…まだ若年・中年・高齢予備軍の方は、せっかくなら止めて、
    >空気のきれいな部屋や、タバコ臭くない生活もいいものだと。まだまだ命も惜しいんじゃないかと思います。

    まだある。こうして、上から目線で説教を垂れる快感が味わえる。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在930通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7801
7 【15701】老人党メルマガ(396)
北極星   運営スタッフ 2011-9-24 5:52:57  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(396) ::: 2011/9/24
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15678】Re:また脱原発派が消えた!もう少し     kounosuke
    【15676】Re:ブレイクタイム(Eisbergさんのブログ) usagi65
    【なだ君の防備録】鉢呂の辞任  なだいなだ
    【15673】Re:下流こその時代だ 派遣労働者      ブンコウ
    【15689】Re:下流こその時代だ 派遣労働者 続き   ブンコウ
    【15688】司法権は行政権に永年従属した例から失墜  やまちゃん
    【ぼんやりおやじのブログ】少し嫌な報告       なだいなだ
    =========================================================================
    【15678】Re:また脱原発派が消えた!もう少し   kounosuke 2011-9-18 22:39

    メルマガに載せて頂いたので、もう終わっているような話ですがもう少し意見を言わせて下さい、
    鉢呂さんの件はテレビのコメンテーター、新聞のコラムなどでは「謝罪から辞任までの範囲ではないかな」とよく言っていました、大騒動にしたのは、「原発推進派」の力でしょう。

    松本大臣の強弁よりまだましでしょう、大臣の力で幾らでも挽回できたのでは!しかし自分からすぐに辞めてしまったからなんともしょうがない。
    私が思う最近の問題発言は平野国対委員長の「今の内閣は不完全」という言葉です、
    「おいおいなにを言うんだ」と私の感想。
    -----------------
    【15676】Re: ブレイクタイム(Eisbergさんのブログ) usagi65 2011-9-18 11:53

    「福島第一原発から半年が経過して」という題の日記ですが 被災を受けなかった日本人がどう考え、どう行動しなければならないか(日本人の特質も含めて)書かれていて興味深い内容でしたので紹介いたします。
    http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20110917

    を交わしたことが一度でもあったか。そのようなプロセスを経ることなく、ただ「がんばろう」「応援しよう」「痛みを分かち合う」という情緒的スローガンだけが掲げられ、国民の多くはそれを疑問に思うこともなく従っている。
    -----------------
    【なだ君の防備録】鉢呂の辞任 なだいなだ 2011-9-21

    鉢呂経済産業大臣の急な辞任の理由は、ほとんどの人が「不適切発言」などではなく、就任時の記者会見で「原発ゼロ」を口にしたことだろう、と疑っている。経済産業省は原発推進派の拠点で、このときから、大臣の失言を待っていたのだろう。
    13日、朝日の朝刊に、鉢呂辞任までの、報道の経過という記事が組まれている。

    逢坂巌立大助教授の「各社の報道では実際に現場で何があったのか、事実関係がはっきりしない。自社の記者が見たのか、他社報道からの引用なのかあきらかにするべきだ。情報源がはっきりしないニュースは読者や視聴者の信頼を得られない。」という談話を載せている。おそらく、現場の人間は問題を感じなかったのだろう。つまりジョークで、現場の記者は笑って一緒に騒いだ。

    「死の町」発言も、鉢呂は「この状態をわれわれは一刻も早く変えねばならぬ」と続けているのだ。その後半は報道されていない。
    鉢呂は農協出身で、原発事故の被害をまともに食らった農民の立場の人間だ。この人間が大臣では、農業に対する被害保障は膨大になりかねない、という危惧が業界にあり、経済産業省の官僚と結んで、このニュースをフジテレビに売ったのだろう。

    その日の「天声人語」には、鉢呂辞任で業界がホッとした、とも書かれている。枝野の任命を野党が批判した。おそらく業界と同意見だったのだろう。枝野は電気料金の仕組みにまで切り込むといっているからだ。枝野大臣も、言葉には注意したほうがいい。佐賀県知事、北海道知事が、原発再稼働のゴーサインを出したが、二人とも経済産業省の官僚出身で、選挙では業者の援助を受け、安全性公開討論会では、ヤラセの発言者を送り込んだことが疑われている。

    この件ではちくま次号に詳しく書いた。
    婦人之友には、世論調査、内閣支持率60パーセントについて書いた。
    -----------------
    【15673】Re:下流こその時代だ 派遣労働者    ブンコウ 2011-9-17 23:55

    8月17日土曜日の朝日新聞朝刊7面の片隅の見出し「派遣労働者11%減」とある。そして1段13項の記事はこうだ。

    引用するー厚生労働省が16日まとめた労働者派遣事業報告書の集計結果(速報値)によると、2010年度の派遣労働者数は前年度比11.6%減のやく267万人で、2年連続で前年水準を割った。派遣労働者のうち、仕事があるときだけ、雇用契約を結ぶ登録型労働者は同15.1%減の約175万人、仕事がないときも派遣会社の社員として契約している常用雇用労働者は4.1%減の約92万人だったー引用おわり 

    まったくなにを 伝えようとして書いたのかわからない。関連するブログを見つけた。コメントも含め是非お読み頂きたくて投稿した。大手新聞社の御用記事?より数倍もよくわかるブログである。
    http://pub.ne.jp/shimura/  
    -----------------
    【15689】Re: 下流こその時代だ 派遣労働者 続き ブンコウ 2011-9-21 8:33:55

    「おい 聞いてくれるかい」なにやら江戸っ子らしく?話しかけてくる。聞いてみると昔?派遣労働者の仕事をしていたが体を痛めて辞めたらしい。その時の話だ。派遣に恨みもないらしく淡淡と話す。派遣会社は、確実に労働者を仕事先に派遣するということで、派遣の朝、家を出た時携帯でその確認をする。

    仕事先に着いた時点でその確認電話をする。仕事が終わった時点でも確認電話、そして明日以降の仕事先があるかあればその打ち合わせをする。派遣会社としては万全の派遣業務徹底だ。

    仕事は勿論単純作業である。その一つにピッキングといって効率よく並べられた入荷梱包から、ピッキング端末機(これがすごものだ)で商品を拾っていく作業がある。全国展開する有名なアパレル会社の全国店舗向けの仕分け仕事だった。

    朝9時に物流ビルのブースに100人あまりが集合、14−5人のグループに20代のキャップがおり、仕事の流れを説明する。ある日はこうだ。中国からの輸入品が大型トラックで入庫するとその荷物の区分け、積荷の数字マークを頼りに指定された場所に区分けし積み上げる。

    そして仕分け場へのラック、フオークリフトで移動、キャップの指示どうりに効率よくピッキングできるように、並べる、アパレルは、同じデザインでもサイズ、カラーと多種類だから数字マークに注意し並べるのだ勿論指示通りにだ。

    終わると、(集める商品を組み込んだすごもの)ピッキング端末で、大箱、中箱、小箱に集める。その繰り返しを黙々と続ける。12時から13時昼休み、そして午後も黙々続ける。14時から15分休憩(効率を保つためにも必要)だ。6時終了となる。

    終了5分前は片付けにあて整理整頓だ。その日の出荷は所定の場所に集められ配送屋さんがトラックに積み込む。派遣労働者は一定のリズムで体を動かすだけだからストレスはない、考えるより体が先に動くそして一日が過ぎていく。

    決して仕事ぶりを注意されないが周りに追い立てられるような気分にはなる。時間との競争だ。
    20台が多いが、30代40代も少なからずいる。生涯独身らしき雰囲気漂わせてながらただ黙々とである。高齢者もいるが、ダンボールの整理、ガムテープでの梱包と黙々とやっている。

    物流会社のスタッフは仕分けの効率化に余念がない、いかに早く、間違いなく遂行できるかだ。
    IC機器が派遣労働者の間違いを素早く指摘する。競争相手を出し抜くノウハウ技術の進化を進めば進むほど派遣労働者は「物」扱いとなり言葉は不用である。
    「物」にはストレスがない。これも大事なノウハウだ。
    そうそう時給は800円だったそうだ。まあ そんな話だった。

