老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1600&sty=2&num=%0A%0920


[お知らせ掲示板に戻る]


20 【19520】老人党メルマガ(470)
北極星   運営スタッフ 2013-2-24 7:09:43  [返信] [編集]

        roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(470) ::: 2013-2-24
    =========================================================================
    【19503】憲法改正草案、一度通したらもう二度と戻せないです!! おばさんですが
    【19512】Re:経済成長よりも不平等の解消: 非正規雇用      節松有子
    【打てば響く】新しい本が出ます      なだいなだ
    【19492】Re:老人パワーを大きく結集しよう 若者へのメッセージを yo-chan
    【19511】Re:老人パワーを大きく結集しよう 若者へのメッセージを yo-chan
    【19504】Re:・・・そして隕石も追加   松
    【19513】Re:・・・そして隕石も追加  kounosuke
    【19514】Re:・・・そして隕石も追加 yo-chan
    ========================================================================
    【19503】憲法改正草案、一度通したらもう二度と戻せないです!!   おばさんですが 2013-2-22 4:56

    初めての投稿失礼します。おばさんですがすみません(>_<)

    大変な事に気づいてしまいました!憲法改正草案、私たち国民は国会を通った草案に対して審議はできるけれど、新しい改正草案の「提案」はできません。って事はですよ!もしも自民党の憲法改正草案が通ってしまったら、いくら大きな見落としがあって、政府が大変な事をやり始めても、私たちにはもう憲法を変える(或いは元に戻す)手段は無いっていう事ですよね。

    うわーっ!!!一度通したらもうおしまいですよね。
    それは絶対、何が何でも反対しないとだめですね。

    老人党の皆様、どうかどうかうちの息子(1歳5か月)の未来を守ってやってくださいませ、よろしくお願いします!
    -----------------
    【19512】Re:経済成長よりも不平等の解消: 非正規雇用 節松有子 2013-2-22 14:49

      デフレ脱却 主役の非正規 出ぬ舞台

    21日ヤフージャパンにフリージャーナリスト前屋毅氏が述べているのを読みました。

    〜安倍首相の「賃上げ」要請に反応してローソンなどが賃上げの実施を発表した。賃上げにより消費を拡大してデフレから脱却するのが狙いなのだそうだ。画期的な動きのようにおもえるが、重大な問題が無視されている。
    問題はローソンの賃上げが正社員だけを対象にしているということだ。〜

    小泉政権による人材派遣の規制緩和により非正規雇用が激増し、2012年で非農林業雇用の全雇用に占める非正規雇用者の比率は、総務省統計局労働力調査によると35.1%になっているそうですね。そして収入の少ない非正規雇用者の激増はデフレ傾向に拍車をかけてきたとのこと…

    今回のローソンでは正社員とアルバイトなど非正規雇用者を合わせると約20万人が働いていて「賃上げ」は約3300人の正社員だけがその対象で、約18万5000人の非正規雇用者は対象外。

    「賃上げ」で消費を活発化させデフレを脱却するのには、約3000人の正社員を対象にするよりも18万人の非正規雇用者を対象にする方が効果が大きいと思われ、それを無視して「デフレ脱却のための賃上げ」と安倍首相は胸を張れるのだろうか?
    「われわれの政党の成果」などと言うのなら、少しお目出度すぎるのではないのだろうか?
    などと、経済音痴の一主婦だけど、前屋氏の文章を読むとそんな風に私は思っています。
    -----------------
    【打てば響く】新しい本が出ます なだいなだ 2013/2/19

    吉岡君というケースワーカーとの共著です。
    出版元は「中央法規」、精神保健白書などを出している関係で、このような種類の出版もすることになりました。
    ぼくがイントロを書き、ぼくとかれとのメールのやりとり、そしてかれとぼくの、部分から成り立ちます。

    ぼくの部分は、常識療法。常識療法とは何か、知らない人が多いでしょう。当然です。自分のやってきた精神療法(心理療法)にそういう名前をつけたのですから。この本で、具体的に常識療法がどういうものであるか分かるでしょう。

    今年は、家内の病気ではじまり、家内が快方に向かっている今、ぼくが上腹部痛に悩むことになりました。
    明日はCTスキャン、明後日は胃カメラによる検査です。
    生まれて初めての胃カメラ、ということはぼく自身が、病気をあまりせずに、ここまで生きてきた証拠です。

    しかし患者することには慣れていないので、すべてを大げさに考えすぎて、若い医師たちに笑われます。
    そういう次第で、感想を書くのをさぼりました。御容赦を。
    今月の婦人乃友の原稿は、自民党が準備中といわれる「イジメ基本法」についてのつむじ曲がりな感想になります。

