老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1786&sty=2&num=22


[お知らせ掲示板に戻る]


22 【23748】老人党メルマガ(522)
北極星   運営スタッフ 2014-5-4 21:12:20  [返信] [編集]

    北極星 運営スタッフ 2014-5-4 9:31:06

      roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(522) ::: 2014-5-4  北極星
    ===========================================================================
    【23712】Re:相変わらずの安部自民党      柳沢のたんたん
    【23715】原発ゼロの 現実論          春うらら
    【23730】Re:原発ゼロの 現実論        kounosuke
    【23714】Re:空間放射線量の続き        ばっかす
    【23725】Re:続・心化粧:花明かり人は何処に  はらはらと散る木の葉っぱ
    ===========================================================================
    【23712】Re:相変わらずの安部自民党    柳沢のたんたん 2014-5-2 13:18

    集団的自衛権と言う事をマタマタ言い出して、内閣の閣議決定に持ち込むような事を言い出して、戦後の憲法を改悪するような事を論議に乗せている様であるが、此の総理は余程戦争が好きと見える様です。

    戦争は他人が戦うのであるからご自分は安泰であると思っているようだ。この様な危険人物を総理と言う器に据えておく事に自民党は何を考えて居るのであろうか。

    尤も心ある人達は既に自民党から出て行ってしまって後はミーちゃんハーちゃんしか残っていないと言う事の様ですが、それにしても、ポスト欲しさの人物しか残らないと言う事でしょうか。衆愚政治と言う言葉が有るが日本にはマダマダ正論を言える人が可也居ると思いますが、皆さん如何して意見を吐かないのでしょうか。

    善隣外交と言う言葉が有るけれども、安部は仮想敵国を作って自分をアッピールする事だけしか念頭にないように見える。
    世に言うじゃじゃ馬坊ちゃんもいい加減にしてもらいたいと思う此れでは日本の国は何処へ行くのか見当も就かない。
    俗に言う右翼政権とはこう言う事を言うのであろうか。日本の良識は何処へ行ったのであろうか。
    -----------------
    【23715】原発ゼロの 現実論   春うらら 2014-5-2 23:20

    バッカス様 今晩は あと数カ月で60歳になり、本格的な老人の仲間入りです。
    本日、南大沢霊園に うらら家の墓が完成して、見学兼引き渡しに行ってきました。

    ワンコが2月に13歳になり“一緒に東京オリンピックを見ようね”を合言葉に長生きをお互いに約束しワンコの世話をしなくちゃいけないので、私はこの子よりは長生きをする が現在の第一目標です。
    ですから墓は出来たけど、望むべきは“ご利用は、もう10年待ってね”です。
    “死んだ後も一緒だよ”とワンコに伝えましたが、この夏が心配です

    生命保険も5年ほど前に満期が来て(来るんですね、来るとは思っていなかったけど)、ソニー生命の終身保険に切り替えました。
    満期金をそのまま充当し、いつ死んでも最低300万円貰えますので、葬式代は手当しました。結婚20年を過ぎると、生前贈与が無税になるとの事で我が家の土地も嫁さん名義に書き換えて、遺言状も作って貸金庫にこれで死ぬ準備は万端と言うことろです

    第2目標は年金満額支給の65歳までのサバイバルで、こちらも何とかなりそうな雰囲気になって来ました。
    前置きが長くなりましたが 護憲・反戦運動が、日本の平和維持に貢献していない と同じように、知識人の反原発運動も
    原発ゼロ日本には殆ど貢献しておらず むしろ、マイナス効果の方が大きいと実感しています。

    “福島の放射線量が高い“ → 危険だ は、反原発“ごっこ”しているご本人たちは嬉しくて大声で叫びたいでしょうが
    1)それを聞いた、多くの日本人が 親原発→非原発に変わる可能性は無し
    2)風評加害の一因となり、福島県の産業にはネガティブ
    になるだけです。