    今や 成長著しい中国、インド、東アジアでは単純労働者も国の未来を担っている。明日の生活に希望を抱いている。日本の仕分けノウハウも浸透しつつあるようだから、航空運賃の格安化が進めばまだまだ安価な労賃の現地工場で国内全店舗向けの仕分けまで全てやれるようになろう。
    2010年度の派遣労働者数が267万人とある。棄民政策か未来に希望もない生きるためのぶら下がりなのだから仕事に覇気がない日本の単純派遣労働者はやがてたちいかなくなるのは自明の理だ。

    「官政」のお偉ら方は、宝くじ、国営ギャンブル、そしてタバコ税などで下層からしぼれるだけしぼりあげる。そして税金の配分は富裕層に注ぎこむ。お金がお金を生むかららしい。下層に注ぎ込めば死に金とおもっている。

    「財」は至れりつくせりの「政」の支援にまだ足りないと、グロウバルに打ち勝つ為とお金を蓄財している。内部留保金が240兆円と聞くから驚きだ。強欲資本家どもは、雇用創出なんて掛け声ばかりで詐欺ばりに政府支援金は溜め込み、正社員のリストラ、非正規社員拡大だ。

    冠知識層も「官政財」に一生懸命ぶらさがり、下層なんか目にもとまらない。自己保身か傷つかないよう根拠根拠と六法全書を紐解きながら言葉遊びの連続に興じている。昔憧れた往年の俳優、女優は、高齢富裕層の蓄財の市場放出、消費拡大こそが日本国景気アップ?と、広告などで駆り出され、大写しで一役買っている。

    テレビ広告は、超人離れの希望の星で満ち溢れ、映像技術の進化がどうだとばかりに別世界のようにきらめいているのだ。

    ビル・ゲイツほどでもあるまいに、豪邸ご披露目のお金持ち自慢も島国根性剥き出しにテレビを占有する。3D映像が普及したらどうなるか、下層を置き去りにしてどんな未来が日本にあるというのか。「税」の取立て方、「税」配分の仕方 どうにかならないか
    -----------------
    【15688】司法権は行政権に永年従属した例から失墜  やまちゃん 2011-9-21 7:58 (編集)

    毎日新聞[毎日jp]の連載で9/17から取り上げています「この国と原発 第2部 司法の限界」から、
    戦後の日本政治的三権の司法権・行政権・立法権の内、司法権は議院内閣制の元、行政権に立法選の政権党に従属した主従関係から、真の正義感を持った裁判判決をせず偽善的に行使してきた永年の証明を、毎日新聞で問題提起として見せつけ取り上げています。

    >1 退けられた訴え、現実に
     ◇判決−−「安全審査は妥当」「推進するほかない」
    http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110917ddm003040123000c.html

    >2 「一生背負う」裁判官
     ◇敗訴の原告も評価
    http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110918ddm003040167000c.html

    >3 覆した住民2勝
     ◇「国策に沿った」上級審
    http://mainichi.jp/select/wadai/archive/news/2011/09/19/20110919ddm003040172
    000c.html

    >4 震災で態度一変
     ◇「科学裁判」に消極的
    http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110920ddm002040064000c.html

    >5 国内初の本格訴訟
     ◇「後世のため資料を」
    http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110921ddm002040021000c.html

    以下、これからも続きます。

    従って、この原子力行政の原発問題以外の労働権とか九条問題、他多くの政治的経済的利害関係を持つテーマも、似たような真の裁判判決行為は、若しかしたら当事者間の利害者に有利な偏った偽善的判決が有りえるかも知れませんね。
    -----------------
    【ぼんやりおやじのブログ】少し嫌な報告 なだいなだ 2011-9-21

    この間、骨シンチでは転移がないと報告したが、頭蓋骨にあるモヤモヤのある部分のCTをとって検査することになっていた。そして検査したその結果は、がんの転移ありと出た。頭頂骨の、その辺を指で触ってみるが、異常はないし、骨痛もない。
    画像診断できる程度の小さい転移ということだろう。これは、少し嫌な報告。

    一方で、女性ホルモンを服用して二週間後に採血した、血液のマーカーの値は、平常値の上限まで急速に下がっていた。
    ホルモン療法が効果があるということだろう。これはいい報せだ。このことを医者の娘に話したら、ミッテラン大統領は、前立腺がんの発見と同時に、骨転移も発見されていた。
    それから14年生きていたよ、ということ。ま、同じようなことになればいいが。

    全く、自覚症状がなく、小便の出が細いのも年のせいにしていた。出血も痛みもなかったし、マーカーの値だけが、がんである証拠だった。
    もちろん生検で確かめられたが、これも自覚症状ではない。しかし、ホルモン療法が始まってから、副作用は全くないが、これまで悩まされていた頑固な便秘が良くなってきた。
    このところ苦労せずに出るべきものが出るようになった。ありがたい。

    となると、あれはがんの症状のひとつだったのか。
    年のせいだろうと思っていたのが失敗だ。実は内科医の後輩に見てもらい、肛門から指を入れて触診をしてもらったこともある。一年位前だ。その時は前立腺は大きくないということだったが。そして以降は下剤だけを頼りにしていた。今は、下剤も要らない。
    これが、現状報告だ。元気です。今のところ、心配無用です。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在929通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7696
8 【15739】老人党メルマガ(397)
北極星   運営スタッフ 2011-10-2 8:27:20  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(397) ::: 2011/10/2
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15728】徴兵制賛成派から     素粒子民
    【15733】Re:徴兵制はかんべん    Gokai
    【15736】Re:徴兵制反対派から    86歳
    【15714】小沢氏元3秘書 有罪        ブンコウ
    【15719】Re:政党助成金の廃止!    世直し
    【15711】電力会社とは、一体、何か      pierre
    【15712】Re:電力会社とは、一体、何か     やまちゃん
    【15721】快哉! 枝野発言           pierre
    【15727】Re:また脱原発派が消えた!!    柳沢のたんたん
    =========================================================================
    【15728】徴兵制賛成派から   素粒子民 2011-9-29 17:18

    反対論・賛成論を述べる前に軍隊の必要性の有無を述べるべきであり、
    合憲・違憲にかかわらず日本には軍隊があり、これは大多数の日本国民が受け入れているので、必要性有りが前提となりますね。
    そこで志願制と徴兵制のどちらが良いのか?

    >自分の頭でじっくりと物を考えないで、
    上からの命令で動かされるような(兵隊の組織とはそうしたものです)人間になぞ育ててほしくありません。
    またそうでない自分で考える若者は、そうした組織の中で、如何に苦しんだか。
    それは戦争中の家族にあてた手紙などの中に読み取れます。

    珠さんの場合は(軍隊を否定しないとすれば)そう言う嫌な組織は「なりたい人がなれば良い」と個人主義となります。
    これと反対の考えは「そう言う嫌な組織だから、全国民が(ある程度)平等に負担すべき」だから徴兵制にすべき、であり、私はこの考え方の方が共感を感じます。

    戦前も大学生(特に理系)は徴兵免除
       ↓↓
    当時の大学生はお金持ちの息子
       ↓↓
    兵役を経験しない人が上流階級を形成し
       ↓↓
    よって無謀な戦争に突入した

    ことは考えられませんか?
    徴兵制では
    野田首相の息子も兵役で戦争に行くかもしれない
    東電社長の孫も兵役で戦争に

    志願制では
    兵隊になって戦争に行くのは、どこかの他人の子供だけ
    どちらが戦争抑止力になるかと考えれば、多くの人は徴兵制との結論になるのでは?と愚考します。

    >私は自分の子供や孫が徴兵などされるのは、目的が何であれ、まっぴらごめんです。

    「まっぴらごめん」の汚れ仕事は、他人の子や孫に押し付けてしまう事が正義だと主張するのには、納得できません。
    -----------------
    【15733】Re:徴兵制はかんべん   Gokai 2011-9-30 12:53
     ▼珠さん:
    >「初めに軍隊ありき」なのですね。どうしてもそれしか考えられないようですね。

    軍隊でなくとも強制力は必要じゃないでしょうか。
    この世の中、大雑把に、少なくとも1/2の者は理屈に従わないし、それとは違う1/2の者はそのように思っているだろう。
    そして、1/2の者がそのように思うだけで、この世界の秩序を保つために強制力が必要になります。

    珠さんはその強制力さえ、不必要と言われますか。この世の中、自分の存在の保障さえ的確にできないで困っている人が大勢います。
    その認識はできていますよね。もしそれさえ認識できないのならば、それは、想像力が欠如しているといわざるを得ません。
    そして認識できているのなら、社会にはなんらかの強制力が必要なのは自明になります。その強制力とは軍隊とイコールではないのですか。

    >ですから、日本は軍隊を持たなくて済むように、外交努力をしていくこと。

    「ですから、強制力を持たなくて良いように外交努力をしていくこと。」というフレーズは、無意味なものとして聞こえます。

     ▼素粒子民さん:
    >反対論・賛成論を述べる前に 軍隊の必要性の有無を述べるべきであり、
    >合憲・違憲にかかわらず日本には軍隊があり、これは大多数の日本国民が受け入れているので、必要性有りが前提となりますね。
    >そこで志願制と徴兵制のどちらが良いのか?