    日本ではメルケル西独首相が、安倍総理に電話をかけてきた内容についてはほとんど報道されませんでした。
    事実さえ知らない人が多いでしょう。もちろん円安誘導は怪しからんという内容です。
    日本の国債を持っている者にとって、意図的に円安に誘導するのは、故意に損害を与えられることですから。

    G20の主要議題がそこに集中したことは当然です。
    これとメルケルの電話とを結びつけた報道がなかったのは、日本の報道の力量を示すものです。
    今回は短いですが、これにて失礼。
    -----------------
    【19492】Re:老人パワーを大きく結集しよう  若者へのメッセージを yo-chan 2013-2-19 20:29

    バーチャルからはみ出るリアルの領域を提案したところですが、閲覧はいただけるものの発展していかないのが小生残念に思うところです。如何なるテーマでも複数の人の協力でStep by stepになってほしいと願っている小生ですから、いい加減にせい、と言われること承知で、蛇足ながら追加のメッセージを送ります。

    小生バーチャルにとどまる必要はないのでは、との思いあります。これがまず一点です。
    その上でリアルの場面に踏み込むと所謂その裏付の資金にぶち当たります。当然でしょう。
    反論を恐れずに敢えて言えば、これまで老人党に集う皆様から一丁金儲けして、その金で何かできること、智慧出し合ってやってみようか、という発想がなかったのではと思います。

    十数年の遍歴を小生つぶさに心得ておりませんので、誤解の部分あれば、お教えください。
    小生の認識では少なくとも結実に至ったことはないのではと思います。そこで提案です。ぜひこのテーマ(老人から次代を担う若者へ、ぜひ伝えたい想いを多くの老人党に集う人の協力で本の形で実現しよう)を実現したいものです。

    小生とらぬ狸の、が結構好きでこのProjectを実現すれば、5年から10年にわたり毎年数千万円から上手くすれば数億円の収入がこの老人党に入ると思っております。その理由は、まずかかる老人から若者へのメッセージ本は、公立図書館および小・中・高・大学の各図書室に置かれることが充分期待できるでしょう。

    その数は十万に及ぶわけで、売価2000円として2億円になり、パートII,パートIIIと出して行けば、2年、3年となるわけです。
    小生の想いは何もこの金を稼ぐのが目的ではありません。かかることで得た金を次にいかに有効に老人党としてリアル社会への活動に活用していくということが、最終目的です。如何でしょうか。

    なださんからも、次の発行予定の書籍が提示されてます。党としての出版の方向はさして問題ないのではと思います。
    もっともっと実社会に打って出る武器を持つ手段と思うのですが。老人党として出版局を持つなど夢あるんじゃないですか?
    皆さんの若者へのお節介精神の協力があればContentsの問題も全くないと思っています。
    -----------------
    【19511】Re:老人パワーを大きく結集しよう  若者へのメッセージを yo-chan 2013-2-22 12:21

    老 to Freshman のコンセプトに共感していただける方が徐々にふえていく感があり、ありがたいところです。
    今後の推移は、珠さんもご指摘の賢い媒体の利用方法をどうかんがえるか、とか等々の成り行きに任せる部分多いと思ってます。
    まずは一人でも始めるの精神でcontents 作りの作業から地道に始めてみようかと思います。

    近々老to Freshman by yo-chanと題して小生の若者へのメッセージをたてる予定です。総合掲示板にのせることになるでしょう。
    一回では完成品にできないと思います。数回で当面これでいくかという形になるように、やってみる予定です。

    普通に暮らしている我々老人党に集う人達の考え方、生きざまや若い人に是非伝え残したい想い、等を伝えられるチャンネルがあっても良いのでは、という今回の主旨に賛同頂ける方あれば、出来れば同じ老toFreshman by ---のタイトルで若い人への想いをのべていただければと思います。

    Contents 作りを先に行いつつ、今後の展開にたいしてはcontents 作りの進展を見ながら考えていければと思っています。
    笹井さんの活動は注視致します。
    -----------------
    【19504】Re:・・・そして隕石も追加   松 2013-2-22 5:22
     ▼kounosukeさん:おはようございます。

    >明日が8.3億年目かも知れませんよ。

    いいえ。人類が核分裂の連鎖反応に成功したのが1942年。僅か71年前です。8億年には遠く及びません。

    >確率は人間が勝手に作ったもの、自然の力には及びません。人間は自然に対しもっと謙虚にならなければいけません。

    人間はこの頭脳によって、身体能力で遥かに勝る猛獣に打ち勝ち大自然を克服して現在の繁栄を手にしました。
    古人は無闇矢鱈に暗闇を恐れる事を戒め、疑心暗鬼という言葉を我々に残しました。
    天の落下を毎日心配するような愚かさを説く杞憂という言葉もあります。

