老人党
−「長生きしてよかった」という社会を築くために −
− 「強い国」より「賢い国」へ −
《ホーム》 《掲示板一覧》 《新着100件》 【総合】 【連絡】 【入党宣言】 【お知らせ】 《使い方》 《ルール》
文字サイズ         
目次


オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 掲示板 を参照しています。)


QRコード
http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/thread.php?thr=1878&sty=2&num=%0A%09%09%091


[お知らせ掲示板に戻る]


1 【23371】老人党メルマガ(519)
北極星   運営スタッフ 2014-4-6 10:47:52  [返信] [編集]

        roujintou-news  ::: 老人党メルマガ(519) ::: 2014-4-6  北極星
    ===========================================================================
    【23340】Re:1964年を考える   タミゾール
    【23350】1964年を考える~問題になっているのは場所ですよ   ばっかす
    【23346】Re:嘘だと誰が知る、青葉若葉の風渡る日に、穏やかに身に添う人もいる はらはらと散る木の葉っぱ
    【23333】Re:原子力協定に民主党が賛成へ           柳沢のたんたん
    【23353】スタップ細胞の存在、ついに確認か(続報)      ばっかす
    ============================================================================
    【23340】Re:1964年を考える   タミゾール 2014-4-3 22:41

    ▼こんばんは、Gokaiさん
    議論を見物したいのでしょうか。もう、いろいろな議論で懲り懲りしてますので。この掲示板でやることではないですよ。
    日本の政府機関が「30万人」はいきすぎだと抗議するのは、「いやいやほんの数万か20万人まで<しか>虐殺してないですよ」っていってるのと同じである。日本政府も虐殺の事実がないとまではいってないですしね。

    3万人前後のひとが震災関連でなくなっても、日本中の人は深く悲しんでいる。そういう想像力は働かないのだろうか。
    他国の人間がなくなってもいいのだろうか。航空機事故で「日本人はいませんでした。
    いませんでした」って叫んでるのと同じかな。といっても、フツ族やツチ族の死には無関心であったのも事実だが。

    はっきりいって、ただ、馬鹿にし、攻撃したいだけの御仁たちは無視するほうがいいと考えてます。調子に乗せるだけ。
    気に食わないからって、こっちがした出に出ても関係ないですからね。今そんなに暇でもないし。
    説得できない無力感もあるが、離れててたほうがいい場合もあろう。
    -----------------
    【23350】1964年を考える~問題になっているのは場所ですよ   ばっかす 2014-4-4 16:20 (編集)
     ▼タミゾールさん :おはようございます。

    スレッドの流れを拝見していて、僅かなズレがもとでどんどんズレていってしまっている、そういう感想を持っています。
    南京事件を巡っての、中国、日本両政府による批判の応酬というのは、こちら(↓)なわけですが、
    http://japanese.joins.com/article/521/183521.html?servcode=A00&sectcode=A00
    (中央日報、「習首席がドイツで安倍首相批判・・・」、2014/03/31)

    こちら(↑)の最後の五行の箇所に、何が問題になっているのか? ・・・★ポイント
    が集約されていますよ。ウォールストリートジャーナルも同様です(↓)。
    http://m.jp.wsj.com/articles/JJ10256793085812823541318918353670871284933
    (WSJ、「発言に抗議~非生産的」、2014/03/30)
    ー   (無関係な)第三国で発言することが、非生産的であるというロジックです。 

    南京(大)虐殺があったのかなかったのか、どれくらいの規模でそれが起きたのか、等が、外交上の問題になっているのでは、ないわけです。中国政府/習首席による日本批判が、ドイツで行われたことが、外交的に異例であることから、日本政府/内閣官房/外務省から反論が生じている、という状況なのです。

    批判がどこで行われたか?が問題になっている、・・・★ポイント
    そういうことです。よろしいでしょうか?散々、言い尽くされてきた論争が蒸し返されるとなると、そこには確かに不毛感が漂いますが、タミゾールさんが、今起きていることを、従来の観点で捉えてしまっているとすれば、タミゾールご自身が、望んでいない不毛な論争の深みに自らはまってしまうことにとなるでしょうし、現にそうなっているように見えます。

    まとめておきますと、
    1) 南京事件を語ることより、それがどこで語られているか、ということが、今起きている外交上の問題の本質です。
    2) 南京事件そのものを語ることが枝葉末節に類するのに、それを語れば旧態然とした論争の深みにはまります。
    ps.
    以下には、感想ではなく、私自身の見解を追記しておきましょう。
    a) ドイツで中国が南京事件に言及したのには伏線があって、それに先立つオランダ/ハーグの核サミットで、G7がロシア非難の声明を発表し、そこで我が国は、軍事力による占拠行動は容認できないということを、中国に重ね中国を牽制しているからです。

    b) 当初、中国はホロコーストの現場訪問で南京事件に言及しようと予定していましたが、ドイツ側はそれを却下したと伝えられています。中国に利用されたくないとドイツ側が考えたため。(ドイツは未来志向)

    c) 歴史認識問題は、二国間問題から国際外交上のカードへと性格を変えた、というのが、この約5カ年に顕著なことであり、従って、従来の論争とは異なる視点で眺める必要があります。

    ps.2
    1964年と今(50年後の2014年)を対比するということであれば、
    散漫にならない形でのお題の立て方は、いかようにでもある、と観ます。
    例えば、集団的自衛権の問題であれば、ウクライナでの東西の確執は、拡大NATOとロシアの生存権の衝突ですから、
    東西冷戦が沸騰点に達した1962年のキューバ危機や1964年のベトナム/トンキン湾事件を振り返っての対比が可能なのです。