    ここまでは賛成です。

    >>自分の頭でじっくりと物を考えないで、
    >>上からの命令で動かされるような(兵隊の組織とはそうしたものです)人間になぞ育ててほしくありません。
    >>またそうでない自分で考える若者は、そうした組織の中で、如何に苦しんだか。
    >>それは戦争中の家族にあてた手紙などの中に読み取れます。

    上記は珠さんの文でしょうけど、ここは珠さんに賛成です。

    >珠さんの場合は(軍隊を否定しないとすれば)そう言う嫌な組織は「なりたい人がなれば良い」と個人主義となります。

    個人主義?、利己主義という意味ですか。「なりたい人がなれば良い」というのはとてもよい言葉、人間の個人の意思を尊重する言葉です。
    だから、このようにいう人を指して利己主義とはいえない。

    >これと反対の考えは「そう言う嫌な組織だから、全国民が(ある程度)平等に負担すべき」だから徴兵制にすべき、であり、私はこの考え方の方が共感を感じます。

    まず、嫌な組織だと思う人は軍隊や自衛隊に入隊しないと思う。
    あるいは嫌な組織だとも思わないが、自分には向かないので、入隊しないという選択があっても良い。

    >戦前も大学生(特に理系)は徴兵免除
    >   ↓↓
    >当時の大学生はお金持ちの息子
    >   ↓↓
    >兵役を経験しない人が上流階級を形成し
    >   ↓↓
    >よって無謀な戦争に突入した
    >
    >とは考えられませんか?

    軍人とはいわば将棋の駒、指し手は別にいる。戦争に突入した原因は、政治家や経済的有力者やマスコミや軍を統率する者の、社会に対する認識に誤りがあったのじゃないか。

    >徴兵制では
    >野田首相の息子も兵役で戦争に行くかもしれない
    >東電社長の孫も兵役で戦争に

    戦前、体の弱い者にも、徴兵免除があった。

    >志願制では 兵隊になって戦争に行くのは、どこかの他人の子供だけ

    しかし、兵士になることを希望する者ではある。

    >どちらが戦争抑止力になるかと考えれば、多くの人は徴兵制との結論になるのでは?と愚考します。

    勘違いです。戦争をしないためには、現状の正しい認識が最優先でしょう、外交もそうだけど。戦争をしないこと、それを徴兵制に求めることは出来ない。むしろ、徴兵制があれば、あほな指導者達が大勢生まれる可能性すらあって、むやみな戦争が増えるおそれある。

    >>私は自分の子供や孫が徴兵などされるのは、目的が何であれ、まっぴらごめんです。

    私は自分の子や孫が軍人になることを止めませんが、自分がなるのは真っ平ごめん。ここも珠さんとは違う。

    >「まっぴらごめん」の汚れ仕事は、他人の子や孫に押し付けてしまう事が正義だと主張するのには、納得できません。

    なりたい者が軍人になるのだから、押し付けているわけではないし、そもそも軍人は汚れ仕事と、珠さんも思っておられるのか聞いてみないと解からない。なんだか、素粒子民さんのご主張は、決めツケが多くないですか。
    私も自衛隊はあるほうが良いし、核装備もOK。ただ、徴兵制は絶対に反対。軍人の数は防衛に必要な最小限に抑えて欲しい。
    -----------------
    【15736】Re: 徴兵制反対派から   86歳 2011-10-1 9:31

    ご無沙汰してますが、未だ生きてます。86歳になりました、 元兵隊です。
    徴兵制にご賛成の方、先ず、下記をご覧下さい。
    http://www.vega.or.jp/~toshio/index.html
    事実です、と言い切れるのは、私が経験者だからです。やられっぱなしで、やり返すまでに終戦になってしまいましたが。
    それでも、徴兵制にご賛成なさいますか。
    -----------------
    【15714】小沢氏元3秘書 有罪   ブンコウ 2011-9-27 5:31

    「小沢氏元3秘書 有罪」 今日9月27日の某新聞の朝刊1面トップである。関連記事の「見出し」としては
     1面  トップ記事と天声人語
     2面  検察主張に「満額回答」
     3面  小沢氏 復権に影
     16面 社説「3秘書有罪小沢氏の責任は明白だ」
     38面 説明の合理性を重視
     39面 完敗 元秘書 ぶぜん

    この見出しを拾い読みしただけだのに、この新聞の 異様さを感じた。それらの記事がどうのこうのではない。
    小沢 対 新聞社 新聞社の浮沈を賭けて小沢氏に挑みかかっているようである。
    そして 二面「ひと」欄には 経産省を退職した「改革派」官僚 古賀茂明さん(56)である。
    古賀さんは公務員改革に挑みいまや国民的人気爆発中の人だ

    この新聞社は頭のいい人の集まりであると素直におもう。
    一方 昨日の某テレビで、小沢氏への献金先?、水谷建設元社長は、「小沢さんには日本の危機を救ってほしい」と訴えていた。
    俺もだ、誰か「日本の危機を救ってほしい野田」 と
    -----------------
    【15719】Re:政党助成金の廃止!    世直し 2011-10-1 23:51 (編集)

    国会議員の皆さん!
    心にもない うまいこと ほざいて、ほざいて、選ばせた〔国民は騙されて投票しただけ、後悔してます。)
    これでは 国民の 代表では なく 国賊です。                    

    国民の増税を議論する前に、議員自ら、政党助成金320億円を即廃止してください!
    国会議員 722人 多すぎる。半分にせよ。参議院は全く機能してない。時間と税金の無駄使いです。国民の為に少しは 考えろ。
    国会議員の奴らは 常に 国民を騙し自分らの一度 獲得した特権にしがみつき 自分らの事は 何も改革しない。

    国民から 批難ごうごうの 税金70%以上負担の 議員年金は口先だけで 廃止せず あきれて物が言えん、
    年収200万円以下の国民が20%以上おるのに、国民に対し国民年金 厚生年金 減額 又その上に増税を押し付け
    こんな奴らは 国民の代表ではありません、国賊と 思います。
    -----------------
    【15711】電力会社とは、一体、何か   pierre 2011-9-26 16:17

    われわれが支払う電気料金はどのように決まっているのだろうか。それは「電気事業法」によって、「総括原価方式」という方法で計算されている。これは電力の原価としての発電所・送電設備建設費、保守管理費用、燃料費、運転費用、営業費用などすべての費用を「総括原価」とし、これに対して4.4%の報酬率を加味した報酬を加えて計算することになっている。

    しかも電力会社は発送電業務のすべてにわたって地域独占を許されているから、民間会社とはいうものの、極めて優位な地位を法律で保障された、明かな独占企業体なのである。こういう方式であれば、電力会社は発送電業務を遂行する限り、どんな経営をしても必ず一定の利益が保障され、その経営は揺るぎないものになるのである。

    電力会社は、このような法的に保障された極めて有利な地位を利用し、それぞれの地域で圧倒的な支配力を維持している。その典型的な事例が、日本経団連の地方版である各地に8つある「経済連合会」のトップの座を各地の電力会社が独占していることではなかろうか。