    以前も書きましたが、最大のパラメーターは“見かけ上の高コスト“の電力料金を、多くの国民が受け入れるかどうか
    です。単純に言えば、それだけの事。
    電力会社だって、要はペイすれば根っ子が火力・水力・原子力なんて気にはなりません。儲かれば良いのですからね。

    超暴論で言えば
       原発OKです  でも原発電力には100円しか払いません
       非原発であれば1,000円払います
    これで、日本中の原発は稼働しません。簡単でしょう。 
    私は喜んで 1,000円の電気料金を受容しますよ

    単価当たりの電気代が高いので、節電やミニ発電などの生活防衛策は大いに結構ですが
    それと非原発は一直線ではつながりません
    -----------------
    【23730】Re:原発ゼロの 現実論   kounosuke 2014-5-4 0:18
     ▼春うららさん:こんばんは、

    割り込み失礼します。「原発ゼロ」と有りましたので、つい投稿しました。

    >前置きが長くなりましたが 護憲・反戦運動が、日本の平和維持に貢献していない と同じように、
    >知識人の反原発運動も 原発ゼロ日本には殆ど貢献しておらず むしろ、マイナス効果の方が大きいと実感しています。
    >“福島の放射線量が高い“ → 危険だは、反原発“ごっこ”しているご本人たちは嬉しくて大声で叫びたいでしょうが

    反原発運動をしている人達は、自腹で暇財を惜しまず無償で動いています、子供の将来を考えての事で遊びでは有りません。
    放射線量が高いのは公開されていない情報も色々あって私達はすでに知っています。

    >1)それを聞いた、多くの日本人が 親原発→非原発に変わる可能性は無し
    >2)風評加害の一因となり、福島県の産業にはネガティブ になるだけです。

    風評とかではなく事実を伝える事は大事です、60歳以上の人たちは多少の放射線などはどうでもいいことですが、子供には大問題です。

    放射線危険区域の近くで小学校や保育園が活動していますが、現地に行った人の話では、子供の将来が不安だそうです、そこの園長は反原発運動の時に「福島の名前を出してほしくない」と言われたそうです。違った所の話ですが、先日 井戸川前双葉町長の話を聞きました、反原発運動の際には「双葉町の様になりたくない」と言ってほしいと話をしてみえました。

    >以前も書きましたが、最大のパラメーターは “見かけ上の高コスト“の電力料金を、多くの国民が受け入れるかどうかです。
    >単純に言えば、それだけの事。電力会社だって、要はペイすれば根っ子が火力・水力・原子力なんて気にはなりません。
    >儲かれば良いのですからね。

    >超暴論で言えば 原発OKです でも原発電力には 100¥ しか払いません
    >        非原発であれば       1,000¥ 払います
    >これで、日本中の原発は稼働しません。簡単でしょう。私は喜んで 1,000¥の電気料金を受容しますよ

    高コストの電気は5月2日の報ステで古賀茂明さんが言われた様に原発の電気です、(安倍さんが原発を売っているのが恥ずかしいとも)原発の原価計算値は疑問だらけですし、原発の安全コストは上がる一方だし、廃棄物処理の費用計算が出来ません。

    原発は年月が経つたびにコストが上がってきますが、再生エネルギーは使っていけばどんどん下がってきます、
    ですから、1000円/kwh の数字はないと思います。
    それから、原発を持っていないPPS電気事業者は、原発を持っている電力会社よりも安く電気を売っています、現実です。

    >単価当たりの電気代が高いので、節電やミニ発電などの生活防衛策は大いに結構ですが
    >それと非原発は一直線ではつながりません

    つながります。ソーラーや燃料電池を備えている所は自前で電気を賄っている所がだんだん増えて来ています、
    我が家は1万円/月発電しています。原発の様に事故やごみ問題に難しい発電は当然ですが敬遠されます。
    原発は研究用で小規模にして1〜2基で充分です。原発に将来は有りません、再生エネルギーには夢が一杯です、とりあえずGTCC発電などを中心にして普及されるのがいいと思います。昨夏、ドイツでは全電力の50%が再生エネルギーの日があったそうです。
    -----------------
    【23714】Re:空間放射線量の続き ばっかす 2014-5-2 23:19 (編集)