    江戸時代までの日本人は迷信を信じ、病気になると加持祈祷に頼って多くの人間が命を落としました。
    その反省から現代では、医療から有象無象や迷信を排除し、国家資格を取得しなければ医者には成れないようにしました。
    自然災害には不安な人間心理につけ込み、得てしてデマが流れやすいものです。
    そういう時こそ物事は理性的に判断しなければなりません。

    >火力発電所に落ちても1年後には復旧するでしょうが、核施設は誰もが想像出来る様な事になり1国だけでは収まらないかもしれません。

    地球の表面積に占める核施設の面積の比率を考えれば、その可能性が高くない事は自ずと判断できます。

    >ロシアの隕石落下はもう少しずれていれば、ロシアの核施設に落ちたかも知れませんし 隕石には軌道が有りません。
    >隕石=流れ星、ですが、年間数千個が落ちているそうです、宇宙飛行士も流れ星が沢山地球に落ちて行くのを見たと言っていました。大きな隕石は稀でしょうが、確率計算では落ちて来ません。

    あの規模の隕石が落ちてくるのは100年に1度といわれています。同じクラスの隕石落下で最も近いものが1908年のツングースカ大爆発である事を考えると、この「100年に1度」というのは妥当でしょう。
    これに地球面積に占める原発面積比率をかければ施設に落下する年率が計算出来ます。

    自然災害に立ち向かうために必要なものは理性であって、盲目的な恐怖は必要ありません。原子力が登場して僅か70年。
    その原発が使用されるのも新エネルギーが登場するまでの、せいぜい長くても今後200年くらいの事でしょう。
    合計しても8.3億年のうちの僅か270年です。はっきり言って、「無い」と言ってしまっても良い数字です。

    私が不思議に思うのは、反原発の立場でこの隕石の危険を言い募る人たちは、何故、隕石の原発命中率よりも遥かに事故率が高く多くの被害者を出している電車に平気で乗っているのか。
    或いは電車より更に事故率が高く毎年多くの死者を出している自動車を何故日常的に利用し続けているのか、という事です。
    この自動車というものの発明以来、いったい人類はこれまで累計でどれだけ多くの人が事故などで死んでいるのでしょう?

    使えば環境も汚染されます。何故そんなものを使っているのですか?
    -----------------
    【19513】Re: ・・・そして隕石も追加 kounosuke 2013-2-22 15:25
     ▼松さん:こんにちは、返信有難うございます。

    >>明日が8.3億年目かも知れませんよ。

    >いいえ。人類が核分裂の連鎖反応に成功したのが1942年。僅か71年前です。8億年には遠く及びません。

    核の話ではなく、隕石の話でしょう、隕石は所かまわず落ちます。

    >>人間はこの頭脳によって、身体能力で遥かに勝る猛獣に打ち勝ち大自然を克服して現在の繁栄を手にしました。

    手にしたなんて傲慢な考えです、手にしたものは自然の津波であっという間に持っていかれたのを忘れましたか!

    >古人は無闇矢鱈に暗闇を恐れる事を戒め、疑心暗鬼という言葉を我々に残しました。
    >天の落下を毎日心配するような愚かさを説く杞憂という言葉もあります。

    誰も隕石の落下を心配しないと思います、防ぐ手立てがないからです。原発がなければ全く心配しないでしょう。
    原発だけが問題です。

    >地球の表面積に占める核施設の面積の比率を考えれば、その可能性が高くない事は自ずと判断できます。

    隕石は場所を選びませんよ。

    >>自然災害に立ち向かうために必要なものは理性であって、盲目的な恐怖は必要ありません。

    盲目的な恐怖は必要有りませんが、もっと自然に対して畏怖する心を持たなければ、同じ災害でも被害の大きさが違います、今度の大震災で証明された事です。

    >原子力が登場して僅か70年。
    >その原発が使用されるのも新エネルギーが登場するまでの、せいぜい長くても今後200年くらいの事でしょう。
    >合計しても8.3億年のうちの僅か270年です。

    >はっきり言って、「無い」と言ってしまっても良い数字です。

    そういう考えが原子力村を腐らせているのでは有りませんか!