    (会長の本職)
    北海道経済連合会 北海道電力会長
    東北経済連合会 東北電力会長
    北陸経済連合会 北陸電力会長
    中部経済連合会 中部電力相談役
    関西経済連合会 関西電力会長
    中国経済連合会 中国電力会長
    四国経済連合会 四国電力会長
    九州経済連合会 九州電力会長
    (沖縄 経済連合会は未組織)

    電力会社の経営は、その法的に揺るぎない地位によって、極めて容易なものであり、そのトップが必ずしも優れた経営者とは限らない。
    それにも拘わらず、各地の連合会のトップが揃って電力会社のトップによって占められているというのは、不可思議としか言い様がない。
    なぜこういう結果になるのか。それは各電力会社が、各地方経済に極めて強力な影響力を維持しているからか。
    それとも、電力会社のトップが、他社の経営者に比べてヒマが多く、財界活動のゆとりがあるからか。

    いずれにしても、電力会社は各地の経済界の“盟主”のごとき地位に祭り上げられているが、これはそれぞれの電力会社が、当該地域で最も優れた経営のパフォーマンスを上げている訳ではないことに思いを致すべきである。
    そのことを忘れることによって、例の“やらせメール”事件などを起こすのである。
    -----------------
    【15712】Re:電力会社とは、一体、何か  やまちゃん 2011-9-26 20:43
     ▼pierreさん:

    >電力会社は、このような法的に保障された極めて有利な地位を利用し、それぞれの地域で圧倒的な支配力を維持している。その典型的な事例が、日本経団連の地方版である各地に8つある「経済連合会」のトップの座を各地の電力会社が独占していることではなかろうか。

    昨日の毎日新聞・毎日jpから、東電と霞ヶ関が官民の構造的癒着で各省の高級幹部クラス50名余を越える天下りと新たに天上りが、今日の衆院予算委員会で東電副社長を招聘の元に、官民の癒着を容認した事を取り上げられていました。

    >電力会社・崩れる牙城:東電への天下り50人以上(その1)もたれ合い、ゆがむ行政
    http://mainichi.jp/select/seiji/archive/news/2011/09/25/20110925ddm001020078000c.html
    >電力会社・崩れる牙城:東電への天下り50人以上(その2止)公益法人に資金拠出
    http://mainichi.jp/select/seiji/archive/news/2011/09/25/20110925ddm003020197000c.html
    -----------------
    【15721】快哉! 枝野発言   pierre 2011-9-28 18:12

    枝野経産相が「原子力損害賠償支援機構」の開所式で、東京電力の役員報酬について「競争が全くなく、総括原価方式で利益がほぼ確保されている状況にありながら、役員報酬が民間に準じているのは論理矛盾。
    公務員や独法と横並びで当たり前」(『nikkei.com』11.09.26.)と発言したという報道に接し、思わず快哉を叫んだ。

    これは東京電力に限らず、「総括原価方式」と地域独占を得ている各電力会社に共通することではないか。
    同じ新聞記事によれば、東電の役員報酬は平均で年3,200万円(11年3月期)、国家公務員の部長クラスで約1,700万円というから、他の電力会社はわからないが、東電がかなり高額であることは間違いない。

    役員報酬は、そもそもその役員の経営のパフォーマンスにしたがって支払われるべきものである。
    しかし、電力会社の経営は、「総括原価方式」と地域独占の両建てによって、常に一定のパフォマンスが保障されているのであり、経営の巧拙を問題にする以前の経営と言わざるを得ない。したがって、厳しい競争条件下での経営を強いられる一般の民間企業に準じてその報酬が決められるというのは、枝野氏の言われる通り、論理矛盾であり、比較対象は公務員や独法とするしかないのではないか。

    また、同じ日の記者会見で日本経団連の米倉会長が、「東電への要求はあまりに一方的」(前掲記事)と批判したと言う。
    米倉氏は、「原発の管理に深くかかわってきた政府の責任をもっと自覚すべきだ」とも発言した。
    政府が自らの「責任をもっと自覚すべきだ」と言うのはもっともではあるが、それと東電の役員報酬の水準とはまったく別の問題である。

    そもそも、ほぼ一切の競争を排除した立場にあり、しかも常に一定の利潤を保障されている企業は、たとえ株式を上場していようと、普通の民間企業とは言い難い。にもかかわらず、その東電をつかまえて
    「東電は活動を継続していく企業の立場」(前掲記事)などというのは、それこそ“論理矛盾”に他ならない。

    東電には50人を超える天下り官僚がいるという。電力会社の甘い経営に群がる構図が垣間見える。
    一般民間企業の団体である日本経団連が、このように政・官・業癒着の典型的存在の肩を持つのは許し難いのである。
    -----------------
    【15727】Re:また脱原発派が消えた!!   柳沢のたんたん 2011-9-29 16:41

    人間の知識
    素粒子とか光とかエネルギーとか色々な物理学上の言葉があるが単に核融合反応が莫大なエネルギーを出すと言う事で、それらの物理化学の性質が漸く経験則のあり方が見え出されてきたというだけで、これを原発などと言う未だ此の制御方法さえ見え出されていないのに、これがエネルギーの生産方法として利益があるということを信じて盲蛇に怖じずと総理が推進するなどこう言う考え方で論理の飛躍で多分人類の将来はそう長く継続できなくなる方向に進むのであろう。

    放射能と言う事の如何に生物の生存に被害が及ぼすかの検証さえ未だによく解っていないのに、性懲りもせず、進めるとはその危険な事に物理学を学んでいる人は驚いている。湯川さんさえ此の委員から身を引いた事は、一つの警鐘を鳴らした事と思わねばならぬであろう。
    これを推進する事は地球上の生物の存続を危うくする事になろう。

    何れ此の地球上からは人類もやがて消えるときが来るであろうが、自分から進んで危険物の生産に邁進するとは全く驚きである。
    私は子供の時に人が死んでお墓をドンドン作ってゆけば地球上はお墓で何れ満たされるのではないかと思っていたときがあった。
    お墓は大体石で作るのが多い、

    放射能は空中に際限も無く広く、拡散してゆく。誰が考えても人に取って害悪を撒き散らす元凶であろう。青森に廃棄物の倉庫があるが、此の処理は何時か満杯になるであろう。 その先のことはどうにかなると言う考え方である。
    こ物質の処理を、人類の知識で無害な物に転換できる物なれば其れも良かろう
    が、原子の転換を自由にできるほどの知識は人類は残念ながら持ち合わせていない。

    原子の観念自体人類の便利上なし分け方でしかない。本質的な概念だけである。
    その実態は、素粒子の性質さえ良く判って居ない状態である。
    物理化学の知識の全く無い連中が原発を進める事はこ上も無く危険である。

    研究室で実験するのは良いであろうが、大きな規模で実用化することには大反対である。
    絶対と言う事はありえないしこの原発の現段階での実用化には大反対である。何れ大変な事件に発展するであろう。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在926通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7605
9 【15766】老人党メルマガ(398)
北極星   運営スタッフ 2011-10-9 7:06:47  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(398) ::: 2011/10/9
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15748】Re:小沢氏病院へ  イワオ
    【15750】Re:衆議院選挙と新しい日本のかたち 小沢さんの入院に事寄せて  柳沢のたんたん
    【15744】70年目の審判    Gokai
    【15747】Re:70年目の審判  peace
    【15755】Re:70年目の審判  ブンコウ
    【15758】Re:70年目の審判  Gokai
    【15749】Re:日本版「緑の党」に期待 タミゾール
    =========================================================================
    【15748】Re:小沢氏病院へ   イワオ 2011-10-7 2:29
     ▼peaceさん:

    >小沢氏の記者会見の動画があがっています。
    >http://www.videonews.com/
    >検察とマスメディアを敵に回したということでしょう

    プラス、官僚組織とアメリカ

    >今の日本の諸悪の根源はマスメディアであり。
    >会見の質問でもありましたが、メディアのクロスオーナーシップでしょう。

    もう一つ、放送電波の格安での独占使用。放送電波はオークションにかけて、他業種も参入できる様にしなければ。
    先ほどニュースで流れましたが「小沢一郎元代表は6日夜、東京都世田谷区深沢の自宅から救急車で日本医科大病院(文京区)に運ばれた」
    腰の痛みだそうですが、彼は心臓に慢性疾患持っているので心配です。
    -----------------
    【15750】Re:衆議院選挙と新しい日本のかたち 小沢さんの入院に事寄せて  柳沢のたんたん 2011-10-7 12:07 (編集)