    ▼珠さん:cc▼春うららさん、大愚さん :
    類似のテーマでもそれぞれのスレッドごとにテイストが異なるので、こちらにつけておきます。半ば自己レス。

    >広告で久しぶりに上がってきたスレッド。未だ、空間放射線量が高い地方があることを、クリックして観ておいてほしい。
    >http://new.atmc.jp/ 原発事故は、簡単には収束しないんです…。

    そうしたモニタリング情報は、過去にも幾度がこちらで取り上げられてきましたし、引き続き有用であると観ています。
    後はそうした情報をどう読み、どう判断に使うかでしょう。
    ー   その先の行動となると個々の価値観も入るので、一定の結論が出るのはどう読むかまでなのでしょう。

    例えば、自分がどう見ているかと言えば、
    1)まず、被曝量が年間100mSvでは客観的に十分危険であるし、愛煙家の被曝量が年間換算35mSv等であるので、愛煙家である自分の許容限界量を、年間50mSv程度に設定し、

    2)その上で、空間放射線量で測れる外部被曝量に加え、水/食物等の摂取に伴う内部被曝量を勘案し、そこで、\'空間放射線量の約5倍が内部被曝を含む総被曝推定量である\'と仮定し、
    ー   約5倍という数字は、過去にこちらで議論した3倍~7倍という数値の中間。
    3)すると、1)で設定した年間50mSvという数値は、内部被曝を考慮することで、50mSv/5倍=10mSvとなり、
    4)最後に数字を毎時換算すると、年間10mSv/365日/24時間≒1.14μSv/h、となります。

    それでは、事例として福島県内の数値を見ると、NHKオンラインの一瞥比較表を用いて見ると(↓)、
    http://www.nhk.or.jp/fukushima/wind/index2.html
    福島原発半径20km圏内では概ね、上記4)の数値1.14μSvの2~6倍に達していて自分の許容限界を超える、となり、
    その他の主要な観側点では、許容限界内にある、となります。

    次いで子供というものを想定すると、空間放射線量を基準に年間20mSvに被曝量を抑え込むべきであるとすると、内部被曝を勘案した空間放射線量の許容限界は20mSv/5倍=4mSvとなり、毎時換算すると、年間4mSv/365日/24時間≒0.46μSv/hとなり、上記半径20km圏内に加え、飯舘村は厳しいだろうとなります。

    なお、年間総被曝量50mSvは米国の原子力産業従事者の許容限界量、年間100mSvは生活上ガンのリスクが認められる限界量(↓)。
    http://www.gizmodo.jp/sp/2011/04/radiation_chart2.html
    (Gizmode、「放射線量グラフ~普段自然に浴びている放射線量から致死量まで」)

    上記のように、内部被曝を勘案すると、50mSvは1.14μSv/hに対応し、100mSvは2.28μSv/hに対応し、後者の数字は、概ね上記半径20km圏内の数値に対応します。以上、危険を過剰にも過小にも評価すべきではないですが、

    一定の合理的基準を用いての目安というものは存在し、それは風評とは無関係です。
    ー   モニタリング数値を見れば、半径20km圏内に立ち入らない、というのは、合理的判断であり行動である、となります。

    >もう1つ、原発事故の場合、避難計画は、被曝計画になっている…。
    >「原発メルトダウンまで20分--避難時間は2日半!?」
    >http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/20-2/blog/49001/

    これ(↑)は珠さんのご意見の中で最も重要と観るところです。
    実際のところ、現在進行形で、避難計画の策定の遅れが指摘されているわけですから(↓)。
    http://sp.mainichi.jp/select/news/20140417k0000m040082000c.html
    (毎日、「避難計画策定の自治体、半数にとどまる」、2014/04/16)