    >私が不思議に思うのは、反原発の立場でこの隕石の危険を言い募る人たちは、何故、隕石の原発命中率よりも遥かに事故率が高く多くの被害者を出している電車に平気で乗っているのか。
    >或いは電車より更に事故率が高く毎年多くの死者を出している自動車を何故日常的に利用し続けているのか、という事です。

    この自動車というものの発明以来、いったい人類はこれまで累計でどれだけ多くの人が事故などで死んでいるのでしょう?

    >使えば環境も汚染されます。何故そんなものを使っているのですか?

    電車も自動車も便利で楽しいから使っています。電気は原発がなくても足りています、だから、再稼動は必要ありません。
    再生エネルギーは今高いですが、普及が進めば下がります、原発はこの先どんどんコスト高になってきます。
    -----------------
    【19514】Re:・・・そして隕石も追加 yo-chan 2013-2-22 23:17
     ▼松さん:こんばんは

    小生少々情緒的見解を述べます。残念ながら裏付けとなり得る研究結果を生物系、微生物系の研究者から聞いたことないので、情緒的にならざるを得ないのが残念です。原発事故以来垂れ流されている放射性物質は、その量の多寡を巡り考察の基準次第で極めて深刻な量ともいう人あり、反対に問題にすべきレベルでないと説く人もいる状況と思います。

    ここで小生は今現在でもこの問題に判断を下すことができない状況と考えております。それは福島原発周辺の小動物、微生物、植物等への放射線の影響度合いに関する調査およびその結果すら発表も公評もされていないことによります。

    人以上に早く世代をどんどん交代していく微小動物や微小植物にどのような影響が出ているのか、または出ていないのか位の調査結果を基に現在の原発の問題を考えていくのが叡知ある人に求められると思っております。
    この点で当該学問分野の研究者の猛省を求めたいと思います。

    すでに結果を得ているのなら少なくとも広報活動の不十分さが指摘できるでしょう。隕石の落下確立がどうのこうのという前に、これら人間と共存・共生する微小生物に真摯に対面することが人間に求められるとおもいます。
    =========================================================================
    ★メルマガは現在857通をアドレス登録者に毎週お送りし、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガ新規配信の連絡・配信先アドレスの変更等は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     変更に当っては、コメント欄に旧アドレスやお名前をお書きください。

閲覧 20351


【18484】老人党メルマガ(451) 北極星 2012-10-14 6:48:24
 【18537】老人党メルマガ(452) 北極星 2012-10-21 8:59:24
 【18626】老人党メルマガ(453) 北極星 2012-10-28 7:36:58
 【18666】老人党メルマガ(454) 北極星 2012-11-4 7:54:54
 【18719】老人党メルマガ(455) 北極星 2012-11-11 7:45:56
 【18795】老人党メルマガ(456) 北極星 2012-11-18 10:29:26
 【18890】老人党メルマガ(457) 北極星 2012-11-25 7:33:33
 【18952】老人党メルマガ(458) 北極星 2012-12-2 7:36:08
 【19006】老人党メルマガ(459) 北極星 2012-12-8 7:59:51
 【19059】老人党メルマガ(460) 北極星 2012-12-15 7:06:06
 【19120】老人党メルマガ(461) 北極星 2012-12-23 6:28:19
 【19170】老人党メルマガ(462) 北極星 2012-12-30 7:36:47
 【19200】老人党メルマガ(463) 北極星 2013-1-6 8:51:34
 【19261】老人党メルマガ(464) 北極星 2013-1-13 7:30:56
 【19293】老人党メルマガ(465) 北極星 2013-1-19 7:04:42
 【19340】老人党メルマガ(466) 北極星 2013-1-27 7:06:09
 【19395】Re: 老人党メルマガ(467) 北極星 2013-2-3 7:05:36
 【19448】Re: 老人党メルマガ(468) 北極星 2013-2-10 7:09:07
 【19479】老人党メルマガ(469) 北極星 2013-2-17 8:25:02
 【19520】老人党メルマガ(470) 北極星 2013-2-24 7:09:43 ←いまココ
 【19548】老人党メルマガ(471) 北極星 2013-3-3 8:15:16
 【19592】老人党メルマガ(472) 北極星 2013-3-10 7:55:01
 【19633】老人党メルマガ(473) 北極星 2013-3-17 6:28:49
 【19669】老人党メルマガ(474) 北極星 2013-3-23 22:03:14
 【19698】 老人党メルマガ(475) 北極星 2013-3-31 8:12:55
 【19734】老人党メルマガ(476) 北極星 2013-4-7 7:11:51
 【19781】老人党メルマガ(477) 北極星 2013-4-14 6:40:21
 【19812】老人党メルマガ(478) 北極星 2013-4-20 6:29:26
 【19832】老人党メルマガ(479) 北極星 2013-4-28 6:16:02
BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.