    小沢さんが入院されたという事が大きく報道された。本日の朝日新聞に裁判の事が一面に大々的に紙面を飾った。
    その次には、この問題について、評論が出ていたが、市民の声として出された積りなのであろうが。
    その中に、ある作家の発言には赦されない発言もあった。『数は力なり』と言う論理で強引に押し切ってきたというくだりの発言である。
    民主主義は原則として『数は力』という事で成り立っている。

    この発言者は反小沢的な観念の持ち主なのであろうが。
    民主党自体現在も、前の総理もまたそうであるが、全てが『数』の力で政権を担ってきたし、これからもまたそうであろうと言う事である。
    一小沢さんを指差して、小沢さんだけがそうであると指弾する事は、多分朝日新聞の意向で取りあげた物であろうが、それこそ民主主義を否定するものである。
    彼等の独断と偏見で断ずる事は、赦される事ではない

    そもそも、此の裁判の起きた原因そのもの事態が異常な事と言えるので無かろうか。裁判官自体もまた、私利私欲で行動がされている事である。
    日本の司法の現実のあり方は、裁判所に属する人達の証拠の捏造は日常茶飯事であり、それに関する弁護士自体に正義感を持って事を処している人が恐らく50%にも満たないほど乱雑の裁判が現に行なわれている。弁護士でマトモナ人は見え出すことは極めて困難なほどである。

    人に弁護士を世話してくれと依頼されても私はその人となりの過去の人格を良く調べてみなさいと何時も進言しております。
    裁判官は常に時の政権寄りとよくいわれてきているが現に政権に逆らった判定をした裁判官は常にドサ周りから免れないといわれている位である。
    朝日新聞そのもの自体正義感のある正しい報道がなされているとはいえない出鱈目な報道で私も苦い経験を味わっております。

    (★一部削除)経済の事もまた、同じ事といえる。
    増税はこれは多分に、財務省の意向から来ていると推察されるけれどもいわゆる財務規律という事に、財務省経験者は金縛りの様である。
    経済の方からいえば、デフレには増税は逆効果でデフレの促進剤にしかならないというのが、経済の常識である。
    グローバル世界の経済の動きは世界的に金融緩和の拡大に向かっているこれでデフレ経済下の下支えする動きに世界の動きは指向している。

    アメリカの民主党は富裕層に5%を負担することを訴えているようである。100万ドル以上の所得者に対して。
    共和党はこれに反対している様であるが、昨年か一昨年であったか忘れたが、ビルゲイツ達の富裕の人達が集まって、
    資産の50%くらい寄付をしたという報道があった。

    日本円で約50兆円である、日本では財界からこういう発想はなさそうである。
    中には100億円寄付したと言う人も聞いているけれども、日本の財界の人は大変チンケナ人ばかりの様で、儲け頭の中には派遣者切で有名な企業もある。
    こう言う一連の動きからすると、日本のお金持ちは多分地獄の果てまでお金を持ってゆくのが希望であるようだ。

    欲望と言う電車に乗りっぱなしの様である。これが財界の人生哲学の様である。政治家もまた同じでしょうか。
    官僚も又国民負担の軽減には見向きもしない様である。日本の国は、まさに戦国時代そのものの様相である。
    日本国の憲法の心はどこにあるのでしょうか?
    -----------------
    【15744】70年目の審判    Gokai 2011-10-6 22:38 (編集)

    小沢さんの入院に事寄せて
    <70年目の審判>これは確か、実際にあった事件に基づいているというナレーションがあった。
    かなり前に見た映画なので記憶があいまいだが、この映画の何かに結構強烈に心が反応したのを覚えている。
    それは、次のようなストーリーであったように思う。(ネット上での情報も借りる)

    ★1913年、アトランタの鉛筆工場で13歳の少女メアリーが殺された。確たる証拠も無いまま容疑はユダヤ人の工場長にかけられ、裁判は有罪となる。
    だが刑の執行を託されたジョージア州知事は、法務長官を始めとする地元住民との衝突の中、事件の洗い直しを図る……。下記URLより引用。
    http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16683

    ★ところが、州知事のそのような行動を知った地元住民は暴徒と化し、留置場の被告人を引きずり出し、
    町に生える大木に吊るして殺すという勝手な死刑執行を行なってしまう。

    そしてそれから70年を経た後、別の真犯人が現れるのである。
    このときアトランタの裁判は陪審員制ではあるが、その裁判においての民主主義は守られていた。
    ただ陪審員や証言者である地元住民に、裕福なユダヤ人に対する妬みや偏見があったのではと思わせる。

    さて現在、小沢問題における裁判では、この「70年目の審判」において、問題とされる地元住民の偏見(国民の偏見)のほかに、
    裁判では守られていた民主主義さえも、守られていないのではないか。
    確たる証拠もないままに小沢氏に対する国民の印象を利用して、判決を下そうとしているのではないか。
    そしてその印象さえも、マスメディアによって作られたものであるかもしれないのにだ。

    これでは、司法やマスコミに、にらまれれば、善人も悪人になり、無罪も有罪になる。それは民主主義法治国家の崩壊だ。

    今、司法関係者が絶対にやらなければならないことは、小沢を絶対に罪人に仕立て上げることではなく、
    「疑わしきは被告人の利益に」という、刑事裁判における原則をまもることであると思うのだがいかがだろう。
    -----------------
    【15747】Re:70年目の審判  peace 2011-10-7 1:04

    ご無沙汰しています。小沢氏の記者会見の動画があがっています。
    http://www.videonews.com/
    検察とマスメディアを敵に回したということでしょう
    今の日本の諸悪の根源はマスメディアであり。会見の質問でもありましたが、メディアのクロスオーナーシップでしょう。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97_%28%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%29

    福島原発事故の住民への被曝問題もこれが原因だと思います。
    原発事故も小沢氏の裁判報道もマスメディアとインターネットメディアの正反対の内容を見ると何が今の日本の問題化が透けて見えてきます。
    -----------------
    【15755】Re:70年目の審判    ブンコウ 2011-10-7 14:29

    失礼します。マスメディアの報道には嫌悪感を抱きます。小沢裁判についてもです。
    検察審査会の二度目の起訴、強制起訴で小沢一郎は昨日法定に立った。
    政治資金規正法違反容疑に端を発したこの事件は小沢のいう国家権力による特定人物の抹殺を狙ったと思えないこともない。

    そもそも 特捜検察が調べに調べ、不起訴にしたものを、検察審査会が強制起訴とした。小沢の犯罪証拠を掴むことができない「国家権力」が検察審査会といういわゆる一般市民の力を借りて、よくわからないが小沢は胡散臭い、市民レベルでの4億円は大金だと嫉妬心も助長させ、黒の空気感を造り上げさせた。
    が検察審査会そのものの顔も見えない。国家権力に反発する有力人物の抹殺に利用したといえなくもない。

    官僚独裁国家において、検察審査会の設立も裏の裏を読んでその設立を容認したに違いない。
    検察審査会員といえども、官僚行政システムで無作為にしろ選ばれるのだ。
    裁判員以上にその顔の概要を透明化して、はたして一般市民といえるかどうか検証がまずありきだ。

    検察審査会の検証を棚にあげ、市民市民とさも全市民の声のように多くのマスメディアが扱う、そしてある新聞などは、小沢を黒と決め付けて
    共謀共同正犯を認めた主な最高裁判例として、1958年の練馬事件、2003年のスワット事件、そしてあのオーム真理教による地下鉄サリン事件まであげている。

    田中角栄、金丸信のように、小沢を葬りたいと「官」は考えているように思えるのは、一市民だけではあるまい。
    政治主導を掲げ官と渡り合えるのはやはり小沢しかいないのではないか。小沢が官僚独裁体制に穴を開ければ、あとは世界の風が後押しするのだ。
    メディアの多くは、無難な官僚改革派古賀茂明さんを擁護するかにみせて小沢の抹殺をお茶の間に呼びかける、頭のいい人の集まりだ。