    広域防災計画/避難計画というのは、原発を再稼働させるのなら、必須の要件です。
    ー   十分条件ではないが、あって当然の必要/必須な条件。
    それができていないというのは、半数の原発が再稼働資格を満たしていないという意味で既に脱落したも同然でしょう。

    グリーンピースの記事を拝見し意外感を伴ったのは、避難計画策定が進んでいると伝えられていた川内のそれが十分なものではなさそうだという指摘箇所。
    ー   実態がどうなのか、詳しく知りたい箇所。

    次いで意外感を伴う、あるいは呆れているのが、上記の毎日によれば、東電・柏崎刈羽での策定の遅れという指摘箇所。というのも、東電は、今年度の下期での柏崎刈羽の再稼働を事業計画に入れていたはずだと記憶しているから。

    避難計画の策定は重要ですよ。
    ー   事故が起きることを想定しない、ということはあり得ないわけだから。
    ー   事故対策は大きく、1)臨界状態(事故の手前)から通常状態への復帰策、2)決別状態(=事故)への移行後の被害最小化の二つにあり、避難計画は後者2)の重要な一部であるから。
    ー   私見では、24時間以内に、どんなに最低でも20km圏内から脱出。理想的には同100km圏外への脱出(無理だろう)。同30-40km圏外への脱出が避難計画での最低基本線。

    >今日の東京新聞の「本音のコラム」では、斎藤美奈子さんが、偏西風の吹いている日本では、西日本の原発の事故があれば、
    >あっというまに日本列島は放射能で覆われてしまう…ことを指摘している。

    これ(↑)は、おそらくはコラムニスト氏に脱原発/反原発のバイアスがかかっていて、自分の場合は、それを受け容れません。

    やや専門的なので必ずしも目を通す必要はありませんが、一言で言えば、大気の運動は複雑なのです(↓)。
    http://www.nies.go.jp/kanko/news/30/30-4/30-4-05.html
    (国立環境研究所、「・・放射性物質の大気シミュレーション」、2011/10/31)

    1)偏西風は高度上空(~10km)でのジェット気流のことです。一方、放射性物質の大気中での拡散運動には、季節風(モンスーン)、海陸風(沿岸部での昼夜の風向き逆転)、山谷風、地形、気象条件といったファクターがより強く働きます。

    2)上記1)での、偏西風によらぬ季節風・気象条件・地形などのほうが、防災計画/避難計画を立てる上でも避難誘導/行動を取る上でも、決定的に重要です。

    3)実際、福島原発事故に際しては、放射性物質のミストは、北西の飯舘村方面や関東平野を北東→南西に縦断する形で静岡県東部に達しているわけです。

    4)重大な局面で高濃度の放射性物質ミストによる被曝を免れるべく避難行動を取るとき、偏西風という考え方は全く役に立ちません。
    ー  冬には北西から、夏には南東から風が吹くという常識にまずは従うべきです。そうでしょう。ただし、運動が複雑なのだから常識だけでも足りない。
    ー  避難において偏西風は全く関係ない、と言い切ってよい。西に逃げればよい等と思い込んだら百害あって一利なしです。
    以上です。
    -----------------
    【23725】Re:続・心化粧:花明かり人は何処に。世の光、地の塩の有川美子さん、ありがとう!
    はらはらと散る木の葉っぱ (編集時刻) 2014-5-3 15:38

    60年安保で、岸信介が日米安保で平和憲法の瓦解を始動し米国への隷属に踏み切り、70年安保で、佐藤栄作が実質的な核武装の密約を結び平和憲法を踏みにじり、国民を欺き、ノーベル平和賞を臆面もなく受け取る。「新聞記者は出て行け!」。
    権力者が恐れる記者も今やいない。