    強制連行/慰安婦の問題であれば、1965年の日韓基本条約締結、
    それとの対比を抜きして論じることは全くの不毛であると言ってよいでしょう。
    -----------------
    【23346】Re: 嘘だと誰が知る、 青葉若葉の風渡る日に、穏やかに身に添う人もいる  2014-4-4 6:51(編集)

    ▼春うららさん:
    自虐トークはとーおくに、美食レポートで装い、詭弁と皮肉、もはや食傷気味のあなたの多弁と抗弁、
    すでに、あなたのミッションは果たしたであろうに。安倍晋三のお仲間たちが泣いて喜びそうな独断と饒舌、さぞかし大満足であろう。自己愛と顕示欲。お里が知れている。うんざりだ。心ある読者の憤慨が聞こえぬか。

    戦争責任を自ら裁けず、植民地支配者に命乞いをした輩の跋扈。国民騙しは戦前、戦中、戦後、なんら変わらない。
    あなたの存在とミッションもその気脈は通じている。善良なる理想への挑戦者を嘲笑い勢いづく。場違いも甚だしい。
    卑怯と姑息を恥じる。フェアプレーを尊ぶ。その大前提で世界に叫び給え。論じる世界の相手はこの掲示板にあらず。

    http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-b969.html
    http://moritasouken.com/sC2912.HTML
    http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-1320.html
    http://www.amakiblog.com/blog/
    http://www.youtube.com/watch?v=JdPNz6iCm6I
    http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1597
    http://www.asyura2.com/14/senkyo161/msg/467.html
    http://www.youtube.com/watch?v=cR5zoW1W4ac
    http://6410.saloon.jp/modules/bluesbb/topic.php?top=1
    -----------------
    【23333】Re: 原子力協定に民主党が賛成へ   柳沢のたんたん 2014-4-3 15:59

    小沢一郎が居なくなった民主党は愚図の集まりのようで、民主党と言うよりも、能無し屁後太郎の集団のようだ。
    松下塾とは幸之助の理想とは可也かけ離れた連中が育ったようである。小沢は軒下を貸せて母屋を乗っ取られたのであろうか。
    鳩山も追い出されてから何を考えて居ることであろうか兎に角、器で無い人間がそれぞれ鎮座ましましているように見える。

    松下はその昔真似した電気と言わて来たがお金儲けに就いては天下一品であった様だが、安部晋三は 口では立派そうな事だけ言っているが、凡そ、庶民の幸福について考えた事は無さそうである。
    やる事為す事全てが架空の経済政策とは言えない理論上のつじつまが合わない事ばかりやっている。

    その癖、皆さんに迎合するような口先ばかりのおべんちゃらばかりである。このような政治は戦後私達は経験が無い。
    心が貧しいのか、或いは先天的な詐欺師なのか解からないが、日本の国民にとってはこのような人物は日本では不要であろう。
    麻生も共に天皇家と親戚と聞く、我が国にとって飛んだ一族と思う民主国家であるならば国民の生活が第一であろう。

    このままではデフレの進行で国民は大変な苦しい思いを強制させられる事になるであろう。先ずは震災に遭った人の救済に全力を挙げることが急務であろう。経済も判らない科学の知識も無いものが、原発推進とはとは恐れ入る。
    お札さえ印刷すれば景気が良くなるなどと言う認識からはオサラバする事が急務であろう。
    -----------------
    【23353】スタップ細胞の存在、ついに確認か(続報)   ばっかす 2014-4-4 13:40(編集)

    続報。同日(04/01)のワイヤード(↓)。
    http://wired.jp/2014/04/02/stap-cell
    -セオリー
    -salvaged/http://wired.jp/2014/04/02/
    (ワイヤード、「香港中文大学、STAP細胞作製の再現に成功か」、2014/04/01-2)
    ー   ハーバード/ヴァカンティ教授のプロトコル(手順書)に近い手法で、酸性溶液よりガラス細管による物理的ストレスの効果を強調する内容。

    ー   ガラス細管の工程の意味は、細胞塊を小さくするところにある、とも。
    ー   細胞小さな塊に分離すると、ある種の形態形成場~細胞間の情報伝達の場~が消失するので(そう考えてみると)、環境適応的にリセットがかかりやすくなる?(@_@) 
     
    スタップ細胞の存在、ついに確認か(@_@) そのワイヤードに続く、翌々日のハフィントン(↓)。
    http://m.huffpost.com/jp/entry/5080514
    (ハフィントンポスト、「存在する証拠なし。ジョークというべきっだった。自ら否定」、2014/04/03)
    ( ̄□ ̄;)!! やられましたヽ( ̄▽ ̄)ノ
    ps
    続報が続いています。追記しておきましょう。http://kyoko-np.net/2014040401.html
    (KNP=KyokoNewsPaper、「理研、「STAP問題はバラエティ」、文科省に報告」、2014/04/04)
    STAP問題はバラエティ( ̄□ ̄;)!! http://www.asahi.com/articles/ASG4352NTG43ULBJ005.html
    (朝日、「成功、一転撤回、香港の研究者」、2014/04/04)ジョーク?撤回?どちらじゃあヽ( ̄▽ ̄)ノ
    =========================================================================
    ★メルマガは現在860通をアドレス登録者に毎週お送りし、お知らせ掲示板にも掲載しています。
    ★ご感想・ご意見は、news@6410.saloon.jp からお願いします。
    ★メルマガ新規配信の連絡・配信先アドレスの変更等は掲示板トップの左枠から連絡願います。
     変更に当っては、コメント欄に旧アドレスやお名前をお書きください。

閲覧 1593


【23371】老人党メルマガ(519) 北極星 2014-4-6 10:47:52 ←いまココ
BluesBB ©Sting_Band


Site developed by 老人党, All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube © 2001-2006, Themes designed by OCEAN-NET.