    アメリカにしがみついての「政官財」グロウバルをかざして強欲太りする1%の資本家財閥、彼らにぶら下るメディア層。
    このままだと国民は酷民に、市民は死民になる。アメリカウオール街でのデモ、日本はそれ以上だが、産学共同か、明日を担う学生の高まりはない。
    棄民をなりふり構わず、島国封じ込め手腕したたかな官政、官憲は、メディアを抱え込んでまず小沢一郎を抹殺し、
    この日本の行き詰まり危機を「日本は一つ」と乗り切るつもりか
    -----------------
    【15758】Re:70年目の審判  Gokai 2011-10-7 19:50
     ▼ブンコウさん:

    >田中角栄、金丸信のように、小沢を葬りたいと「官」は考えているように思えるのは、一市民だけではあるまい。

    田中角栄、金丸信、竹下登、橋本龍太郎、小渕敬三、氏ら、経世会の面々を葬って、国民が幸せになったか。
    むしろ彼らの時代の方が国民が幸せでなかったか。むしろ目先の善とおぼしきものに惑わされて日本国民は不幸になってきたのではないか。
    亀井静香氏は経世会ではないが、真に国民の立場に立った政治を目指そうとしたから潰された。残念なことに政治的に今、青息吐息である。

    果たしてこの流れで小沢一郎氏を抹殺して日本国民は幸せに慣れるのか、官僚もマスメディアもこのあたりのプランの精査が出来ていないがゆえの小沢潰しなのだろう。
    多くの国民もこの雰囲気に乗っているだけ、深い意味、深い正義感を持って小沢つぶしに加担しているのではなかろうと思う。
    残念だ。真の正義が潰される社会であってはならない。
    -----------------
    【15749】Re:日本版「緑の党」に期待 タミゾール 2011-10-7 8:14
     おはようございます。みなさま。

    昨日の中日1面で、中沢氏のインタヴューが載ってました。
    マス・メディアも時代の流れをつかみ切れていないし、問題だと思うが、小沢さんも問題なんだと思うなあ。
    『図書』で、丸谷才一が井上光晴を褒め、彼の論説を紹介していた。角栄が新潟の原発で4億の政治献金をうけてた。

    小沢さんも4億のポケットマネーをもっていた。これだけで変でしょ。政治資金報告書の記載の齟齬は明らかな動かぬ証拠。
    政治家と秘書は一体というのは常識。ゆえにクロです。私の論理。
    実際の小沢氏と秘書のやり取りなんてどうでもよく、上記の事実関係で十二分。

    そうでないと考えたい人もいるでしょうが。
    いずれにせよ、かように政治家が億単位のカネを動かして政治を動かしていうというようなスタイルそのものが時代遅れで拒否感を持つのですね。
    司法の横暴というのなら、こうした裁判にこそ裁判員制度で市民が参加すればよい。もっと、感情的な市民意識でクロ判定が出る可能性が高い。
    (検察審査会も市民ですから)まだ、プロの裁判官たちだから小沢さんは守らているのです。

    とにかく、うんざり。政党助成金も小選挙区制も金のかからない政治を目指してたんですよね。小沢さん。
    なのに、自分はせっせとお金を集めて子分に配って昔のやり方を踏襲してた。何言っても変だなあと思うのですね。
    かような気分が横溢していけば、中沢氏の言うようにやる気のあるNPOや市民団体の運動が時代を動かしていくだろう。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在927通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7449
10 【15827】Re: 老人党メルマガ(399)
北極星   運営スタッフ 2011-10-16 7:21:24  [返信] [編集]

     roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(399) ::: 2011/10/16
            老人党掲示板 http://6410.saloon.jp/
    =========================================================================
    【15801】被災地に東京都が15億円請求!!      kounosuke
    【15814】Re:私はなんらやましさが生じるものではないと思いますが   かっくるなかしま
    【15762】証人喚問には水谷建設社長を      Gokai
    【15821】Re:「主導」しないでもうまくいく方法 H.KAWAI
    【15825】Re:「主導」しないでもうまくいく方法   Gokai
    【15777】Re:下流こその時代だ 在職年金      ブンコウ
    【15769】Re:日本版「緑の党」に期待        タミゾール
    =========================================================================
    【15801】被災地に東京都が15億円請求!!    kounosuke 2011-10-13 22:10

    10月8日の朝日夕刊の記事がヤフージャパンのニュースに載っていました。
    http://www.asahi.com/national/update/1008/OSK201110080033.html
    ボランティアで支援に行ったものと思っていましたが、出張扱いみたいで騙された気持ちになりました。

    各県の担当者は困惑しながら請求しているらしいが東京都の担当者は「取り戻すにのは当然」と言っています、なんという淋しい考えでしょう!
    それから、何故 朝日は読んでいる人が少ない夕刊に出したのでしょう? 各テレビ局も 何故 取り上げないのでしょう?
    -----------------
    【15814】Re:私はなんらやましさが生じるものではないと思いますが   かっくるなかしま 2011-10-14 18:56 (編集)
    ▼usagi65さん:▼kounosukeさん:こんばんは。
     お気持ちは分かるのですが、私は見方が違っていまして、

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%95%91%E5%8A%A9%E6%B3%95
    (災害救助法)

    >>この法律のあらまし
    >>自然災害により、多数の住家の危害、生命・身体への危害、罹災者の救護を著しく困難とする特別の事情がある場合で、かつ、多数の世帯の住家が滅失した状態またはそれを生じるおそれをもたらす被害が発生した被災地に、都道府県が適用し、自衛隊や日本赤十字社に対して応急的な救助の要請、調整、費用の負担を行う。
    >>法に定められた救助の費用は、原則として各都道府県が負担(法37条に定めた災害救助基金の積み立て)し、都道府県の財政力に応じて国が負担する。

    適用の対象は、「自然災害」であるということ、それから、行政府/自治体が、何かを行うという場合、
    そうした費用負担処理を含めての手続きが予め決められていないと、「迅速、即時的に対応できない」、という事情があります。
    (中央行政府による復興/復旧に時間を要しているのは、想定を超えた事態の発生で、大型補正予算や法改正、特別立法等を必要としていたからです)

    緊急性を要する(=時間との勝負)わけですから、
    先に費用を気にしたり、費用を気にして救助を控えたりするより、手続きに即して迅速に粛々と進めるほうが、はるかによい結果が得られると観ます。

    それから、自然災害(地震・津波)と原発事故とが併発したわけですが、災害救助の活動および、震災「3県」への費用請求は、
    前者の自然災害に関わるものです。

    地震・津波のインパクトが相対的にいかほどのものかは、死者・行方不明者・負傷者の数に現れていますし、
    災害救助活動の重点は、自ずとその被害発生状況に見合ったものとなるわけです。・・・☆1
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD
    (Wiki、東日本大震災)

    同じく、自然災害に関連し、「家屋倒壊/資産喪失」に関わる地域別の被害状況は、地震保険の支払いの状況から推測できます。
    http://response.jp/article/2011/10/13/163766.html
    (RESPONSE、「東日本大震災の地震保険支払額1兆1625億円」、2011/10/13)
    >>都道県別の支払額では宮城県が5421億円(支払件数25万0991件)と最も多く、全体の46.6%を占める。次いで福島県の1494億円(同7万3443件)、茨城県の1474億円(同10万0354件)と続いている・・・☆2

    同じく、自然災害に関わる経済的被害については、日本政策投資銀行から試算がなされています。
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110427/biz11042711400021-n1.htm
    (産経、「4県の被害推計16兆円」、2011/4/27)
    >>県別の被害額は、宮城が6兆4920 億円、岩手が4兆2760億円、福島が3兆1290億円、茨城が2兆4760億円。
    >>また、各県の沿岸部で資産が失われた割合は岩手が47.3%、宮城が21.1%、福島が11.7%、茨城が6.8%。・・・☆3
    >>内陸部の被害率2〜5%と比べると格段に高く、津波の影響の大きさを物語っている