    その一族の安倍晋三。劣等感と歪んだ精神は、我がまま放題に贅沢三昧に育った成長過程に起因するのか、売国奴一族の争えない血筋に因るのか。戦後70年間近く堅持してきた「戦争をしない国から戦争する国」へと、憲法で規定された正当な手続きを経ないで、国民の審判を仰ぐこともなく、平和憲法を解体し戦争国家へと策謀している。

    自衛隊も国と国民の財貨も資産も社会システムも、すべてを米国に奉げる暴挙を図ろうとしている。
    正常な精神と人間性を有しているとは考え辛い。
    しかも、愚かなる宰相を取り巻く輩も同類のハイエナどもの嘘と詭弁とハッタリの軽挙妄動の言動は続発する。

    万国のごく普通の暮らし人は戦争など誰一人望まない。戦争は欲ボケし狂った権力者と死の商人らが自分らの利益の為に、人々を欺き洗脳し仕掛けるものである。仕掛ける側の人間が血を流すことはない。身辺に危機が迫れば早々に国外逃亡する。戦争責任も問わない。裁かれ血を流すのは、ごく普通の暮らし人である。

    平和憲法を護り、血を流さない教育を受けてきた青年たちに「殺せっ!」「愛国心を発揮しろ!」と教育を改める。そうした訓練を日常的に受けてきた青年たちの矛先は、いつの日か、国民に向けられる。

    「すでに戦争は始まっている」との認識と危機感が要る。このままでは、フクシマもオキナワも見捨てられる。
    日米同盟の本質は戦争条約である。いずれ、戦争国家の米国に自衛隊は指揮権も奪われ、好き勝手に徹底的に酷使され使い捨てされる。この勢いは日毎に増大している。もはや、止め得る勢力がこの国に存在するのか。

    ここ、老人党でも、虚々実々の詭弁で日夜纏わりつく輩が我がもの顔である。あるいは、ここでは「良い子のみんな」を装い、本家に戻れば「ホンネの罵倒」、あるいは、平和を愛する新しい投稿には機敏に反応し加勢する輩、悲しいかな、誰の為の掲示板か。役割期待の賞味期限は過ぎたか。消滅の危機にも平和を懇願する人々の投稿は皆無に近い。
    ご高齢の柳沢のたんたんさんが独りで奮闘している。

    そんな時代情況で、鹿児島2区の衆院補選に勇気ある出馬を果たし健闘した有川美子さん。心底からありがとう!って、お伝えしたい。こうした、ごく普通の職業人の若い女性が政治に志し、日本国憲法の思想が社会の隅々に染み透る言動に、この国の希望を感じる。老若男女の連帯に若い女性の活躍は欠かせない。有川さんの今後の活躍に大いなる希望を覚える。

    愛と自由と公正さを訴えた有川さんの炎の主張は心ある人々の胸底に浸透している。転じて、福嶋瑞穂さんの失敗は、その意識が先鋭化されなかったことにある。「自分が大好き!」では、根強い平和勢力の輪は拡大されない。それでも、捨て身の再起を期待したいが。颯爽たる女性新党の立ち上げこそが時代の要請である。

    石原や舛添や橋下らの女性蔑視発言を断じて許してはならないのだ。其処にはこの国の深く広い闇がある。その闇に灯を掲げ寛大に切開し新時代を築くのは若い女たちである。性根の腐りきった男たちはのこのこと、くっついてくる。それでも嘲笑を繰り返す男どもはいるであろう。馬鹿野郎って放置して消滅を待てばいいのさ。馬鹿と売国奴とネット右翼につける薬はないのである。

    これからの政治家には、米国と中国とロシアに正々堂々と、自国の国民の利益と世界の平和のための主張ができなければならない。とりわけ、「東アジアの海に一滴の血も流させない」政治哲学と信念を有する人間でなければならない。政党も同じである。血を流す方向へと誘導する政治家と政党は売国奴である。そうした勢力の本性の真贋を射抜く見識と反対する勇気を失えばこの国は滅ぶほかないのである。

    戦争を誘発し、人々を洗脳する政治家と言論人とメディアの陰謀を許してはならない。平和を暮らしの健康を希う人々の投稿を期待したい。ネット右翼の詭弁と執拗さを断じて許してはならない。

    永久に戦争をしない平和国家で出直すことを世界に宣言し、丸裸の焼土から不屈の闘志で再興を成し遂げ、世界の人々からの信頼を獲得し名誉ある地位と繁栄を勝ち得てきた。今、武器を製造し武器を売り、放射能は垂れ流し、格差社会はさらに深刻化し、平和の国から米国に隷属して「死の商人が欲する核武装し戦争する国へ」と世界に宣言しょうとしている。

    すべてを米国に奉げ尽くし自己保身を図ろうとしている、そんな安倍晋三の違法の政治的暴力が許される筈がない。この国の全国津々浦々には平和を愛し人間を愛し自然を愛し健気に活き活きと日々を過ごす暮らし人がいる。日本的情緒と美意識を有した誠実で勤勉な国民が多数派である。この事実は重い。

    安倍の「ボクっお腹が痛いのっ」って発言もそう遠くはあるまい。希望の明かりはある。嘘とペテン、真実の隠蔽は1%の権益層の為に99%の人々を犠牲にする政治である。軍靴の音は身近に迫っている。進撃ラッパが鳴り響いている。もはや他人事ではないのである。

    http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-1325.html
    http://moritasouken.com/sC3038.HTML
    http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1601#more
    http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken
    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-1906.html
    http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/topic.php?top=1
    =========================================================================
    ★メルマガは現在860通をアドレス登録者に毎週お送りし、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガ新規配信の連絡・配信先アドレスの変更等は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     変更に当っては、コメント欄に旧アドレスやお名前をお書きください。

閲覧 17722


【21393】老人党メルマガ(500) 北極星 2013-9-19 6:45:14
 【21476】老人党メルマガ(501) 北極星 2013-9-29 9:03:23
 【21536】Re: 老人党メルマガ(502) 北極星 2013-10-6 15:04:36
 【21619】老人党メルマガ(503) 北極星 2013-10-13 9:24:53
 【21901】老人党メルマガ(504) 北極星 2013-11-3 17:23:43
 【21896】老人党メルマガ(505) 北極星 2013-11-3 10:36:49
 【21947】老人党メルマガ(506) 北極星 2013-11-10 8:48:57
 【21980】老人党メルマガ(507) 北極星 2013-11-16 12:49:32
 【22068】老人党メルマガ(508) 北極星 2013-11-29 23:12:53
 【22081】老人党メルマガ(509) 北極星 2013-12-1 9:34:13
 【22121】老人党メルマガ(510) 北極星 2013-12-8 7:46:59
 【22169】Re: 老人党メルマガ(511) 北極星 2013-12-15 8:52:44
 【22203】老人党メルマガ(512) 北極星 2013-12-22 7:22:42
 【22260】老人党メルマガ(513) 北極星 2013-12-29 8:42:32
 【22314】老人党メルマガ(514) 北極星 2014-1-5 10:50:37
 【22401】老人党メルマガ(515) 北極星 2014-1-12 21:54:58
 【22445】老人党メルマガ(516) 北極星 2014-1-19 17:40:11
 【22497】老人党メルマガ(517) 北極星 2014-1-26 9:21:15
 【23288】老人党メルマガ(518) 北極星 2014-3-31 8:29:09
 【23452】老人党メルマガ(520) 北極星 2014-4-13 9:21:45
 【23625】老人党メルマガ(521) 北極星 2014-4-27 9:31:06
 【23748】老人党メルマガ(522) 北極星 2014-5-4 21:12:20 ←いまココ
 【23936】老人党メルマガ(523) 北極星 2014-5-11 11:46:19
 【24108】老人党メルマガ(524) 北極星 2014-5-18 11:21:44
 【24284】老人党メルマガ(525) 北極星 2014-5-26 21:15:25
BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.