    ☆1(人的被害)、☆2(資産喪失)、☆3(経済的損失)をトータルで勘案すると、
    各都道府県による災害救助活動は、
    地震・津波の被害が相対的に甚大であったところ、即ち、地域的には宮城、岩手で高いウエイトを占めつつ展開され、
    (福島原発周辺沿岸部は、立ち入り不能)(海外救助隊も岩手、宮城を中心に展開)
    詳細は開示されていませんが、報道されている震災3県に対する費用請求も、その救助活動に比例的であると、強く推定できます。

    最後に、こちら(↓)の請求状況から、見て取れることは、
    http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?national-pg/1008/TKY201110080232.jpg
    (朝日、東北3県への被害請求状況)

    その県内GDPに比して、東京の請求が多いというよりも、むしろ、大阪・兵庫が多く、これは冷淡な現れだというよりも、その全く逆で、
    大阪・兵庫は阪神・淡路大震災を経験していることで、ノウハウがある、準備ができている、関心が高い(他人事ではないと考えていた)、そういうことだと観ます。

    また、被害の大きかった東北3県に対し、隣接する東北諸県や関東諸県の救助活動もしっかりできていたと思われます。隣人愛。
    また、関東県で、茨城県、千葉県は、その県内GDPに比して請求が少ない(=県外救助活動が少ない)ですが、これは、彼ら自身が被災していて人的に余裕がなかったということを如実に現わしているといえるわけです。

    ということで、被災地に請求するのか、という気分/気持ちも分かりますが、誰がどう見ても、また、災害救助法に“都道府県の財政力に応じて国が負担する”と明記されているわけですから、災害救助の費用負担は国庫からの支出となるわけであり、「救助活動は迅速性が重要」「やれるところがやれる限りのことをするのが望ましい」ということで、災害救助を積極的に行った都道府県が被災県に費用請求することに、なんらやましさが生じるものではない、と思います。では。
    -----------------
    【15818】Re:私はなんらやましさが生じるものではないと思いますが  usagi65 2011-10-14 20:29
     ▼かっくるなかしまさん:

    災害救助法の詳細を教えていただきありがとうございました。私は救済に行く側の住民税などが使われていると思っていましたが救済の実費は救済される側に請求でき、足りない分は国庫から、すなわち私たちの税金から出るわけですね。

    災害地に赴き被災地支援行動はボランティアだけど実費は請求できるというのは昨今の他のボランティア活動の考え方と同じです。
    昔の奉仕活動とは全く違ってきています。

    そんなことも考えながらかっくるなかしまさんのレスを読ませていただきました。
    -----------------
    【15762】証人喚問には水谷建設社長を Gokai 2011-10-8 7:29
     ▼かっくるなかしまさん:

    >小沢氏の招致カードというのは、
    >(有権者や国民のためというよりも)政党のための交渉材料の有効な1枚になってしまっているといえるわけだから、

    自民党を始めとする野党が、被災民や復興を人質に取りながら、政争を繰り返すのを小沢一郎氏の4億円の問題
    (政治資金記載問題ではない)のせいにするのが、お門違いなのは誤りが無い。

    もし、被災民や震災復興やユーロ危機への対応を人質にしてまで「水谷建設の小沢氏への違法献金があった」
    とすることをどうしても疑いたいのであれば、まずは検察において、そのように証言したとされる水谷建設社長を
    「証人喚問」すれば良い。

    そして、胆沢ダム関係で、一体、誰にお金が渡ったのかを全て述べることを要求すればよいのではないか。
    はたしてそのとき、野党であった小沢一郎氏にそれだけの「天の声」があったかどうかだ。
    あるいはお金が渡ったのは他の政治家であって、それを小沢一郎氏に摩り替えているかのせいすらある。
    -----------------
    【15821】Re: 「主導」しないでもうまくいく方法 H.KAWAI 2011-10-15 3:00 (編集)
     ▼Gokaiさん:お答えしましょう。

    >>○意見の不一致があれば、一致団結して事に当たることができないので、全体としての力は弱まります。そこで為政者は国論の統一を図りますが、民主主義国家では強権的な方法は許されません。

    >多数決による決定の前に十分な議論が必要とのご趣旨だと思いますが、それでよろしいでしょうか?
    >橋下知事がその議論をしなかったということなのでしょうか?

    ○この部分は一般論であって、ここに述べたこと以上の含みはありません。

    >「日の丸君が代」反対勢力とは戦後の早い時期から、論戦が繰り返され、学校における「日の丸君が代」問題もかなり古めかしい。それでも解決しないと言うことは議論が出尽くしていると見るべきで、多数決で決定するべき時期にはすでに達していた。だから、多数決という手段を選んだ橋下知事をせめるのはあやまりじゃないか?

    ○我が国の国旗・国歌の問題は国旗・国歌法で一応決着しています。また、その国歌・国旗を学校でどう教えるかについてもその方針は既に文科省によって示されているのですからそれでいいのじゃないでしょうか。

    >H.KAWAIさんにとっては、「日の丸君が代」の問題がはっきりしなければならぬ必須事項でないにしても、橋下知事にはそのように見えなかったと言うことでしょう。

    ○上記で述べましたように、国旗・国歌については、一応の答えは既に出ておりますので、知事があれこれ言う必要はないと思います。

    >>○また、国論を統一するためとして強権的な方法を用いれば、人々は弾圧を恐れて反対意見を言わなくなるだけで、本当の一致団結は生まれず、全体としての力も増しません。

    >強権的手法の弊害はそのとおりだと思いますが、まさか橋下知事の「君が代条例」の多数決が強権的ではないはず。 強権的というのは、小沢裁判に見られる現今の司法のことでしょう。そしてそれをあたかも民主主義の結果であるごとくに化粧させるマスメディアではないでしょうか。

    ○この部分も一般論であって、橋下知事について述べたものではありませんが、「君が代条例」は教員に免職という脅しで服従を迫るもので、強権的であると思います。
    ○また「君が代条例」が○なら、「小沢裁判」だって○ってことになるでしょう。一方は○で他方は×とはならないと思います。

    >>○戦前の我が国では強権的な方法で国論の統一が図られ、戦争に反対する意見や、政府に不都合な情報が封じ込められて、戦争へと突き進んでいった結果、却って国民は不幸な目に遭ったんじゃないでしょうか。

    >なぜに、橋下知事の議会運営と戦前の国論統一の手法と同一視されるか、理解に苦しみます。

    ○私、橋下知事を戦前の政府・軍と重ねた訳ではありませんが、橋下知事は自ら「大阪維新の会」を立ち上げ、マスメディアによって膨れ上がった人気を梃子に自派の議員を増やし、府議会を乗っ取り何でも自分の思い通りにしようとしているのであって、これを民主主義だと言うなら民主主義なんて要らないって言いたくなります。

    >>>>○ただし、先にも述べましたように多数決によって決めることができるのは、社会にとって必須の事柄のみであると思います。

    >>>これでは、「必須事項とはなにか?」に人々は悩まされそうです。

    >>○交通ルールで右側通行か左側通行かを決めることは必須であると思われませんか?死刑制度を存続するか廃止するかを決めることは必須であると思われませんか?

    >ものによっては、必須かどうかの判断が簡単な事項もあります。

    >>○私は、国旗を制定することは必須であると思っていますし、それが「日の丸」であってもよいどころか日の丸であったほうがよいと思っています。

    >それはびっくりです。今夜は階段から足を踏み外さないように気をつけます。

    ○Gokaiさんは確かな根拠も無しに、私を「国旗・国歌否定派」と決め込んでおられたようですが、この心理をどう分析したらいいのでしょうね。

    >>○ただし、これらを強権的な方法で押し付けてはいけないと思っています。天皇陛下もそう仰ったんじゃないでしょうか。

    >私も念押ししておきます。橋下知事は十分に議論が出尽くしたと見た上での多数決採決だった。
    >おそらくこれ以上の、子供達の倫理の迷いに我慢がならなかったのじゃないでしょうか。これも大勢の人々を愛するゆえの行動と見ました。

    ○繰り返しになりますが、国旗・国歌については既に一応の決着を見ています。少数の反対者がいるからといって、それらを全て抑え込もうと強権的な手法を用いれば、先生方は弾圧を恐れて反対意見を言わなくなるでしょうが、それでは教育も歪められてしまうと思います。
    -----------------
    【15825】Re: 「主導」しないでもうまくいく方法    Gokai 2011-10-15 16:01
     ▼H.KAWAIさん:こんにちは。

    >○ここで気付いたのですが、きっとGokaiさんは独裁者待望論者なんでしょうね。Gokaiさんは橋下知事、石原知事、名古屋市長、竹原前阿久根市長もでしたかね、熱烈に支持しておられて、その橋下知事なんかははっきりと「政治に必要なのは独裁」と言い切っている訳ですから、もう完全な独裁者志向。

    橋下知事、石原知事、名古屋市長、竹原前阿久根市長は確かに熱烈でないにしても支持しています。

    過去、石原慎太郎知事を支持した理由は、「米国、中国等、大国何するものぞ!正しいことは正しい間違いは間違い。」と臆することなく、国民の声を代弁してくれるだろう姿勢を支持したのです。「晴嵐会」だから支持したのではありませんし、特に私が民族派というためでもありません。民族も大事にいたしますが、それは家族を大事にするということでもあり、あるいは社会正義を大事にするためです。

    >○小沢一郎氏は独裁者なのかどうか、私はよく知りませんが、只、昔から「剛腕」で通っていますから先に上げた知事、市長と並ぶ独裁者志向なのかも知れませんね。

    私が小沢氏を支持する理由は既得権益を排除しよう、あるいは真の民主主義を日本に根付かせようとする姿勢にあります。
    彼の顔や話しっぷりが好きだからじゃありませんよ。念のため。

    >○例えば、Gokaiさんは「民族的思考派」であってもご自分と意見が一致しない人を勝手に「日の丸・君が代否定派」と決めつけない。そういったことです。

    決め付けていたわけじゃないんですがねえ、ただ疑いは持っていた。だから結構ひっくり返るぐらい意外だった。
    なぜなら、H.KAWAIさん程の論理的思考派の人が、まさか橋下知事を強権者だと思っているとは夢にも思わなかった。

    >○そうすれば、互いの長所が見えてきて自身も成長できると思いますし、合意の形成も可能になると思います。

    以前、この老人党掲示板に書き込みをされていたお人で「蟷螂の斧」と名乗っておられた方が居られます。
    私はそういうのが好きなのです。たとえ、敵わなくとも、正義のためには勇猛に戦うお人がです。

    橋下知事、石原知事、名古屋市長、竹原前阿久根市長、この四人の方々が、既得権益あるいは既得権力に対して、社会を良くするために戦う人々だと思っての支持です。
    独裁者なぞ、望むわけが無いじゃありませんか。独裁と民主主義、同時に存在できるものではありません。
    -----------------
    【15777】Re:下流こその時代だ 在職年金   ブンコウ 2011-10-10 21:29

    どうなってんだ 怒り露わにBさんがつぶやく。
    在職年金の上限が引き上げられるってことのようだが、厚生年金庁?のやることってわからんな。
    確か10年ほど前に、年金のもらえる60歳から65歳の年金受領者が働いたら、その稼いだお金プラス年金額が28万円超えると、
    その超えた額が没収されることになった。公務員は、共済年金だから46万円まではよかったはずだ。実は私もそのなかの一人だ。

    高度成長に踊った半生、フランスをうろつきエッフエル塔に地下鉄を利用し歩いて向ったとき道路が工事中で迂回したら職業安定所に着いた。
    遊んでないで働けよと言われているような気がした。よし頑張って老後資金を貯めようとした矢先のことだった。在職年金制度が設立された。

    どうして在職年金制度ができたかは、大げさにいえば田中角栄の列島改造に負けまいと、列島くまなく箱物保養所の建設、
    採算など考えないから造れば造るほど豪華になる。金融破綻景気降下と来たら、二束三文で投売りする、そして勤勉労働者から搾り取って補充する。
    ほんの一握りの御用資本家だけがウハウハ儲けやがる。あの年金の乱脈ぶりはどうだ。だれも責任をとらない。

    実際自らの責任ときたら、縦割り横割りと水割りじゃあないが薄めに薄めて責任などうわの空だ。年金宅配便てなんだ。
    年金相談所にいったら、2時間も待たされ、何でもイエス顔を察知したのか、バイト風の女性応対だ。1−2分で済まそうと見得見得だ。
    文句を言ったらがらりと態度が慇懃丁寧になり、東大出?の課長席に案内された。彼の言い草がすごすぎる。

    「退職年金はその名のごとく完全に職を辞めたときから払われるのが筋だ在職年金制度は少しでも払おうというシステムだ」
    なんだかありがたく思えと言わんばかりだった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00001383-yom-bus_all

    28万円が46万円になるってことのようだ。10年前と変わらない経済情勢だけにわからない。
    強いて勘ぐれば中流ぶら下り層が落ちこぼれば今の声なき声が反官政に噴出するのを防止するためともとれなくもない。
    また余計な仕事を増やすなら制度の廃止のほうが景気回復にいいのではないか。俺からすれば小沢ほどではないが俺いじめだ。
    Bさん同様、戻してくれよと叫びたくなる。

    大上段に構え振り下ろす、公平、平等と正義を振りかざす、公務官僚の姿勢だ。
    下っ端役人は問題の説明を求めようものなら、法律で決まっていますから とお前の不利益は俺とは関係ないと言わんばかりに冷静に応える。
    さらに追求しようものなら、空気感が黒くまだらになり、自分の情報は握られているような気がしてその気概が一片にしぼむ。
    山村役場ならあの家の者がと後でひそひそ声が風にのって身の周りを包み込むのだ。

    公務官僚ひとりひとりの人間を攻撃しているのではない。腐りきったシステムだ。21世紀の電子革命、公務システムは一変できるはずだ。
    頭のよい人が多様な改革シュミレイションの概要を市民にネット公開しながら、組み立てていけばよいではないか。
    「ガキも人数」が加われば生活者市民の思いが味付けされるはずだ。現代の「革命」だ。

    世界の「ガキの人数」の国々がスマートフオンという英知を手にし、同時に1%の世界のお金持ちから資本投資を呼び込む流れに、日本はついていけるか。
    -----------------
    【15769】Re:日本版「緑の党」に期待  タミゾール 2011-10-9 16:59
     ▼こんにちは、KAWAIさん

    お元気そうでなによりです。パソコンの故障ならいいですが、お体は大丈夫でしょうか。
    今日は地域の運動会で、体育部の係りとして仕事をしてきましたのでへとへとです。朝は7:00集合という異常な早さでして。

    同級生や恩師にあえたのは良かったです。恩師は70前後ですが今日も9kmランニングしてきたそうで、聞いただけでがっくりしました。
    しかも、ラジオ体操の模範演技までし、太極拳をし、玉入れで燃えてました。みな、いやいややってると思いきや、競技になると必死で真剣のには驚きです。
    私も、顔を売っておいて、いざ震災があったら何かと御贔屓にしてもらおうと思ってます。

    さて、中沢さんがオウムに入れ込んでたのは知らなかったなあ。
    まあ、チベット仏教に詳しいから、それなりに宗教的な見地からまじめにコミットしたんでしょうが、えらいものに肩入れしちゃったですね。
    これじゃあ、一般の人々の共感はとりにくいですね。

    しかし、そのことはおいておいて、彼の緑の党の発想は賛成ですね。他のふさわしい人が言い出せばよかったんでしょうね。
    地域の半強制的な行事でなく、任意で集まれるそんな共同体もあった方がよさそうです。
    お元気そうでなによりです。パソコンの故障ならいいですが、お体は大丈夫でしょうか。

    今日は地域の運動会で、体育部の係りとして仕事をしてきましたのでへとへとです。朝は7:00集合という異常な早さでして。
    同級生や恩師にあえたのは良かったです。恩師は70前後ですが今日も9kmランニングしてきたそうで、聞いただけでがっくりしました。
    しかも、ラジオ体操の模範演技までし、太極拳をし、玉入れで燃えてました。
    =========================================================================
    ★メルマガは週刊で現在927通を発行し、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガの新規配信、アドレス変更は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     アドレス変更の場合は、コメント欄に旧アドレスも書き込んでください。

閲覧 7473

BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.